全国的にコロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者が増えています。不要不急の外出自粛が要請される中、お城へ出かけることも控えませんか。各地の医療体制が逼迫しているため、密を避ける山城であっても事故が起きた際のリスクが高まっています。当面の間はできるだけ自宅でお城の調査や歴史の勉強をしましょう。

紹介文

津和野城は「関ケ原の戦い」後には坂崎直盛の居城として、江戸時代には亀井氏の居城として知られています。日本100名城に選ばれています。リフトでのぼることができる山上には石垣が残るだけですが、頂上から眺める風景は格別で、タイミングが合えば「SLやまぐち号」を見ることもできます。また麓の津和野市街地には馬場先櫓、物見櫓が現存しています。さだまさしの名曲「案山子」で歌われる舞台としても知られています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
津和野城は「日本100名城」「天空の城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 天空の城

津和野城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

津和野城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 出丸は立入禁止で入れない。その他、一部石垣が崩落している箇所があり、立入禁止。 リフトからお城に向かうと仮設通路2箇所を通らなければならない。 津和野の飲食店は早くに閉まってしまう(だいたい15時〜18時)らしく、攻城の際は、食事の時間も考慮した方が良さそう。(2021/01/03訪問)
  • 観光リフトを利用して、上に登り本丸迄20分ほど。本丸周りの石垣や西門跡、三段櫓跡の石垣など見どころ満載。(2020/10/10訪問)
  • 津和野駅から城下町と太鼓谷稲荷神社の鳥居を見学しながらリフト乗り場へ。 帰りは現存櫓を見学して駅へ戻った。(2020/10/03訪問)
  • 山口市方面から鉄路で津和野入り。県境を過ぎると盆地をはさんで山上の石垣がチラリと見えた。帰りは陸路R9、石垣(人質櫓跡)の側面が夕日を跳ね返し輝いていた。(2020/09/20訪問)
  • あちらこちらで大雨の影響で工事中のため山岳ウォーキングには要注意。 リフトはパット見運営してないように見えるが、客が来た時のみ動き出す。(2020/09/16訪問)
  • 津和野駅から歩いて25分くらいでスタンプのあるリフト乗り場につきます。リフトに乗車して登城しました。(2019/08/18訪問)
  • 100名城スタンプはリフト乗り場で押せます。駐車場もリフト乗り場下にあります。(2020/09/04訪問)
  • 熱中症、感染予防などの観点からきちんと山登りの準備が必要です。(2020/08/26訪問)
  • 10台ほど駐車可能な駐車場あり。少し階段を上がるとリフト乗り場あり。 リフト降りてからも20分ほど歩きあり。往復1時間ぐらいは見ておいた方がいいと思います。(2020/08/13訪問)
  • 補修され、所々立ち入り禁止区域や階段の骨組み、石垣の補強がされています。(2020/07/05訪問)
すべてを表示(46コメント)

津和野城について

津和野城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態山城
標高(比高)367 m( 200 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式
天守の階数
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ坂崎直盛が城の大改修を行った際に二の丸に天守を築いたとされる。
築城主吉見頼行
築城開始・完了年着工 1295年(永仁3年)
廃城年1871年(明治4年)
主な改修者坂崎直盛
主な城主吉見氏、坂崎氏、亀井氏
遺構櫓2棟、石垣、空堀
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2021/01/22 03:54:24

津和野城の城メモ

津和野城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

津和野城の観光情報

津和野城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 開城時間:9:00
  • 閉城時間:16:45
料金(入城料・見学料)
  • 大人:450円
  • 高校生:450円
  • 中学生:450円
  • 小学生:400円
  • 団体割引あり(20人以上)
休み(休城日・休館日)
  • 観光リフト:12/1〜2月末は土日
  • 祝日のみ運行(ただし、1/1〜1/5は運行)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

津和野城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(22日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    8.28
  • 06時
    Rain / light rain
    8.93
  • 09時
    Rain / light rain
    9.92
  • 12時
    Rain / light rain
    12.06
  • 15時
    Rain / light rain
    11.34
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    10.73
  • 21時
    Rain / light rain
    10.37
  • 00時
    Rain / light rain
    10.25

明日以降の天気(正午時点)

  • 23日
    Rain / light rain
    10.87
  • 24日
    Rain / light rain
    6.99
  • 25日
    Clear / clear sky
    10.43
  • 26日
    Clouds / overcast clouds
    12.24

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

津和野城の地図

津和野城へのアクセス

津和野城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR山口線・津和野駅
アクセス(クルマ)
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    津和野城周辺の宿・ホテル

      のれん宿 明月 

      古いのれん宿。純和風造りの木造2階建て。人間国宝作の手すき和紙による和紙の間、ひのきの浴室が好評。更に四季山菜郷土料理、のれん料理゛石の心゛など料理の手作りに心と伝統を味わって頂きたい。(評価:4.7、参考料金:7,700円〜)

      駅前ビジネスホテルつわの

       JR津和野駅より徒歩約1分、広い駐車場も完備しております。ご宿泊のお客様に限り、無料でご利用になれます。徒歩8分ほどの所にコンビニがございます。ビジネスに観光にぜひ当ホテルをご利用ください。(評価:3.8、参考料金:3,400円〜)

      オーベルジュ 四季の詩

      津和野 一番の眺望をほこり、週末には庭先をSL山口号が走る。日本海の鮮魚や自家製野菜と地元野菜を使ったオリジナリティ溢れる料理が好評。日頃の慌しさを離れ、ゆるやかな時を愉しむことができる。(評価:不明、参考料金:12,960円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    津和野城の過去のイベント・ニュース

    津和野城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    • リフトは1/1〜3のみ運行

    周辺にあるお城など

      • 萩城
      • 萩城
        • 平均評価:★★★★☆(--位)
        • 見学時間:1時間17分(--位)
        • 攻城人数:1105人(93位)
        • 城までの距離:約35km
      • 大内氏館
      • 大内氏館
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:34分(--位)
        • 攻城人数:378人(230位)
        • 城までの距離:約40km
    • より多くの
      城を見る

    石見の著名な城

    島根県の著名な城

    津和野城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    津和野城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    悪党の裔〈上〉 (中公文庫)

    治安の悪化に伴い悪党が現れ始めた鎌倉末期。
    主人公・赤松円心の播磨を中心に畿内全体へと展開していく物語です。
    天下を決するような戦はできないが、せめて自分の存在で重要な戦の行方を左右したい。そんなことを考えながら、暴れるべき時は暴れ、耐えるべき時は耐えた。
    倒幕の流れを汲んだ足利尊氏に加担し、九州に落ちた尊氏を追討する新田の行軍を引き付けに引き付けます。
    絶対に落ちない城、白旗城の築城のシーンが描いかれており、白旗城の名前の由来がこの小説を読んでわかりました。
    『悪党の戦旗 嘉吉の乱始末 』、『残月―竹田城最後の城主、赤松広英』をあわせ、播磨赤松三部作と言えると思います。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る