読み物 記事一覧

【現在934城!】全国の御城印(お城版の御朱印)を販売しているお城の一覧 注目 NEW!

全国で御城印や御朱印風の登場記念符を配布(販売)しているお城の一覧です。随時更新中で御城印情報がどこよりも詳しくまとまっています。 つづきを読む

攻城団レポート(2021年11月) 注目 NEW!

毎月恒例の月次レポートを公開します。緊急事態宣言が解除になって10月はV字回復した先月報告しましたが、その勢いのまま11月も順調に回復傾向にあります。コロナが落ち着いているうちにぜひ旅行に出かけましょう。季節的に紅葉とお城は春の桜に負けないくらいフォトジェニックですし、お城と温泉もいいですね。 つづきを読む

【2022/5/3〜】東京国立博物館と九州国立博物館で特別展「琉球」開催 NEW!

2022年(令和4年)の沖縄復帰50年を記念し、琉球王国の歴史と文化をひもとく過去最大規模の特別展「琉球」が東京国立博物館と九州国立博物館で開催されます。 つづきを読む

【2022/1/1〜3/21、京都市】第56回「京の冬の旅」キャンペーン開催 注目 NEW!

来年1月1日より京都市において毎年恒例のデスティネーションキャンペーン第56回「京の冬の旅」が開催されます。 つづきを読む

戦国時代の食事事情について教わりました 注目 NEW!

食事というのはとても身近なことなのに、その歴史については意外と知らないことだらけだなと思って、とくに戦国時代の食習慣や食文化について、榎本先生に教えていただきました。 つづきを読む

【11/27〜、神崎町】神崎城の御城印が販売開始 NEW!

11月27日より、道の駅 発酵の里こうざきなどの施設において神崎城の御城印が発売されます。 つづきを読む

【11/19〜、東近江市】東近江市観光協会が市内10城の御城印を販売開始 注目 NEW!

11月19日より、東近江市観光協会および観光案内所「ぷらざ三方よし」において、同市内にある10城の御城印が発売中です。 つづきを読む

【2022/1/8、福井市】シンポジウム「中部大名の城と城下町part2 新視点 朝倉氏の山城」開催 NEW!

来年1月8日、福井市にぎわい交流施設ハピリンホールにおいてシンポジウム「中部大名の城と城下町part2 新視点 朝倉氏の山城」が開催されます。 つづきを読む

【12/21〜2022/2/27、墨田区】すみだ北斎美術館で企画展「北斎で日本史 ―あの人をどう描いたか―」開催 NEW!

12月21日より、すみだ北斎美術館において企画展「北斎で日本史 ―あの人をどう描いたか―」が開催されます。 つづきを読む

仇討ちの歴史について教わりました NEW!

時代劇でよく見る仇討ちですが、じつは事前に届け出を出さなければならないというルールがあったり、53年も追い続けたケースや返り討ちにあって失敗したケースなど、意外と知らないことも多そうなので榎本先生に教えていただきました。 つづきを読む

【11/27〜2022/1/30、徳島市】徳島城博物館で企画展「甲冑の美」開催 NEW!

11月27日より、徳島城博物館において令和3年度冬の企画展「甲冑の美」が開催されます。 つづきを読む

【11/26、会津若松市】歴史フォーラム「私たちの会津鶴ヶ城。~次世代への継承~」開催

11月26日、会津若松市文化センターにおいて歴史フォーラム「私たちの会津鶴ヶ城。~次世代への継承~」が開催されます。 会場参加は要事前申し込みですが、当日はZoomで配信されるそうです。 つづきを読む

特別公開中の二条城西門を見てきた

二条城で通常非公開の西門が特別公開されています。今年のチャンスは12/5・12/12の2回のみです。 つづきを読む

【10大戦国大名の実力】伊達家――地方勢力の栄光と悲哀① 注目

最初は伊達政宗で有名な伊達家です。伊達家は鎌倉以来の名門武家であり、もともとは「いだて」と読んだようです。 つづきを読む

【11/28、八戸市】シンポジウム「根城・再考Ⅱ ~戦国大名と国衆の城~」開催

11月28日、八戸市総合福祉会館において、史跡指定80年記念シンポジウム「根城・再考Ⅱ ~戦国大名と国衆の城~」が開催されます。 つづきを読む
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

火天の城 (文春文庫)

熱田の宮大工父子が織田信長の命を受け、近江の安土山に空前の巨大な天主を築き上げる物語。大工以外にも石工や瓦職人、木こりといった戦国武将以外の登場人物を生き生きと描き出し、松本清張賞を受賞したユニークな力作だ。親子の葛藤や若い棟梁の成長物語といった小説としての作法のほか、普請の様子が丁寧に書かれているところも、城好きにとっては魅力的といえる。

CLADさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る