紹介文

徳島城は蜂須賀正勝の子である蜂須賀家政によって築かれた城で、江戸時代を通して徳島藩蜂須賀氏25万石の居城となり、明治維新を迎えました。日本100名城にも選ばれています。現在は徳島中央公園として整備されており、太平洋戦争中で焼失した鷲之門が復元されました。また、公園内には蜂須賀家政の銅像も建てられています。国の名勝に指定された表御殿庭園に隣接する徳島城博物館では徳島藩と蜂須賀家の歴史資料が常設展示されています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
徳島城は「日本100名城」「さくらの名城めぐり」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • さくらの名城めぐり

徳島城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

徳島城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 鷲の門から攻城。近くの歩道橋から写真撮ると良いアングルでした。反時計回りに数寄屋橋→弁天池脇から階段で東二の丸→本丸へ。西二の丸から降りて城跡の半分ぐらいを見学。石垣の積み方、色の違いなど十分に楽しめましたが、暑さと時間の為終了。またゆっくり来たいです。(2019/08/04)
  • 鷲の門広場(旧・三木曲輪)が、8月11日に阿波おどり前夜祭「サウンドフェスティバル2019」の会場になるため、歩行できる幅が当日までは狭まるそうです。 今回のゲストは、DA PUMPさんとフェアリーズさん。(2019/08/01)
  • 当日はあいにくの雨でしたが、御殿風の意匠をした博物館のロビーから眺める表御殿庭園も風流でした。(2019/07/14)
  • 数寄屋橋から入った辺りの城山の麓の貝塚の表記のところにダイナミックに斜めに隆起した岩盤の地層が露出していて必見!石垣や庭園にも使われたのであろう。?(2019/07/15)
  • 天守の置かれた位置に注目。最初は本丸に築かれたようですが明治期まであったのは東二の丸でした。(2019/05/01)
  • 結晶片石で造られた石垣は、特定の面に沿って加工がしやすいためか、板状になり、それらが平行に積まれて、独特の雰囲気を醸し出していました。また、表御殿庭園でも、違った形での片石による造形美が楽しめました。(2019/06/08)
  • 徳島駅から徒歩で15分程。列車の時間が気になってあまりゆっくりできなかったですが、石垣が素敵なお城でした。
  • 駐車場の斜め向かいに良い感じの和菓子屋さんがありました。 お土産を包んでもらう間に出してもらった柚子ジュースが激ウマでした :-) 追加で買えばよかった!(2019/05/04)
  • 四国初上陸です。(2019/04/28)
  • 至る所に「阿波の青石」による石垣の上が残っており、本丸跡は野づら積みと思われ、新しい石垣と古い石垣の違いも見受けられます。(2019/04/29)
すべてを表示(149コメント)

徳島城について

徳島城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成梯郭式
縄張形態平山城
標高(比高)61 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式独立式層塔型
天守の階数3重3階
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ1588年(天正16年)に築かれた天守の詳細は不明だが、元和年間(1615年〜1624年)に取り壊されたとされる。この天守の破却後に蜂須賀忠英によって独立式層塔型の「東二の丸天守」(御三階櫓)が築かれた。以降はこの御三階櫓が天守の代用とされたが、1875年(明治8年)に取り壊された。
築城主蜂須賀家政
築城開始・完了年着工 1585年(天正13年) 〜 竣工 1586年(天正14年)
廃城年1869年(明治2年)
主な改修者
主な城主蜂須賀氏
遺構石垣、堀、庭園
指定文化財国史跡、国の名勝(表御殿庭園)
復元状況鷲の門

更新日:2019/08/19 01:57:41

徳島城の観光情報

徳島城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 開城時間:9:00
  • 閉城時間:17:00
  • 最終入城時間:16:30
料金(入城料・見学料)
  • 大人:50円
  • 高校生:50円
  • 小中学生:30円
休み(休城日・休館日)
  • 毎週月曜日(祝日開園)
  • 祝日の翌日(日・祝は開園)
  • 年末年始(12月28日〜1月4日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

徳島城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(19日)の天気

  • 03時
    Clouds / broken clouds
    25.07
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    24.65
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    26.05
  • 12時
    Rain / light rain
    29.32
  • 15時
    Rain / light rain
    28.21
  • 18時
    Rain / light rain
    25.85
  • 21時
    Rain / light rain
    23.91
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    23.66

明日以降の天気(正午時点)

  • 20日
    Rain / light rain
    29.12
  • 21日
    Rain / light rain
    29.85
  • 22日
    Clouds / few clouds
    30.35
  • 23日
    Clouds / scattered clouds
    32.31

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

徳島城の地図

地図アプリで見る

徳島県徳島市徳島町城内1

徳島城へのアクセス

徳島城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR徳島線・徳島駅から徒歩15分
アクセス(クルマ)
  • 徳島自動車道・徳島ICから20分
  • 神戸淡路鳴門自動車道・鳴門ICから27分
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    徳島城周辺の宿・ホテル

      ダイワロイネットホテル徳島駅前

      "ホテルを使い慣れたビジネスマンには「快適さ」を。観光のお客様には「あたたかさ」「くつろぎ」を提供する都会的なスタイリッシュホテル。JR徳島駅前に位置し、環境の良い好立地なホテルです。"(評価:4.3、参考料金:3,650円〜)

      JRホテルクレメント徳島

      ~改装休業のお知らせ~2019年9月9日(月)~2019年10月23日(水)まで1階『ダイニングカフェクレメント』改装の為、ご宿泊のお客様のご朝食につきましては、別会場(宴会場)にてご対応させて頂きます。(評価:4.2、参考料金:3,900円〜)

      アパホテル<徳島駅前>

      高速バス・空港行きバスの発着場のあるJR徳島駅より徒歩3分の好立地。ビジネスに観光に便利に御利用頂けます。(評価:4.0、参考料金:2,800円〜)

      ホテル アストリア

      JR徳島駅より徒歩4分。県内・県外へのアクセスがよく、観光にもビジネスにも非常に便利。館内にはレストラン、宴会場、会議室を備え、様々なシーンに対応可能。全客室LAN接続可能でネット環境も充実。(評価:4.4、参考料金:3,750円〜)

      ホテルサンルート徳島

      JR徳島駅正面の好立地!最上階に天然温泉大浴場を完備。全室にワイドサイズのベッド、ユニットバスを設置。又全室ネット接続無料。ワンランク上の「くつろぎ」を提供します。(評価:4.5、参考料金:4,300円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    徳島城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 勝瑞城
      • 勝瑞城
        • 平均評価:★★★☆☆(323位)
        • 見学時間:37分(297位)
        • 攻城人数:261人(210位)
        • 城までの距離:約6km
      • 一宮城
      • 一宮城
        • 平均評価:★★★☆☆(135位)
        • 見学時間:1時間12分(83位)
        • 攻城人数:221人(232位)
        • 城までの距離:約9km
    • より多くの
      城を見る

    阿波の著名な城

    徳島県の著名な城

    徳島城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    徳島城を本城にしている団員

    以下のみなさんが徳島城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    家康はなぜ江戸を選んだか (江戸東京ライブラリー)

    気になっていたので購入して読みました。
    非常に平易でわかりやすい文章したのであっという間に読み終えましたね。
    なぜ江戸を選んだのか?という点について、なるほどと思いましたが、ではなぜそれまでの統治者は鎌倉や小田原を選んだのか?と思っていたら、次の章で見事に説明されていました。うーん、やられました。その章で紹介されていた関東を利根川を境に東西に分けて大豪族層と中小国人層という分類、見方があるというのをはじめて知りました。非常に良い本だと思います!

    しのはさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る