紹介文

尾高城は行松氏によって築かれた城です。尼子経久の攻撃で奪われますが、毛利元就によって奪回すると行松氏がふたたび城主となりました。しかし行松正盛が病死したため、毛利氏の家臣である杉原盛重が入り、城を整備しています。その後、「関ケ原の戦い」後に入封した中村一忠は、米子城が完成するまでの間、この城に留まり、米子城の完成とともに廃城となりました。現在城址には土塁や空堀などの遺構が残っています。2023年(令和5年)に行われた発掘調査で石垣が見つかりました。

尾高城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなのクチコミ

尾高城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 伯耆大山駅からタクシーで1550円でお城に到着。本丸と二の丸は私有地につき立ち入り禁止でが、その他の曲輪や空堀などは見て回れます(2024/02/12訪問)
  • 城跡西側に駐車場あり。曲輪と堀の高低差がしっかり遺っています。山中鹿介が幽閉されたのは中の丸だそう。(2022/11/19訪問)
  • 丘城ぐらいの比高ですが、郭間にある空堀は素晴らしかったです。切岸も鋭いので思いの外堅固な城だったと感じさせられました。本丸(主郭)は現在立ち入り禁止でそれだけが心残りです。(2022/04/03訪問)
  • 建物は有りませんでしたが、堀の跡など興味深いものが有りました。(2020/12/06訪問)
  • ここも草刈り?冬枯れ?クッキリ堀切、空堀が、わかります。(2020/03/09訪問)
  • 幾つかの曲輪と空堀が明瞭に残っている。 本丸と二の丸は私有地のためか、全くの未整備状態なのが残念。(2019/04/13訪問)
  • 中の丸と南大首郭あたりしか城址として整備できていませんが複雑な空堀跡は随所に残っています。 天神丸跡には「シャトーおだか」という宿舎が建っており、併設されている「農園レストラン」の690円食べ放題で昼食を取りました。(2018/11/24訪問)
  • シャトー尾高の駐車場と、入り口に案内板があった。 入り口の方は、草ボーボーだったので、中には入らなかった。(2020/06/04訪問)
すべてを表示(9コメント)

尾高城について

尾高城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

連郭式

縄張形態

平山城

標高(比高)

46 m( 20 m)

城郭規模

内郭:--  外郭:--

築城主

行松氏

築城開始・完了年

着工 1524年(大永4年)以前

廃城年

1601年(慶長6年)

主な改修者

杉原盛重(毛利氏)

主な城主

行松氏、吉田氏、杉原氏、中村一忠

遺構

土塁、曲輪、堀

指定文化財

国史跡

復元状況

尾高城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態平山城
標高(比高)46 m( 20 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主行松氏
築城開始・完了年着工 1524年(大永4年)以前
廃城年1601年(慶長6年)
主な改修者杉原盛重(毛利氏)
主な城主行松氏、吉田氏、杉原氏、中村一忠
遺構土塁、曲輪、堀
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2024/05/23 03:47:24

尾高城の観光情報

尾高城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

 

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

尾高城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

尾高城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(23日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    16.91
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    17.42
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    21.83
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    24.44
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    22.85
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    20.65
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    18.58
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    17.71

明日以降の天気(正午時点)

  • 24日
    Clouds / overcast clouds
    24.00
  • 25日
    Clouds / scattered clouds
    20.32
  • 26日
    Clouds / overcast clouds
    22.97
  • 27日
    Rain / light rain
    20.54

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

尾高城の地図

尾高城へのアクセス

尾高城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • JR山陰本線・伯耆大山駅から日本交通バスに乗り「尾高」バス停下車、徒歩約8分

アクセス(クルマ)

  • 米子自動車道・米子ICから4分

駐車場

米子勤労総合福祉センター駐車場(無料)

尾高城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR山陰本線・伯耆大山駅から日本交通バスに乗り「尾高」バス停下車、徒歩約8分
アクセス(クルマ)
  • 米子自動車道・米子ICから4分
駐車場

米子勤労総合福祉センター駐車場(無料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    尾高城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      ホテルハーベストイン米子

      米子駅に隣接し徒歩1分。コンベンションセンターやイオンモールも隣接し、ビジネス・山陰観光のご宿泊にベストポジション。室内は厳選された調度品や絵画でコーディネートされ、寛ぎの空間を演出。(評価:4.1、参考料金:3,300円〜)

      ホテル・アルファ-ワン米子

      受動喫煙防止のお願い健康増進法の改正に伴い受動喫煙防止のためエントランス周辺及び駐車場も禁煙とさせて頂く事になりました。喫煙所は設けておりませんので、お煙草は喫煙可のお部屋でお願い致します。(評価:4.2、参考料金:5,600円〜)

      ANAクラウンプラザホテル米子

      ■平面駐車場無料■小学生未満添寝無料■朝食6:00オープン■スーパー隣接(コインランドリー併設)まで徒歩1分、コンビニまで徒歩4分◆チェックアウト11時■フィットネス24時間無料■米子駅より徒歩10分(評価:4.3、参考料金:4,735円〜)

      Jimmy Kuu

      お客様のプランに合わせて宿泊スタイルを選べる、愛犬と一緒に過ごせる1棟貸しホテル。お風呂は、ミストサウナ、ジェットバス付き天然芝のドッグラン完備。BBQコースプランは地元食材満載です。(評価:4.9、参考料金:38,000円〜)

      皆生風雅

      大山を望む「展望露天風呂付客室」が2024年2月にリニューアルオープンいたしました。皆生エリアでは珍しい、温泉の露天風呂付き客室もございます。拘りの会席料理と温泉をゆったりとお愉しみください。(評価:4.0、参考料金:6,600円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    尾高城の過去のイベント・ニュース

    尾高城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 米子城
      • 米子城
        • 平均評価:★★★★☆(39位)
        • 見学時間:1時間5分(64位)
        • 攻城人数:1335人(130位)
        • 城までの距離:約7km
      • 月山富田城
      • 月山富田城
        • 平均評価:★★★★☆(--位)
        • 見学時間:1時間31分(--位)
        • 攻城人数:1597人(103位)
        • 城までの距離:約21km
    • より多くの
      城を見る

    伯耆の著名な城

    鳥取県の著名な城

    尾高城といっしょに旅行するのにオススメの城

    尾高城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    塞王の楯

    一乗谷の戦いから関ヶ原の戦いまで、強固な石垣を組み、城を守ろうとする石垣職人集団・穴太衆。強力が故に決して使われない砲をつくろうとする鉄砲職人集団・国友衆。己の信念を貫き、それぞれの技術の競いあう様を描いた歴史小説です。
    石垣から当時の歴史が見えてくる、そんなことを考えさせてくれる一冊であると思いました。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る