紹介文

笠間城は笠間氏の居城として知られています。1590年(天正18年)の豊臣秀吉による小田原征伐の際に笠間綱家が北条氏についたため、滅亡させられました。その後、いったんは宇都宮氏が支配しましたが、のちに蒲生郷成が入城し、この郷成の手により織豊系城郭に改修されました。現在も確認できる石垣遺構はこの時代のものと考えられています。蒲生氏以降も松平、小笠原、永井、浅野、井上、本庄などの諸氏が入れ替わり城主をつとめ、1747年(延享4年)から廃藩までは、牧野氏代々の居城となりました。ちなみに忠臣蔵で有名な浅野氏は、ここから赤穂藩に移っています。関東地方では珍しい本格的な石垣がある城で、石垣以外にも堀などの遺構を確認できるほか、建造物の遺構として、本丸八幡台上にあった八幡櫓が真浄寺に移築され現存しており、また薬医門形式の城門2棟が、市内の民家に移築され現存しています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
笠間城は「続日本100名城」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城

笠間城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

笠間城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 虫除けスプレーがあると良いです。(2021/05/08訪問)
  • スタンプ設置場所にナビで行くには、常陽銀行笠間支店で検索すると良いです。(2021/02/12訪問)
  • 麓の笠間稲荷神社外苑駐車場から本丸へは、なかなかきつい階段のハイキングコースを登ります。頂上の佐志能神社周辺は足元かなり注意です。(2021/01/22訪問)
  • 千人溜駐車場の左手の登城口から大手門跡と石垣、本丸の石垣と八幡台櫓跡、更に天主台の石垣と佐志能神社など見どころを一通り散策してきました。(2020/10/25訪問)
  • 歴史交流館を先に回って情報を入れて登ればよかったです。 結構な登り坂で、途中回り道をして引き返してしまいました。(2019/07/14訪問)
  • 本丸跡から土橋を渡って更に登っていくと天主櫓跡(佐志能神社)があります。そこの石垣は圧巻です。(2020/09/13訪問)
  • 道がわかりにくいのでスタンプのある「井筒屋」で確認してから登城することをお勧めします。(2019/12/13訪問)
  • 公営笠間稲荷駐車場に停め、すぐ上の佐白公園トイレ前の案内板で詳しい地図と縄張りの説明を読み、その奥の下屋敷跡からハイキングコースで二の丸に出ます。帰りに二の丸から別コースで大手門跡、千人溜まりと回れば良いと思います。(2020/03/22訪問)
  • 現在千人溜駐車場使用不可のため、最寄り駐車場はつつじ公園駐車場となっております。(2020/03/20訪問)
  • 千人溜駐車場はまだ閉鎖中です。中腹の大黒石近くの駐車場に停め、攻城。頂上?の神社からの眺めがいいです。(2020/03/01訪問)
すべてを表示(56コメント)

笠間城について

笠間城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)205 m( 130 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式
天守の階数2重
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ『常盤国笠間之城絵図』(正保城絵図)では天守曲輪にその姿が描かれているが、具体的な外観や構造は不明。廃城後、解体された用材は、笠間城天守台に所在する佐志能神社の拝殿に使用されている。
築城主笠間時朝
築城開始・完了年着工 1219年(承久元年)
廃城年1868年(明治4年)
主な改修者蒲生郷成
主な城主笠間氏、宇都宮氏、蒲生郷成(3万石)、牧野氏(8万石)
遺構空堀、石垣、土塁、井戸、移築櫓、門
指定文化財市史跡
復元状況

更新日:2021/07/24 14:28:35

笠間城の観光情報

笠間城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

笠間城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(24日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    22.58
  • 06時
    Rain / light rain
    23.47
  • 09時
    Rain / light rain
    28.34
  • 12時
    Rain / light rain
    30.87
  • 15時
    Clouds / broken clouds
    29.91
  • 18時
    Clouds / few clouds
    26.41
  • 21時
    Clouds / few clouds
    24.01
  • 00時
    Clouds / scattered clouds
    23.15

明日以降の天気(正午時点)

  • 25日
    Clouds / broken clouds
    27.63
  • 26日
    Clouds / overcast clouds
    29.16
  • 27日
    Clouds / overcast clouds
    26.23
  • 28日
    Clouds / broken clouds
    30.64

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

笠間城の地図

笠間城へのアクセス

笠間城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR水戸線・笠間駅から徒歩1時間
アクセス(クルマ)
  • 北関東自動車道・友部ICから20分
駐車場

無料(30台)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    笠間城周辺の宿・ホテル

      笠間 割烹旅館 城山

      ★コロナ対策済・個室食で3密回避★【ゴルフ優待有・予約代行承り】日本三大稲荷★笠間稲荷徒歩3分/月替わり会席にバラ風呂のおもてなし!旅館ならではの贅沢なゆっくり時間♪(評価:4.5、参考料金:7,800円〜)

      ホテル イオ アルフェラッツ<常陸牛の本格フレンチが自慢>

      ■記念日にもおすすめ【本格フレンチコース♪】■ファミリーに人気!【メゾネット客室】■オーガニックコットンのリネンで快適な眠りを■笠間芸術の森公園徒歩5分・近隣ゴルフ場へのアクセス抜群(評価:3.7、参考料金:5,300円〜)

      内原鉱泉 湯泉荘

      【駐車場無料】田園の中に建つ、鄙び湯(ひなび湯)。知る人ぞ知るレトロな雰囲気は隠れ家そのものです。庭園の池には竜神様を祀っております。超音波龍紋石風呂は湧き水を沸かしており、24時間入れます。(評価:4.0、参考料金:5,830円〜)

      シティーホテル友部

      JR常磐線友部駅から車で10分 常盤自動車道岩間ICから15分/友部SA(ETC搭載車専用)から5分ビジネスやゴルフの拠点に便利。全室セミダブルベッドでゆったりとした空間。全室無線LAN接続無料。駐車場80台収容(評価:3.7、参考料金:5,600円〜)

      秘湯 ぶんぶくの湯

      JR笠間駅より車で15分。山間にたたずむ全3室の宿。当館敷地内に湧く天然湧水は、弘法大師が関東ご巡錫の折に発見されたと言われており、胃腸病や皮膚病によいと評判です。ゴルフでのお泊りにもおすすめ(評価:3.4、参考料金:5,200円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    笠間城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 水戸城
      • 水戸城
        • 平均評価:★★★☆☆(91位)
        • 見学時間:1時間11分(50位)
        • 攻城人数:1498人(62位)
        • 城までの距離:約19km
      • 土浦城
      • 土浦城
        • 平均評価:★★★☆☆(112位)
        • 見学時間:48分(110位)
        • 攻城人数:902人(126位)
        • 城までの距離:約33km
    • より多くの
      城を見る

    常陸の著名な城

    茨城県の著名な城

    笠間城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    笠間城を本城にしている団員

    以下のみなさんが笠間城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    二条城にはふたつ天守閣あり (大竜門シリーズ)

    郷土史家、永井太一郎さんが書かれた二条城の詳細な研究本。あまりに詳しいのでたぶん読む人を選ぶと思うけど、二条城に興味を持ってより深く学びたいと思った人であればぜひ読むべき一冊だと思う。ひとことで言うと「すごい」本です。

    こうの)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る