みんなのレビュー

団員が投稿した書籍のレビューを最新順で表示しています。

レビューを投稿するには
まず以下のリンクにある検索フォームで書籍を検索してください。検索結果にある「レビューを書く」という緑のボタンを押せば入力欄が表示されます。このページに並んでいるレビューのようにすでにほかの団員がレビューを書いている場合は、書籍のページの右上にある「レビューを書く」を押しても投稿できます。
書籍の検索ページ

黒まめさん
カラー図解 城の攻め方・つくり方

城の本質を「軍事的な防御施設」ととらえるということが、当たり前のようでいてハッとさせられた。そこを押さえたうえで、「歴史」「地理・地形」「縄張り(構造)」の3つのポイントを視点に、城について、また、城をめぐる戦いについてを豊富なカラー図版とともに紹介してくれる。また、城の基礎知識にもページが割かれ、初心者にもわかりやすいないようになっている。城を知る3つのポイントを知り、基礎知識も得たら、解説されている「戦いの舞台になった城」、「戦国の城」、「近世の城」に出かけて行きたくてたまらなくなる。


黒まめさん
城郭考古学の冒険 (幻冬舎新書)

「城郭考古学」の可能性に、読みながらワクワクした。現地で、実物資料(城、城跡)を調べることで築城者の心理まで見えてくる…。城をスタートにして、あらゆる方向に目を向けられ、しかも、誰でもそのスタート地点に立ち、実際に見て、触れて、感じ、考えることができることは、なんて素晴らしいことだろう。更に海外の城と比較し、見えてくるものは何かを考える「比較城郭考古学」なる分野も出てきた。誰でも楽しめる文化財整備についての提言など、著者の積み重ねてきた思いを、たくさん語ってくれます。


黒まめさん
人生を豊かにしたい人のための日本の城 (マイナビ新書)

「お城について学べる一般書籍」を探していてめぐり逢った1冊です。「城歩き」の素晴らしさを知る著者が、「城歩き」で「人生を豊か」にする手助けをしてくれる本です。古代から最近の復元までのお城の概略が、とてもコンパクトにまとめられています。私は、電子書籍で読みましたが、紙でも新書なので気軽に手にとって持ち歩けるサイズです。箇条書きではなく、文章に書かれていることで、中身が無理なく入ってくるように感じました。


初芽さん
弘前にんじゃ昔ばなし

前半は青森で活躍した忍者3人(服部康成、杉山八兵衛、中川小準人)の生い立ちが漫画で描かれています。特に面白いなと思ったのはこの3人が時系列(服部→杉山→中川)で話が繋がっているところ。私の大好きな石田三成公や徳川家康公も話に出てきて、関ヶ原からの歴史の繋がりも感じました。また弘前藩忍者集団である「早道之者」がいかにして結成されるようになったのか知ることができました。
後半は3人の忍者と弘前藩初代藩主津軽為信公の詳細が書かれており、当時の周辺勢力や背景をより深く知ることができます。忍者関係の遺構・史料の写真や、弘前市内のゆかりあるお城と見所も書かれているのでとても参考になります。
また青森に訪問した際は、お城とセットで忍者ゆかりの地巡りをしたいと思いました。


まーちゃんさん
戦国の城攻めと忍び: 北条・上杉・豊臣の攻防

城がたり〈ちょっとわかる忍者の実態〉への参加に当たり、北条の忍び集団風魔について知りたく手に取りました。本書は信憑性の高い一次史料から忍びの実態に迫っていく内容となっており、関東の忍びは私が今まで思い描いていたイメージとは違うことを知る事が出来ました。
また、現在に伝わる鉄つぶて、撒菱の元祖とも言える岩付城から出土された石製平つぶての再現、及び八王子城から出土された土製撒菱の再現、及び使用実験のコラムも興味深く読ませていただきました。


初芽さん
そろそろ本当の忍者の話をしよう (最新版忍者ビジュアルガイドブック)

国際忍者学会推薦図書と知り興味を持ちました。
忍者(忍術)とは何か?から、甲賀・伊賀忍者はじめ各地の忍者の最新の研究についてや、子孫・現役忍者の方へのインタビューなどこの一冊で忍者について知ることができます。遺構や忍者屋敷などの写真もたくさん掲載されているので面白いです。


Kジョニーさん
熊本城 (図説 日本の城と城下町⑨)

やっと熊本に初上陸できそうなので購入し熊本城予習のために読んでいます。城下町や文化などの事も掲載されているので、熊本初心者には役立つ一冊です。持ち運びしやすいサイズなのもオススメです。このシリーズはわかりやすくて大変重宝しています。


黒まめさん
日本の城事典

千田嘉博先生監修の城事典で、「基礎知識編」「実践編」から成り、お城初心者の方には大変わかりやすい1冊です。「実践編」では、「歴史を感じられる城」「縄張りを愛でる城」「天守を楽しむ城」と章立てし、実際のお城を詳しく解説してくれているので、城攻め中級・上級の方々にも楽しめるのではないでしょうか。


榎本秋さん
お酒をつくる戦国の代官-小田原北条氏家臣・江川氏 (日本史史料研究会セレクト 2)

反射炉などで有名な江川氏。その江川氏がどのように北条氏の家臣となり、お酒も作り、京都とも文化的なつながりをもったかをメインに室町>戦国時代の江川氏を紹介する一冊。
・江川氏の技能、そしてそこへの北条家の期待
・北条家臣団の中での江川氏の特異性
なども勉強になりました。


た〜坊さん
ひょうごの城紀行 (上) (のじぎく文庫)

神戸4城、阪神5城、東播磨7城、西播磨8城、但馬4城、丹波5城、淡路4城、合計37城について書かれてあります。
それぞれの城について数ページに解説してあります。
また、最後にメモとしてアクセスについても書かれてあります。

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

信長の城 (岩波新書)

おなじみ千田嘉博先生の著作です。
織田信長が居城した勝幡城、清須城、小牧山城、岐阜城、安土城について、千田先生の考察をふまえて解説されています。城の歴史等を学べることはもちろんですが、発掘調査、絵図・地図、文書などから築城の背景、信長の意図を導き出していく考え方が勉強になりました。
新書サイズで持ち運びも便利です。お城でばったり千田先生に遭遇した際に、サインを頂けるかもしれません。

伝もものふ山田(ヤマー)さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る