全国の緊急事態宣言は解除されましたが、観光については当面「県内のみ」となっています。県をまたいでの観光は6月19日から段階的に緩和され、全面的な解禁は8月1日(予定)ですので、自分の住んでるところや訪問先の状況を踏まえた上で、出かけるかどうかの判断をしてください。

紹介文

羽衣石城は南条貞宗によって築かれた城です。「関ケ原の戦い」で西軍に味方しために領地没収となり廃城となるまでの約250年間、南条氏の拠点となっていました。現在は山頂の本丸跡に模擬天守と「羽衣石城主南条公累代碑」が建てられています。なお、現在の模擬天守は2代目で、初代は1931年(昭和6年)に南条氏の子孫により建てられました。羽衣石城にはもともと天守が存在せず、近世の城でもないため、模擬天守の元祖ともいえる存在でした。

羽衣石城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

羽衣石城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 駐車場から登山が出来る。500mながら、専門靴やバー必須。(2020/02/15訪問)
  • 登山道を反時計回りで1周1時間弱。天然要害の岩壁と山腹からでも見える光る模擬天守金鯱が見所でした。(2019/08/12訪問)
  • 案内看板はしっかりしていて、駐車場、トイレも完備しています。登城口は右と左がありますが右は勾配はきついですが階段んがしっかりとしています。お奨めです。(2019/11/04訪問)
  • 倉吉駅から(松崎駅前経由)北方入口行きバスで「長和田」下車、徒歩60分足らずで登城口駐車場。えらが張ってるヘビは見ませんでしたが、えらが張ってないヘビにはよく会いました。(2019/10/04訪問)
  • 駐車場までは看板もちゃんと整備されておりスムーズに到着。その後は軽登山の覚悟が必要です。天気のは良い日で展望台からの景色が疲れを吹き飛ばしてくれました。逆に言えば天候を考慮して攻城された方が良いと思います。(2019/09/14訪問)
  • 駐車場から天守までの道は山道で滑りやすく、特に「羽衣岩」からの登りの一部は鎖を持ちながら登るような状態ですので、滑りにくい靴と軍手での登城をお勧めします(2019/08/31訪問)
  • 夏の昼間の攻城でしたが、雨が降っていたため、登城路は暗かったです。鳥獣や物の怪がでてきそうな雰囲気で、怖かったです。笑 そのためか、モヤのかかった天守は少し神秘的でした。(2019/07/14訪問)
  • 駐車場の右側の登山道(搦手)から攻城、帰りは左側に出る道(大手道)から下りました。搦手道には居館跡とされる八幡神社方面への分かれ道や羽衣石の地名の由来の羽衣岩、石垣などがあり、大手側には岩壁がありました。大手道は沢を通るので足元が悪いです。搦手側は狭かったり鎖場などもありますが足元は良かったと思いま……(2018/11/24訪問)
  • 行軍は予想に反して大変でした(2018/10/13訪問)
すべてを表示(20コメント)

羽衣石城について

羽衣石城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態山城
標高(比高)372 m( 280 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式層塔型
天守の階数3重
天守の種類模擬天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ天守はなかったが、1931年(昭和6年)に南条氏の子孫により鉄骨・トタン葺き・トタン張りの模擬天守が建てられたが、1990年(平成2年)に建て直された。
築城主南条貞宗
築城開始・完了年着工 1366年(貞治2年)
廃城年1600年(慶長5年)
主な改修者
主な城主南条氏、尼子国久、毛利元経
遺構 石垣、井戸
指定文化財
復元状況模擬天守

更新日:2020/07/03 01:47:50

羽衣石城の城メモ

羽衣石城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

羽衣石城の観光情報

羽衣石城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

羽衣石城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(03日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    16.62
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    17.71
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    20.68
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    21.38
  • 15時
    Rain / light rain
    20.57
  • 18時
    Rain / light rain
    18.42
  • 21時
    Rain / light rain
    17.68
  • 00時
    Rain / light rain
    17.39

