紹介文

月山富田城は戦国時代に山陰の覇者と呼ばれた尼子氏が本拠を構えた城で、日本100名城に選ばれています。天然の地形を利用した、難攻不落の要塞城といわれ、尼子氏と毛利氏の間で何度も合戦が行われました。現在も石垣や堀切など、当時の面影を残す遺構があります。城址には、毛利元就宇喜多直家とともに「中国の三大謀将」と謳われた尼子経久の像や「山陰の麒麟児」と謳われ尼子氏再興のために尽力した山中鹿介の像が建てられています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
月山富田城は「日本100名城」「天空の城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 天空の城

月山富田城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

月山富田城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 麓の道の駅にも駐車場があるけれど登城途中にも駐車場がある。少しの違いだけど花の壇付近までショートカット出来る。そこから二の丸本丸までの登城がキツいです。遠方からの月山富田城の存在感が凄い。(2019/12/30)
  • 安来市コミュニティイエローバスは、(米子駅)安来駅からの路線と荒島駅からの路線がありました。どちらも広瀬バスセンター行で市立病院下車です。月山富田城への道は整備させていますが落ち葉が多くて下りは滑りやすいです。登りは1時間はみておいた方がいいです。毛利が攻めあぐねただけあって、手強いお城でした。眺め……(2019/12/19)
  • 11年ぶりの攻城は七曲りの整備が予想以上で、展望が開けていて心理的にも登りやすくなっています。(2019/08/12)
  • 登城道が完全に整備され難攻不落感は無くなっている。眺めはかなり良いが周辺の地上から見上げるほうが迫力がある。(2018/04/11)
  • 本丸までの山道はきついです。山中御殿近くにある駐車場に車を止めて登城するのが一番楽です。山中鹿之助像の前まで車で入れます。(2019/11/03)
  • 安来市立資料館で職員さんからジオラマを見ながら登城路などを説明していただけます。(火曜休館)規模も大きく、よく整備された素晴らしい山城。現在、山中御殿を整備している様子。本丸からの眺望は素晴らしい(2019/12/13)
  • 資料館でマップをもらって説明を聞いてから行くと良い。(2019/11/30)
  • 登城する道は綺麗に整備されています。本丸跡にある山中鹿介幸盛記念碑からの眺望は絶景。(2019/11/23)
  • 麓の資料館でパンフなどを頂けます。車で上の駐車場まで登れます。じっくり見学したい方は麓から歩いて登ったほうがよいでしょう。(2019/11/13)
  • 開館前の8:30に資料館に到着。職員の方にパンフレットを頂き、攻城。 資料館から整備された登山道を登り、二ノ丸と本丸からの眺めは最高。 帰りは大土塁を見学し、車道側から下山しました。(2019/11/09)
すべてを表示(192コメント)

月山富田城について

月山富田城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成複郭式
縄張形態山城
標高(比高)191.5 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主佐々木義清か
築城開始・完了年着工 1185年(文治元年)頃か
廃城年1611年(慶長16年)
主な改修者尼子経久、堀尾吉晴
主な城主尼子氏、吉川元春、堀尾吉晴
遺構石垣、曲輪、堀切、井戸
指定文化財国史跡
復元状況石垣、侍所

更新日:2020/01/19 01:59:06

月山富田城の城メモ

月山富田城の見所や歴史などを紹介します。


月山富田城の歴史

  • 歴史・うんちく
月山富田城は山陰の覇者・尼子氏六代の盛衰の舞台となった城です。 つづきを読む

安来市立歴史資料館

  • 周辺案内
安来市立歴史資料館には月山富田城の精巧なジオラマが展示されています。 つづきを読む

月山富田城の御城印

  • おみやげ
月山富田城の御城印は広瀬絣センターと安来市立歴史資料館で購入できます。 つづきを読む

太鼓壇と山中鹿介の銅像

  • 見所
太鼓壇と呼ばれる曲輪跡には山中鹿介祈月像があります。 つづきを読む

月山富田城のパンフレット

  • 資料・パンフ
安来市観光協会によって作成された月山富田城跡の公式パンフレットです。 つづきを読む

勝日高守神社

  • 歴史・うんちく
本丸跡奥にある勝日高守神社は尼子氏など歴代城主の信仰が厚かった神社です。 つづきを読む

七曲がり

  • 見所
月山富田城の本丸へ向かうための登城道に七曲がりという急坂があります。 つづきを読む

山中御殿(山中御殿平)

