攻城団

「攻城団」はあなたが訪問したお城の記録を残すことができるサービスです。もちろん全国各地のお城について、その見所やうんちくのほか、駐車場などのアクセスに関する情報も検索できますので、次に訪問するお城を探す際にもぜひご利用ください。

注目のイベント

大久保ヤマト イラスト個展「名もなき武者の豊かな個性のものがたり。第三幕」開催(10時〜21時、瑞穂町郷土資料館、無料)

期間
2022-05-10〜2022-06-12 Googleカレンダーに登録

5月10日から6月12日の間、瑞穂町郷土資料館において攻城団でも多数のマンガを描いていただいた大久保ヤマト先生のイラスト個展「名もなき武者の豊かな個性のものがたり。第三幕」が開催されます。

現在開催中のイベントを表示

いま注目のお城

初心者でも楽しめる城攻め候補

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

最新記事

【現在1130城!】全国の御城印(お城版の御朱印)を販売しているお城の一覧

全国で御城印や御朱印風の登場記念符を配布(販売)しているお城の一覧です。随時更新中で御城印情報がどこよりも詳しくまとまっています。 つづきを読む

【5/28~、滋賀県甲賀市】和田城の御城印が販売開始

5月28日より、山星商会において和田城の御城印が発売されます。 つづきを読む

【5/27〜、千葉県八千代市】米本城と吉橋城の御城印が販売開始

5月27日より、八千代市観光協会において米本城と吉橋城の御城印が発売されます。 つづきを読む

【〜8/26、東京都千代田区】法政大学で「『首里城正殿の屋根2022』展」開催

現在、法政大学市ケ谷キャンパスにおいて「『首里城正殿の屋根2022』展」が開催中です。 つづきを読む

【戦国軍師入門】関ヶ原の合戦――100人を倒すより1000人に裏切らせる

関ヶ原の戦いは各大名家お抱えの名軍師たちの競演でもありました。またその軍師たちを指揮して自軍に有利な状況をつくった徳川家康の戦略家としての凄みも実感します。 ちなみにメッケル少佐が「西軍の勝ち」と言ったというのは司馬遼太郎の話らしいので、おそらく創作でしょう。 つづきを読む

京都で2022年の団員総会を開催します(3年ぶり4回目)

3年ぶりの団員総会の開催が決定しました! 今回は8月11日に京都市内の京町家を貸し切って開催します。 つづきを読む

【戦国軍師入門】人取橋の合戦――槍の功でも主君を救った軍師

当時は写真があるわけではないので伊達政宗の顔を知らない兵が大半でしょうけどそんなに簡単にだまされるのでしょうか。片倉小十郎は政宗より10歳も年上なので、違和感はあると思うんですけどね。 あと人取橋の合戦というと、いかりや長介さんの鬼庭左月斎を思い出します。 つづきを読む

【5/28、テレビ愛知】帰雲城を特集した番組「消えた戦国の城 地下14メートルの指紋」が放送

5月28日の14時半からテレビ愛知で「消えた戦国の城 地下14メートルの指紋」が放送されます。埋蔵金伝説がある帰雲城を探す番組ということで楽しみです! つづきを読む

【5/29】第4回「千田先生と行く!日本最強で不滅の城ライブ」は小諸城から生配信

5月29日、「千田先生と行く!日本最強で不滅の城ライブ」の4回目の放送が小諸城からライブ配信されます。今回のゲストは2023年放送大河ドラマ「どうする家康」の時代考証を担当される歴史学者・平山先生です。 つづきを読む

【4/27〜、大阪府大東市】大東市がスマートフォンアプリ「よみがえる飯盛城~『天下人』三好長慶最後の居城」を公開

現在、大東市が開発したスマートフォンアプリ「よみがえる飯盛城~『天下人』三好長慶最後の居城」が公開中です。 つづきを読む

記事一覧を表示

今日が入団記念日のみなさん

同期の一覧を表示

全国御城印コレクション
団長インタビュー

攻城団を作った経緯などについてインタビューに答えました。
いろんな偶然が重なって攻城団が生まれたのですが、振り返ってみればそれもぜんぶ縁なのかなって気がします。
これまでのすべての出会いに感謝しつつ、これからも便利で楽しく、居心地がいいサイトをつくっていければと思います。

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

天地雷動 (角川文庫)

武田信玄の他界から長篠の戦いまでを描いた小説です。
武田勝頼、徳川家康、羽柴秀吉の視点で物語が進みます。各章には日付とともに各人の挙動や思いが描かれ、長篠の戦いに至るまでの経過も楽しめました。巻頭には長篠城周辺の地図が記載され、状況を理解しながら読み進めることができました。
この物語の続きは、同著者の「武田家滅亡」で描かれ、あわせて読むとさらに楽しめます。

伝もものふ山田(ヤマー)さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る