紹介文

徳島城は蜂須賀正勝の子である蜂須賀家政によって築かれた城で、江戸時代を通して徳島藩蜂須賀氏25万石の居城となり、明治維新を迎えました。日本100名城にも選ばれています。現在は徳島中央公園として整備されており、太平洋戦争中で焼失した鷲之門が復元されました。また、公園内には蜂須賀家政の銅像も建てられています。国の名勝に指定された表御殿庭園に隣接する徳島城博物館では徳島藩と蜂須賀家の歴史資料が常設展示されています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
徳島城は「日本100名城」「さくらの名城めぐり」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • さくらの名城めぐり

徳島城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

徳島城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 城内に巨石があり(城山).貝塚も発見されていた。堀から見る石垣が綺麗(2020/11/23訪問)
  • 徳島駅の裏手にあり、アクセスは快適です。(2020/03/29訪問)
  • 到着時間が遅く、資料館・庭見ることは出来ませんでしたが城山を登った事で挽回しました。西の郭から登りましたが東の二の丸に天守跡? 本丸ではないんですね(2020/08/21訪問)
  • 100名城スタンプは徳島城博物館、入口で捺印出来ます。(2020/07/26訪問)
  • さすが百名城。駅前なのに立派な石垣が残る広大な平山城を堪能できます。でも、百名城なのに案内板がなさすぎて、城山に登る人も他にいなくて、要領も悪かったのか、迷い、歩き回りました。本丸をめざすなら、公園で蜂須賀さんの像をめざし、その近くにある機関車の展示の裏手の階段を登っていくのがベストだと思います。でもそこに、登り口と分かる看板などは見当たらなかったです。(2020/07/25訪問)
  • 表御殿庭園では、緑泥片岩の他にも多種の石が組み合わせられています。同じ種類の石を見つけながら歩くのも、おもしろいかもしれません。 本丸跡では、温かくて湿度が多い日には小さな「カニ」も攻城していることがありますので、足元にはご注意ください。(2020/05/27訪問)
  • 青石で築かれた石垣のダイナミックさに惚れます(2018/11/04訪問)
  • 石垣を見るお城ですね。 とにかく歩いて下さい。古代の貝塚なんかもあります。(2020/03/12訪問)
  • 緑色片岩、和歌山城と同じですね。上の方にもありました。本丸から下りるコースを間違えると、変なところに出ちゃいます。北東角駐車場脇の案内図を写真に撮っておくといいかな。(2020/02/11訪問)
  • 建物は残っていませんが、独特の石垣が楽しめます。舌石はここのアドバイスに従ってみられました。歩道橋横の案内板脇の隙間から入ると売店の裏の石垣に見ることができます。線路との間にフェンスがない理由もわかりました(2020/02/06訪問)
すべてを表示(43コメント)

徳島城について

徳島城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成梯郭式
縄張形態平山城
標高(比高)61 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式独立式層塔型
天守の階数3重3階
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ1588年(天正16年)に築かれた天守の詳細は不明だが、元和年間(1615年〜1624年)に取り壊されたとされる。この天守の破却後に蜂須賀忠英によって独立式層塔型の「東二の丸天守」(御三階櫓)が築かれた。以降はこの御三階櫓が天守の代用とされたが、1875年(明治8年)に取り壊された。
築城主蜂須賀家政
築城開始・完了年着工 1585年(天正13年) 〜 竣工 1586年(天正14年)
廃城年1869年(明治2年)
主な改修者
主な城主蜂須賀氏
遺構石垣、堀、庭園
指定文化財国史跡、国の名勝(表御殿庭園)
復元状況鷲の門

更新日:2020/11/29 03:52:38

徳島城の観光情報

徳島城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 開城時間:9:00
  • 閉城時間:17:00
  • 最終入城時間:16:30
料金(入城料・見学料)
  • 大人:50円
  • 高校生:50円
  • 小中学生:30円
休み(休城日・休館日)
  • 毎週月曜日(祝日開園)
  • 祝日の翌日(日・祝は開園)
  • 年末年始(12月28日〜1月4日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

徳島城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(29日)の天気

  • 03時
    Clouds / scattered clouds
    8.53
  • 06時
    Clouds / few clouds
    8.46
  • 09時
    Clouds / few clouds
    10.89
  • 12時
    Clear / clear sky
    13.05
  • 15時
    Clouds / few clouds
    13.20
  • 18時
    Clouds / scattered clouds
    10.73
  • 21時
    Clouds / few clouds
    9.49
  • 00時
    Clear / clear sky
    8.91

明日以降の天気(正午時点)

  • 30日
    Clear / clear sky
    12.45
  • 01日
    Clear / clear sky
    11.95
  • 02日
    Clear / clear sky
    13.68
  • 03日
    Clear / clear sky
    14.35

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

徳島城の地図

徳島城へのアクセス

徳島城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR徳島線・徳島駅から徒歩15分
アクセス(クルマ)
  • 徳島自動車道・徳島ICから20分
  • 神戸淡路鳴門自動車道・鳴門ICから27分
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    徳島城周辺の宿・ホテル

      ダイワロイネットホテル徳島駅前

      "ホテルを使い慣れたビジネスマンには「快適さ」を。観光のお客様には「あたたかさ」「くつろぎ」を提供する都会的なスタイリッシュホテル。JR徳島駅前に位置し、環境の良い好立地なホテルです。"(評価:4.4、参考料金:4,000円〜)

      JRホテルクレメント徳島

      新型コロナウイルス感染症の拡大予防と安全面を考慮し、3/7(土)より当面の間、ビュッフェ形式での料理提供を休止させていただいております。レストランの営業時間はHPの方でご確認くださいませ。(評価:4.2、参考料金:4,000円〜)

      アパホテル<徳島駅前>

      高速バス・空港行きバスの発着場のあるJR徳島駅より徒歩3分の好立地。ビジネスに観光に便利に御利用頂けます。(評価:3.9、参考料金:3,200円〜)

      ホテル アストリア

      JR徳島駅より徒歩4分。県内・県外へのアクセスがよく、観光にもビジネスにも非常に便利。平日はビジネスのお客さまやお遍路さん、週末はレジャーや帰省のお客さまによくご利用いただいております。(評価:4.2、参考料金:3,950円〜)

      ホテルサンルート徳島

      JR徳島駅正面の好立地!最上階に天然温泉大浴場を完備。全室にワイドサイズのベッド、ユニットバスを設置。又全室ネット接続無料。ワンランク上の「くつろぎ」を提供します。(評価:4.4、参考料金:3,950円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    徳島城の過去のイベント・ニュース

    周辺にあるお城など

      • 勝瑞城
      • 勝瑞城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:38分(--位)
        • 攻城人数:423人(200位)
        • 城までの距離:約6km
      • 一宮城
      • 一宮城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:1時間11分(--位)
        • 攻城人数:374人(226位)
        • 城までの距離:約9km
    • より多くの
      城を見る

    阿波の著名な城

    徳島県の著名な城

    徳島城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    徳島城を本城にしている団員

    以下のみなさんが徳島城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    大坂城全史 (ちくま新書)

    大阪城建築される前の時代から現代までの通史を縦糸として、その地理的状況、歴史群像、文化を横糸として編み込んだ、まさに大阪城史のバイブルと言えます。
     著者は大阪城天守閣学芸員、副館長を歴任された中村博司だけあって、その内容の精緻なこと、新書版でありながら359ページもあります。参考資料や年表も豊富に掲載されています。

    しろやまさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る