紹介文

笠間城は笠間氏の居城として知られています。1590年(天正18年)の豊臣秀吉による小田原征伐の際に笠間綱家が北条氏についたため、滅亡させられました。その後、いったんは宇都宮氏が支配しましたが、のちに蒲生郷成が入城し、この郷成の手により織豊系城郭に改修されました。現在も確認できる石垣遺構はこの時代のものと考えられています。蒲生氏以降も松平、小笠原、永井、浅野、井上、本庄などの諸氏が入れ替わり城主をつとめ、1747年(延享4年)から廃藩までは、牧野氏代々の居城となりました。ちなみに忠臣蔵で有名な浅野氏は、ここから赤穂藩に移っています。関東地方では珍しい本格的な石垣がある城で、石垣以外にも堀などの遺構を確認できるほか、建造物の遺構として、本丸八幡台上にあった八幡櫓が真浄寺に移築され現存しており、また薬医門形式の城門2棟が、市内の民家に移築され現存しています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
笠間城は「続日本100名城」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城

笠間城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

笠間城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • かさま歴史交流館井筒屋のスタッフのお話では荒天で倒木があり蚊や〇〇もいるので気をつけて。心が折れたので移築された櫓を真浄寺で見て修了。お城に関係ないけど近くの笠間日動美術館は一見の価値あり。(2019/07/19)
  • 時間が無く大黒石近くの道路脇の駐車場にとめ攻城。千人溜り跡の閉鎖中の駐車場から登城。途中石垣、空堀を見ながら、本丸、天主跡へ。災害で倒木や崩れた石垣が痛々しい。車に戻り笠間稲荷駐車場で下屋敷跡を見学して、真浄寺の移築八幡櫓へ車で移動。(2019/07/03)
  • 本当に山登り、天守跡まで、467段(?)の階段を登ります。(2019/05/19)
  • 千人溜り駐車場は豪雨被害で使用禁止。100-200mほど下に車を停められるところあり。天守跡の佐志能神社も立ち入り禁止と思っていたが、幸い神殿まで行けた。石垣の損傷は激しい。八幡台櫓が移築されている真浄寺も訪れた。笠間氏は笠間市に大事にされて幸せだなぁ。(2019/05/07)
  • 笠間駅からレンタサイクル(300円)を利用し笠間稲荷神社とセットで攻城。かさま歴史交流館井筒屋でスタンプとパンフレットを入手したのち、交流館2階の資料館(無料)で笠間城について学ぶ。 お城への行き方は交流館のスタッフの方に丁寧に教えて頂いたので、迷わずに天主跡(佐志能神社)まで行けました。石垣、土塁……(2019/05/03)
  • 笠間駅より自転車で約30分。自転車では登りがきついです 天守台付近は蜂が多いので注意(2019/05/03)
  • 笠間歴史交流館から徒歩にて攻城。 交流館で詳しく教えていただいてからの散策。 大手門から天主まで迷路のようなルートを堪能。(2019/04/21)
  • 笠間駅から歩いて行きました。お腹が空いたので、笠間苑という焼肉屋で、焼肉定食をいただきました。1000円でした。牛の臭みがあり、私はすごい美味しいと思いました。非常に満足でした。そこから、笠間稲荷神社で、御朱印をいただきました。そこから笠間城跡と移築されたお寺に行きました。山に登って石垣があるのは見……(2019/04/19)
  • 狭いですが随所に石垣があり、良い意味で荒廃した城跡として見学できます。(2019/04/14)
  • なかなかハイキングでした。 石垣がちょっと見えるとやはり燃える(2019/04/07)
すべてを表示(84コメント)

笠間城について

笠間城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)205 m( 130 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式
天守の階数2重
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ『常盤国笠間之城絵図』(正保城絵図)では天守曲輪にその姿が描かれているが、具体的な外観や構造は不明。廃城後、解体された用材は、笠間城天守台に所在する佐志能神社の拝殿に使用されている。
築城主笠間時朝
築城開始・完了年着工 1219年(承久元年)
廃城年1868年(明治4年)
主な改修者蒲生郷成
主な城主笠間氏、宇都宮氏、蒲生郷成(3万石)、牧野氏(8万石)
遺構空堀、石垣、土塁、井戸、移築櫓、門
指定文化財市史跡
復元状況

