読者投稿欄

「攻城団」では不定期にさまざまなお題で読者(団員)からの投稿を募集しています。少し時間のかかるお題もあるかと思いますが、みなさんの率直なご意見をお送りください。

今回のお題

現在、27人の団員が回答してくださっています(回答期限は 2020年05月31日 23:59 です)

攻城団編集部さんの質問

これまでに攻城団があって助かったこと、良かったことがあればそのエピソードを聞かせてください

とくになければスルーしてください

みんなの回答一覧

27人の団員から回答が寄せられました。ありがとうございます!

潤之介さん

いろんな場面で助かっています。
 元々は旅行やウオーキングのついでにお城に寄っていたのですが今では攻城するために旅行計画を立てるほどです。計画を立てる時は城主の攻城メモで情報を得て、攻城に際してはスマホのグーグルマップで位置の確認して、攻城記録は攻城メモにコメントとフォットギャラリーに写真をアップして攻城完了。観光情報も細かく情報も新しいので安心して計画が立てられます。
 また読者投稿欄は勉強させられますし、さらに投稿に対しても”あっぱれ”という反応があり励まされます。



たかみくらさん

数ヶ月前に憧れの熊本城を攻城したのですが夕方のごく短い時間だったため、ご城下でくまモングッズを買えず心残りがありました。その後 外出自粛がひと月を越えたあたりから気持ちがグレーっぽくなりがちに。あっ!と思い出して攻城団のショップで「熊本城復興応援」くまモンTシャツを購入したらキュッと気分が上がりました(*^^*)/♪背中の輪っかの色が柔らかなサーモンピンクでますます気に入ってます。

娘は、攻城に付き合うと多少のことは大目に見てくれるので助かってます、とさ。


藤式部卿さん

手軽にお城について調べることが出来るので、助かってます。

考えてみれば、攻城団に出会うまで、正続100名城に選出される程のお城でなければ、さほど興味がなかったような気がします。

もともと、お城と言う「沼」に腰位まで浸かっていたのを、頭まで完全にズブズブ沈めてくれたのが「攻城団」ってことですね(笑)。


きるふぇぼんさん

旅程を組む際には常に使っているので、攻城団は「あって助かった」と言うよりは「ないと苦労する」サイトです。

特に
・アクセス方法や駅からの所要時間(公共交通を使うことが多いので)
・団員の平均見学時間(お城好きにとっての訪問時間が出ているので、どの観光本よりも実態に即している)

この2つの機能は重宝しています。また、団員さんの攻城メモも見所の発見や訪問の際の注意(山城は特に)にとても助かってます。

エピソードと言うよりは重宝している機能の紹介になってしまいましたが、私自身も攻城メモやレビュー等で他の団員さんの参考になるような情報をこれからも加えていけたらと思っています。

アクセス、見どころ、営業時間などだけでなく、行った人のレビューも参考にして旅先での行動を計画しています。
公式サイト、個人サイト、Twitter などいろいろ見なくても概ねの情報は攻城団だけで済むのがありがたい。
レビューも投稿者が真面目な方ばかりで治安がよい。

会員制というわけでもないのに、何というか「あのサイト自分も使ってるよ」だけでは得られないつながりとか一体感があるところ。
変に閉鎖的・排他的な空間になってないので、いい趣味友達ができました。


JinJingさん

四月から入団。きっかけは、コロナの自粛で何も出来ない東京での「STAY HOME」生活の中、自宅でやれることを模索し、この攻城団に出会いました。自粛したばかりの時は、慣れなくて辛かった。その生活の中で、攻城団はオアシスでしたね。過去の攻城記録を見直したり、書き込みをしているだけのことでしたが、何かに集中できる時間がもてたことは、救いだったかと思います。現在、攻城への思いが再燃し、未攻城だった旧国四ケ国や皆さんの城メモから行きたい場所の旅プランニング中。


きゃみさんさん

自分の城巡りは2パターンありまして、一つは1,2カ所の城を徹底的に見学する旅。
もう一つは、大まかな目標と下調べだけしてぶらりと行けるところまで行って、宿も当日飛込の一人旅なのですが、この旅の時、現在地から検索がルート設定に非常に助かっています。
宿についてから次の日の計画も攻城団と睨めっこして立てています。


野良猫さん

知名度の低い城を攻城する際、団員の皆さんの攻城メモが大変役立ちます。
所要時間や駐車場、登城口など、事前に確認出来るので、現地で戸惑わずに済んでいます。
周辺地の城の検索機能も目的の城のついでに立ち寄ることが出来るので、ありがたいです。

