紹介文

千早城は南北朝時代に楠木正成によって、千早城は本城である上赤坂城の詰城として築かれた城です。堅牢な山城で、楠木七城のひとつです。『太平記』にも登場する「千早城の戦い」の舞台となった城で、正成が奇策を用いて籠城戦を戦いぬき、幕府軍を撤退させたことで有名です。国の史跡、日本100名城に選ばれており、山頂には千早神社が建てられています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
千早城は「日本100名城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城

千早城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

千早城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 駐車場は金剛山登山口にあります。一日600円。 金剛山登山口もしくは登山道・千早本道から攻城できます。 案内板もありわかりやすいです。(2022/01/30訪問)
  • 近鉄長野線富田林駅から金剛バスで、千早ロープウェイ前行きに乗り、金剛登山口下車徒歩で約3分くらいで、千早城跡にある千早神社の参道となる石段の前に着きます。そこから約20~30分くらいかけて、急角度の石段を登っていくと、千早神社に着きます。遺構としては、あまり遺されてはいませんが、周囲が深い断崖に囲まれていて、城址感は味わえます。(2021/04/15訪問)
  • 季節のいい時期だったので金剛山への登山の人も多かった。 駐車場(有料)、スタンプは「まつまさ」でGET。 城跡までの道順も少しわかりにくく少し険しい階段ですが親切に教えていただけました。(2020/10/04訪問)
  • かなりの急斜面を登ることになるので、ハイキングに行くつもりで登城されることをオススメします。(2017/04/23訪問)
  • 千早神社の御朱印はまつまさで頂けます。(2019/12/11訪問)
  • 石段はきついがほぼ一本道。山頂まで登れば国見城跡がある。(2019/12/01訪問)
  • 私は、金剛山の登山道「千早本道」で登城しましたが、階段が延々と続くので疲れました。個人的には、文殊尾根などの登山道を使い金剛山へ登って、千早本道で降りる途中で千早城跡へ寄り、まつまささんで百名城スタンプを頂くのがいいかと思います。(2019/08/05訪問)
  • 金剛登山口バス停から急な登り階段を20分程度登れば千早神社に到達です。途中で諦めず頑張って下さい。(2019/10/27訪問)
  • こちらは、軽い登山です。 そのつもりで登城してください! 裏参道の始めの階段は、500段あり、ここがポイントになります。(2019/10/15訪問)
  • 平日の午後に河内長野からバスで攻城しましたが乗客は行きも帰りも私だけでした。皆さんのメモを読んで、階段ではなく登山道側から登りましたが、それでも疲れました。無理をせずにゆっくり登る計画でいた方が良いと思います。(2019/09/26訪問)
すべてを表示(47コメント)

千早城について

千早城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態山城
標高(比高)673 m( 175 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主楠木正成
築城開始・完了年着工 1332年(正慶元年)
廃城年1392年(明徳3年)
主な改修者
主な城主楠木氏
遺構曲輪、空堀
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2022/06/28 04:21:12

千早城の観光情報

千早城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

千早城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(28日)の天気

  • 03時
    Clouds / scattered clouds
    20.28
  • 06時
    Clear / clear sky
    20.77
  • 09時
    Clear / clear sky
    27.20
  • 12時
    Clouds / few clouds
    31.26
  • 15時
    Clouds / scattered clouds
    30.77
  • 18時
    Clouds / scattered clouds
    27.41
  • 21時
    Clouds / scattered clouds
    22.49
  • 00時
    Clouds / broken clouds
    21.02

明日以降の天気(正午時点)

  • 29日
    Clear / clear sky
    31.32
  • 30日
    Clear / clear sky
    30.75
  • 01日
    Clear / clear sky
    32.66
  • 02日
    Clouds / overcast clouds
    30.63

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

千早城の地図

千早城へのアクセス

千早城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 近鉄南大阪線・富田林駅から金剛バス「金剛山ロープウェイ前」行きに乗り「金剛山登山口」または「金剛山ロープウェイ前」バス停で下車
  • 近鉄南大阪線・河内長野駅から南海バス「金剛山ロープウェイ前」行きに乗り「金剛山登山口」または「金剛山ロープウェイ前」バス停で下車
アクセス(クルマ)
  • 南阪奈道・羽曳野ICから20分
  • 阪和道・美原南ICから25分
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    千早城周辺の宿・ホテル

      大正浪漫の趣き 天見温泉 南天苑

      ◆夕食は「お部屋食確約」◆お部屋食プラン(夕食&朝食)あり◆3000坪の日本庭園は、都会の喧騒を忘れさせる癒し空間◆日々の疲れを癒す温泉大浴場◆1日1組限定・温泉露天風呂付客室「清流亭」(評価:4.4、参考料金:19,800円〜)

      ~真田昌幸・幸村父子の隠れ宿~紀伊見荘

      緑に囲まれたとても綺麗な施設です。料理長がおもてなす最高のお食事も自信あり。アルカリ性が極端に高い(PH9.1)美肌の湯として大評判の天然温泉は、特に女性のお肌を本当につるつるにしてしまいます。(評価:4.4、参考料金:8,300円〜)

      かんぽの宿 富田林(7/1~亀の井ホテル 富田林)

      2022年6月12日から天然温泉(富田林嶽山温泉2号泉)をご利用いただけるようになりました。天然温泉で日頃のお疲れを癒し、どうぞごゆっくりお寛ぎくださいませ。(評価:3.9、参考料金:4,400円〜)

      天然温泉 憩いの宿「河内長野荘」

      推古天皇の時代に湧出したと伝わる長野温泉。外界と遮断された露天風呂と天然温泉、四季折々の会席料理(お部屋食)が自慢。南海、近鉄、関空リムジンバスの河内長野駅から徒歩8分と駅近の大阪の隠れ宿。(評価:4.4、参考料金:11,130円〜)

      大和五條 藤井館

      客室はすべて和室。春は天の魚(アマゴ)や山の幸・夏は鮎や柿の葉ずし・秋は柿や山の幸・冬は鴨鍋など、長年培った老舗の技と味が自慢の宿。食堂にはマンガが沢山で、ご自由にお楽しみいただけます。(評価:4.1、参考料金:4,730円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    千早城の過去のイベント・ニュース

    千早城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 高取城
      • 高取城
        • 平均評価:★★★★☆(7位)
        • 見学時間:1時間56分(3位)
        • 攻城人数:1425人(86位)
        • 城までの距離:約16km
      • 岸和田城
      • 岸和田城
        • 平均評価:★★★☆☆(101位)
        • 見学時間:53分(107位)
        • 攻城人数:1422人(88位)
        • 城までの距離:約26km
    • より多くの
      城を見る

    河内の著名な城

    大阪府の著名な城

    千早城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    千早城を本城にしている団員

    以下のみなさんが千早城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    光秀の定理 (単行本)

    主人公は光秀ではない、架空の侍と僧。信長の近江攻略のあたりまでの物語。後日談的に本能寺の変についても語られている。
    モンティ・ホール問題と長光寺城攻略を組み合わせたやや斬新な内容。
    合戦の描写などの派手さはありませんが、史実と創作がうまく融合した良作だと思います。

    たいさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る