紹介文

大阪城(正しくは大坂城)は日本でも有数の巨大城郭です。「大坂夏の陣」で廃墟同然となった大坂城(豊臣大坂城)は、1620年(元和6年)に徳川秀忠の命により天下普請によって10年かけて再築されました。豊臣時代の大坂城の跡に高さ数メートルの盛り土をして再建されたため、現在も地下深くに豊臣時代の石垣が埋まっています。現在ある天守は1931年(昭和6年)に復興されたものですが、櫓や門などは江戸時代のものが残っています。天守を中心とした大阪城公園には梅1250本、桜4500本が植えられており、春には花見客で賑わいます。また夜間には天守がライトアップされるため、夜景の名所としても知られています。なお豊臣時代の天守が32年、徳川時代の天守が36年と、いずれも短期間に焼失したため、現在ある復興天守(大阪城天守閣)がもっとも長命の天守となっています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
大阪城は「日本100名城」「日本五大名城」「重要文化財」「天下普請」「築城名人・藤堂高虎」「さくらの名城めぐり」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 日本五大名城
  • 重要文化財
  • 天下普請
  • 築城名人・藤堂高虎
  • さくらの名城めぐり

大阪城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

大阪城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • とにかく広く、時間はかかりますが、天主の中だけでなく見所が多いです。(2020/11/16訪問)
  • 観光地だけに人が多かったが綺麗に整備されていて良かった。(2019/11/01訪問)
  • 「大阪城御座船お堀めぐり」は良かったです。石垣の刻印が見れますし、なにより天守閣は絶景です。天気良ければお勧めです。(2020/10/31訪問)
  • 雨模様でしたが、西の丸庭園を散策してきました。公園内の紅葉は、間もなく見頃といった様相です。(2020/11/07訪問)
  • 近代的で城の歴史に趣きがある(2020/09/25訪問)
  • 大阪城南側のKKRホテルからの眺めは最高でした。予約時にキャッスルビューのお部屋を選ぶことができます。(2020/10/18訪問)
  • 冬の陣屏風図デジタル想定復元は想像以上に凄いです。大阪城での展示はもうすぐ終了ですのでまだの方は是非とも!(2020/09/14訪問)
  • JR大阪環状線、大阪城公園駅から歩いて登城。結構歩くので、夏場は水分補給を忘れずに。(2019/07/30訪問)
  • 今回は大手門からの攻城です。櫓の特別公開がよかった。外堀など周辺は市民ランナーさんが程々いましたが、天守閣内はガラガラ、特別公開はおひとり様状態でした。あと天守閣1Fのインフォメーションカウンターにて御城印の様な「登城御礼」の札を無料でいただけます。(おひとり様一枚)(2020/09/05訪問)
  • 千貫櫓や多聞櫓、硝煙庫、堀、石垣も素晴らしいです。また、最上階から眺めも最高!真田丸探しちゃいました!(2020/03/09訪問)
すべてを表示(571コメント)

大阪城について

大阪城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成輪郭式
縄張形態平城
標高(比高)31 m( 30 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式独立式望楼型
天守の階数5重8階
天守の種類復興天守
天守の高さ37.5 m
天守台石垣の高さ15.2 m
天守の広さ(延床面積)5071.86 m2
天守メモ1626年(寛永3年)に再建された徳川幕府の天守は独立式層塔型5重6階(地上5階、地下1階)で高さは天守台石垣を含んで58.3mだったが、1665年(寛文5年)に落雷で焼失した。現在の復興天守は1931年(昭和6年)に再建された鉄筋コンクリート製。この天守は1995年(平成7年)〜1997年(平成9年)にかけて大林組により「平成の大改修」が行なわれた(70億円を投じて延べ6万1000人が従事)。
築城主徳川家康
築城開始・完了年着工 1620年(元和5年) 〜 竣工 1629年(寛永6年)
廃城年1868年(明治元年)
主な改修者徳川秀忠
主な城主徳川氏
遺構櫓、門、石垣、堀
指定文化財特別史跡、国の重要文化財(櫓、門など)、登録有形文化財(再建天守)
復元状況天守

更新日:2020/11/24 11:51:58

大阪城の城メモ

大阪城の見所や歴史などを紹介します。


大手門

  • 見所
大手門は徳川幕府による再建時に創建された枡形門で重要文化財に指定されています。 つづきを読む

日本一高い石垣(高石垣)

