みんなのレビュー

団員が投稿した書籍のレビューを最新順で表示しています。

レビューを投稿するには
まず以下のリンクにある検索フォームで書籍を検索してください。検索結果にある「レビューを書く」という緑のボタンを押せば入力欄が表示されます。このページに並んでいるレビューのようにすでにほかの団員がレビューを書いている場合は、書籍のページの右上にある「レビューを書く」を押しても投稿できます。
書籍の検索ページ

niwanoagataさん
夕雲の城外伝 猿啄の春

この本は夕雲の城の外伝の漫画で、夕雲の城本編の少し前の戦いを舞台にしています。
前回は局面に立たされた武将たちの苦悩を描いたように感じましたが、今回はその裏側に隠された農民や落城側の悲劇と言った構成です。
本編と同様非常にオススメです。


niwanoagataさん
夕雲の城

城郭系漫画の最高傑作。
漫画の内容も素晴らしい上に、後半には非常に詳しい解説があり、解説書としてでも有用。
特に良かったのが漫画の内容で、いわゆる漫画と違って当時の様子が手に取るように分かるほどで、当時の人々の様子や合戦の様子がとても忠実です。子供だけでなく大人も十分楽しめる内容だと思います
市が作った本なので入手方法に注意


niwanoagataさん
城館調査の手引き

非常に良かった。
基本からかなり詳しい内容まで説明してあり、城郭史の教科書と言っても過言ではない。
基礎から確実に学べるので城好きの初心者には必読の書です。


伝もものふ山田(ヤマー)さん
地図と読む 現代語訳 信長公記

「現代語訳 信長公記」の地図入り版です。本文中の随所に地名入りの地図が挿入され、場所を確認しながら読めるので分かりやすくなっています。
信長公記は派手な物語とは違い、淡々と記録が記されているのみですが、かなり細かく書かれているので読み応えはあります。淡々とした中にも時折、太田牛一主観の興奮した記述があるのが面白かったです。
巻末には信長の詳細な年表、登場人物の索引があり資料としても使えます。電子書籍(kindle)版で読みましたが、文中を検索でき便利でした。


niwanoagataさん
信長を操り、見限った男 光秀: 史上もっともミステリアスな武将の正体

数ある光秀本のなかでもトップクラスに良かった。ただし内容が専門的な箇所も多いので、余り詳しくない方は図説くらいのを読んで基礎知識をつけた上で読むことを薦めます。
内容はほとんどの箇所でとても良い内容で、肖像画、惟任姓、出自についてなど、他本にはない一次資料に則った有力な説を提唱しています。
これを読まずして光秀は語れません。それくらい強く読むことを薦めます。


こめつぶさん
古地図から読み解く 城下町の不思議と謎

様々な城下町の古地図と現代の地図を比較して、江戸時代の痕跡を見つけ、町の成り立ちと特徴を解説する一冊。埋め立てられた堀の跡や、町名に残る江戸時代の名残り、身分ごとに形成される町割りなどの共通点と、地形を活かした縄張りによる城下町ごとの個性が語られている。天下人の城(江戸・名古屋・大坂)に半分のページを使い、あとの半分を現存天守の城とその他の14城にあてている。


niwanoagataさん
本能寺前夜 (SB新書)

本能寺の変非道阻止説?を採る。全体的にいい本とは言えないが、しっかりした論を立てているところも見受けられる。本の構成のせいで多少読みにくい。初心者には非推奨。


niwanoagataさん
明智光秀の乱

論が複雑な上に、飛躍が激しく非常に読みにくい。
珍しい指摘も無くはないが、推奨はしない


niwanoagataさん
明智光秀の城郭と合戦 (図説 日本の城郭シリーズ13)

明智光秀関連本ではあるが、本能寺の変とかは特に載せていない。(軽く解説があるのみ)
本書では光秀の関わった城郭が取り上げられ、特に他本では取り上げられにくい丹波攻略を重点を置いていて?とても面白い。城郭史の観点から光秀とは何者だったのか追求できる1冊
ぜひとも読んでほしい


niwanoagataさん
明智光秀 残虐と謀略 一級史料で読み解く (祥伝社新書)

はっきり言って呆れた
全体的に論が薄く、結論も前後のつながりがなく突然出てくる。たぶん結論を先に決めてから根拠らしきものを探す手法だろう。はっきり言って勉強不足。
ただ光秀の肖像画に最初に疑問を呈したり、光秀が天文九年に生まれた説に賛同を示したりと珍しい論もまた多い。全く読まなくていい本とは言えず、読むには相当な知識を有する方のみと言わざるを得ない。

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

真田信之 父の知略に勝った決断力 (PHP新書)

群馬の真田三名城めぐりに行く前に読み始めました。実はまだ読み終わっていませんが、信幸も父や弟とは違う策士っぷりがうかがえます。自分も長子なのでついお兄ちゃんに肩入れしたくなってしまうのもありますが。

わんぱく姫さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る