大阪府は現在、緊急事態宣言の対象地域です。
全国的にコロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者が増えています。不要不急の外出自粛が要請される中、お城へ出かけることも控えませんか。各地の医療体制が逼迫しているため、密を避ける山城であっても事故が起きた際のリスクが高まっています。当面の間はできるだけ自宅でお城の調査や歴史の勉強をしましょう。

紹介文

千早城は南北朝時代に楠木正成によって、千早城は本城である上赤坂城の詰城として築かれた城です。堅牢な山城で、楠木七城のひとつです。『太平記』にも登場する「千早城の戦い」の舞台となった城で、正成が奇策を用いて籠城戦を戦いぬき、幕府軍を撤退させたことで有名です。国の史跡、日本100名城に選ばれており、山頂には千早神社が建てられています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
千早城は「日本100名城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城

千早城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

千早城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 金剛山に登らずに千早城だけでいいという方にお勧めなのは、まつまさ脇からの登山道ルートが断然おススメ。10分程度で右に分岐道から神社に登れますし、20分程度で突き当りまで行けば、右手脇から本丸裏手側に出る事ができます。表参道は登りも降りも利用すると大変ですよ。登山道の方が足にやさしいです。YAMAPと言うアプリ入れると道がわかりやすいですよ。(2021/02/11訪問)
  • 階段がかなりきついですね。 御城印、スタンプは登口のお店「まつまさ」でGETです。(2020/11/29訪問)
  • 季節のいい時期だったので金剛山への登山の人も多かった。 駐車場(有料)、スタンプ、御城印は「まつまさ」でGET。 城跡までの道順も少しわかりにくく少し険しい階段ですが親切に教えていただけました。(2020/10/04訪問)
  • 100名城スタンプは金剛山麓まつまさ入口で押せます。駐車場も有料ですが、そこそこ台数は停めれます。千早城跡までは30分程で行けますが、金剛山頂までは更に1時間程登ることになります。山頂には国見城址があります。(2020/10/04訪問)
  • 本丸跡の位置が分かりにくいです。千早神社拝殿前に「本丸跡」の看板がありますが、案内板では拝殿や本殿の奥に本丸跡があることになっています。(2020/09/21訪問)
  • 急な石段が続きますが整備され手すりもある箇所もあるので安全でした。(2020/09/22訪問)
  • 御城印は金剛山麓のまつまさで入手できます。お代は少し高めの500円でした。(2020/09/22訪問)
  • 駐車場の豆腐のソフトクリームがおいしかったです。(2011/11/04訪問)
  • 千早神社の御朱印はまつまさで頂けます。(2019/12/11訪問)
  • 石段はきついがほぼ一本道。山頂まで登れば国見城跡がある。(2019/12/01訪問)
すべてを表示(39コメント)

千早城について

千早城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態山城
標高(比高)673 m( 175 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主楠木正成
築城開始・完了年着工 1332年(正慶元年)
廃城年1392年(明徳3年)
主な改修者
主な城主楠木氏
遺構曲輪、空堀
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2021/02/26 04:04:38

千早城の観光情報

千早城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

千早城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(26日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    3.79
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    3.51
  • 09時
    Rain / light rain
    4.25
  • 12時
    Rain / light rain
    5.50
  • 15時
    Rain / light rain
    4.95
  • 18時
    Rain / light rain
    4.61
  • 21時
    Rain / light rain
    3.31
  • 00時
    Rain / light rain
    2.64

明日以降の天気(正午時点)

  • 27日
    Clouds / overcast clouds
    5.27
  • 28日
    Clouds / overcast clouds
    9.90
  • 01日
    Clouds / scattered clouds
    13.72
  • 02日
    Rain / light rain
    13.82

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

千早城の地図

千早城へのアクセス

千早城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 近鉄南大阪線・富田林駅から金剛バス「金剛山ロープウェイ前」行きに乗り「金剛山登山口」または「金剛山ロープウェイ前」バス停で下車
  • 近鉄南大阪線・河内長野駅から南海バス「金剛山ロープウェイ前」行きに乗り「金剛山登山口」または「金剛山ロープウェイ前」バス停で下車
アクセス(クルマ)
  • 南阪奈道・羽曳野ICから20分
  • 阪和道・美原南ICから25分
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    千早城周辺の宿・ホテル

      大正浪漫の趣き 天見温泉 南天苑

      【三千坪の日本庭園】 は表情豊か、心の解放を促す 季節のお食事は“お部屋”で 【天見の幸・川もの】 と共に故きを温ね 時を越えて愛されるただそこにある、時の癒しを求める人に【大正浪漫の宿】(評価:4.5、参考料金:17,600円〜)

      紀伊見温泉 紀伊見荘

      緑に囲まれたとても綺麗な施設です。料理長がおもてなす最高のお食事も自信あり。アルカリ性が極端に高い(PH9.1)美肌の湯として大評判の天然温泉は、特に女性のお肌を本当につるつるにしてしまいます。(評価:4.3、参考料金:5,000円〜)

      かんぽの宿 富田林

      【2020年10月リニューアル】雄々しい金剛山を背に摂河泉を一望、絶景を楽しめる嶽山山頂の宿。露天風呂からの絶景、展望室からの360度パノラマと夜景が評判。『難波・道頓堀』大阪市内まで車で約1時間。(評価:3.7、参考料金:6,000円〜)

      天然温泉 憩いの宿「河内長野荘」

      推古天皇の時代に湧出したと伝わる長野温泉。外界と遮断された露天風呂と天然温泉、四季折々の会席料理(お部屋食)が自慢。南海、近鉄、関空リムジンバスの河内長野駅から徒歩8分と駅近の大阪の隠れ宿。(評価:4.5、参考料金:6,930円〜)

      大和五條 藤井館

      客室はすべて和室。春は天の魚(アマゴ)や山の幸・夏は鮎や柿の葉ずし・秋は柿や山の幸・冬は鴨鍋など、長年培った老舗の技と味が自慢の宿。食堂にはマンガが沢山で、ご自由にお楽しみいただけます。(評価:4.2、参考料金:4,730円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    千早城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 高取城
      • 高取城
        • 平均評価:★★★★☆(10位)
        • 見学時間:2時間2分(1位)
        • 攻城人数:1184人(84位)
        • 城までの距離:約16km
      • 岸和田城
      • 岸和田城
        • 平均評価:★★★☆☆(75位)
        • 見学時間:57分(84位)
        • 攻城人数:1167人(87位)
        • 城までの距離:約26km
    • より多くの
      城を見る

    河内の著名な城

    大阪府の著名な城

    千早城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    千早城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    明智光秀と近江・ 丹波 分国支配から「本能寺の変」へ (淡海文庫)

    従来、織田信長との関係性で語られることの多かった明智光秀。
    本書では近江志賀郡支配、丹波攻略における国人衆とのかかわりの中から、光秀個人の活動、歴史的位置、光秀がどういう人物であったかに着目する。
    取り上げられている書状・資料からは、「文化人」「政治家」としての光秀よりも、「武人」光秀の姿が浮かび上がってくる。

    いけだ商会さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る