現在開催中のイベント

全国各地のお城や城下町で開催中のイベントをまとめていきます。ほかにも工事による入場制限の情報や、発掘調査の現地説明会などの情報もわかる範囲で掲載していきます。
もしここに掲載されていない情報をお持ちの方は教えていただけると助かります。フィードバック主催者の方による情報提供はこちら

注目のイベント

飯盛城(大阪府大東市)

「第6回三好長慶公武者行列 in 大東」開催(10時〜15時、北条公園周辺、無料)

開催日
2022-03-05 Googleカレンダーに登録

3月5日、大東市において「第6回三好長慶公武者行列 in 大東」が開催されます。

開催中のイベント

開催施設が休館になっている場合がありますので、事前に公式サイトを確認してください
「曽我物語図屏風」開催(9時〜17時、山梨県立博物館、無料)

期間
2022-01-22〜2022-02-21 Googleカレンダーに登録

1月22日より、山梨県立博物館においてシンボル展「曽我物語図屏風」が開催されます。

小牧山城(愛知県小牧市)

企画展「愛知が誇る!日本100名城 続日本100名城」開催(9時〜16時半、小牧市歴史館、無料)

期間
2022-01-22〜2022-03-21 Googleカレンダーに登録

2022年1月22日より、小牧市歴史館において令和3年度小牧市歴史館企画展「愛知が誇る!日本100名城 続日本100名城」が開催されます。

岡豊城(高知県南国市)

企画展「長宗我部氏とその時代 ―一次史料がつむぎだす、その実像―」開催(9時〜17時、高知県立歴史民俗資料館、520円)

期間
2022-01-14〜2022-03-21 Googleカレンダーに登録

来年1月14日より、高知県立歴史民俗資料館において開館30周年記念企画展「長宗我部氏とその時代 ―一次史料がつむぎだす、その実像―」が開催されます。

企画展「伊豆から鎌倉へ―北条氏の軌跡をたどる―」開催(10時〜16時、鎌倉歴史文化交流館、300円)

期間
2022-01-04〜2022-03-26 Googleカレンダーに登録

1月4日より、鎌倉歴史文化交流館において企画展「伊豆から鎌倉へ―北条氏の軌跡をたどる―」が開催されます。

第56回「京の冬の旅」キャンペーン開催(10時~16時半、市内14寺院、800円)

期間
2022-01-01〜2022-03-21 Googleカレンダーに登録

来年1月1日より京都市において毎年恒例のデスティネーションキャンペーン第56回「京の冬の旅」が開催されます。

名古屋城(愛知県名古屋市)

企画展「武家の備え」開催(9時〜16時半、西の丸御蔵城宝館、無料)

期間
2022-01-01〜2022-04-10 Googleカレンダーに登録

1月1日より、名古屋城内にある西の丸御蔵城宝館で企画展「武家の備え」が開催されます。

二条城(京都府京都市)

二の丸御殿「遠侍・一の間(虎の間)」特別入室

期間
2021-12-22〜2022-01-24 Googleカレンダーに登録

企画展「北斎で日本史 ―あの人をどう描いたか―」開催(9時半〜17時半、すみだ北斎美術館、1000円)

期間
2021-12-21〜2022-02-27 Googleカレンダーに登録

12月21日より、すみだ北斎美術館において企画展「北斎で日本史 ―あの人をどう描いたか―」が開催されます。

二条城(京都府京都市)

二条城障壁画 原画公開「〈遠侍(とおざむらい)〉虎の間の障壁画 ~御殿を護(まも)る竹林の王者~」(9時〜16時半、展示収蔵館、100円)

期間
2021-12-20〜2022-02-20 Googleカレンダーに登録

指月伏見城(京都府京都市), 伏見城(京都府京都市)

速報展示「新発見 伏見城跡の石垣~JR桃山駅前の調査~」開催(9時〜17時、京都市考古資料館、無料)

期間
2021-12-17〜2022-02-20 Googleカレンダーに登録

現在、京都市考古資料館において速報展示「新発見 伏見城跡の石垣~JR桃山駅前の調査~」が開催中です。

松本城(長野県松本市)

「松本市イルミネーション2021-2022」開催(松本城公園ほか)

期間
2021-12-01〜2022-02-28 Googleカレンダーに登録

12月1日より松本市内に開催される「松本市イルミネーション2021-2022」において、松本城でレーザーマッピング「松本城~氷晶きらめく水鏡~」が実施されます。

徳島城(徳島県徳島市)

企画展「甲冑の美」開催(9時半〜17時、徳島城博物館、300円)

期間
2021-11-27〜2022-01-30 Googleカレンダーに登録

11月27日より、徳島城博物館において令和3年度冬の企画展「甲冑の美」が開催されます。

日付やエリアで全国のイベントをチェック

«2022年1月»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
現在開催中のイベントをチェック

現在開催中

開催エリアからイベントをチェック

未来のイベント

姫路城(兵庫県姫路市)

