攻城団

「攻城団」はあなたが訪問したお城の記録を残すことができるサービスです。もちろん全国各地のお城について、その見所やうんちくのほか、駐車場などのアクセスに関する情報も検索できますので、次に訪問するお城を探す際にもぜひご利用ください。
JTB旅物語×攻城団コラボツアー第一弾

いま注目のお城

初心者でも楽しめる城攻め候補

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

最新記事

【歴代征夷大将軍総覧】江戸幕府9代・徳川家重――言葉が通じず、政治にも興味なし 1711年~1761年

吉宗の子である9代将軍・徳川家重は身体が弱く、また言語不明瞭だったそうです。しかし大岡忠光や田沼意次を発掘、抜擢するなど、知能は正常でむしろ聡明だったとも考えられます。 なお家重には女性説もあるようですね。 つづきを読む

【歴代征夷大将軍総覧】江戸幕府8代・徳川吉宗――幕府を大改革した、強運の将軍 1684年~1751年

TVドラマ「暴れん坊将軍」のモデルとなった徳川吉宗の評価は名君とも、経済オンチとも言われますが、足高の制や大奥改革などのエピソードを見るかぎり、やはり有能な側面はあったのだろうと思います。 つづきを読む

【現在755城!】全国の御城印(お城版の御朱印)を販売しているお城の一覧

全国で御城印や御朱印風の登場記念符を配布(販売)しているお城の一覧です。随時更新中で御城印情報がどこよりも詳しくまとまっています。 つづきを読む

【6/12~、練馬区】練馬城の御城印に新デザインが登場

6月12日より、リンクス フォー ヘア練馬において練馬城の御城印があらたに追加発売されます。 つづきを読む

【歴代征夷大将軍総覧】江戸幕府7代・徳川家継――最年少将軍も、治世は続かず…… 1709年~1716年

家宣の子として7代将軍に就任したのが徳川家継です。3歳での就任は歴代最年少でしたが、わずか8歳で亡くなってしまい、これによって徳川宗家が断絶し、御三家から新将軍を迎えることになります。 つづきを読む

【歴代征夷大将軍総覧】江戸幕府6代・徳川家宣――短い治世ながら、英才を活用した名君 1662年~1712年

優秀さの片鱗を見せつつも、わずか数年で病没してしまったのが徳川家宣です。生真面目で礼儀正しい家宣は前将軍・綱吉の「生類憐みの令」を民のために廃止しつつも、自分は守ると綱吉の棺に話しかけたといいます。 つづきを読む

【8/28、京都市】亀岡城から本能寺跡まで「本能寺の変」のルートを行軍するウォーキングイベント開催

8月28日の夜から翌29日の早朝にかけて、明智光秀の軍勢が「本能寺の変」の際に通ったとされるルートを行軍するウォーキングイベント「敵は本能寺にあり」が開催されます。 つづきを読む

【9/11、京都市】講演会「新明智光秀論」開催

9月11日、京都府立京都学・歴彩館において、府民協働連続講演会2021として稲葉継陽氏による講演会「新明智光秀論」が開催されます。 つづきを読む

最上義光が山形城に瓦葺きの本丸御殿を築いた理由

最上義光が山形城に瓦葺きの本丸御殿を築いた理由について、いちなんさんがその考察を寄稿してくださいました。 つづきを読む

【7/22、柏市】歴史講演会「山城ガールむつみさんが語る城めぐりの魅力」開催

7月22日、アミュゼ柏クリスタルホールにおいて歴史講演会「山城ガールむつみさんが語る城めぐりの魅力」が開催されます。 つづきを読む

記事一覧を表示

今日が入団記念日のみなさん

同期の一覧を表示

全国御城印コレクション
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

知れば知るほど好きになる名古屋城

タイトルどおり、名古屋城についてのあれこれがみっちり詰まった一冊。知らないこともいっぱい書いてありました。見つけたら即買いをオススメします。

こうの)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る