津和野城
津和野城

[島根県][石見] 島根県鹿足郡津和野町後田


  • 平均評価:★★★★☆ 3.78(--位)
  • 見学時間:1時間14分(--位)
  • 攻城人数:1062(153位)

津和野城の城主メモ 最新順

山頂の本丸含めた城内は徒歩でも行けますが、スタンプ設置のリフト茶屋さんのリフトを利用すると20分程度と、徒歩の半分程度で済みますのでオススメです。本丸・出丸・太鼓丸、何処から見ても絶景なので城に興味のない方と行っても喜ばれると思います!

(2024/01/01訪問)

津和野駅から町営バスで津和野温泉に移動、鷲原八幡宮裏から中国自然歩道に入り、大杉、中荒城、2段堀切等を見学、約1時間かけて南櫓門跡下に到着しましたが、自然歩道は整備されており歩きやすかったです。なお、南櫓門跡から中に入るためには石垣の端を通らなければ行けませんのでご注意下さい。

(2023/10/09訪問)

リフトを降りてから本丸への道のりは山道になるので動きやすい服装が良いです。

(2023/07/24訪問)

津和野駅下車、駅前のかまい貸自転車店からレンタサイクルを使用し、津和野城観光リフトまで約10分。途中、県道13号線、津和野高校周辺に馬場先櫓、物見櫓が遺されています。リフトからは織部出丸、二の丸、台所、天守、三の丸、太鼓丸、本丸と探索。良好な石垣による虎口や門跡、櫓跡が遺されていて、城下の眺めは最高だと思います。

(2022/07/29訪問)

途中往復でリフト利用して本丸まで到着するのには15時前にリフト駅に到着されますように。最終運行時間を含めて余裕を持つようにリフト乗り場の係員の方に強く言われます。

(2022/08/06訪問)

津和野駅より徒歩30分です。スタンプはリフト乗り場にあります。リフトは時折営業していないときがありますので事前の確認を。見どころは人質櫓・石垣・曲輪・堀切などです。津和野城から見下ろす麓の城下町も美しいです。春~秋はクマよけの鈴を持参したほうが良いです。

(2019/05/08訪問)

出丸の復元工事が完成し、二重櫓跡や平櫓跡などが見学可能に。

(2022/05/05訪問)

リフトで登りましたが、その先の道が修復中の箇所が多く場所によっては金属の足場の様な板の部分もあるので天候によっては注意が必要です。

(2022/04/09訪問)

津和野城は、あちこちで登城路の工事をしていて完成したらとても良くなると思います。リフト乗り場のすぐ下の駐車場に車を停めて攻城しました。

(2022/03/19訪問)

リフトを使えば山頂まで楽々。行きは上を見ているので気にならないが、帰りは結構な高所から一気に降る様が見え、ドキドキします

(2022/03/12訪問)

南櫓門の先にあるという中世城郭跡まで足を伸ばしました。二重堀切は確認できましたが、曲輪や畝状竪堀は上級者向けのようで藪の中でした。近世の石垣は先人のコメント通り圧巻です。

(2022/01/03訪問)

リフトで登城して仮設通路で出丸の先あたりに新しくあずまやと少し放れたところにトイレも新設されてました。一部石垣が崩落している箇所があり立入禁止がところどころあります。

(2021/07/04訪問)

出丸は立入禁止で入れない。その他、一部石垣が崩落している箇所があり、立入禁止。
リフトからお城に向かうと仮設通路2箇所を通らなければならない。
津和野の飲食店は早くに閉まってしまう(だいたい15時〜18時)らしく、攻城の際は、食事の時間も考慮した方が良さそう。

(2021/01/03訪問)

山上まで5分程の一人乗りリフトに乗って、降り場から山の斜面に組まれた臨時通路(城山整備中)を歩くと、周囲の山々と眼下の景色も美しい城跡に着く。延々と空中散歩のよう。瓦が大量に落ちてます。

(2020/11/28訪問)

出丸は工事中で入れずう回路が斜面にビル工事の通路のように造られていてスリル満点 二の丸付近も石垣補修工事中でした こちらも仮設の通路があり普段撮れない角度から撮れるので楽しいです 紅葉のきれいな城跡です

(2020/11/19訪問)

観光リフトを利用して、上に登り本丸迄20分ほど。本丸周りの石垣や西門跡、三段櫓跡の石垣など見どころ満載。

(2020/10/10訪問)

津和野駅から城下町と太鼓谷稲荷神社の鳥居を見学しながらリフト乗り場へ。
帰りは現存櫓を見学して駅へ戻った。

(2020/10/03訪問)

益田市から車で津和野入り、リフトが動くまで櫓を見学して9時からリフトで登りました。天気がよくて展望が最高でした、今日は大手道あたりの木を大規模に伐採していました。

(2020/10/06訪問)

山口市方面から鉄路で津和野入り。県境を過ぎると盆地をはさんで山上の石垣がチラリと見えた。帰りは陸路R9、石垣(人質櫓跡)の側面が夕日を跳ね返し輝いていた。

(2020/09/20訪問)

あちらこちらで大雨の影響で工事中のため山岳ウォーキングには要注意。
リフトはパット見運営してないように見えるが、客が来た時のみ動き出す。

(2020/09/16訪問)
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

戦況図解 西南戦争 (サンエイ新書)

前回図解戊辰戦争を紹介するきっかけは、この本につなげる為でした。西南戦争はまったくと言っていいほど知らないことばかりなので、分かりやすく勉強になりました。熊本城籠城組が後から見るとすごい面子なのが驚きでした。

まーPさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る