紹介文

日野江城は有馬晴信の居城として知られています。約400年間にわたって肥前有馬氏が城主をつとめ、日野江城下はイエズス会の重要な布教拠点でした。晴信が岡本大八事件により失脚し、さらに家督を継いだ子の直純も日向延岡へ転封となり、1616年(元和2年)に松倉重政が入城しますが、1618年(元和4年)に重政が島原城(森岳城)の築城に着手したため、一国一城令により日野江城は支城の原城とともに廃城となりました。1995年(平成7年)より断続的に発掘調査がおこなわれており、特徴的な遺構として、大量の仏塔を転用した階段、外来系の技術によるパネル状の切石垣、直線的な構造をもつ長大な階段などが検出されています。現在城址では空堀などの遺構を確認することができます。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
日野江城は「金箔瓦」のバッジに登録されています。

  • 金箔瓦

日野江城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

日野江城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 大手口側の二の丸から本丸に行く途中斜面の滑落している部分があり危険ですので、本丸、三の丸を見学する場合は搦手口側に回って見学することをお勧めします。(2022/03/19訪問)
  • 金瓦が出土した場所まではコンクリの階段があります。(2022/03/10訪問)
  • 石垣が随所に残り、石垣ファンにはたまらないお城でした。(2020/02訪問)
  • 日野江城跡駐車場側(主要部への登壇不可)・有馬セミナリヨから登る側の両方から攻めるのをオススメします。 どちらも素晴らしい遺構を見学することができます。(2020/08/09訪問)
  • 島原駅からバス。日野江城入口で下車しましたが北岡橋の方が少し近いようです。セミナリヨ跡を見てそのまま登ると本丸に至ります。(2020/02/11訪問)
  • 大手口からは本丸には行けませんでさした 有馬セミナリヨ跡の方からなら行けます(2019/12/20訪問)
  • 世界遺産から外れたせいか、 放置されている感が否めません。(2019/01/02訪問)
  • 前回は正規の駐車場から登城したが、今回は道がわからず狭い農道に入ってしまい草刈り整備中の車が止まっている場所に止めさせて頂いた。すでにほとんど草刈りされており登城しやすかった。(2019/11/11訪問)
すべてを表示(19コメント)

日野江城について

日野江城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態平山城
標高(比高)73.3 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主肥前有馬氏
築城開始・完了年着工 鎌倉時代〜南北朝時代
廃城年1618年(元和4年)
主な改修者有馬晴信
主な城主有馬氏、松倉重政
遺構石垣、空堀
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2022/05/26 04:24:25

日野江城の観光情報

日野江城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 日野江城跡
    • 見学自由
  • 有馬キリシタン遺産記念館
    • 9:00〜18:00
料金(入城料・見学料)
  • 日野江城跡
    • 無料
  • 有馬キリシタン遺産記念館
    • 一般:300円
    • 高校生:200円
    • 小中学生:150円
休み(休城日・休館日)
  • 日野江城跡
    • 年中無休
  • 有馬キリシタン遺産記念館
    • 毎週木曜日
    • 年末年始
トイレ
  • 日野江城跡
    • なし
  • 有馬キリシタン遺産記念館
    • あり
コインロッカー
  • 日野江城跡
    • なし
  • 有馬キリシタン遺産記念館
    • なし
写真撮影
  • 日野江城跡
    • 撮影可
  • 有馬キリシタン遺産記念館
    • 撮影可
バリアフリー
  • 有馬キリシタン遺産記念館
    • あり

日野江城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(27日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    17.20
  • 06時
    Clouds / scattered clouds
    17.01
  • 09時
    Clouds / scattered clouds
    20.08
  • 12時
    Clear / clear sky
    22.87
  • 15時
    Clear / clear sky
    23.30
  • 18時
    Clouds / few clouds
    21.02
  • 21時
    Clear / clear sky
    18.55
  • 00時
    Clouds / scattered clouds
    18.40

明日以降の天気(正午時点)

