紹介文

利神城は赤松氏一族の別所敦範によって築城された城です。ここは朝霧の名所で、江戸時代初期にあった天守の姿が霧の上に浮かんだ偉容から「雲突城」とも呼ばれていました。「関ケ原の戦い」後に池田氏の領地となり、池田輝政の甥の由之が5年の歳月をかけて城を近世城郭として大改修しており、石垣をはじめとする、現在見られる遺構の多くはこの時代に構築されたものと見られています。道の駅「宿場町ひらふく」の隣に松平氏の平福陣屋跡があり、陣屋表門が現存しています。ただし石垣の崩落が進んでしまい、現在は立入禁止になっています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
利神城は「天空の城」のバッジに登録されています。

  • 天空の城

利神城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

利神城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • ガイドツアーに参加。真夏かつマスク着用だったが、地元ガイド諸氏のペース配分が適切で無事攻城できた。ルート上にあった堀切&石切場や三の丸から見渡した宿場町の町並みなどトキメキポイント多数。暑さ対策不要の季節ならもっと楽しめるでしょう。(2021/07/25訪問)
  • ツアーにて参加しました。 トレッキングシューズ等、 しっかり足元など準備して参加して下さい。(2021/07/25訪問)
  • 通りかかったところ天守台が工事に入っていました。 天守台の工事がはじまっていました。 現在、毎月1~3週目の火曜日に三の丸までですがガイドツアーのみ登城が可能になっています。(2週間前に要予約)(2021/04/20訪問)
  • 登城できないので麓から城跡を望む 平福郷土館にパンフレットあり(2020/06/20訪問)
  • 道の駅の展望台からは天守台は見えるのですが他の曲輪が見えにくいので別のビューポイントを探してみました。県道443号線の鳥取道の高架下あたりからは城址の北側、本丸石垣が、道の駅から国道を少し北上すれば北西から二の丸西区、三の丸の石垣がよく見えます。(2020/03/16訪問)
  • 入山不可と知りつつ遠景だけでもと立ち寄った。道の駅の展望デッキ、平福駅、南石塁、登山口(智頭急行の線路の下)と回った。本陣跡の道を挟んで斜め向かいの「私設案内所」にパンフレット多数有り(ガイドのおじちゃんの常駐は8月いっぱい)。宿場内の道は狭いので徐行運転で。(2019/08/25訪問)
  • 道の駅平福の二階駐車場に展望台が有り、そこから見えます。 整備が充分でないようで登ることは出来ません。(2019/09/15訪問)
すべてを表示(26コメント)

利神城について

利神城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態山城
標高(比高)373 m( 250 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式
天守の階数3重
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ江戸時代初期には池田由之によって築かれた3重の天守があったとされるが、城を見た池田輝政はその豪壮さに驚き、江戸幕府の警戒を恐れて天守の破却を命じたとされる。
築城主別所敦範
築城開始・完了年着工 1349年(貞和5年)
廃城年1631年(寛永8年)
主な改修者池田由之
主な城主別所氏、宇喜多氏、池田氏
遺構石垣、曲輪、空堀
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2021/12/03 04:19:07

利神城の観光情報

利神城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間

24時間

料金(入城料・見学料)

無料

休み(休城日・休館日)
  • 年中無休
  • 石垣が崩落しているため現在は立入禁止
トイレ
コインロッカー
写真撮影

バリアフリー

利神城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(03日)の天気

  • 03時
    Clouds / broken clouds
    3.00
  • 06時
    Clouds / few clouds
    1.85
  • 09時
    Clouds / few clouds
    5.79
  • 12時
    Clouds / few clouds
    8.85
  • 15時
    Clouds / scattered clouds
    8.21
  • 18時
    Clouds / scattered clouds
    6.00
  • 21時
    Clouds / broken clouds
    4.88
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    3.97

明日以降の天気(正午時点)

  • 04日
    Clouds / broken clouds
    7.05
  • 05日
    Clouds / scattered clouds
    6.53
  • 06日
    Clouds / overcast clouds
    10.09
  • 07日
    Rain / light rain
    8.45

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

利神城の地図

利神城へのアクセス

利神城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 智頭急行智頭線・平福駅から山頂まで徒歩60分
アクセス(クルマ)
  • 中国自動車道・佐用ICから10分
駐車場
  • 道の駅「宿場町ひらふく」の駐車場(本丸まで徒歩約40分)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    利神城周辺の宿・ホテル

      NIPPONIA 平福宿場町

      江戸初期に建てられた利神城の麓に広がる兵庫県佐用町平福地区。因幡街道随一の宿場町だった歴史を感じさせる町並みに滞在しながら、歴史や豊かな食文化、自然を体感してください。(評価:不明、参考料金:40,700円〜)

      佐用スターリゾート ゴルフ&スパ

      ★星降る里に佇む大人の隠れ家★星降るガーデンBBQ★安藤忠雄設計のコンドミニアム★天然温泉『佐用の湯』アルカリ性単純温泉、湯上りはお肌がしっとりと★ゴルフ、テニスなどアクティビティ充実(評価:3.5、参考料金:3,500円〜)

      コバコWork&Camp

      近畿地方と中国地方の間にある兵庫県佐用町。その佐用駅前に2018年5月にできた泊まれるコワーキングです。HPはこちらhttps://workandcamp.cobaco.co.jp/(評価:不明、参考料金:2,904円〜)

      ホテルG-styleジースタイル(旧ダイヤモンド佐用)

      ゴルフコースと隣接したホテルは泊りがけのゴルフに最適。また自然あふれる佐用の景色はゴルファー以外の方にも落ち着いたひとときを過ごして頂けます。(評価:不明、参考料金:5,500円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    利神城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 波賀城
      • 波賀城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:49分(--位)
        • 攻城人数:147人(462位)
        • 城までの距離:約20km
      • 龍野城
      • 龍野城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:40分(--位)
        • 攻城人数:506人(204位)
        • 城までの距離:約24km
    • より多くの
      城を見る

    播磨の著名な城

    兵庫県の著名な城

    利神城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    利神城を本城にしている団員

    以下のみなさんが利神城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    花鳥の夢 (文春文庫)

    狩野永徳が主人公の時代小説です。 
    永徳の人物像や時代背景、人間関係を掴むのに役立ちます。
    また、「寺院別障壁画の見かた」も手元にあると、小説の中の障壁画作成場面がより臨場感を持って楽しめます。

    十林寺さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る