読者投稿欄

「攻城団」では不定期にさまざまなお題で読者(団員)からの投稿を募集しています。少し時間のかかるお題もあるかと思いますが、みなさんの率直なご意見をお送りください。

今回のお題

現在、13人の団員が回答してくださっています(回答期限は 2020年08月31日 23:59 です)

攻城団編集部さんの質問

「山崎の戦い」にもし参陣するなら、明智方と羽柴方どっちがいいですか?

その理由もあわせて教えてください。

みんなの回答一覧

13人の団員から回答が寄せられました。ありがとうございます!

ぎんちよさん

明智方です。謙信公の次に好きな戦国武将が光秀公なので(煕子さんとのエピソードなんか最高)。昔から不思議に思ってました。なんであの兵力差で籠城しなかったんだろうって。安土城に籠城すればいくらでも耐えきれたと思うんですよね。籠城しなかったのは京都に入らせないためですよね。だから本能寺の変の黒幕は京都の人なんだろうなって思ってました。あの兵力で山崎を選ぶなら本陣狙いだったと思います。同じ湿地帯の沖田畷のように、釣り野伏せで本陣の側面を突くしか勝ち目はなかったかと。うまくハマればあの程度の戦力差なら問題なく勝てたでしょう。


しのはさん

羽柴方です。
当時の価値観はなかなか実感持ってイメージできないところではありますが
やはり主君殺しは印象悪いのかなと思います。
そうなると主君の仇討という大義名分があり、
中国大返しで走って戦場に向かう爽快感の方が
モチベーション高いかなと思いました。
大河ドラマを見続けるとそのうち明智方に寝返ってしまうかもですが。笑


赤い☆稲妻さん

今回はシンプルに回答します。
どう考えても羽柴方です。
①織田信長の仇討ちという大義名分
②羽柴勢と明智勢の兵力差
覆す要素があるとしたら秀吉と光秀の人柄?
その点も人たらし秀吉に軍配かな。
明智方につくことの優位性が考えつかない…。


しまさこんさん

明智光秀推しです!
光秀には仁があると思います。
もし光秀が勝っていたら…
もっと違う現代になっていたかもしれない
と時々思ってしまいます。


まるさん

【未定校】
明智方です。秀吉さんは


むねりんさん

明智方  四国の長宗我部氏への対応を友好的なものへ戻したり、明智方のほうが自分の性に合いそうな気がする。


傾奇御免さん

難しいですね(-_-;
後の世、天下人になるのが秀吉と分かっていれば豊臣方につくでしょうけど、リアルタイムにその時代にいたら、もしかしたら光秀陣営に参陣したかもしれないです。
全ては"信長を討った理由が納得できれば"の話ですかね・・
場合によっては日和見したかもしれないですね。


足軽くんさん

私は優柔不断なので決着着くまで動かなさそうですが、秀吉ですかね。信長は討たれても織田家は生きてるんじゃないか?って思って謀反人と反対に付きたいと思います。


かわむらさん

羽柴側


はるか(←男子)さん

古墳も好きな自分としては、断然、明智光秀軍に参陣します。

明智光秀は、明智光秀が「御坊塚」に本陣を置いたと「細川家記」「甫安太閤記」等に記録されています。
その「御坊塚」については諸説ありますが、京都府長岡京市の「恵解山古墳」(いげのやまこふん)も有力な候補の一つとされています。
中国大返しで急遽、戦支度をすることとなった明智軍が、前方後円墳を改造して急ごしらえの砦「御坊塚」として戦った、と。
ここの古墳からは、古墳時代の副葬品はもちろんのこと、戦国時代の火縄銃の弾も出土していて、複数の時代の遺物が見られるそうです。

というわけで、変な理屈ですが、、、古墳を改造した俄作りの砦で、勢いづいた羽柴秀吉軍を食い止めようとした明智軍にシンパシーを感じます。よって、お城も古墳も好きな私としては、明智光秀軍に馳せ参じたいと思います。(ここまでくると、最早、勝敗が問題ではない、ということで)


【ご参考】
「織田信長が明智光秀に倒された本能寺の変の直後、羽柴(豊臣)秀吉と光秀が激突した山崎の合戦。恵解山古墳が、この戦の舞台となった可能性があります。
 古墳からは、合戦当時の土器片と共に、火縄銃の鉛弾が出土しています。戦の陣を置くために、古墳は形を変えました。前方部を大きく削り、後円部には大きな平坦面を作り、兵を置いたことが想像されます。」(広報 長岡京 14.10.15号

中国大返しからやってみたいので羽柴方!


伊勢守さん

羽柴方ですね。
もし畿内の領主であったならば、山崎の戦い前に攻撃される可能性もありますが…。


しげしげさん

大河ドラマの影響も大きいですが、織田信長を討った明智光秀を支持します。
明智方に参戦!

文字数は気にせずに書いてくださってけっこうです

公開時に匿名にする

チェックがなければ発表する際にアイコンつきで紹介されます

編集中なので公開しない

チェックが入っていると締切を過ぎても公開されません

公開されません(返事が必要な場合は「お問い合わせ」から送ってください)

投稿するにはログインが必要です

現在、回答募集中のお題

過去に募集されたお題と回答一覧

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

大阪城話

ブックオフで見つけました。知る人は知る、知らない人は知らない本の内容です。
①大阪城と和歌山城は兄弟(姉妹)城の関係に有る
②名護屋城博物館所蔵の「肥前名護屋城図屏風」は世に出る前、小さく折り畳んだ状態で大阪城天守閣に持ち込まれた
③江戸時代の時間は日の出と日の入りを境に一日を二分し、それぞれ六等分して一時(とき)としたので、夏至・冬至の頃は昼と夜の時間が倍ほど違った
⑤大阪城石垣のふるさとの小豆島には「大阪城残石記念公園」がある
等でなかなか興味を引かれましたが、後半は著者の個人的な話が多くもう一つかも。

村の芳ちゃんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る