紹介文

竹田城は「応仁の乱」以前から存在していた城ですが、現在残る城址は赤松広秀豊臣秀吉の支援を受けながら改修を行ったものと考えられています。廃城から400年を経ていながらも石垣がほぼそのままの状態で残っており、現存する山城としては日本屈指の規模です。日本100名城にも選ばれています。また、竹田城は「天空の城」や「日本のマチュピチュ」などの異名を持ち、多くの観光客が全国から訪問しています。また気象条件が合えば、雲海に浮かぶ城址を見ることができます。映画にも何度か登場しており、映画『天と地と』では春日山城の代わりとして、また映画『魔界転生』では原城の代わりとして、ロケが行われました。2012年(平成24年)の映画『あなたへ』でもロケ地として使われています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
竹田城は「日本100名城」「兵庫県三名城」「天空の城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 兵庫県三名城
  • 天空の城

竹田城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

竹田城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 駐車場からはタクシーがお薦めです。640円でした。帰りは下り坂なので、頑張って歩く❗(2019/09/15)
  • 何度か登城したことがあるが今回は対岸の立雲峡から眺める。見事な雲海。駐車場は無料だが環境整備協力金が1人¥200必要。(2019/09/25)
  • 石垣が壮大。竹田駅にあるジオラマが当時の姿?を彷彿とさせるような気がします。
  • 山城の郷の駐車場から竹田城へと登ることにしました。竹田城まで行けるバスがあったそうなのですが10時からだとのことなので徒歩で行きました。石垣がとにかくすごかったです。よく山の上までこんなに石を運んだなと思いました。天守もあったとのことなので、結構な規模のお城だったことが分かります。(2019/08/25)
  • 6時台から攻城を試みるも入山は8時からだったので、急遽立雲峡から見ることに。結果、竹田城と雲海を運良く見られました。次回は濃い雲海が見られると言われている12月上旬ぐらいにリトライしようと思います。(2018/03/11)
  • 行きも帰りも山城の郷から天空バスでいきました。一方通行なので、帰りは竹田駅経由で大回りしました。 帰りは坂道もくだりなので、徒歩でも良いかと思います。(2019/08/16)
  • 今回は暑いので、竹田駅から天空バスを利用した。日曜だったが、既に駅で満員になっていたため、山城の郷で多数の人が乗れず、臨時のバスを手配する事態になっていた。バスも小型で、本数も少ないので、利用したい場合は注意が必要かも。帰りはバスの時間が合わず、南登山道を徒歩で下山。距離は長いが膝には優しい。分岐路……(2019/07/28)
  • 駅側から登ったが、距離は2kmないのだが、かなりの登山。靴とバーは必要。山城の郷からバス等で、料金収受所の近くまで行ける。(2019/07/13)
  • 山の頂にこれほどの石垣・曲輪跡が残っているのは感動ですね。時間があれば立雲峡からの城跡の姿も是非ご覧下さい(2019/07/07)
  • 登山ルートもたくさんありましたが、今回は城の郷まで車でそこから行けるところまでタクシーで行きました。歩いてもいける距離です。バスの本数は少なくて驚きでした。(2019/07/04)
すべてを表示(209コメント)

竹田城について

竹田城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態山城
標高(比高)353.7 m( 255 m )
城郭規模内郭:1.8 ha  外郭:--
天守縄張、天守形式望楼型
天守の階数
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ関ケ原の戦いの後に廃城となり、天守も破却された。
築城主山名持豊(宗全)
築城開始・完了年着工 1431年(永享3年)
廃城年1600年(慶長5年)
主な改修者羽柴秀長
主な城主太田垣氏、桑山氏、赤松氏
遺構石垣、堀、井戸
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2019/10/22 07:40:45