とにかく方向音痴なので、よく道に迷います。地図ナビを見てても見方がわからず反対方向に行ってしまう始末です。そんなとき攻城団を開いて団員さんのクチコミや攻城メモの情報を頼りに攻城したことが何度もあり本当に助かりました。 


Sさん

お城訪問時における事前調査(場所、遺構の有無、整備状況など)で助けていただいたことは当然ですが、一番良かったことはお城好きのメンバーと出会えたことでしょうか。
江戸城を巡るツアーやお城EXPO開催時のルームでの声掛けなどで実際に現地で出会えたことが一番良かったですね^^


遠里小野さん

城好きの人の攻城記録がリアルタイムで読めるので、自身の攻城ルート作成の際に非常にありがたいです。
お勧め書物のプレビューも参考になり、購入予定作品が増えて嬉しい悲鳴です。

城のデータ、歴史については多いに読んで予習、復習の材料にさせて頂いています。個人的には、登城口について、駐車場、案内標識等、場所に関する情報は非常に助かります(出向く際には必ず確認しています)。逆に情報が無いと登場口を見つけるのに非常に苦労します。見当違いなところを行ったり来たりしたことも何度かあります。なので、コメント等で情報が無ければ、なるべくその事を中心に発信するよう心掛けています。話は変わりますが、獣は常に覚悟しているので、逆に安心なところだと、わかっていれば助かります。ただしその事に関しては、地元の人しかわからないかもしれません。


伊勢守さん

断トツ、攻城メモです。
見知らぬ土地に行くことになるので、その際に駐車スペースやオススメポイントが分かりやすく、有り難いです。

次にアクセス方法です。
公共交通機関で城攻めをする際には、詳細に載っているので、非常に助かっております。


古生物提督さん

存在すら知らなかった地元のお城が載っていて、大変勉強になっております。


戦国のシャンクスさん

攻城団編集部さん いつも楽しみに拝見しています。
ありがとうございます。

私は若い頃にお城は一通り巡りましたが、その頃は若く殆ど無知で興味も無く暇つぶしの延長線上でしかなかったです。2003年に関東から岐阜へ転勤に伴い岐阜城はじめ犬山城、彦根城などを歴史的知識や伝統など改めて見直し再度、お城巡りを再開しました。時が経ち恥ずかしながら昨年、初心に戻り小田原城を訪問した際、ご城印なるものを知り抑えきれない何かが目覚めたと同時に攻城団なるものを発見!即入団させて頂きました。
最初はご城印集めの為、ミーハーなお城巡りをしていましたが、攻城団HP操作に慣れるにつれて、お城検索機能がとても便利で使いやすく団長はじめ先輩団員、各団員の方々からの貴重な情報にとても感謝しております。今は、この機能を使って自宅周辺から制覇モードのお城も含め活用させて頂いています。
今までお城の知識は勿論のこと、自宅から歩いて行ける距離に城趾や史跡がある事を攻城団に入団して初めて知りました。もっと早く出会っていればと後悔ばかりです。
暫くは、先ず自分が一つでも多く訪問(攻城)し近い将来的には、最新情報を更新して微力ながらお役に立てたらなぁと思っております。


CLADさん

「城主の攻城メモ」には何度も助けられています。どこからどういう道順で攻城するとこのくらい時間がかかるよとか、そういった情報は集めにくいのです。個人のブログをいくつも探し回ってやっと見つかるかどうかというものばかりですから。一覧できるのは本当に便利。おかげで実際に攻城したとき道に迷わずに済んだことがいったい何度あったことか。
見学時間も、攻城プランを立てるときに必ず参考にしています。自分の場合は平均攻城時間のおよそ1.5倍の時間をかけるとほぼ満足できると把握できたので。
そして地図。特に山城の場合は住所だけだと範囲を絞り切れず、地域に複数ある山のどれなのか特定できないことが多いんですよね。Googleマップに情報がある場合もありますが、間違っていることも意外と少なくない。攻城団の情報のほうが断然確度が高いです。
実際に城を訪れる人にとって痒い所に手が届くサービスになっていると思います。


hinakさん

皆さんの攻城メモはめちゃ助かってます!
山城やマイナーな城などは、情報が少なく、近くまで行っても迷います。駐車場(駐車可能なスペース)の有無や場所、登城路/進入路の説明や写真、危険箇所遺構、見所など。攻城メモが見れなければ、あきらめて撤退していた城も多かったと思います。

あと、地図上で、行きたい城、バッジの城、攻城済みの城が見られるのは、攻城計画を企んでいるときに最高に役立ちますね!

