フィードバック

メールをお送りいただく前に、こちらのご案内をお読みください。また操作についてはヘルプページも事前にご確認ください。

攻城団を利用になってのご感想、または攻城団に対するご意見、表示されているデータのまちがい指摘や補足など、みなさんの声を募集しています。
不具合報告だけでなく、要望やアドバイスなどもいつでも、何度でもお寄せください。

送信者の情報は記録されています。匿名だからと失礼な言動はお控えください。

ご意見・ご指摘

ちょっとしたことでもけっこうですので、気になることがあればぜひお聞かせください
必須

返信不要でいいですか?
ここに質問が書いてあってもお返事できません。お返事を必要とする場合は、こちらのお問い合わせフォームからお願いします。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

斗星、北天にあり (文芸書)

たぶんこれしかないのではないでしょうか?安東愛季(ちかすえ)を主人公に据えた歴史小説は。内容はまさに愛季一代記です。合戦描写はあっさりしていますが、どのような政治を行おうとしたかがメインになっています。
余談ですが、作中で整備される港湾内で、このたび北前船の錨(か?)が発見されたとのニュースがありました。因果を感じたので追記します。
さらに余談、同時期を扱っているので「天を衝く」の一部秋田側から見た描写があったりするので思わずニヤリとしてしまいます。
愛季死後、安東家はさらに激動の時代に突入する訳ですが、そんな続編是非ともお願いしたいです。

まーPさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る