紹介文

鳥取城は羽柴秀吉による兵糧攻め、いわゆる「鳥取の飢え殺し」の舞台となった城として知られています。現在、鳥取城正面入口には攻められた毛利方の城主である吉川経家の像が建てられています。天守台のほか、石垣や堀が遺構として残っており、城門が復元されています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
鳥取城は「日本100名城」「さくらの名城めぐり」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • さくらの名城めぐり

城主の攻城メモ

鳥取城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 天球丸の石垣を堪能した後、本丸を目指して山を登り始めて思いのほかの勾配で2合目で早くもフラフラ。4合目辺りで足を滑らせヘタリ込む。 飲料水を忘れていた事もあり、5合目の神社でお礼と再訪を念じて撤退。 舐めてかかると(準備を怠ると)大変な目に合う事を改めて思い知らされました。(2019/09/12)
  • 大手登城路復元工事のため2020年3月27日まで擬宝珠橋の通り抜けはできなくなっています。大手登城路復元工事は2023年度まで実施するようです。(2019/09/01)
  • 鳥取駅からタクシーで攻城しましたが、運転手さんが本丸は登山の覚悟が必要と言われ、あっさり断念するも全体的に石垣が素晴らしくて時を忘れてしまいます。帰りはゆっくり徒歩で駅に向かいました。(2019/08/24)
  • 天守跡から見える大山を始めとした山々と、反対側には日本海も見え絶景です。(2018/03/10)
  • 博物館の駐車場から唯一の建造物中仕切門をくぐり三ノ丸跡、天球丸へ向かいまずは巻石垣を堪能。二ノ丸の菱櫓、三階櫓跡と戻ってくると登り(竪)石垣を見る事が出来ました。時間と暑さの問題で本丸へは登りませんでしたが、鳥取駅近くの大丸日ノ丸パーキングの最上階から望遠レンズで本丸の写真撮影にチャレンジしました。(2019/08/06)
  • 巻石垣、登り石垣などを含めて石垣がよく、縄張りもすごいです。山上ノ丸に行く時、軽い気持ちで行ったため軽い熱中症になったので、夏に登るときはある程度準備してから行ったほうがいいと思います。(山上ノ丸もいいところです。)(2019/08/04)
  • 天球丸の巻石垣が有名ですが、そのほかの石垣も見事で、見所がいっぱいです。山上之丸までは往復一時間弱。20代で運動経験ありですが、ふくらはぎがプルプルしました。ただ、本丸からの眺めはすべての疲れを吹き飛ばします。(2019/07/26)
  • 前回は見そびれた天球丸の巻石垣を見てきました!想像以上に大きかったです。降雨の中、山頂の本丸まで登りましたが、案の定、景色は堪能できず、、、それでも復元が進んでいる麓の施設や仁風閣など、見所たくさんです。(2019/07/14)
  • 天球丸は見学する価値アリ。自分は時間の関係で山上ノ丸迄登頂出来ませんでしたが往復で1時間位だそうです。参考迄(2019/06/14)
  • 仁風閣も博物館も月曜日で休館日。 市役所でスタンプだけ頂き、登城は次回に。(2019/05/27)
すべてを表示(147コメント)

鳥取城について

鳥取城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成梯郭式
縄張形態山城
標高(比高)263 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式複合式層塔型
天守の階数2重2階、地下1階
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ世にいう「鳥取城の飢え殺し」の頃の天守は1573年(天正元年)に山名豊国が守護所のあった天神山城から移した独立式望楼型3重だったが、関ケ原の戦いの後に池田長吉が入封した際に大改修された。このときの天守は1601年(慶長6年)に着工し、1602年(慶長7年)に完成したとされるが、1692年(元禄5年)に落雷で焼失した。その後は再建されず、二の丸の御三階櫓(独立式望楼型3重3階)を天守の代用にした。この御三階櫓も1720年(享保5年)に焼失し、1728年(享保13年)に層塔型で再建されたが、1879年(明治12年)に取り壊された。
築城主但馬山名氏か?
築城開始・完了年着工 天文年間(1532年〜1555年)
廃城年1871年(明治4年)
主な改修者吉川経家、池田長吉
主な城主山名氏、吉川氏、宮部氏、池田氏
遺構石垣、堀、井戸
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2019/09/16 09:06:39

