攻城団

「攻城団」はあなたが訪問したお城の記録を残すことができるサービスです。もちろん全国各地のお城について、その見所やうんちくのほか、駐車場などのアクセスに関する情報も検索できますので、次に訪問するお城を探す際にもぜひご利用ください。

いま注目のお城

世の中はセンター試験ですね。受験生のみなさんがふだんどおりの実力を出せることを願ってます。
ぼくもセンター試験を受験しましたが、田舎に住んでいたため会場まで電車を乗り継ぎ2時間かけていったことをおぼえています。まだ外が真っ暗の中、友だちといっしょに神戸まで出かけたのですが、全国統一テストの体裁を取りながらなんてアンフェアなんだろうと子どもながらに感じたことをいまでも思い出します。
でもこの経験のおかげでアンフェアな事実を受け入れた上でどう取り組むかとか、ひとつ世の中の仕組みを理解できた気がするので、ぼくにとっては悪いことばかりではありませんでした。

信長が天下を取れたのは地の利があったから、という話があります。たしかに九州や東北から京都を目指すのは無謀な感じがするので、たしかにそうかもと思っていた時期がありました。
でもそれならなぜ愛知や岐阜よりもっと京に近い畿内の国々の大名は信長のようになれなかったのかと考えれば、天下人になるための条件のうち地の利が占める割合は意外と低いこともわかります。
(その観点で三好長慶あたりはちゃんと学びたいところ)

ただ本拠地ごとに難易度に差があったことは事実で、それは「信長の野望」などのゲームで遊んでいても感じますね。
たとえば「賤ヶ岳の戦い」自体は4月に起きていますが、その前哨戦である秀吉の長浜城、岐阜城攻めは、北ノ庄にいる柴田勝家が雪に阻まれて動けないことを見越して12月におこなわれました。事実、勝家は援軍を出せず、長浜城を守っていた柴田勝豊はすぐに降伏しています。
もし勝家の本拠が雪国でなければ歴史は変わっていたことでしょう。少なくともこのタイミングでの秀吉の挙兵はなかったと思います。

なお勝豊は勝家に冷遇されていたため、降伏ではなく大谷吉継の調略を受けて城ごと寝返ったようです。この勝豊が築いたのが今度のイベントで話す丸岡城ということで、こういう歴史のエピソードがどんどんリンクする楽しさをみんなで語り合いたいですね。
まだチケットに余裕があるので、ご都合がつく方はぜひご参加ください!
城がたり vol.1「マンガとトークでわかる丸岡城」開催

こうの)

   

初心者でも楽しめる城攻め候補

最近注目の写真

現在開催中のイベント

姫路城
姫路城写真倶楽部2019写真展「播磨國絶景」開催(10時~18時、イーグレひめじB1 市民ギャラリー)※最終日は17時まで [2019-01-16〜2019-01-20]
岐阜城
歴史第12回信長学フォーラム「信長公と家臣団の城づくり」開催(13時~16時半、じゅうろくプラザホール、無料、600名、要事前申込)  [2019-01-20]
上山城
「上山城収蔵品展『花鳥風月~上山ゆかりの日本画』」開催(7時~16時45分、有料)  [2019-01-01〜2019-01-27]
二条城
国宝・二の丸御殿大広間三の間の特別入室 [2019-01-04〜2019-01-28]
中村城
「しまんと特別企画展」開催(四万十市立中央公民館、200円)  [2017-03-04〜2019-01-31]
府内城
仮想天守イルミネーション点灯(日没~22時) ※終了時期は予定 [2018-03-27〜2019-02-01]
駿府城
静岡市・由比町合併10周年記念事業「城たび! -お城で旅する東海道-」開催(静岡市東海道広重美術館)  [2018-11-27〜2019-02-03]
松本城
特別展「城下町 松本のにぎわい」第2期開催(松本市立博物館) [2018-12-08〜2019-02-17]
二条城
平成30年度第4期原画公開「探幽の孔雀〜美しき写実と創作〜」(9時〜16時45分、展示収蔵館、100円) [2018-12-17〜2019-02-17]
小倉城
展示リニューアルとエレベーター設置工事のため休館 [2018-08-06〜2019-03-31]
松本城
松本城乾小天守の入場禁止(〜工事完了まで) [2017-07-15〜2019-12-31]
これから開催されるイベント

ブログの最新記事

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

最近レビューされた書籍

今日が入団記念日のみなさん

同期の一覧を表示

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る