更新日:2019/08/23 14:49:42

笠間城の観光情報

笠間城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

笠間城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(23日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    24.54
  • 06時
    Rain / light rain
    24.55
  • 09時
    Rain / light rain
    25.80
  • 12時
    Rain / light rain
    28.14
  • 15時
    Rain / light rain
    30.00
  • 18時
    Clouds / scattered clouds
    29.46
  • 21時
    Clouds / broken clouds
    27.78
  • 00時
    Rain / light rain
    25.85

明日以降の天気(正午時点)

  • 24日
    Clouds / broken clouds
    31.61
  • 25日
    Clouds / few clouds
    32.74
  • 26日
    Rain / light rain
    30.00
  • 27日
    Rain / light rain
    27.37

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

笠間城の地図

地図アプリで見る

茨城県笠間市笠間3616

笠間城へのアクセス

笠間城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR水戸線・笠間駅から徒歩1時間
アクセス(クルマ)
  • 北関東自動車道・友部ICから20分
駐車場

無料(30台)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    笠間城周辺の宿・ホテル

      笠間 割烹旅館 城山

      清閑な数奇屋造りの和風旅館──■訪れるたびに違う地元の四季の会席を味わう■バラの花を浮かべたお風呂では芳醇な香りに身も心も癒されます■喧騒から離れてゆったりと過ごす笠間の小さな旅館(評価:4.9、参考料金:14,500円〜)

      シティーホテル友部

      JR常磐線友部駅から車で10分 常盤自動車道岩間ICから15分/友部SA(ETC搭載車専用)から5分ビジネスやゴルフの拠点に便利。全室セミダブルベッドでゆったりとした空間。全室無線LAN接続無料。駐車場80台収容(評価:4.1、参考料金:5,400円〜)

      ホテル イオ アルフェラッツ

      笠間芸術の森公園近隣の丘に立地。近隣ゴルフ場へのアクセスや美術館などの散策・陶芸体験(優待紹介)も楽しめる。送迎を行っておりませんがタクシーの手配が必要の場合は予約時にお申し付けください。(評価:不明、参考料金:2,000円〜)

      秘湯 ぶんぶくの湯

      山間にぶくぶくと湧くことからぶんぶくの湯と呼ばれ、古くからこれを沸かした湯で胃腸病や皮膚病を治したといわれる。JR友部駅より車で20分。(評価:不明、参考料金:4,600円〜)

      内原鉱泉 湯泉荘

      【駐車場無料】田園の中に建つ、鄙び湯(ひなび湯)。知る人ぞ知るレトロな雰囲気は隠れ家そのものです。庭園の池には竜神様を祀っております。超音波龍紋石風呂は湧き水を沸かしており、24時間入れます。(評価:不明、参考料金:5,400円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    笠間城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 水戸城
      • 水戸城
        • 平均評価:★★★☆☆(227位)
        • 見学時間:1時間11分(91位)
        • 攻城人数:986人(60位)
        • 城までの距離:約19km
      • 土浦城
      • 土浦城
        • 平均評価:★★★☆☆(220位)
        • 見学時間:52分(216位)
        • 攻城人数:536人(127位)
        • 城までの距離:約33km
    • より多くの
      城を見る

    常陸の著名な城

    茨城県の著名な城

    笠間城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    笠間城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    大阪城話

    ブックオフで見つけました。知る人は知る、知らない人は知らない本の内容です。
    ①大阪城と和歌山城は兄弟(姉妹)城の関係に有る
    ②名護屋城博物館所蔵の「肥前名護屋城図屏風」は世に出る前、小さく折り畳んだ状態で大阪城天守閣に持ち込まれた
    ③江戸時代の時間は日の出と日の入りを境に一日を二分し、それぞれ六等分して一時(とき)としたので、夏至・冬至の頃は昼と夜の時間が倍ほど違った
    ⑤大阪城石垣のふるさとの小豆島には「大阪城残石記念公園」がある
    等でなかなか興味を引かれましたが、後半は著者の個人的な話が多くもう一つかも。

    村の芳ちゃんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る