CANDEO HOTELS(カンデオホテルズ)奈良橿原は奈良県の「飛鳥・橿原・三輪」エリアにあるホテルです。もっとも近いお城は十市城です。

もう一度周辺地図を表示する

CANDEO HOTELS(カンデオホテルズ)奈良橿原

外観
提供:じゃらん
歴史が色濃い街にたつ、唯一無二の4つ星ホテル。
大和八木駅より徒歩3分。自分らしい豊かさと寛ぎをかなえる洗練の空間。心と体が求める食べあわせを、思いのままに選べる朝食。星空に一番近い露天風呂では、心洗われる極上の癒しをお愉しみください。

castle.TATOさん

高取城攻城の拠点として利用。ビジネスホテルと考えたらやや割高に思われますが、相応の部屋の綺麗さと広さ、朝食のクオリティを楽しめます。一階には観光案内所も併設。

大浴場はサウナ付きで、かつての藤原京を一望できます。太古の都に思いを馳せながら入る風呂は最高です。Go toで利用して大正解でした。快適なホテルです。

じゃらんで予約する
その他の予約サイトで検索

宿の情報

施設名 CANDEO HOTELS(カンデオホテルズ)奈良橿原
住所 〒634-0804 奈良県橿原市内膳町1-1-50
交通案内
チェックイン
  • チェックイン 15:00
  • チェックアウト 11:00
標準的なチェックイン/チェックアウト時間のため、予約した宿泊プランによって変更になることがあります。
参考料金 予約サイトでご確認ください。
じゃらんで予約する
その他の予約サイトで検索

地図

宿から10km圏内の城を7件表示しています

十市城の周辺にあるホテルを再検索する

周辺のお城

十市城
674 十市城 制覇

[奈良県][大和] 奈良県橿原市十市町

平均評価:★★☆☆☆ 2.00(0位) 見学時間:15分(0位) 攻城人数:76人(1027位)
貝吹山城
2471 貝吹山城 制覇   別名 貝吹城

[奈良県][大和] 奈良県高市郡高取町与楽

平均評価:★★★☆☆ 2.50(0位) 見学時間:48分(0位) 攻城人数:28人(2220位)
越智城
2470 越智城 制覇   別名 越智館

[奈良県][大和] 奈良県高市郡高取町越智

平均評価:★★☆☆☆ 1.60(0位) 見学時間:15分(0位) 攻城人数:26人(2279位)
柳本城
1209 柳本城 制覇   別名 楊本城、楊本館、黒塚砦

[奈良県][大和] 奈良県天理市柳本町

平均評価:★★☆☆☆ 2.47(0位) 見学時間:20分(0位) 攻城人数:81人(946位)
柳本陣屋
1208 柳本陣屋 制覇

[奈良県][大和] 奈良県天理市柳本町1213

平均評価:★★☆☆☆ 2.15(0位) 見学時間:16分(0位) 攻城人数:77人(1012位)
龍王山城
667 龍王山城 制覇   別名 龍王山十市城、十市城、龍王城、竜王山城、釜口ノ山城、山ノ城、南城、北城

[奈良県][大和] 奈良県天理市田町

平均評価:★★★★☆ 3.50(0位) 見学時間:1時間48分(0位) 攻城人数:79人(977位)
高取城
77 高取城    別名 芙蓉城、鷹取城、高取山城

[奈良県][大和] 奈良県高市郡高取町高取

平均評価:★★★★☆ 4.17(9位) 見学時間:1時間53分(3位) 攻城人数:1441人(87位)
ほかの宿泊施設にレビューを投稿するには
お城のページにある「周辺の宿・ホテル」から該当するホテルを見つけてください(お城のページには5件だけ表示していますので、その他のホテルは「地図で周辺の旅館・ホテルを表示する」のリンクを押してください)。地図からホテルを選び、詳細ページを表示すると右上に「レビューを書く」という緑のボタンがありますので、これを押すと入力欄が表示されます。

広告 宿の予約サイト

その他の宿を検索するならこちらからどうぞ。

攻城団は以下のアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから宿を予約していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております
バリューコマースもしもアフィリエイトA8.net
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

アイヌ民族の歴史

アイヌ民族についてこれまで「シャクシャインの戦い」「地図で見るアイヌの歴史」を読んできましたが、もっと知りたいと思いこの著書を手に取りました。この著書にはアイヌと認識される前の北海道に付いても記載があり、北海道式古墳というものがあることを北海道に22年間住んでいたにもかかわらず初めて知りました。現在の歴史の教科書にも記載のあるシャクシャインの戦いに対して弘前藩も出兵をしており、アイヌ勢と直接戦うことはなかったが、その当時弘前藩内には津軽アイヌの方々が生活しており、彼らは出兵の手助けをしたり、更に兵として参加していたという記録があるそうです。明治以降は日本とロシアとの政治的駆け引きに翻弄されるアイヌ民族を目の当たりにすると共に、この日本も決して単一民族国家では無いことを再認識させられる一冊でした。

まーちゃんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る