紹介文

高取城は大和郡山城の支城のひとつで、豊臣秀吉の四国攻めで長宗我部元親を降した功績により大和国を与えられた豊臣秀長の時代には、重臣の脇坂安治や本多利久が城主を務めました。日本国内では最大規模の山城で、備中松山城や岩村城とともに日本三大山城のひとつに数えられます。元和元年(1615年)の一国一城令の際も重要な山城として破却を免れ、現在も石垣や石塁が残されています。高取城のように山城のまま石垣、天守、櫓、門、殿舎まで築かれた例は少なく、山城でありながら小天守まである貴重な城です。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
高取城は「日本100名城」「日本三大山城」「天空の城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 日本三大山城
  • 天空の城

高取城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

高取城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 壺阪寺の駐車場からハイキング道を通って登城。普通に軽いハイキングですね。しっかり石垣が残ってます。最強の山城だけあります。(2014/07/20)
  • 車で攻城。 壷阪寺駐車場(500円)から、行きはハイキングコース、帰りは舗装路で約2時間。(2020/01/08)
  • タクシーで八幡口まで行き、壺阪口門跡から登城。本丸の石垣を見学して、七曲りを経て下山しました。七曲りあたりはYoutubeにある、CGと現在の高取城の対比動画を見てから行くと、イメージがつかめていいかも。(2019/12/31)
  • 車で山奥まで登ったところに突如現れる巨大石垣群が素晴らしい。(2018/02/16)
  • 登山と思って行かれる方が良いと思いますよ。(2019/10/20)
  • 感動しました!壺阪寺に車を停め(一日500円)、徒歩50分弱。 縄張り、石垣は皆さんが絶賛している通りです。幟にある通り、日本最強の山城といっても過言ではないでしょう。 徒歩コースは車道と五百羅漢経由ハイキングが2本あります。ハイキングコースなら「遊歩道を経て」コースではない方が、比較的歩きやすいと……(2019/12/11)
  • 奥深い山の中に佇む壮大な城。猿石・二の門から本丸まで距離872m、高低差110mだそうですが、疲労感を感動が大きく上回るので、小躍りしながら登れますね。本丸前に案内役の木彫のクマさんが。唯一ほっこり。(2019/12/08)
  • 壺阪山駅から徒歩で攻城。途中夢創館にてスタンプと御城印をゲットしました。道が整備されており比較的登りやすいです。ほんと見事に石垣が残っており『最強の城』納得です!(2019/12/04)
  • 夢創館からの山登り。1時間以上はゆうにかかる。車でも壺阪寺まで行けそう。子供も結構本丸にいた。(2019/11/24)
  • 観光駐車場に駐車し、七曲り~一升坂の大手道から攻城しましたがこれが良かった、私にとって大正解。芋峠方面の弥勒堀切・石垣は裏高取城の雰囲気で楽しいですね。帰りは五百羅漢遊歩道も経由して歩きまくりました。高取城は時間をたっぷりかけて大正解でした。(2019/11/26)
すべてを表示(229コメント)

高取城について

高取城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態山城
標高(比高)583.9 m( 390 m )
城郭規模内郭:1 ha  外郭:6 ha
天守縄張、天守形式連立式望楼型
天守の階数3重3階、地下1階
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ天守は1593年(文禄2年)に豊臣秀保(本多利朝か)によって築かれたが、1891年(明治24年)に取り壊された。
築城主越智邦澄
築城開始・完了年着工 1332年(元弘2年)
廃城年1873年(明治6年)
主な改修者筒井順慶、本多利久
主な城主越智氏、筒井氏、本多氏、植村氏
遺構石垣、堀、井戸など多数
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2020/01/19 06:51:07

高取城の観光情報

高取城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)

年中無休

トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

高取城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(19日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    2.06
  • 06時
    Clouds / few clouds
    -1.03
  • 09時
    Clear / clear sky
    3.42
  • 12時
    Clouds / scattered clouds
    8.58
  • 15時
    Clouds / broken clouds
    7.06
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    3.07
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    3.69
  • 00時
    Rain / light rain
    3.55