また、団員さんに偶然お会いできたり、後日、連合軍として攻城できるようになったりするのは楽しいです。

というのもあるけど、なんといっても日々同じ城好きの人たちの存在を身近に感じられることが一番ですねー。


ほうとうさん

自分だけでは探せない城を攻城団があったおかげで探す事ができています。
また、自分が行った城の記憶を残したいと常々思っていたことに対し丁度良かったです。
城散策ができない 今日ですが 皆さんの色々な読み物を通し知識を深めれて また 気分転換が出来て素晴らしいと思います。


おしりすとさん

100名城以外の城に足を運んだり、同じ城に複数回行ったりすることが増えてきたので、小さな城でも、何度でも、攻城記録を残せることが何よりありがたいです。また、イベントや修復工事などの情報をタイムリーに知ることができる機会が多いのが本当に助かります♪


赤い☆稲妻さん

最も思うのはデータベースの豊富さと確かさです。
城を訪問する際に毎回助かってます。
事前の調査には団員の皆様が残した訪問記録のメモを頼りに駐車場の位置や訪問順路を確認できます。
山城ですとナビにも登録されてないことが多いので、マップを見ながらナビの設定もできますし、近くの城も表示されているので一緒に回る城も計画しやすいですね。
訪問後は自分か訪れた記録を残せますし、画像投稿することで見分けのつきづらい構造なども確認や発見がしやすいと思います。
なので、登城メモと画像投稿は遅くとも訪問翌日までに実施してます。
画像投稿は団長様の校閲が厳し目ですけどね(笑)

エピソードではないですね、これ。
失礼しました。

知らなかったら素通りしてしまうような小さなポイントまで投稿されていることがあることかなぁ。
それを便りに巡るのが楽しいです。


はつみんさん

同性の城好き仲間と出会えたことです。
歴史好き、城好きと言うと男性が多いイメージで、実際に城巡りをしているとまだ珍しがられます。
(それきっかけで色々詳しく説明をしてくださったり、親切にしていただいたこともありますが…)
同性目線の意見が聞けるのはありがたいです。


ともさん

お城旅のプランを立てるために、功城団の地図リストを活用させていただいています。山城では写真で登城口や虎口を確認して楽しんでいます。


水野勝成さん

今度攻城するお城を見るときにどこを攻城済みでどこを攻城していないのかが地図でわかる機能にはとても助かっています。また、どれだけていねいに下調べしても山城とかになってくると登城口の状態が違っていてなかなか登城口が見つからないという時が結構あります。そういう時は現地で調べることになりますが、あまり知られていない山城だったりすると他のブログとかだと情報が少なかったり、古かったりするのですが、攻城団は他のサイトと違ってそのブログを作った人が1人でいろいろなお城をめぐってそれをブログに書く、のではなく攻城団にログインしている方(団員)が全国の様々なお城を攻城してその方1人1人がそのお城のページにアクセスの情報や見どころを書くというシステムなので情報も新しいし何人もの情報を一気に見ることができるので、すぐ登城口にアクセスすることができます。これにはすごく助かっています。


黄金玉子さん

いろいろありますが、思いつくままランダムに
検索機能は城名だけでなく地図上でもお城の場所を探せること。
→訪問しようと考える城の情報を探す過程で、周辺のお城も合わせて計画できる
 かつては市販の地図上に表記がないと知ることができませんでした
攻城計画に先人の攻城メモを参考にできること
→パンフレットや旅行ガイドなどにはない雰囲気を知ることができます
散らばっていた自身の訪問記録を残せる場があること
→振り返るとき役立ちます
城たび、読み物など楽しめるコンテンツがある
タイムラインでは団員みなさんの活動を知り、次の計画を妄想できる
→結構紹介いただくプログを訪問させていただいてます


文字数は気にせずに書いてくださってけっこうです

公開されません(返事が必要な場合は「お問い合わせ」から送ってください)
公開時に匿名にする
(チェックがなければ発表する際にアイコンつきで紹介されます)
編集中なので公開しない
(チェックが入っていると締切を過ぎても公開されません)
投稿するにはログインが必要です

現在、回答募集中のお題

過去に募集されたお題と回答一覧

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

決算! 忠臣蔵 (新潮文庫)

映画公開まで待てなくて読んじゃいました。大石内蔵助って高給取りだったのね。ネタバレになっちゃうので、あまり書けないけど、映画も面白く仕上がっていそうなので、今から楽しみです。

たなとすさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る