全国の緊急事態宣言は解除されましたが、観光については当面「県内のみ」となっています。県をまたいでの観光は6月19日から段階的に緩和され、全面的な解禁は8月1日(予定)ですので、自分の住んでるところや訪問先の状況を踏まえた上で、出かけるかどうかの判断をしてください。

紹介文

鞠智城は7世紀後半に大和朝廷が築いた古代山城(朝鮮式山城)です。663年(白雉14年)の「白村江の戦い」で唐・新羅連合軍に大敗した大和朝廷が日本列島への侵攻に備えて西日本各地に築いた城のひとつです。『続日本紀』にも登場する城で、2004年(平成16年)2月27日に国史跡に指定されました。八角形鼓楼や米倉などの建物が復元されています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
鞠智城は「続日本100名城」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城

鞠智城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

鞠智城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 遊歩道、資料館も充実していました。 古代の熊本県の歴史がよく分かりました。(2019/12訪問)
  • 城址前に駐車場あり。 土塁が見事。(2020/03/24訪問)
  • とても広大な古代の山城。八角形の鼓楼がシンボルになっています。 隣接する温故創生館では鞠智城の歴史を学べます。10分くらいの紹介ムービーを観せて頂きました。(2020/02/09訪問)
  • 広い!時間余裕をもって見てください。(2020/01/28訪問)
  • 熊本駅からバスで菊池温泉へ。菊池観光交流館で自転車を借りて攻城しました。行きが登りで30分位で、帰りが下りで20分位です。金額は100円+100円×時間です。(2020/01/24訪問)
  • 先に温故創生館で紹介ムービーや資料展示を見てから回るのをおすすめします。ドローンで空撮するとさぞきれいだろうなぁと思いました。(2019/12/14訪問)
  • 資料館の説明がわかりやすい。2階展望台から城跡が見渡せます。(2019/11/12訪問)
  • 八角形鼓楼が特徴的。刀工衆・同田貫の本拠地らしく、刀も展示されていた。(2018/01/26訪問)
  • かなり広い規模。土塁、堀切、城門跡が所々にある。隅々まで見るとなると相当時間を確保する必要がある。(----訪問)
  • 温故創生館前の広場だけでなく、門跡や灰塚など山をぐるりと一周すると正味2時間はかかりますが見応えたっぷりです(2019/04/03訪問)
すべてを表示(64コメント)

鞠智城について

鞠智城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態古代山城朝鮮式山城
標高(比高)145.4 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:55 ha
築城主大和朝廷
築城開始・完了年着工 7世紀後半
廃城年
主な改修者
主な城主
遺構建物基礎
指定文化財国史跡
復元状況八角形鼓楼、米倉、兵舎、板倉

更新日:2020/07/13 03:53:53

鞠智城の城メモ

鞠智城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

鞠智城の観光情報

鞠智城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

鞠智城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(13日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    24.00
  • 06時
    Rain / light rain
    24.26
  • 09時
    Rain / light rain
    26.97
  • 12時
    Rain / moderate rain
    26.50
  • 15時
    Rain / moderate rain
    26.82
  • 18時
    Rain / moderate rain
    26.22
  • 21時
    Rain / moderate rain
    25.27
  • 00時
    Rain / moderate rain
    24.89

明日以降の天気(正午時点)

  • 14日
    Rain / heavy intensity rain
    23.29
  • 15日
    Rain / light rain
    27.53
  • 16日
    Rain / light rain
    29.80
  • 17日
    Clear / clear sky
    32.39

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

鞠智城の地図

鞠智城へのアクセス

鞠智城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 熊本空港からタクシーで約40分
  • 熊本市内交通センターからバスに乗り約60分、「菊池プラザ」バス停下車、タクシーで約5分
アクセス(クルマ)
  • 九州自動車道・植木ICから約20分
  • 九州自動車道・菊水ICから約45分
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    鞠智城周辺の宿・ホテル

      里山の隠れ宿 花富亭

      自然豊かな山里に佇む隠れ宿。大自然を見渡す絶景露天風呂で、肌なじみの良いなめらかな「とろける天然温泉」を存分にお愉しみください。(評価:4.4、参考料金:4,400円〜)

      菊池観光ホテル(BBHホテルグループ)

      源泉かけ流しの温泉『美肌の湯』で有名な老舗宿!風情ある大楠の傍に立地、竹林と風のささやきに癒されに来ませんか。名所・菊池渓谷までは車で20分~全国約130店舗展開中のBBHホテルグループ~(評価:3.8、参考料金:4,037円〜)

      菊池 笹乃家

      九州の古都 菊池郷 遠昔(いにしえ)からの源泉かけ流し、美人の湯と料理長の感性による四季を観る会席料理をご堪能ください。(評価:4.6、参考料金:5,500円〜)

      全室客室露天風呂付 ペットと泊まれる宿 Wa!王国狗の郷

      大切な家族の一員であるペットと一緒に泊まれる高級旅館風の隠れ宿。ワンちゃんもお部屋やレストランに一緒に入れます♪諸事情でペットを飼えない方も、可愛いワンちゃんと共にお待ちしております。(評価:4.8、参考料金:32,000円〜)

      荒木観光ホテル

      植木温泉随一の源泉掛け流し天然温泉と、旬の素材を慈しみ、料理長の技と真心を込めてお造りいたします懐石料理を落ち着いた奥座敷で心ゆくまでご堪能ください。(評価:3.6、参考料金:2,300円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    鞠智城の過去のイベント・ニュース

    鞠智城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 熊本城
      • 熊本城
        • 平均評価:★★★★☆(12位)
        • 見学時間:1時間31分(16位)
        • 攻城人数:2002人(19位)
        • 城までの距離:約23km
      • 久留米城
      • 久留米城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:43分(--位)
        • 攻城人数:411人(181位)
        • 城までの距離:約44km
    • より多くの
      城を見る

    肥後の著名な城

    熊本県の著名な城

    鞠智城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    鞠智城を本城にしている団員

    以下のみなさんが鞠智城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    信長: 「歴史的人間」とは何か

    この本の内容を題材に雑談したら、さまざまな視点が集まるだろうなぁ。戦国時代がなぜ収束したか、を信長を題材に、鎌倉幕府、室町幕府を例にしながら書いてあります。国文学ではないので、心理推察描写はありません。氏の考える国の構造に関する講義を受けている感じに近いかな。

    コースケ)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る