竹田城の観光情報

竹田城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 3月20日~9月20日:9時~16時
  • 9月21日~12月10日:3時~16時
  • 上記以外でも入場することはできますが、あくまで自己責任ということです
料金(入城料・見学料)
  • 大人(高校生以上):500円
  • 中学生以下:無料
  • 団体割引あり(20人以上)
  • 年間パスポートあり(1000円)

有料となる時間帯

  • 3月20日〜9月20日:9:00〜16:00
  • 9月21日〜12月10日:3:00〜16:00
  • 上記以外の時間帯でも入城は可能
休み(休城日・休館日)
  • 年中無休、24時間観覧可
  • 土日祝は夜間規制あり
トイレ
  • 山城の郷
  • 立雲峡公園駐車場
コインロッカー
  • 竹田駅にあり
写真撮影
  • 城址全景を撮影するには向かい側の立雲峡がオススメ
バリアフリー
  • 城址まではアスファルトで舗装された道ですが、城址はまったく舗装されていません

竹田城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(22日)の天気

  • 03時
    Clouds / broken clouds
    13.99
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    14.87
  • 09時
    Rain / light rain
    16.70
  • 12時
    Rain / light rain
    19.28
  • 15時
    Rain / light rain
    17.15
  • 18時
    Rain / light rain
    14.73
  • 21時
    Rain / light rain
    13.91
  • 00時
    Rain / light rain
    13.72

明日以降の天気(正午時点)

  • 23日
    Rain / light rain
    17.01
  • 24日
    Rain / light rain
    19.54
  • 25日
    Clouds / overcast clouds
    18.42
  • 26日
    Clouds / overcast clouds
    17.04

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

竹田城の地図

地図アプリで見る

兵庫県朝来市和田山町竹田字古城山169

竹田城へのアクセス

竹田城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR播但線・竹田駅からタクシーで約10分
  • JR播但線・竹田駅から徒歩約25分
  • 週末は竹田駅から天空バスが運行している
  • JR山陰本線・和田山駅からタクシーで約20分
アクセス(クルマ)
  • 播但連絡道路和田山JCTから山城の郷第1駐車場まで10分
  • 駐車場から徒歩約40分
駐車場
  • 山城の郷第1駐車場(無料、60台)
  • 山城の郷第2駐車場(無料、23台)
  • 山城の郷第3駐車場(無料、35台)
  • 竹田まちなか観光駐車場(無料、60台)
  • 竹田城下町観光駐車場(170台)
  • 竹田区駐車場(70台)
  • 休祝日は山城の郷から天空バスが運行中
  • マイカーの通行規制があるかもしれないので、事前に朝来市のサイトで確認することをオススメします

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

竹田城周辺の宿・ホテル

竹田城の過去のイベント・ニュース

竹田城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

  • ライトアップ実施

周辺にあるお城など

    • 出石城
    • 出石城
      • 平均評価:★★★☆☆(196位)
      • 見学時間:51分(210位)
      • 攻城人数:615人(118位)
      • 城までの距離:約18km
    • 福知山城
    • 福知山城
      • 平均評価:★★★☆☆(139位)
      • 見学時間:57分(169位)
      • 攻城人数:870人(82位)
      • 城までの距離:約27km
  • より多くの
    城を見る

但馬の著名な城

兵庫県の著名な城

竹田城といっしょに旅行するのにオススメの城

このページを紹介する

ブログパーツ

  • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
  • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

サンプルを表示する

SNSやメールで紹介

このページのURLとタイトルをコピーする

竹田城を本城にしている団員

以下のみなさんが竹田城を本城として登録しています。

最近表示したお城

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

村上義清と信濃村上氏―坂城町信濃村上氏フォーラム記念誌

信州大学の先生が、北信濃の戦国大名 村上氏のお膝元である坂城町で行った講演を書籍化したものです。
村上氏(因島村上水軍も出てきます)に興味のある方限定ですが、郷土の歴史が楽しく学べます。また、坂城町が郷土の歴史を活用した町おこしについて奮闘している様子も書かれており、好感が持てます。

茶々さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る