  • 28日
    Clouds / overcast clouds
    22.83
  • 29日
    Rain / light rain
    20.36
  • 30日
    Rain / moderate rain
    18.26
  • 31日
    Clouds / few clouds
    23.24

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

日野江城の地図

日野江城へのアクセス

日野江城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 島原鉄道・島原駅下車から島鉄バスに乗り約60分、「日野江城入口」バス停下車、徒歩15分
  • 諫早バスターミナルから「小浜経由、口之津行き」に乗り「口之津」にて乗換、「日野江城入口」バス停下車、徒歩15分
  • 口之津港から島鉄バスで約25分
  • 島原外港から島鉄バスで約40分
  • 多比良港から島鉄バスで約60分
アクセス(クルマ)
  • 島原市内から約45分
  • 長崎自動車道・諫早ICから約80分
  • 長崎市内から約100分
  • 長崎空港から約100分
駐車場

あり

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

日野江城周辺の宿・ホテル

    原城温泉 真砂

    2018年世界文化遺産登録!島原天草の乱の舞台<原城跡>側。全客室から有明海・天草の島々が一望!有明海の海の幸と旬の素材をふんだんに使った料理とオーシャンビューの天然温泉でのんびりと。(評価:4.4、参考料金:6,600円〜)

    雲仙温泉 白濁源泉掛け流し美肌露天風呂 青雲荘

    国立公園「雲仙」にたたずむ、名湯・小地獄温泉雲仙の自然に囲まれながら、乳白色の源泉かけ流し"美肌の湯"をご堪能ください(評価:4.3、参考料金:12,350円〜)

    小浜温泉 福徳屋旅館

    温泉はかけ流し!24時間何度でも利用できる4つの貸切露天風呂。1階貸切風呂はリニューアルしたばかり!≪2食付きプランは朝夕とも個室にご案内致します≫(評価:3.8、参考料金:6,600円〜)

    旅館ゆのか

    近海で水揚げされた新鮮な海の幸と橘湾を一望する展望露天風呂が自慢の宿。宿泊者無料の貸切風呂で源泉かけ流しの良質な温泉を心ゆくまで堪能。(評価:4.3、参考料金:5,500円〜)

    海を見渡す個室露天の宿 伊勢屋

    2019年築の全室オーシャンビューの温泉宿。江戸時代に創業した老舗旅館がシンプルでスタイリッシュな宿(全24室)へと生まれ変わりました。全室、半露天風呂付きで贅沢なプライベート空間をご堪能ください。(評価:4.7、参考料金:11,550円〜)
  • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

日野江城の過去のイベント・ニュース

まだトピックがありません(情報募集中

周辺にあるお城など

    • 原城
    • 原城
      • 平均評価:★★★★☆(--位)
      • 見学時間:1時間17分(--位)
      • 攻城人数:559人(198位)
      • 城までの距離:約3km
    • 島原城
    • 島原城
      • 平均評価:★★★★☆(--位)
      • 見学時間:1時間7分(--位)
      • 攻城人数:1121人(109位)
      • 城までの距離:約17km
  • より多くの
    城を見る

肥前の著名な城

長崎県の著名な城

日野江城といっしょに旅行するのにオススメの城

このページを紹介する

ブログパーツ

  • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
  • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

サンプルを表示する

SNSやメールで紹介

このページのURLとタイトルをコピーする

日野江城を本城にしている団員

まだ本城登録している団員がいません

最近表示したお城

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

天地雷動 (角川文庫)

武田信玄の他界から長篠の戦いまでを描いた小説です。
武田勝頼、徳川家康、羽柴秀吉の視点で物語が進みます。各章には日付とともに各人の挙動や思いが描かれ、長篠の戦いに至るまでの経過も楽しめました。巻頭には長篠城周辺の地図が記載され、状況を理解しながら読み進めることができました。
この物語の続きは、同著者の「武田家滅亡」で描かれ、あわせて読むとさらに楽しめます。

伝もものふ山田(ヤマー)さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る