みんなのレビュー

団員が投稿した書籍のレビューを最新順で表示しています。

レビューを投稿するには
まず以下のリンクにある検索フォームで書籍を検索してください。検索結果にある「レビューを書く」という緑のボタンを押せば入力欄が表示されます。このページに並んでいるレビューのようにすでにほかの団員がレビューを書いている場合は、書籍のページの右上にある「レビューを書く」を押しても投稿できます。
書籍の検索ページ

やすべいさん
二条城を極める

「○○城を極める」シリーズの二条城版です。
見どころ各所を写真付きで簡潔に解説してます。
京都市の公式ガイドブックは現地に行かないと手に入りませんし、攻城団の完全攻略ガイドは更に入手困難ですしね。
解説が簡単過ぎる感じもありますが、訪問前の予習に、またポケットサイズなので、現地使いのガイドブックに良いと思います。


niwanoagataさん
明智軍記

明智軍記は多少信用できる箇所があるにせよ、所詮は昔の小説であり、高柳氏は誤謬充満の悪書としている。
ただし、一般的な光秀像はこれをもとに創られているので一度は読んでおくべき。ただしこの本は訳ではなく書き下しなので注意。


niwanoagataさん
ここまでわかった 本能寺の変と明智光秀 (歴史新書y)

共著のためいろいろな意見をしれて、内容もすべて一級。本能寺の変を様々な視点から見ることができる
非常に良かった。


niwanoagataさん
明智光秀の妻 〓子(ひろこ)

小説です。古い本なので、内容も二次資料をもとにしたもの。


niwanoagataさん
カラー版 明智光秀とは何者なのか? (新書y 333)

全体的にわかりやすくまとめられていて、たまに眉唾なところはないし、検証している説も少なく感じたが、初心者向けのガイドブックぐらいとして最適


niwanoagataさん
明智光秀と本能寺の変 (ちくま新書) [Kindle版]

陰謀論を否定して、最後の論に関しても共感できたものではあったが、最新資料に言及されていないなど、検証内容が少なく思えた
よって初心者にはオススメ、他にも複数本を読んでる方には物足らないかもしれない


niwanoagataさん
明智光秀と琵琶湖

信長と光秀に喋らせると言う謎の新しいスタイルを用いたのは面白かった
本文では二次資料を一概には信用できないと適宜打ち捨てていたのに、会話部分ではそれを使い、しかも会話の小説と資料を使った部分との境がわからず印象操作している感が否めない


niwanoagataさん
明智光秀伝: 本能寺の変に至る派閥力学

長年研究されているので濃い内容にはなっているが、最終的な義昭黒幕に持っていくために多少無理しているところもなくはない
他の本と併せて読むことが必要


コースケさん
江戸時代の設計者 (講談社現代新書)

安部龍太郎さんの「下天を謀る」を読んだあとに読むと、なおいいかも。藤堂高虎の足跡を追いながら、江戸幕府の体制が固まっていく様子を描いています。築城の目的や織豊時代からの城の特徴の変化、都市計画のあり方など面白い話が盛りだくさん。業績もさることながら、今でいうキャリア的にも、もっと知名度が上がってもいい人だなぁと思う。


こうのさん
沖縄 琉球王国ぶらぶらぁ散歩 (とんぼの本)

沖縄の観光案内だけでなく、琉球王国の歴史についても学ぶことのできる「二度おいしい」お得な一冊。
沖縄取材後に購入したけどいい復習になった。

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

サンエイ新書戦況図解 戊辰戦争 (サンエイ新書 10)

実際のところ戊辰戦争についてほとんど知らなかったことに驚きました。もちろん結果や途中のエピソード等は知っているので、理解していると思い込んでいました。この本は戦況図でこの戦争の流れが分かりやすくなっています。結構いろんな場所で一進一退繰り広げられています。

まーPさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る