読み物 記事一覧

【現在1416城!】全国の御城印(お城版の御朱印)を販売しているお城の一覧 注目 NEW!

全国で御城印や御朱印風の登場記念符を配布(販売)しているお城の一覧です。随時更新中で御城印情報がどこよりも詳しくまとまっています。 つづきを読む

【サイン本プレゼントあり】「ぶらり徳川家康ゆかりの城跡+忍びめぐり」のご紹介 注目 NEW!

マコト出版から出版されるガイドブック「ぶらり徳川家康ゆかりの城跡+忍びめぐり」のサイン本を5名の方にプレゼントします! つづきを読む

【2/9〜、福井市】福井城御城印の新デザイン版が販売開始 NEW!

2月9日(木)より、福井市立郷土歴史博物館において福井城の新作御城印「結城秀康バージョン」が発売されます。 つづきを読む

郡山城にチラシが置いてあります NEW!

かつては大和大納言・羽柴秀長の居城、江戸時代には郡山藩の藩庁が置かれた郡山城にも攻城団のチラシを置いていただきました。本丸跡にある柳沢文庫で入手できます。 つづきを読む

【2/10〜2/11、福島県会津若松市】「第24回会津絵ろうそくまつり」開催 NEW!

2月10日(金)・11日(土)の2日間、鶴ヶ城および御薬園において「第24回会津絵ろうそくまつり」が開催されます。 つづきを読む

【3/5、岐阜県飛騨市】歴史講座「今解き明かす江馬氏の山城」開催 NEW!

3月5日(日)、地域交流センター船津座において歴史講座「今解き明かす江馬氏の山城」が開催されます。 つづきを読む

細川玉子さんによる神君伊賀越えの紹介 注目 NEW!

京都・長岡京おもてなし武将隊つつじの細川玉子さんに「神君伊賀越え」について紹介していただきました。敵を撹乱させるためにさまざまな誤情報が飛び交ったこともあり真実がよくわからないこの逃避行ですが、各地に残っている伝承をたどるのもおもしろいですね。 つづきを読む

【家康の謎】家康は桶狭間の戦いのあと、なぜ駿府に戻らなかったの? 注目 NEW!

人質時代の信長との縁もあり、今川家を見限って織田についたとされる通説は近年否定されているそうです。岡崎城に入った元康は織田方と戦っており、今川からの離反も援軍が期待できず安全保障が履行されなかったためと考えられています。 つづきを読む

【〜3/13、和歌山県和歌山市】わかやま歴史館で企画展「和歌山城水の手郭―災害復旧と発掘調査の成果―」開催 NEW!

現在、わかやま歴史館において冬の企画展「和歌山城水の手郭―災害復旧と発掘調査の成果―」が開催中です。 つづきを読む

【2/19、岐阜県輪之内町】「第3回丸毛サミット」開催 NEW!

2月19日(日)、輪之内町文化会館において「第3回丸毛サミット」が開催されます。 つづきを読む

【2/4〜3/26、滋賀県長浜市】長浜城歴史博物館で企画展「国友一貫斎 ―発明とその夢―」開催 NEW!

2月4日(土)から3月26日(日)までの間、長浜城歴史博物館において「国友一貫斎関係資料」重要文化財指定記念企画展「国友一貫斎 ―発明とその夢―」が開催されます。 つづきを読む

メールマガジンについての考え方 注目 NEW!

攻城団のメールマガジンは現在オフにすることができません。その考えに至った経緯や理由は方針変更時のメルマガでしかお伝えしてなかったので、あらためてサイトにも載せておきます。ぜひご一読をお願いいたします。 つづきを読む

【家康の合戦】高天神城の戦い 武田vs徳川の攻防戦! 注目 NEW!

「高天神を制するものは遠州を制する」といわれたほどの要衝をめぐって徳川・武田が争奪した高天神城ですが、最終的に城将・岡部元信からの救援要請に応じることができなかった武田勝頼の威信を致命的に失墜させ、武田家滅亡のきっかけになった戦いとも言われます。 つづきを読む

【2/4〜、群馬県甘楽町】庭谷城の御城印が販売開始 NEW!

2月4日(土)より、道の駅 甘楽において庭谷城の御城印が発売されます。 つづきを読む

【1/28〜4/16、福岡県久留米市】有馬記念館で企画展「久留米藩と村の人々」開催 NEW!

現在、有馬記念館において企画展「久留米藩と村の人々」が開催中です。 つづきを読む
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

キテレツ城あるき

れきしクンでお馴染み、長谷川ヨシテル氏の「ヘンテコ城めぐり」に続く第2弾お城ガイド本です。ちょっと違った視点でのお城ガイドですが、中身はいたって真面目かつ詳細です(笑)。今回は「古代山城」とか「舞鶴城」とかのテーマ別に詳しく紹介されています。舞鶴城に至っては、「舞鶴城多すぎ問題」として章立てされています!そして何よりオススメは、攻城団提供の写真が使われていることです。城のヘンテコ度は前著の方が勝っているような気がしますが、楽しく詳しく読めて、そのお城に行きたくなりますよ。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る