読み物 記事一覧

「道の駅」赤来高原に赤穴瀬戸山城のチラシが置いてあります NEW!

飯南町観光協会が運営する「道の駅」赤来高原に攻城団のチラシを置いていただきました。 つづきを読む

【京都市】京都考古資料館で聚楽第の御城印が近日発売 NEW!

京都市上京区にある京都市考古資料館において、豊臣秀吉が築いた聚楽第の御城印が6月上旬より発売となります。 つづきを読む

写真のページで同じ日に撮影した写真が時系列に並んで表示されるようにしました 注目 NEW!

個別の写真ページに同じ日に撮影した写真をまとめて表示するようにしました。 つづきを読む

【若狭町】「明智光秀 熊川来訪450年」記念イベント開催中 NEW!

福井県若狭町では今年が明智光秀が来訪して450年後の節目にあたることから、光秀が熊川に居たことを記した書状の展示とご当地グッズ(御城印、攻城記念缶バッジ)の販売を開始しました。 つづきを読む

【丹波篠山市】篠山城・八上城の御城印(通常版)が近日発売 NEW!

篠山城・八上城の御城印(通常版)が近日販売開始となります。 つづきを読む

タイムラインの抑制表示を解除しました 注目 NEW!

タイムラインの表示抑制や、通知メールの再開など、緊急事態宣言にあわせておこなっていた取り組みを本日解除しました。 つづきを読む

【橋本市】岩倉城御城印の現地販売がスタート NEW!

和歌山県橋本市にある岩倉城の御城印がはしもと広域観光案内所で販売開始されました。 つづきを読む

【〜6/3、郡上市】郡上八幡城がパンフレット郵送サービスを期間限定で開始 NEW!

5月31日まで休館となっている郡上八幡城で、パンフレットや御城印の案内など資料一式を郵送するサービスが開始されました。 つづきを読む

【5/28〜6/14、姫路市】姫路城が一部公開再開 NEW!

姫路城の大天守など屋内部分をのぞく有料区域が5月28日(木)から公開再開となります。 つづきを読む

【現在323城!】全国の御城印(お城版の御朱印)を販売しているお城の一覧 注目 NEW!

全国で御城印や御朱印風の登場記念符を配布(販売)しているお城の一覧です。随時更新中で御城印情報がどこよりも詳しくまとまっています。 つづきを読む

明智光秀と柴田勝家ーーあるいは一線を引かれた同僚? 注目 NEW!

光秀と勝家、ともに織田家の重臣同士ではあるものの、意外と接点はなかったのでしょうか。 つづきを読む

【5/20〜、大月市】岩殿城の御城印に新デザインが登場、通販も開始 NEW!

岩殿城の御城印に新デザインが登場しました。販売場所の大月駅前観光案内所が現在閉館中のため、通販も開始されています。 つづきを読む

けっきょく江戸時代に藩はいくつあったのか 注目

江戸時代に存在した藩の数を知りたいだけなのに、見つけることができませんでした。藩の定義から整理していかないとダメなようです。 つづきを読む

【5/20〜、北九州市】小倉城御城印「籠城記念版」の通販開始 注目

小倉城において限定御城印「籠城記念版」の通信販売が開始されました。 つづきを読む

江戸時代をデータベース化する 注目

江戸時代に存在した藩と、それぞれの歴代藩主について、ぱっと見ただけで全体を把握できるようなデータをつくっています。 つづきを読む

公開が再開された二条城にいってきました 注目

今日から公開が再開された二条城を訪問してきました。府民限定ということもあり貸切状態でしたが、ひさしぶりに訪問できてテンションが上がりました! つづきを読む

【郡上市】郡上八幡城で #stayhome のポスターを作成 注目

日本最古の木造再建城で、最近では御城印ブームの火付け役としても知られる郡上八幡城で「Stay Home(ステイホーム)」を推奨するポスターを作成されました。 つづきを読む

明智光秀と朝倉義景ーーあるいはあやふやな朝倉家臣伝説 注目 NEW!

美濃を追われた明智光秀が仕えたとされるのが朝倉義景なのですが、この話はほんとうなのでしょうか。 つづきを読む

7.寵臣の出世と末路 注目

最終回はおまけとして、裏道ともいえるイレギュラーな出世を遂げた人物たちを紹介します。田沼意次や柳沢吉保など有名どころから、脇坂安董など通な人物までお楽しみください。 つづきを読む

【5/23〜6/21、米沢市】特別展「関東管領上杉謙信」開催

会期が変更となりましたが、5月23日より米沢市上杉博物館において特別展「関東管領上杉謙信」が開催されます。 つづきを読む
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

図説 日本建築のみかた

最近ちょこちょこと読み進めている本。寝殿造りから書院造りの流れについて勉強したくて買ったけど、寺社仏閣だけでなく城郭建築も少し紹介されてます。
ちょっと高いけどイラストが豊富でわかりやすいですよ。

こうの)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る