紹介文

原城は「島原の乱」の際に天草四郎を総大将とする3万7千人が88日間立て籠もった城として知られています。もともと原城は日野江城の支城として有馬晴信によって築かれた城です。その後、有馬氏が日向国延岡城に転封となった後に入封した松倉重政島原城を築城したため、日野江城と原城は一国一城令の影響もあり廃城となりました。しかし廃城となった原城が「島原の乱」で一揆軍に利用されたため、幕府は原城跡に残存する石垣などを徹底的に破壊しました。1938年(昭和13年)に国の史跡に指定されており、発掘調査の際には、惨殺された一揆軍の人骨や鉛の弾丸、十字架、メダイ、ロザリオ珠などが出土しています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
原城は「続日本100名城」「世界遺産の城」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城
  • 世界遺産の城

原城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

原城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 有馬キリシタン遺産記念館で続100名城スタンプを押印し、原城温泉真砂駐車場(32.634871,130.2584)に車を駐車。マイクロバスで本丸まで送迎してくれますが、大手門、三の丸、二の丸の空堀等を確認するには徒歩で登城することをお薦めします。(2019/10/13)
  • 思ったよりは広いですが、登りやすいです。(2019/09/15)
  • 南島原市有馬キリシタン遺産記念館で歴史を学んでからの攻城。 原城温泉真砂にて無料のレンタサイクルしで、帰りは海岸沿いを通ってきました。(2019/09/07)
  • 城跡だけでなく、奥へ進むと隠れキリシタンが潜伏していた場所もあります(2011/03/26)
  • 「原城温泉真砂」に原城観光客用の駐車場があり、マイクロバスで送迎してくれますが、二の丸・三の丸・大手口など見ながらブラブラ歩いてもしれてます。(2019/07/21)
  • 雨の日だったのでバスを利用。歩いての散策がお薦め。(2019/05/18)
  • 約8年ぶりの訪問でしたが、相変わらず広大な城域です。 本丸周りはどんどん整備されていて、今後も楽しみな城跡です。 以前は本丸内まで車で行けましたが、今回は(GWだったせいか)温泉施設近くの駐車場からシャトルバスが出ていました。(2019/04/29)
  • 原城跡は広大な城跡です。ここに一揆があり、3万以上の人が籠城したようです。キリシタンの資料館にも行きました。丁寧に教えていただきありがとうございます。一揆が起こる理由もわかりました。キリシタンに対してひどい仕打ち、拷問、重い年貢負担をすれば一揆が起こるのは必然だと思いました。(2019/05/13)
  • ipadを無料で貸してもらえ、解説やCGが楽しめます。(2019/03/08)
  • 電動自転車を無料レンタルして のサイクリングが最高でした。(2019/05/04)
すべてを表示(59コメント)

原城について

原城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成梯郭式
縄張形態平山城
標高(比高)31.8 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主有馬晴信
築城開始・完了年着工 1599年(慶長4年)
廃城年1618年(元和4年)
主な改修者
主な城主有馬氏
遺構石垣、空堀
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2019/10/20 02:36:13

原城の観光情報

原城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 原城跡
    • 見学自由
  • 有馬キリシタン遺産記念館
    • 9:00〜18:00
料金(入城料・見学料)
  • 原城跡
    • 無料
  • 有馬キリシタン遺産記念館
    • 一般:300円
    • 高校生:200円
    • 小中学生:150円
休み(休城日・休館日)
  • 原城跡
    • 年中無休
  • 有馬キリシタン遺産記念館
    • 毎週木曜日
    • 年末年始
トイレ
  • 原城跡
    • あり
  • 有馬キリシタン遺産記念館
    • あり
コインロッカー
  • 原城跡
    • なし
  • 有馬キリシタン遺産記念館
    • なし
写真撮影
  • 原城跡
    • 撮影可
  • 有馬キリシタン遺産記念館
    • 撮影可
バリアフリー
  • 有馬キリシタン遺産記念館
    • あり

原城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(20日)の天気

  • 03時
    Clouds / scattered clouds
    20.65
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    20.51
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    20.75
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    21.50
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    22.95
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    23.41
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    22.74
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    22.03

明日以降の天気(正午時点)

  • 21日
    Clouds / overcast clouds
    21.96
  • 22日
    Clear / clear sky
    22.55
  • 23日
    Clouds / overcast clouds
    21.17
  • 24日
    Clouds / broken clouds
    20.89

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

原城の地図

地図アプリで見る

長崎県南島原市南有馬町

原城へのアクセス

原城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 島原鉄道・島原駅下車から島鉄バスに乗り約60分、「原城跡入口」バス停下車、徒歩15分
  • 諫早バスターミナルから「小浜経由、口之津行き」に乗り「口之津」にて乗換、「原城跡入口」バス停下車、徒歩15分
  • 口之津港から島鉄バスで約20分
  • 島原外港から島鉄バスで約45分
  • 多比良港から島鉄バスで約65分
アクセス(クルマ)
  • 島原市内から約50分
  • 長崎自動車道・諫早ICから約80分
  • 長崎市内から約100分
  • 長崎空港から約100分
駐車場

無料(20台)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    原城周辺の宿・ホテル

      原城の宿 城

      旅館から和モダンな雰囲気のホテルに生まれ変わった当館!「島原の乱」でもよく知られている世界文化遺産「原城跡」も当館から徒歩5分。ビジネス・観光などさまざまな用途でご利用ください♪(評価:4.5、参考料金:4,950円〜)

      休暇村 雲仙 ~満天の星と自然あふれる宿~

      日本で第1号に認定された、雲仙天草国立公園内に位置する休暇村雲仙。眼下には橘湾を望む。美しい夕景色と夜の輝く星空に癒されるそんな1日をお過ごしになられてはいかがでしょうか。(評価:4.0、参考料金:3,600円〜)

      原城温泉 真砂

      2018年世界文化遺産登録!島原天草の乱の舞台<原城跡>側。全客室から有明海・天草の島々が一望!有明海の海の幸と旬の素材をふんだんに使った料理とオーシャンビューの天然温泉でのんびりと。(評価:不明、参考料金:6,750円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    原城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 島原城
      • 島原城
        • 平均評価:★★★☆☆(135位)
        • 見学時間:1時間10分(95位)
        • 攻城人数:697人(102位)
        • 城までの距離:約20km
      • 八代城
      • 八代城
        • 平均評価:★★★☆☆(181位)
        • 見学時間:53分(198位)
        • 攻城人数:247人(227位)
        • 城までの距離:約35km
    • より多くの
      城を見る

    肥前の著名な城

    長崎県の著名な城

    原城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    原城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    八本目の槍

    豊臣秀吉と柴田勝家の雌雄を決した賤ヶ岳の戦い。この戦いで活躍した、賤ヶ岳七本槍のメンバーのその後の人生と、八本目の槍、石田三成との人間模様を描いた物語です。
    福島正則、脇坂安治、片桐且元、平野長泰、加藤清正、糟屋武則、加藤嘉明、7人のひとりひりの小姓時代の呼び名で物語が構成されてます。

    それぞれが違う生い立ちの中、豊臣秀吉の小姓として見出され、天下分けめの関ヶ原の戦いで、東軍についたもの、負けるとわかっていても西軍についたもの、その後の世の中の流れを見据えた石田三成が、それぞれ7人に思いを寄せ、奔走した様が描かれており、石田三成の戦旗に記された意味が読み取れます。

    本の帯にある通り、この小説を読み終えた時、その男石田三成を、大好きになりました。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る