読み物 記事一覧

【クーデターで読み解く日本史】皇統問題に端を発する後醍醐天皇の乱――正中の変 NEW!

後醍醐天皇による最初の倒幕運動がこの正中の変とされてきたのですが、最近はこれは『太平記』に基づく冤罪で、後醍醐天皇はこの時点では倒幕を考えていなかったという説もあります。 つづきを読む

【9/25〜、旭市】見広城と長部城の御城印が販売開始 NEW!

9月25日より、道の駅 季楽里あさひにおいて見広城と長部城の御城印が発売されます。 つづきを読む

【9/23〜】西播磨の山城を対象とした御城印にカラフル版が登場 NEW!

9月23日より、西播磨ツーリズム振興協議会が販売する「西播磨の山城11(イレブン)」の御城印にカラフル版9種が登場しました。 つづきを読む

【現在831城!】全国の御城印(お城版の御朱印)を販売しているお城の一覧 注目 NEW!

全国で御城印や御朱印風の登場記念符を配布(販売)しているお城の一覧です。随時更新中で御城印情報がどこよりも詳しくまとまっています。 つづきを読む

【クーデターで読み解く日本史】執権の座をめぐる骨肉の争い――嘉元の乱 NEW!

有力御家人、北条氏一族、自らに仕える御内人と次々に排除してきた北条得宗家でしたが、最後に起きるのが得宗家内部での殺し合いというのも皮肉なものです。 つづきを読む

【クーデターで読み解く日本史】実力者に虐げられていた主人の反抗――平禅門の乱 注目 NEW!

霜月騒動によって権力を握った平頼綱でしたが、当然反発も生まれるわけで、執権・北条貞時により滅ぼされました。貞時の娘2人を含む、一族93名が死亡したとか。 つづきを読む

【〜11/7、唐津市】佐賀県立名護屋城博物館で企画展「綺羅、星の如くー戦国の雄、肥前名護屋参陣ー」開催 NEW!

現在、佐賀県立名護屋城博物館において企画展「綺羅、星の如くー戦国の雄、肥前名護屋参陣ー」が開催中です。 つづきを読む

【クーデターで読み解く日本史】源氏を名乗った御家人の浅はかさ――霜月騒動 注目 NEW!

こっちは「十一月騒動」じゃなく「霜月騒動」なんですよね。弘安合戦、安達泰盛の乱、秋田城介の乱など、いろんな呼び名がある事件です。 幕府に仕える御家人と、得宗家に仕える御内人との対立により、有力御家人・安達氏が滅ぼされました。 つづきを読む

【〜10/19、鶴岡市】致道博物館で企画展「藩主の宝、藩士の宝」開催中 NEW!

現在、致道博物館において酒井家庄内入部400年記念プレ企画展「藩主の宝、藩士の宝」が開催中です。 つづきを読む

【クーデターで読み解く日本史】一族の意思統一を図った時宗の残忍な粛清――二月騒動 注目 NEW!

二月騒動は執権・北条時宗が異母兄・北条時輔と得宗家に次ぐ勢力があった名越流北条氏を討伐させた北条氏一門の内紛です。 なぜ「如月騒動」じゃなく「二月騒動」なんでしょうね。 つづきを読む

【9/21〜、高崎市】保渡田城の御城印と内藤昌豊の武将印が販売開始 NEW!

9月21日より、鈴木酒店において保渡田城の御城印と内藤昌豊の武将印が発売されます。 ベーシックな御城印と、内藤昌豊の武将印と2枚合わせると完成するバージョンの2パターンがあります。 つづきを読む

【2021/9/20、NHK】「日本最強の城スペシャル」の第9弾が放送 注目 NEW!

9月20日の19時半からNHKで「日本最強の城スペシャル」の第9弾が放送されます。新年、3月末に続き、今年3回目の放送となります。 今回は高知城・新発田城・鳥取城・鉢形城・岡崎城などが紹介されるようですが、どのお城が最強に選ばれるかよりも、毎回地元の方が「我が城」を自慢気に紹介してくださる様子を見るのが楽しみです。 つづきを読む

【クーデターで読み解く日本史】裏切りで生き残ってきた一族のなれの果て――宝治合戦 注目 NEW!

宝治合戦の結果、有力御家人の三浦氏が滅亡したことで、北条得宗家による得宗専制政治が確立したと言えます。 1200年(正治2年)の梶原景時の変からの約50年で鎌倉幕府の政治体制は一新されました。 つづきを読む

【9/22〜11/28、大崎市】企画展「絵図から読み解く岩出山の城と町」開催 NEW!

9月22日より、岩出山伊達家が開設した学問所・旧有備館において伊達政宗公岩出山入部430周年記念・有備館秋季企画展「絵図から読み解く岩出山の城と町」が開催されます。 つづきを読む

【10/1〜11/28、野田市】千葉県立関宿城博物館で企画展「関宿関所は川関所!?」開催 NEW!

10月1日から、千葉県立関宿城博物館において令和3年度企画展「関宿関所は川関所!?」が開催されます。 つづきを読む
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

東京城址女子高生 1 (ハルタコミックス)

タイトルだけにつられて購入。
読んでみると面白く、またお城に関する解説も楽しめます。天守もないマニアックな城址を女子高生が巡るマンガが発行されるなんて、お城に対する一般の理解も深まったってことなのかな?
「いざ行かん、身近で知的な小旅行!」

やすまろさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る