明日以降の天気(正午時点)

  • 20日
    Rain / light rain
    5.91
  • 21日
    Snow / light snow
    4.57
  • 22日
    Clouds / broken clouds
    11.73
  • 23日
    Rain / light rain
    8.41

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

高取城の地図

地図アプリで見る

奈良県高市郡高取町高取

高取城へのアクセス

高取城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 近鉄吉野線・壺阪山駅より奈良交通バス「壺阪寺前」下車、徒歩約50分
アクセス(クルマ)
  • 南阪奈道路・葛城IC
  • 西名阪自動車道・郡山IC
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    高取城周辺の宿・ホテル

      THE KASHIHARA-DAIWA ROYAL HOTEL

      橿原神宮前駅東出口より約1分。自家源泉のかしはらの湯は24時迄。橿原神宮まで徒歩約10分・神武天皇陵は徒歩約20分!飛鳥や長谷寺、吉野観光はもちろん、ビジネスにも便利!(評価:4.3、参考料金:3,333円〜)

      ホテルウェルネス大和路(HMIホテルグループ)

      多武峰の談山神社の紅葉、石舞台、高松塚古墳、飛鳥寺などの歴史にふれるのも良し、山の辺の道のハイキングにも良し、テニスコート(オムニ)も5面ありますので、テニス合宿にもご利用ください。(評価:3.9、参考料金:3,400円〜)

      吉野荘 湯川屋

      地元吉野の旬の山の会席料理は、クチコミ料理(夕食)部『4.9』を獲得中。吉野山の中心「金峯山寺蔵王堂<世界遺産>」から最も近い宿で、吉野山観光の拠点に立地も良好。是非吉野の旅を満喫して下さい♪(評価:5.0、参考料金:6,600円〜)

      湯元 宝の家

      吉野山観光の拠点に最も便利な位置。地元吉野材の粋をつくした和風造りの部屋や露天風呂から上・中千本が一望!!吉野山全景が展望できる随一の景勝地(評価:3.8、参考料金:12,100円〜)

      ビジネス観光ホテル河合

      近鉄大和八木駅またはJR畝傍駅より徒歩5分。京都・大阪・名古屋へ乗り換えなし!明日香、室生寺、長谷寺、吉野山への観光にもアクセスが便利です!門限23時以降深夜の出入りをお断りしております。(評価:3.9、参考料金:3,300円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    高取城の過去のイベント・ニュース

    高取城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 宇陀松山城
      • 宇陀松山城
        • 平均評価:★★★☆☆(177位)
        • 見学時間:56分(179位)
        • 攻城人数:369人(176位)
        • 城までの距離:約11km
      • 千早城
      • 千早城
        • 平均評価:★★★☆☆(234位)
        • 見学時間:1時間2分(141位)
        • 攻城人数:719人(113位)
        • 城までの距離:約16km
    • より多くの
      城を見る

    大和の著名な城

    奈良県の著名な城

    高取城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    高取城を本城にしている団員

    以下のみなさんが高取城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    悪党の裔〈上〉 (中公文庫)

    治安の悪化に伴い悪党が現れ始めた鎌倉末期。
    主人公・赤松円心の播磨を中心に畿内全体へと展開していく物語です。
    天下を決するような戦はできないが、せめて自分の存在で重要な戦の行方を左右したい。そんなことを考えながら、暴れるべき時は暴れ、耐えるべき時は耐えた。
    倒幕の流れを汲んだ足利尊氏に加担し、九州に落ちた尊氏を追討する新田の行軍を引き付けに引き付けます。
    絶対に落ちない城、白旗城の築城のシーンが描いかれており、白旗城の名前の由来がこの小説を読んでわかりました。
    『悪党の戦旗 嘉吉の乱始末 』、『残月―竹田城最後の城主、赤松広英』をあわせ、播磨赤松三部作と言えると思います。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る