募集 人気ツアー「世界遺産からご来光を望む 姫路城・早朝特別入城」開催

期間
2022-02-04〜2022-02-20 Googleカレンダーに登録

ツアー参加者限定で早朝の天守に上がることができる特別企画「世界遺産からご来光を望む 姫路城・早朝特別入城」が2022年も開催されます。

足利城(栃木県足利市)

特別展「戦国武将 足利長尾の武と美―その命脈は永遠に―」開催(足利市立美術館)

期間
2022-02-11〜2022-03-27 Googleカレンダーに登録

来年2月11日より、足利市立美術館において足利市制100周年記念特別展「戦国武将 足利長尾の武と美―その命脈は永遠に―」が開催されます。 刀工・堀川国広作の刀剣「山姥切(やまんばぎり)国広」(国重要文化財)などが5年ぶりに公開されるそうです。

「第3回全国歴食サミット」開催(10時〜16時、KDDI維新ホール、無料)

期間
2022-02-12〜2022-02-13 Googleカレンダーに登録

2月12日と13日の2日間、KDDI維新ホールにおいて「第3回全国歴食サミット」が開催されます。

講演会「島津義弘・久保父子と真幸」開催(13時半〜15時半、えびの市歴史民俗資料館、無料、150名、要整理券)

開催日
2022-02-20 Googleカレンダーに登録

2月20日、えびの市歴史民俗資料館において島津義弘公講演会「島津義弘・久保父子と真幸」が開催されます。

大桑城(岐阜県山県市)

大桑城講演会開催(13時半〜15時半、高富中央公民館、無料、100名、要事前申込)

開催日
2022-02-26 Googleカレンダーに登録

来年2月26日に山県市で大桑城の講演会が開催されます。 美濃国守護・土岐氏の居城である大桑城は先日、発掘調査で庭園跡が発見されるなど注目度が高まっています。

飯盛城(大阪府大東市)

「第6回三好長慶公武者行列 in 大東」開催(10時〜15時、北条公園周辺、無料)

開催日
2022-03-05 Googleカレンダーに登録

3月5日、大東市において「第6回三好長慶公武者行列 in 大東」が開催されます。

「にっぽん城まつり2022 feat.出張!お城EXPO in 愛知」開催(10時〜17時、愛知県国際展示場 展示ホールF)

期間
2022-03-19〜2022-03-20 Googleカレンダーに登録

高田城(新潟県上越市)

「第97回高田城址公園観桜会」開催

期間
2022-03-26〜2022-04-10 Googleカレンダーに登録

首里城(沖縄県那覇市)

特別展「琉球」開催(東京国立博物館)

期間
2022-05-03〜2022-06-26 Googleカレンダーに登録

2022年(令和4年)の沖縄復帰50年を記念し、琉球王国の歴史と文化をひもとく過去最大規模の特別展「琉球」が東京国立博物館と九州国立博物館で開催されます。

首里城(沖縄県那覇市)

特別展「琉球」開催(九州国立博物館)

期間
2022-07-16〜2022-09-04 Googleカレンダーに登録

2022年(令和4年)の沖縄復帰50年を記念し、琉球王国の歴史と文化をひもとく過去最大規模の特別展「琉球」が東京国立博物館と九州国立博物館で開催されます。

福山城(広島県福山市)

福山城博物館のリニューアルオープン(予定)

開催日
2022-08-28 Googleカレンダーに登録

臨時休業中のお城

現在、以下のお城で臨時休業・臨時休館が発表されています。今後も対象となるお城が増えたり、休業の期間が延びることが想定されますのでお出かけの前には公式サイト等にて最新情報をご確認ください。

滋賀県

水口城
臨時休館 橋の老朽化にともない水口城資料館が休館
期間 終了時期は未定

岡山県

岡山城
臨時休館 大規模改修のため天守閣の休館 ※2022年11月再オープン予定
期間 終了時期は未定

広島県

広島城
臨時休館 新型コロナウィルスの感染拡大を受けて休館
期間 〜2022-01-31

熊本県

人吉城
臨時休館 施設設備復旧のため人吉城歴史館の休館
期間 終了時期は未定

宮崎県

飫肥城
臨時休館 展示リニューアル工事に伴い休館
期間 〜2022-03-18
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

将軍の日本史 (MdN新書)

源頼朝から徳川慶喜まで「幕府の長としての将軍」39名がずらりと並んでいる。ビッグネームも儚い存在も一人ひと項目ずつ(同一人物だが足利義材と義稙は二つの項目に分けて)公平に取り上げた「総覧」だ。
出色はコラムで、将軍になれそうでなれなかった面々の紹介が面白かった。その一人、尾張藩主・徳川宗春は地元では「名君として愛されていた」とか。いつか名古屋城攻城の暁には郵便ポストの上の宗春公も見てこようとグーグルマップに印をいれたところだ。
私は歴史に疎く見逃しが多いが、将軍を軸にして日本史の常識をこの「総覧」は補ってくれる。「日本坊主列伝」とともに貼りまくった付箋のところを読み返し、城下町探索に深みを持たせたい。

山鳩さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る