紹介文

宇陀松山城は、福島正則の弟・福島高晴の居城として知られています。もともとは南北朝時代に秋山氏が居城(秋山城)を築いたことにはじまりますが、豊臣政権においては、伊藤義之加藤光泰羽田正親多賀秀種らの居城となり、大規模な改修が行われ近世城郭へと移行しました。豊臣秀長大和郡山城や、脇坂安治高取城とともに大和国支配の要として認識されていたことが伺えます。「関ケ原の戦い」後は福島高晴が入城しましたが、1615年(元和元年)の「大坂夏の陣」において豊臣方に内通したとして、高晴は改易され城も小堀遠州らによって破却され廃城となりました。城下町は重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、現在も優美な町並みを残しています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
宇陀松山城は「続日本100名城」「奈良県三名城」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城
  • 奈良県三名城

宇陀松山城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

宇陀松山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • レンタカーを道の駅宇陀路大宇陀に停め攻城開始。登城路はとてもよく整備されています。さすが続100名城に恥じない城跡で、復元状況も素晴らしいです。登城口脇のまちづくりセンター千軒舎では宇陀松山城の資料をいただけますので必ず訪問することをお勧めします。(2022/01/16訪問)
  • 道の駅宇陀路大宇陀からの登城が楽です。今の時期は 落ち葉で滑りやすいので、気をつけて下さい(2021/11/28訪問)
  • 榛原駅から大宇陀まではバスで。続百名城スタンプは、道の駅より徒歩ですぐのまちづくりセンター千軒舎にて。登城路は途中までは舗装道路で歩きやすかったです。宇陀は推古朝の昔から薬草で有名な地。重要伝統的建造物群保存地区を歩けば、日本最古の森野旧薬園や薬問屋などがあります。宇陀は人麻呂公園など万葉集ゆかりの地もあり、見どころ沢山のロマン溢れる地でした。(2021/10/26訪問)
  • 春日神社コースの倒木は処理されて、通行可能になっています。  千軒舎では縄張り図掲載の資料が貰えるだけでなく、宇陀松山城のビデオも観せて頂けます。CGの復元想像図が凄い。 攻城前にぜひ観せてもらうことをお勧めします。(2021/04/11訪問)
  • 春日神社からのコースは2か所に倒木あり、千軒舎に通行止めの告知が出ていました。(春日神社の方には通行止めの表示もなかったので、倒木をまたいで通り、下りてきてから知りました…)(2021/02/14訪問)
  • 榛原駅よりバスで15分です。スタンプはまちづくりセンター千軒舎にあります。見どころは登城してすぐにある横堀・虎口・各帯郭・大和秋山城下城跡・城下町など色々楽しめます。宇陀野菜が美味しいので是非。(2020/11/29訪問)
  • 榛原駅からバスで15分「大宇陀」下車。山頂までは徒歩20分でした。枯葉の絨毯のような本丸は美しく、また松山城下の街並みも往時の風情が残ります。(2020/11/23訪問)
  • 道の駅宇陀路大宇陀に駐車して攻城。前回訪問時より整備が進んだ感じがするも、広大な城域の一部が公開され、立ち入り禁止区域も多い。将来的には整備を進め解放してほしい。(2020/11/21訪問)
  • 国道166沿いの道の駅『宇陀路大宇陀』に駐車して千軒舎から7割程ほぼコンクリートで整備されて城址まで2〜30分で行けます。春日神社からのルートはまだ通行止めの様です。(2020/11/18訪問)
  • しっかりとした靴をお勧めします 途中、頭三角の巳さんに遭遇しました 前をしっかり見ながら歩いてください(2020/09/21訪問)
すべてを表示(66コメント)

宇陀松山城について

宇陀松山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)345.6 m( 110 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主秋山氏
築城開始・完了年着工 南北朝時代か
廃城年1615年(元和元年)
主な改修者
主な城主秋山氏、加藤氏、福島氏など
遺構門、石垣、曲輪、空堀
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2022/01/23 04:21:17

宇陀松山城の城メモ

宇陀松山城の観光情報

宇陀松山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

宇陀松山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(23日)の天気

  • 03時
    Clouds / broken clouds
    -0.26
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    0.52
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    4.45
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    7.67
  • 15時
    Rain / light rain
    3.86
  • 18時
    Rain / light rain
    2.88
  • 21時
    Rain / moderate rain
    2.86
  • 00時
    Rain / moderate rain
    3.08

明日以降の天気(正午時点)

  • 24日
    Clouds / overcast clouds
    4.21
  • 25日
    Clouds / broken clouds
    8.72
  • 26日
    Clouds / few clouds
    8.64
  • 27日
    Clouds / overcast clouds
    4.10

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

宇陀松山城の地図

宇陀松山城へのアクセス

宇陀松山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 近鉄大阪線・榛原駅から「大宇陀」行きバスに乗り「西山」バス停下車、徒歩20分
アクセス(クルマ)
  • 南阪奈道路・葛城ICから40分
  • 西名阪自動車道・天理ICから50分
駐車場
  • 慶恩寺駐車場を利用
  • 大宇陀バスセンター(無料、約30台)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    宇陀松山城周辺の宿・ホテル

    宇陀松山城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 高取城
      • 高取城
        • 平均評価:★★★★☆(11位)
        • 見学時間:2時間3分(1位)
        • 攻城人数:1352人(87位)
        • 城までの距離:約11km
      • 郡山城
      • 郡山城
        • 平均評価:★★★☆☆(65位)
        • 見学時間:1時間3分(69位)
        • 攻城人数:1359人(86位)
        • 城までの距離:約23km
    • より多くの
      城を見る

    大和の著名な城

    奈良県の著名な城

    宇陀松山城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    宇陀松山城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    将軍の日本史 (MdN新書)

    源頼朝から徳川慶喜まで「幕府の長としての将軍」39名がずらりと並んでいる。ビッグネームも儚い存在も一人ひと項目ずつ(同一人物だが足利義材と義稙は二つの項目に分けて)公平に取り上げた「総覧」だ。
    出色はコラムで、将軍になれそうでなれなかった面々の紹介が面白かった。その一人、尾張藩主・徳川宗春は地元では「名君として愛されていた」とか。いつか名古屋城攻城の暁には郵便ポストの上の宗春公も見てこようとグーグルマップに印をいれたところだ。
    私は歴史に疎く見逃しが多いが、将軍を軸にして日本史の常識をこの「総覧」は補ってくれる。「日本坊主列伝」とともに貼りまくった付箋のところを読み返し、城下町探索に深みを持たせたい。

    山鳩さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る