明日以降の天気(正午時点)

  • 04日
    Rain / light rain
    19.37
  • 05日
    Rain / light rain
    22.70
  • 06日
    Rain / moderate rain
    21.58
  • 07日
    Rain / light rain
    26.72

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

羽衣石城の地図

羽衣石城へのアクセス

羽衣石城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR山陰本線・松崎駅からバス
アクセス(クルマ)
  • 米子自動車道・湯原IC → 国道179号線
  • 青谷羽合道路・泊東郷IC → 県道22号線
駐車場

無料

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    羽衣石城周辺の宿・ホテル

      湯快リゾート 三朝温泉 斉木別館<会席>

      世界屈指のラドン含有量を誇るラジウム温泉と料理の鉄人の繊細な技が生み出す海・山の旬の食材を使用したお料理を心ゆくまでご堪能下さい。※4/16~8/31の期間、直行往復バスは運休いたします。(評価:4.0、参考料金:8,250円〜)

      バラ風呂が楽しめる宿 三朝館

      【じゃらんnetランキング2019 売れた宿大賞 鳥取県 51~100室部門 1位】★風呂クチコミ4.6★三朝温泉随一の湯量☆千坪の庭園風呂と3本の自家源泉!鳥取和牛食べ放題★夏のファミリープラン好評発売中♪(評価:4.4、参考料金:6,050円〜)

      三朝薬師の湯 万翆楼

      季節の会席と自家源泉100%の温泉をお楽しみ下さいませ!!【プラン】等も沢山upしています。お早目のご予約を♪【お得なクーポン発売中】(評価:4.3、参考料金:8,800円〜)

      湯治で大人気 三朝温泉健康づくりの湯治宿 ブランナールみささ

      三朝温泉は850年の歴史を誇る世界屈指のラドン温泉。薬湯と呼ばれ『浸かって良し・飲んで良し・吸って良し』。自家源泉保有の当館で、体の免疫力・治癒力を高める『ホルミシス効果』をぜひご体験ください(評価:4.0、参考料金:5,199円〜)

      三朝温泉 自家源泉かけ流し露天風呂 清流荘

      ★2018年8/25源泉100%かけ流し露天風呂付き客室2部屋リニューアルOPEN★全国初日本遺産認定三朝温泉!朝の始まりに自慢の味♪源泉100%ラジウムモーニングコーヒーをお召し上がり下さいませ(無料サービス)♪(評価:4.3、参考料金:3,750円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    羽衣石城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 鳥取城
      • 鳥取城
        • 平均評価:★★★★☆(36位)
        • 見学時間:1時間30分(19位)
        • 攻城人数:948人(93位)
        • 城までの距離:約31km
      • 津山城
      • 津山城
        • 平均評価:★★★★☆(19位)
        • 見学時間:1時間21分(33位)
        • 攻城人数:1113人(69位)
        • 城までの距離:約42km
    • より多くの
      城を見る

    伯耆の著名な城

    鳥取県の著名な城

    羽衣石城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    羽衣石城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    壮心の夢

    石田三成、荒木村重、赤松広英、池田輝政ほか14名の、俗っぽいシーンもありながら、それぞれの生き様を描いた短編集です。

    名前だけ知っていて、詳しく知らなかった人物が、この小説を読んで、自分の中で、色づいてきました。
    お城の描写は少ないものの、別の視点から城めぐりをしたいと思います。

    お気に入りは、池田輝政、姫路城の長壁神社のことが書かれている。おさかべ姫です。
    神社の存在、関係性など、何も知らずに、姫路のゆかたまつりに行っていました←

    以下あとがき引用します。
    戦国とは、壮心、すなわち胸に野望を抱いた者たちの時代であった。尾張の農民の小せがれが、天下の支配者になるまで駆けのぼる世の中である。その男―豊臣秀吉のまわりには、かれの出世とともに、野心を持った多くの異才たちが群れ集まってきた。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る