  • 歴史・うんちく
大坂城には日本の城郭でもっとも高い、30mをこえる高石垣があります。 つづきを読む

大坂城内の巨石

  • 歴史・うんちく
「蛸石」をはじめ、大坂城の石垣に使われている巨石には名前がついています。 つづきを読む

千貫櫓

  • 見所
重要文化財に指定されている千貫櫓は徳川幕府による大坂城再建時に築かれました。 つづきを読む

硝煙櫓

  • 重要文化財
硝煙櫓は江戸時代のまま残っている唯一の総石造りの火薬庫です。 つづきを読む

大坂城の天守(大阪城天守閣)

  • 見所
現在ある大坂城の天守(大阪城天守閣)は1931年に竣工した復興天守です。 つづきを読む

大阪歴史博物館

  • 周辺案内
大阪歴史博物館は大阪城の大手門から徒歩5分の場所にある大阪市立の博物館です。 つづきを読む

大阪城のマンホールのふた

  • 城下町風景
大阪市内のマンホールのふたには大阪城が描かれています。 つづきを読む

蛸石

  • 見所
桜門をくぐって正面にある巨石が、大坂城で最大の巨石として有名な「蛸石」です。 つづきを読む

石山本願寺推定地

  • 石碑・案内板
大阪城の二の丸、大阪市立修道館のそばに石山本願寺推定地の石碑があります。 つづきを読む

大坂城の天守(徳川大坂城)

  • 歴史・うんちく
江戸時代に徳川秀忠によって再建された大坂城は「徳川大坂城」と呼ばれています。 つづきを読む

六番櫓

  • 見所
1628年に創建された二の丸の六番櫓は重要文化財に指定されています。 つづきを読む

一番櫓

  • 見所
二の丸南側に建てられていた7基の隅櫓のうち、一番櫓は現存しています。 つづきを読む

太閤なにわの夢募金

  • 一口城主制度
大阪市による豊臣大坂城の石垣を掘り起こすプロジェクトが立ち上がっています。 つづきを読む

ライトアップの時間

  • ガイド
大阪城ではほぼ毎日、日没から23:00までライトアップされています。 つづきを読む

金蔵

  • 見所
大坂城の天守のすぐ近くには江戸時代に幕府の金庫として使われた金蔵があります。 つづきを読む

豊國神社(豊国神社)

  • 周辺案内
大坂城の二の丸、桜門のすぐそばに豊臣秀吉を祀った豊國神社があります。 つづきを読む

桜門

  • 見所
桜門は二の丸から本丸に入るための門で、重要文化財に指定されています。 つづきを読む

空堀

  • 石碑・案内板
本丸に入る桜門の両側には空堀があります。ここは秀吉時代から空堀でした。 つづきを読む

蓮如上人袈裟懸の松

  • 石碑・案内板
大阪城の二の丸、内堀のそばに蓮如上人袈裟懸けの松があります。 つづきを読む

大阪くらしの今昔館

  • 周辺案内
大阪くらしの今昔館には徳川時代に建てられた本丸御殿にかんする展示があります。 つづきを読む

大阪城のご当地フォルムカード

  • おみやげ
大阪府内の郵便局で限定販売されている大阪城のご当地フォルムカードがあります。 つづきを読む

南外堀

  • 石碑・案内板
大坂城の二の丸を囲う水堀のうち、南側の部分を南外堀と呼んでいます。 つづきを読む

南仕切門跡・太鼓櫓跡

  • 石碑・案内板
大坂城の二の丸は西側と南側とが南仕切門によって区切られていました。 つづきを読む

大阪城の観光情報

大阪城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 開城時間:9:00
  • 閉城時間:17:00
  • 最終入城時間:16:30
料金(入城料・見学料)
  • 大人:600円
  • 高校生:600円
  • 中学生以下無料
  • 団体割引あり(15人以上)
休み(休城日・休館日)

年末年始(12月28日から翌年1月1日)

トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

大阪城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(24日)の天気

  • 03時
    Clear / clear sky
    11.21
  • 06時
    Clear / clear sky
    10.43
  • 09時
    Clear / clear sky
    11.70
  • 12時
    Clear / clear sky
    14.85
  • 15時
    Clear / clear sky
    16.12
  • 18時
    Clear / clear sky
    14.37
  • 21時
    Clear / clear sky
    12.53
  • 00時
    Clear / clear sky
    11.72

明日以降の天気(正午時点)

  • 25日
    Clear / clear sky
    15.91
  • 26日
    Clouds / overcast clouds
    15.80
  • 27日
    Clouds / scattered clouds
    14.69
  • 28日
    Clear / clear sky
    11.34

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

大阪城の地図

大阪城へのアクセス

大阪城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR大阪環状線・大阪城公園駅
  • JR東西線・大阪城北詰駅
  • 大阪市営地下鉄/京阪電鉄・天満橋駅
  • 大阪市営地下鉄・谷町四丁目駅、大阪ビジネスパーク駅
  • 大阪市営地下鉄/JR西日本・森ノ宮駅
  • 大阪市営バス・大阪駅、上本町六丁目、あべの橋(天王寺駅)から101・102号系統「大手前」もしくは「馬場町」停留所
  • 大阪水上バス「アクアライナー」大阪城港 八軒家浜船着場
アクセス(クルマ)
  • 阪神高速13号東大阪線・法円坂ICまたは森之宮IC
駐車場
  • 大阪城駐車場(200台、有料)
  • 森ノ宮駐車場(98台、有料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    大阪城周辺の宿・ホテル

      アパヴィラホテル〈大阪谷町四丁目駅前〉アパホテルズ&リゾーツ

      大阪メトロ「谷町四丁目」8番出口目の前。大阪梅田、なんば、あべのハルカス・大阪城ホール・京セラドーム・USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)へ好アクセス。アパホテルズ&リゾーツのホテルです。(評価:4.2、参考料金:2,000円〜)

      なにわのみやホテル

      難波宮跡に隣接し、大阪城へは徒歩圏内。大阪の主要観光スポットへアクセスも便利。男女別大浴場を完備。女性に人気のアメニティも多数お取り扱いしています。(評価:3.9、参考料金:4,000円〜)

      ホテルニューオータニ大阪

      2020年4月から、大阪駅と当ホテル間に路線バスが運行、西日本最大の商業地「大阪梅田」とホテルを結ぶ新路線が誕生。ホテルニューオータニ大阪がますます便利に!(評価:4.3、参考料金:7,020円〜)

      ホテルリブマックス大手前

      【GoToトラベル参画施設】天満橋駅徒歩約1分大阪観光、キタへもミナミへも大変便利な立地です。大阪城のイベントで泊まるならホテルリブマックス大手前へ♪♪(評価:3.6、参考料金:1,400円〜)

      ホテル京阪 天満橋

      ◆GOTOトラベルと併用可能なクーポン配布中♪◆テレワークプランなど、3密回避プラン続々登場◆自動チェックイン機による非接触チェックインやフェイスシールドなど、感染症対策を実施しております。(評価:4.0、参考料金:2,000円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    周辺にあるお城など

      • 豊臣大坂城
      • 豊臣大坂城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:23分(--位)
        • 攻城人数:514人(170位)
        • 城までの距離:約1km
      • 尼崎城
      • 尼崎城
        • 平均評価:★★★☆☆(121位)
        • 見学時間:46分(124位)
        • 攻城人数:508人(172位)
        • 城までの距離:約10km
    • より多くの
      城を見る

    摂津の著名な城

    大阪府の著名な城

    大阪城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    大阪城を本城にしている団員

    以下のみなさんが大阪城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    よみがえる江戸城―徹底復元◆天下の巨城の全貌 (歴史群像シリーズ・デラックス (1))

    CGによって再現した江戸城の御殿や天守を紹介する。御殿も天守も現在は失われているが、詳細な図面と襖絵の下絵が残されていて再現が可能になったという。本丸への入り口となる書院門から儀式や対面の場である「表」、将軍の私的な空間である「中奥」を経て、将軍の正室をはじめ家族が居住する「大奥」までの様々な部屋を順に見学する構成となっている。CGの他、関連する屏風絵や図面も豊富でイメージしやすい。城中の儀式や武家の装束、大奥の職制など解説も充実している(2005年刊)

    こめつぶさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る