鳥取城の観光情報

鳥取城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)

年中無休

トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

鳥取城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(16日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    23.05
  • 06時
    Rain / light rain
    22.25
  • 09時
    Rain / light rain
    23.35
  • 12時
    Rain / light rain
    23.97
  • 15時
    Rain / light rain
    22.95
  • 18時
    Rain / light rain
    22.43
  • 21時
    Rain / light rain
    22.31
  • 00時
    Rain / light rain
    22.19

明日以降の天気(正午時点)

  • 17日
    Clouds / scattered clouds
    23.29
  • 18日
    Clouds / broken clouds
    23.53
  • 19日
    Rain / light rain
    19.96
  • 20日
    Clouds / overcast clouds
    20.75

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

鳥取城の地図

地図アプリで見る

鳥取県鳥取市東町

鳥取城へのアクセス

鳥取城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR山陰本線・鳥取駅から徒歩25分
アクセス(クルマ)
  • 鳥取自動車道・鳥取ICから20分
駐車場
  • 鳥取県庁駐車場(無料、257台)
  • 県庁北側緑地駐車場(無料、69台)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    鳥取城周辺の宿・ホテル

      鳥取シティホテル

      ■12時アウト&平面駐車場隣接 【500円】[時間制限なし]■鳥取駅から若桜街道を真っすぐ直進、徒歩約8分■ガイナーレ鳥取公式スポンサー■全室wifi完備(評価:4.1、参考料金:2,500円〜)

      白兎会館

      JR鳥取駅より徒歩で10分。源泉かけ流し天然温泉完備。観光・ビジネスに最適です。【無料駐車場】【全室無料Wi-Fi対応】【コンビニ当館前徒歩2分】(評価:4.0、参考料金:4,250円〜)

      ホテル・アルファ-ワン鳥取

      全室インターネット接続無料・冷蔵庫・ウォシュレットトイレ・ズボンプレッサー完備。ホテル・アルファ-ワンで心を癒すひと時をお過ごし下さいませ。(評価:4.0、参考料金:5,050円〜)

      ホテルモナーク鳥取

      【JR鳥取駅より徒歩圏内】敷地内の自家源泉を使用した温泉大浴場完備(水風呂・サウナ有り)。駅近ホテルで観光・ビジネスの拠点にも最適です。■全室無料Wi-Fi対応(評価:4.3、参考料金:4,250円〜)

      温泉旅館 丸茂

      【鳥取いなば温泉郷・鳥取温泉】2018年11月温泉棟完成・一部客室リニューアル。庭園を臨む料理小宿。夜中でも入れる源泉100%掛け流し。駐車場無料。ビジネス・観光・お一人様も歓迎(評価:4.1、参考料金:7,020円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    鳥取城の過去のイベント・ニュース

    周辺にあるお城など

      • 若桜鬼ヶ城
      • 若桜鬼ヶ城
        • 平均評価:★★★☆☆(127位)
        • 見学時間:1時間13分(76位)
        • 攻城人数:194人(251位)
        • 城までの距離:約23km
      • 波賀城
      • 波賀城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:54分(--位)
        • 攻城人数:74人(492位)
        • 城までの距離:約47km
    • より多くの
      城を見る

    因幡の著名な城

    鳥取県の著名な城

    鳥取城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    鳥取城を本城にしている団員

    以下のみなさんが鳥取城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    業政駈ける (角川文庫)

    長野業政と家臣たちが箕輪城を舞台に甲斐武田軍と戦う姿を描いた戦国時代小説。
    信玄や真田昌幸側を描いたものはたくさんあり、それらを読んで武田軍団は好きな方でしたがこの本を読んでいると最強武田軍団を翻弄する箕輪の小領主を応援せずにはいられません。
    そして箕輪城行きたくて…ただ上野国はなかなか遠いです。どこまで史実に近いかは分かりませんが物語を知って現地を訪れるとまた感動が違いますよね。
    いつか業政に想いを馳せながら箕輪城攻城するぞ!

    solitarioさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る