紹介文

烏帽子形城は楠木正成が築城した楠木七城のひとつで、上赤坂城の支城でした。戦国時代には岸和田城主である中村一氏の支城とな、改築も行われましたが、とくに使用されることはなかったようです。現在は烏帽子形公園となっており、2012年1月に国の史跡に指定されています。

烏帽子形城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

烏帽子形城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 烏帽子形公園駐車場(34.4436641, 135.5637232)を利用して攻城。14台ある駐車枠はほぼ満車でしたが、わんぱく公園で遊ぶ親子連れと人気の?休憩場所みたいで城跡には誰もいません^^二度目の訪問につき、今回は遺構を見るではなく、攻守を体験するという視点で見学しました。(2020/03/24訪問)
  • 烏帽子形公園の南側の駐車場を利用しました。(34.44358, 135.56376) 各場所の案内板は新しく、読みやすかったです。 主郭東側の土塁・空堀が大きく見応えがありました。(2019/12/05訪問)
  • 堀や土塁がよく残っています。堀は2重にめぐらしており、堀には堀内障壁跡もあり、コンパクトにまとめられた城跡です。(2019/12/07訪問)
  • メインの登城口は南のわんぱく広場(駐車場あり)、北のさいなみ広場(駅から徒歩約15分)の模様。駅近でこれだけの遺構が残っている事に感心。(2019/12/01訪問)
  • 売店等は無し。城跡までは少し険しめ。烏帽子形八幡神社とあわせての訪問がお薦め。(2019/10/27訪問)
  • 土塁や空堀の遺構は素晴らしです。整備が非常に整っており案内・看板も充実しており地域に大切にされているのが伝わってきます。(2019/10/15訪問)
  • 南海河内長野駅から徒歩15分ほど。烏帽子形八幡神社から登城しましたが道がよく分からず最短ルートを強引に登ると途中から登山道に当たりました。さいなみ広場からだとスムーズに登れると思います。(2019/10/09訪問)
  • 立ち入り禁止が解除されたので行きました。技巧的な縄張り、大規模な横堀等の遺構が素晴らしかったです。(堀の深さは最大8メートルと案内板にありました。)とてもオススメです。(2019/09/15訪問)
  • 大阪にある土の城を見に行きました。皆さんの攻城記録を読んで予習して挑みましたが…立派な城跡碑と案内板を見て登城口に立つと、立入禁止の文字が!台風21号による倒木などで相当荒れているようです。大阪は未だいたる所の住宅や事業所にブルーシートが掛けられている状況です。この城跡がきれいに整備され直すのは当面先になるのでしょう。 今年はあちこちで自然の猛威を実感します。(2018/10/12訪問)
  • 近くで用事があり、早朝に早足で攻城しました。土塁や空堀がよく残っております。また、公園としても素晴らしく、良い森林浴になりました。(2018/05/27訪問)
すべてを表示(31コメント)

烏帽子形城について

烏帽子形城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)180.2 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主楠木正成
築城開始・完了年着工 1332年(元弘2年/正慶元年)
廃城年1617年(元和3年)
主な改修者中村一氏
主な城主楠木氏、甲斐庄氏(橘氏)
遺構曲輪、空堀、土塁、井戸
指定文化財国史跡、市の文化財
復元状況

更新日:2020/10/30 03:51:17

烏帽子形城の観光情報

烏帽子形城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

烏帽子形城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(30日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    12.74
  • 06時
    Clouds / broken clouds
    12.17
  • 09時
    Clouds / broken clouds
    14.35
  • 12時
    Clouds / broken clouds
    15.99
  • 15時
    Clouds / broken clouds
    15.60
  • 18時
    Clouds / broken clouds
    12.52
  • 21時
    Clouds / scattered clouds
    11.39
  • 00時
    Clouds / scattered clouds
    10.90

明日以降の天気(正午時点)

  • 31日
    Clear / clear sky
    17.64
  • 01日
    Clouds / broken clouds
    20.40
  • 02日
    Clouds / scattered clouds
    22.51
  • 03日
    Clouds / scattered clouds
    17.11

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

烏帽子形城の地図

烏帽子形城へのアクセス

烏帽子形城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 南海高野線・河内長野駅または近鉄長野線・河内長野駅から南海バス「上田」下車西へ徒歩10分
  • 南海高野線・三日市駅下車、西へ徒歩25分
アクセス(クルマ)

阪和自動車道・美原北ICから国道170号(大阪外環状線)、もしくは国道309号を経由し、国道371号上田町北交差点から西へ約600m

駐車場

無料

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    烏帽子形城周辺の宿・ホテル

      天然温泉 憩いの宿「河内長野荘」

      推古天皇の時代に湧出したと伝わる長野温泉。外界と遮断された露天風呂と天然温泉、四季折々の会席料理(お部屋食)が自慢。南海、近鉄、関空リムジンバスの河内長野駅から徒歩8分と駅近の大阪の隠れ宿。(評価:4.5、参考料金:5,390円〜)

      グランドホテル二葉

      南河内平野を一望する景色と四季折々の食材を利用した伝統会席、大きな窓の展望大浴場。滝谷の里の隠宿でゆっくりお寛ぎください。観光はもちろん、ビジネスでのご利用にもお勧めです。(評価:4.6、参考料金:5,800円〜)

      大正浪漫の趣き 天見温泉 南天苑

      【三千坪の日本庭園】 は表情豊か、心の解放を促す 季節のお食事は“お部屋”で 【天見の幸・川もの】 と共に故きを温ね 時を越えて愛されるただそこにある、時の癒しを求める人に【大正浪漫の宿】(評価:4.4、参考料金:8,800円〜)

      紀伊見温泉 紀伊見荘

      緑に囲まれたとても綺麗な施設です。料理長がおもてなす最高のお食事も自信あり。アルカリ性が極端に高い(PH9.1)美肌の湯として大評判の天然温泉は、特に女性のお肌を本当につるつるにしてしまいます。(評価:4.6、参考料金:4,500円〜)

      かんぽの宿 富田林

      【全館Wi-Fi完備】雄々しい金剛山を背に摂河泉を一望、絶景を楽しめる嶽山山頂の宿。露天風呂からの絶景、展望室からの360度パノラマと夜景が評判。『難波・道頓堀・新世界』大阪市内まで車で約1時間。(評価:不明、参考料金:12,200円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    烏帽子形城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 千早城
      • 千早城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:1時間4分(--位)
        • 攻城人数:859人(114位)
        • 城までの距離:約8km
      • 岸和田城
      • 岸和田城
        • 平均評価:★★★☆☆(74位)
        • 見学時間:59分(89位)
        • 攻城人数:1092人(86位)
        • 城までの距離:約17km
    • より多くの
      城を見る

    河内の著名な城

    大阪府の著名な城

    烏帽子形城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    烏帽子形城を本城にしている団員

    以下のみなさんが烏帽子形城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    オールカラー 徹底図解 日本の城

    歴史考証の復元イラストでよく目にする香川元太郎氏の本。
    城の発達史から分類や構造、戦略などお城の基本的なことのほぼ全てが、充実したイラストとともに大変わかりやすく記されています。巻末の縄張り図も必見です。
    お城好きな方なら自分で知識の確認をするも良し、お城に興味を持った方へ勧めるも良しの、自宅の本棚に是非置いておくべき本です。

    castle.TATOさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る