  • 見所
山中御殿は月山富田城の中腹にあった御殿で、跡地から石垣などが発見されています。 つづきを読む

千畳平

  • 見所
千畳平は有事の際に城兵集合の場として使われた曲輪跡です。 つづきを読む

花の壇

  • 再建建造物
花の壇と呼ばれる場所には一部発掘復元された屋敷があります。 つづきを読む

大手門跡

  • 石碑・案内板
大手門は大手道、搦手道、裏手道が合流する山中御殿平の入口に位置していた門です。 つづきを読む

山中鹿介幸盛記念碑

  • 石碑・案内板
月山富田城の本丸跡には山中鹿介幸盛記念碑が建立されています。 つづきを読む

月山富田城の観光情報

月山富田城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

月山富田城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(19日)の天気

  • 03時
    Clear / clear sky
    3.22
  • 06時
    Clear / clear sky
    2.92
  • 09時
    Clouds / scattered clouds
    5.09
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    9.14
  • 15時
    Rain / light rain
    7.87
  • 18時
    Rain / light rain
    7.19
  • 21時
    Rain / light rain
    6.70
  • 00時
    Rain / light rain
    6.86

明日以降の天気(正午時点)

  • 20日
    Clouds / broken clouds
    7.70
  • 21日
    Rain / light rain
    7.23
  • 22日
    Clouds / overcast clouds
    11.47
  • 23日
    Rain / moderate rain
    9.91

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

月山富田城の地図

地図アプリで見る

島根県安来市広瀬町富田2188

月山富田城へのアクセス

月山富田城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR山陰本線・安来駅
アクセス(クルマ)
  • 山陰道・安来IC
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    月山富田城周辺の宿・ホテル

      さぎの湯温泉 夢ランドしらさぎ

      山陰では美肌の湯で知られるさぎの湯温泉を大浴場・露天風呂・水着で入れるバーディゾーン(スライダー付温水プールや7種類のお風呂)で満喫!お風呂のあとは季節の会席や手打ち蕎麦で心身共に大満足♪(評価:3.7、参考料金:6,350円〜)

      さぎの湯温泉 竹葉(足立美術館横の宿)

      日本一の庭園で有名な『足立美術館』に一番近い温泉宿。100%源泉かけ流しの温泉をほぼ24時間ご利用可能。山陰沖の新鮮な魚介類や地元産の米・野菜を使用。近くには『月山富田城跡』もあり。(評価:4.4、参考料金:7,350円〜)

      さぎの湯荘

      足立美術館まで【徒歩30秒】白鷺が傷を癒し、御殿湯でもあった湯量豊富な歴史ある温泉を大浴場・貸切ともすべて掛流しで一晩中楽しめる温泉宿。二つの貸切風呂も無料です♪【温泉】をお楽しみください!(評価:4.7、参考料金:9,350円〜)

      さぎの湯温泉 安来苑

      1日1組限定♪小型犬(・x・U)なら2匹まで同室でご宿泊できます♪美味しい家庭的なお食事とスタッフの温かなおもてなしに心も身体も癒されませんか?ホッ…と一息できますよ♪(評価:不明、参考料金:6,240円〜)

      旅館 朝日館

      米子駅から1駅・安来駅徒歩1分の好立地!島根・鳥取どちらの観光地へもアクセス便利です♪アットホームな雰囲気でゆったりお過ごしいただけます。旅行、ビジネスにどうぞご利用下さい★(評価:不明、参考料金:5,000円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    周辺にあるお城など

      • 米子城
      • 米子城
        • 平均評価:★★★★☆(61位)
        • 見学時間:1時間9分(97位)
        • 攻城人数:590人(130位)
        • 城までの距離:約14km
      • 松江城
      • 松江城
        • 平均評価:★★★★☆(8位)
        • 見学時間:1時間32分(31位)
        • 攻城人数:1916人(16位)
        • 城までの距離:約17km
    • より多くの
      城を見る

    出雲の著名な城

    島根県の著名な城

    月山富田城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    月山富田城を本城にしている団員

    以下のみなさんが月山富田城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    悪党の裔〈上〉 (中公文庫)

    治安の悪化に伴い悪党が現れ始めた鎌倉末期。
    主人公・赤松円心の播磨を中心に畿内全体へと展開していく物語です。
    天下を決するような戦はできないが、せめて自分の存在で重要な戦の行方を左右したい。そんなことを考えながら、暴れるべき時は暴れ、耐えるべき時は耐えた。
    倒幕の流れを汲んだ足利尊氏に加担し、九州に落ちた尊氏を追討する新田の行軍を引き付けに引き付けます。
    絶対に落ちない城、白旗城の築城のシーンが描いかれており、白旗城の名前の由来がこの小説を読んでわかりました。
    『悪党の戦旗 嘉吉の乱始末 』、『残月―竹田城最後の城主、赤松広英』をあわせ、播磨赤松三部作と言えると思います。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る