不要不急の外出自粛が要請される中、お城へ出かけることも控えませんか。自分がウイルスを家庭や会社に持ち込んでしまったり、あるいは現地に運んでしまうリスクを最小化するために、当面の間はできるだけ自宅でお城の調査や歴史の勉強をしましょう。

紹介文

吉田郡山城は毛利氏の居城として知られ、山全体を要塞とする巨大な城郭でした。この城はのちに毛利輝元が広島城へ移るまで使われました。「吉田郡山城の戦い」の舞台でもあり、尼子詮久(後の尼子晴久)率いる2万の軍に包囲されながらも籠城して撃退した城です。現在は調査や整備が進められており、城址内には毛利元就や隆元など毛利一族の墓所のほか、「三本の矢」の伝説を記念した石碑や百万一心碑があります。また山麓には毛利元就像が建てられています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
吉田郡山城は「日本100名城」「広島県三名城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 広島県三名城

吉田郡山城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

吉田郡山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 毛利元就の墓所は、物凄いパワーを感じました。(2019/04/06)
  • 城域は広大ですが、パンフレットに記載されている経路は整備が行き届いており、本丸までの道程はそれほど苦になりませんでした。さらに、崩れかけた石垣跡や櫓台跡、勢溜の壇からの眺望、尾崎丸の小さいながらもはっきりした堀切など、要所に見所もあり、楽しめました。 ただし、旧本城への道は他に比べて足場が細く、土壌……(2020/01/19)
  • 百万一心碑裏から登城すると険しいが毛利隆元墓所側から登城すれば整備された道なので登りやすかったのかも(2019/12/31)
  • 広島バスセンターからバスで1時間30分ほど乗り、安芸高田氏宅所前で下車して徒歩5分ほどで登城口に着きます。 なお、本丸跡までは結構険しい山道を登ることになるので、途中で貸し出しされてる金剛杖を使うことをお勧めします。(2019/06/26)
  • 到着が夕刻な為、歴史史料館にてスタンプゲットして本丸を眺めて終了。次回は余裕みて訪問したいです。(2019/08/16)
  • 毛利隆元の墓から登城し、主要な郭を見て尾崎丸の方向へ降りると90分くらいです。歴史民俗博物館で郡山城の戦いや百万一心について予習や復習すると理解が深まります。(2019/10/13)
  • 登山できる服装で訪問してください(2019/10/04)
  • 薬研堀跡の駐車場を利用。往路は毛利元就公墓所参道から鬱蒼と木が茂る石畳の道や山道など30分で本丸跡へ。復路は尾崎丸跡経由で急な階段を下り駐車場まで40分。(2019/09/21)
  • 歴史民族博物館に駐車して登りました。 清神社から旧本城経由で登りましたが、かなり急な所や、倒木、スズメバチの群等、危険な所がありました。 正面(墓がある方)から行くのとずいぶん違うので気を付けてください。(2019/09/12)
  • 広島バスセンターから路線バスに乗車して攻城しました。歴史民俗博物館に行く途中にYOUMEタウンがあり、1階のトイレ横のコインロッカーに荷物を入れてから攻城を開始しました。このコインロッカーは100円で開錠時に戻って来ます。 この日は雨で資料館の方が本丸から公園側は階段が多くて滑るので来た道を戻った方……(2019/07/13)
すべてを表示(130コメント)

吉田郡山城について

吉田郡山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)389 m( 200 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守メモ毛利輝元時代には3重3階の天守があったという説もあるが、詳細は不明である。
築城主毛利時親
築城開始・完了年着工 1336年(建武3年)
廃城年1591年(天正19年)
主な改修者毛利元就、毛利輝元
主な城主毛利氏
遺構曲輪、石垣、土塁、堀切、井戸
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2020/04/09 07:39:59

吉田郡山城についての読み物

毛利元就ゆかりの地おすすめ19選

毛利元就ゆかりの地についてのまとめ記事です。お城だけでなく、菩提寺や博物館なども紹介しました。

吉田郡山城の城メモ

吉田郡山城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

吉田郡山城の観光情報

吉田郡山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)

無料

休み(休城日・休館日)

年中無休

トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

吉田郡山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(09日)の天気

  • 03時
    Clear / clear sky
    3.98
  • 06時
    Clear / clear sky
    3.04
  • 09時
    Clear / clear sky
    11.38
  • 12時
    Clear / clear sky
    13.67
  • 15時
    Clear / clear sky
    13.61
  • 18時
    Clear / clear sky
    9.06
  • 21時
    Clear / clear sky
    4.68
  • 00時
    Clouds / scattered clouds
    3.92

明日以降の天気(正午時点)

  • 10日
    Clear / clear sky
    13.13
  • 11日
    Clouds / overcast clouds
    13.12
  • 12日
    Rain / light rain
    8.62
  • 13日
    Snow / light snow
    4.63

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

吉田郡山城の地図

吉田郡山城へのアクセス

吉田郡山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR芸備線・向原駅からタクシーで15分
  • JR芸備線・向原駅からバスに乗り約25分、「安芸高田市役所前」バス停下車、徒歩5分(日曜日・祝日は運休)
  • JR山陽本線・広島駅から市電で広島バスセンターに行き、そこから「吉田出張所行き」のバスに乗り約90分、「安芸高田市役所前」バス停下車、徒歩5分
  • JR可部線・可部駅からバスに乗り約50分、「安芸高田市役所前」バス停下車、徒歩5分
  • 城趾最寄りはJR芸備線・吉田口駅ですが無人駅のため注意
アクセス(クルマ)
  • 中国自動車道・高田ICから約15分
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    吉田郡山城周辺の宿・ホテル

      神楽門前湯治村

      昔さながらの湯治村で、の~んびりと入浴するもよし、浴衣に着替えて街歩きをするもよし、手足を伸ばして、で~んと昼寝するもよし。ご家族やご友人と、ぜひ遊びにお出かけください。(評価:4.1、参考料金:5,100円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    周辺にあるお城など

      • 新高山城
      • 新高山城
        • 平均評価:★★★☆☆(110位)
        • 見学時間:1時間14分(56位)
        • 攻城人数:312人(219位)
        • 城までの距離:約37km
      • 広島城
      • 広島城
        • 平均評価:★★★★☆(65位)
        • 見学時間:1時間12分(63位)
        • 攻城人数:1690人(27位)
        • 城までの距離:約37km
    • より多くの
      城を見る

    安芸の著名な城

    広島県の著名な城

    吉田郡山城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    吉田郡山城を本城にしている団員

    以下のみなさんが吉田郡山城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    童の神

    平の将門の乱以降、藤原道長を中心とした京の都からの圧政に抗い、鬼と呼ばれる者たちを描いた歴史小説です。
    賤ヶ岳の七本槍と石田三成を描いた”八本目の槍”が凄く面白かったので、作者、今村翔吾先生の本をもっと読んでみたいと思い購入しました。
    以下解説引用。
    土蜘蛛、滝夜叉、山姥…などの恐ろしげな名で呼ばれ、京人から蔑まれていた。一方、安倍晴明が空前絶後の凶事と断じた日食の最中に、越後で生まれた桜暁丸は、父と故郷を奪った京人に復讐を誓っていた。様々な出逢いを経て桜暁丸は、童たちと共に朝廷軍に決死の戦いを挑むが―。皆
    皆が手をたずさえて生きられる世を熱望し、散っていった者たちへの、祈りが描かれております。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る