紹介文

信貴山城は戦国時代の三大梟雄のひとり、松永久秀の居城として知られています。110をこえる曲輪があり、奈良県下最大規模の中世城郭です。信長に謀反を起こした久秀が籠城し、名茶器である「平蜘蛛茶釜」を粉々に割って、天守とともに爆死したという逸話で有名な城ですが、この話は創作である可能性も指摘されています。現在は信貴山真言宗の総本山である朝護孫子寺の境内になっており、曲輪跡がほぼ残っており、当時の縄張りの全容を確認することができます。

信貴山城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

信貴山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 空鉢護法堂下から進むと松永屋敷への案内が少し分かりづらい。振り返ると案内板があったりする。(2021/03/15訪問)
  • 朝護孫子寺の駐車場500円利用。本堂を御参りしてから信貴山城迄コンクリートで整備された登城路を30分ほど登り信貴山城址碑を確認。その先300m下り(傾斜が結構あります。帰りの上りがきついです。)松永久秀の屋敷跡や堀切跡などを確認。案内板がしっかりあるので、攻城しやすかった。(2020/12/10訪問)
  • 個性的な朝護孫子寺は、エンタメ色も濃いです。(2018/06/05訪問)
  • 朝護孫子寺の駐車場を利用。山頂まで往復1時間程度です。お寺も戒壇巡りや宝物など見所が沢山あります。(2020/10/31訪問)
  • まず、信貴山観光iセンターで地図をゲットしましょう。だいたいの道順も教えてくれます。私は、多宝塔から右へ登り、松永屋敷跡を先に攻城しました。その後、本丸跡、空鉢護法堂へ行き、南の曲輪も攻城し、朝護孫子寺へ戻りました。朝護孫子寺の駐車場は、一回500円なので、長時間駐車もOKです。(2020/10/31訪問)
  • 朝護孫子寺駐車場(500円)に駐車、信貴山観光iセンターで地図を頂き出発。本堂を超えた標高437mの頂上に城址碑が有りました。その先の松永屋敷跡は説明板が充実しています。(2020/08/29訪問)
  • ぬかるみがあるので、しっかりした靴がいいかも(2020/08/02訪問)
  • 三が日はバスが増便され、攻城しやすくなります。 松永屋敷下の曲輪まで回りましたが、土塁や空堀がよく残っております。(2020/01/03訪問)
  • バスの時間が合わず(1時間に1本程度)信貴山下駅から徒歩で旧ケーブル道を登り、観光センターでパンフを入手。かつて朝護孫寺に参拝したが、ここに城があったとは知りませんでした。城趾碑のある山頂までかなり登ります。さらに少し下って松永屋敷跡を散策。帰りはバスで王寺駅へ。(2019/12/16訪問)
  • 松永屋敷跡近辺は整備中です。滑りやすかった木板を階段に、上部はピカピカのタラップが設置されてます。(2019/12/13訪問)
すべてを表示(27コメント)

信貴山城について

信貴山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)433 m( 340 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式望楼型
天守の階数4重
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ松永久秀が築いたとされる4重の天守櫓は、天正5年(1577年)10月に久秀が織田信長に謀反を起こして攻められた際に炎上した。信長は安土城築上の際に、この信貴山城の4重櫓を参考にしたと思われる。
築城主木沢長政
築城開始・完了年着工 1536年(天文5年)
廃城年1577年(天正5年)
主な改修者松永久秀
主な城主木沢長政、松永久秀
遺構曲輪、空堀、土塁、門跡
指定文化財平群町指定文化財、町史跡
復元状況

更新日:2021/05/12 04:19:17

信貴山城の観光情報

信貴山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

信貴山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(12日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    12.56
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    13.07
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    17.07
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    17.86
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    17.89
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    16.16
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    15.67
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    15.44

明日以降の天気(正午時点)

  • 13日
    Clouds / overcast clouds
    18.80
  • 14日
    Clouds / scattered clouds
    23.58
  • 15日
    Clouds / overcast clouds
    23.47
  • 16日
    Rain / light rain
    21.75

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

信貴山城の地図

信貴山城へのアクセス

信貴山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 近鉄生駒線・信貴山駅より奈良交通バス「信貴山行き」終点下車
  • 近鉄信貴線・信貴山口駅から西信貴ケーブルにて高安山駅、さらに近鉄バス「信貴山門行き」終点
アクセス(クルマ)
  • 国道25号線『三室』交差点から約10分
  • 阪奈道路より(信貴生駒スカイライン経由)『信貴山門料金所』よりすぐ
  • 第二阪奈有料道路・壱分ICより約30分
  • 西名阪自動車道・香芝ICまたは法隆寺ICから約30分
  • 正月三ヶ日等、交通規制が行なわれる場合あり
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    信貴山城周辺の宿・ホテル

      信貴山観光ホテル

      近場スポット:開運バンジー、のどか村(BBQ等)、朝護孫子寺はりこの大寅(評価:3.9、参考料金:8,932円〜)

      旅亭 十三屋

      奈良県の吉野杉・吉野檜を使用し洗練された客室。寛ぎの空間と旬を贅沢に盛り込んだお料理で、皆様のお越しをお待ちしております。奈良と大阪との県境に位置しますのでどちらからのアクセスも便利です。(評価:4.2、参考料金:17,600円〜)

      かんぽの宿 大和平群

      【全館Wi-Fi完備!】大和路の原風景を望む温泉旅館。世界文化遺産『法隆寺』や国宝「信貴山縁起絵巻」で有名な『信貴山朝護孫子寺』三重塔がそびえる『法起寺』など名刹を訪ねる旅の拠点としても便利。(評価:4.0、参考料金:5,450円〜)

      復活の隠れ秘湯~天然高温泉と大衆演劇 八尾グランドホテル

      1510年・日本書紀時代より復活した歴史ある隠し湯は、毎分360リットル源泉100%の高温泉♪由緒ある高温泉と、まるで映画館!?総客席400の大衆演劇★迫力ショーをどうぞ!(評価:4.3、参考料金:5,500円〜)

      門前宿 和空法隆寺

      和空法隆寺は世界遺産「法隆寺」から一番近い門前宿。法隆寺への参拝や斑鳩町周辺の観光に最適。落ち着いた雰囲気の当館でどうぞごゆっくりお寛ぎください。(評価:4.4、参考料金:15,642円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    信貴山城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 郡山城
      • 郡山城
        • 平均評価:★★★☆☆(77位)
        • 見学時間:1時間3分(69位)
        • 攻城人数:1222人(87位)
        • 城までの距離:約10km
      • 飯盛城
      • 飯盛城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:1時間33分(--位)
        • 攻城人数:528人(179位)
        • 城までの距離:約12km
    • より多くの
      城を見る

    大和の著名な城

    奈良県の著名な城

    信貴山城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    信貴山城を本城にしている団員

    以下のみなさんが信貴山城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    信長を生んだ男 (新潮文庫)

    織田信行が主人公の小説。通説の真面目で、謀反を起こし信長に殺されるという事柄は踏襲しつつも、こんなにも兄信長のことを考えている信行を表現できるなんて。実際はどうだったか分からないけど、出来ればそうであってほしい信行像でした。

    たなとすさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る