全国の緊急事態宣言は解除されましたが、観光については当面「県内のみ」となっています。県をまたいでの観光は6月19日から段階的に緩和され、全面的な解禁は8月1日(予定)ですので、自分の住んでるところや訪問先の状況を踏まえた上で、出かけるかどうかの判断をしてください。

紹介文

一宮城は南北朝時代に築かれた一宮氏の居城として知られています。徳島県内で最大級の山城で、三好氏と長宗我部氏の攻防の舞台になりました。また、豊臣秀吉による四国征伐の際には豊臣秀長と長宗我部元親との攻防の舞台となりました。秀吉が四国を平定したのちは、阿波に封ぜられた蜂須賀家政の居城となり城を大幅に改修しましたが、家政が新たに築いた徳島城に移ると、家臣の益田長行が城主を務めました。徳島城の支城(阿波9城のひとつ)として重要視されていましたが、一国一城令によって廃城となりました。現在も本丸跡には阿波青石(緑泥片岩)で築かれた石垣が残っています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
一宮城は「続日本100名城」「阿波九城」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城
  • 阿波九城

一宮城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

一宮城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • よく残る山城遺構と、本丸の大規模な石垣が素晴らしいです(2018/11/23訪問)
  • 蔭滝側からはきつい登りの山道もありますが、虎ロープで道が示されています(2020/04/04訪問)
  • 城址までの無数にある深基礎の階段に感動。相当な数あるけど今のところ1つも崩れておらず長いこと維持してくれている。すごい。(2020/03/21訪問)
  • 地元のボランティアさんから本丸跡より奥も整備されているという話を聞きました。次回の攻城時に行ってみたいと思います。(2020/02/11訪問)
  • 大日寺前に駐車して登城。本丸までだけなら20分くらいで行けますが、その奥に小倉丸、水の手丸があります。そのあたりは地面がふっかふか、落ちている木の枝が木琴のような音を奏でます。 陰滝の鎖道が怖かったので右手にある橋を渡って進むと元道に戻れて下山できました。(2020/02/06訪問)
  • 登山口前に駐車(有料300円で3台くらい停めれる)案内板も多く、階段が多いですが登りやすいお城です。本丸虎口の石垣が良い。100名城スタンプは登山口の案内板についているポストの中です。近隣に飲食店なしです。(2020/01/04訪問)
  • 一宮神社の駐車場?は、県道から一宮城跡への登山口(バス停のある小道)へ入り、ちょっと行ったところに右へ入るガードレールの先にあります。(2019/12/29訪問)
  • 明神丸の現地説明会に参加しました(2019/11/09訪問)
  • 車がないと行きづらい。しかし、駐車場が少なく、自分が行った際も、入り口にワゴン車が停まっており、近くには置けず、時間ロス。しかし、見応えはあり‼︎(2019/10/20訪問)
  • 本丸に上がる石段や石垣が素晴らしい。ちょうど発掘調査隊の方がいらっしゃって説明をして下さった。感謝です!!本丸と明神丸が発掘調査中だった。(2019/10/15訪問)
すべてを表示(89コメント)

一宮城について

一宮城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成梯郭式
縄張形態山城
標高(比高)144.3 m( 120 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守メモ天守に近い建物か櫓門の可能性あり。
築城主小笠原長宗(一宮長宗)
築城開始・完了年着工 1338年(延元3年/暦応元年)
廃城年1638年(寛永15年)
主な改修者
主な城主一宮成祐、蜂須賀家政、益田宮内
遺構曲輪、石垣、竪堀
指定文化財県史跡
復元状況

更新日:2020/07/13 14:10:58

一宮城の観光情報

一宮城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

一宮城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(13日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    20.05
  • 06時
    Rain / moderate rain
    19.93
  • 09時
    Rain / light rain
    20.55
  • 12時
    Rain / light rain
    20.80
  • 15時
    Rain / light rain
    21.93
  • 18時
    Rain / light rain
    22.80
  • 21時
    Rain / light rain
    23.55
  • 00時
    Rain / light rain
    23.02

明日以降の天気(正午時点)

  • 14日
    Rain / heavy intensity rain
    23.60
  • 15日
    Rain / light rain
    27.99
  • 16日
    Clouds / overcast clouds
    24.94
  • 17日
    Rain / light rain
    27.73

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

一宮城の地図

一宮城へのアクセス

一宮城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR高徳線・徳島駅よりバスで30分
アクセス(クルマ)
  • 徳島自動車道・藍住ICから20分
  • 徳島自動車道・徳島ICから30分
駐車場

一宮神社に参拝者用無料駐車場あり

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    一宮城周辺の宿・ホテル

      セルフイン徳島蔵本駅前

      JR蔵本駅より徒歩1分で、徳島大学病院・徳島中央病院徒歩5分圏内!毎朝6:30~の朝食無料、全室Wi-Fiでインターネット接続無料!尚最終チェックインは21時となります。(評価:3.9、参考料金:2,000円〜)

      リラクゼーション&スパ ホテル ネクセル

      徳島駅から車で5分!!徳島ICより車で15分!!徳島空港より車で25分!!ビジネスホテル『ネクセル』は大浴場&サウナ付き!!レストランやマッサージも完備!コンビニもすぐにあります。(評価:4.0、参考料金:2,750円〜)

      アルファホテル徳島

      繁華街へ徒歩3分の好立地。駐車場50台あり。全室有線LAN及び無線LAN、シャワートイレ完備。JR徳島駅までのタクシーチケットをサービスしております。フロントまでお申し出ください。(評価:3.6、参考料金:3,400円〜)

      宿屋 ひわさ

      ☆☆☆全室(和室を除く)ユニットバスを全面リニューアル!シャワートイレ完備!徳島駅から徒歩約5分!2Fロビー横に漫画喫茶も併設!(評価:4.4、参考料金:1,600円〜)

      ホテルサンシャイン徳島(本館・アネックス館)

      自動車でのアクセスに便利な192号沿い。無料駐車場&大浴場完備で疲れも癒せる便利なホテル。徳島の宴会・婚礼でも愛される当館のお食事もお楽しみください!(評価:4.1、参考料金:4,510円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    一宮城の過去のイベント・ニュース

    一宮城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    • 明神丸跡発掘調査現地説明会(14時〜および15時〜、一宮小学校グラウンド) ※雨天決行

    周辺にあるお城など

      • 徳島城
      • 徳島城
        • 平均評価:★★★☆☆(98位)
        • 見学時間:1時間7分(65位)
        • 攻城人数:1032人(83位)
        • 城までの距離:約9km
      • 勝瑞城
      • 勝瑞城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:36分(--位)
        • 攻城人数:370人(199位)
        • 城までの距離:約12km
    • より多くの
      城を見る

    阿波の著名な城

    徳島県の著名な城

    一宮城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    一宮城を本城にしている団員

    以下のみなさんが一宮城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    信長: 「歴史的人間」とは何か

    この本の内容を題材に雑談したら、さまざまな視点が集まるだろうなぁ。戦国時代がなぜ収束したか、を信長を題材に、鎌倉幕府、室町幕府を例にしながら書いてあります。国文学ではないので、心理推察描写はありません。氏の考える国の構造に関する講義を受けている感じに近いかな。

    コースケ)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る