兵庫県は現在、緊急事態宣言の対象地域です。
全国的にコロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者が増えています。不要不急の外出自粛が要請される中、お城へ出かけることも控えませんか。各地の医療体制が逼迫しているため、密を避ける山城であっても事故が起きた際のリスクが高まっています。当面の間はできるだけ自宅でお城の調査や歴史の勉強をしましょう。

紹介文

有子山城は山名祐豊が築いた城です。もともと山名氏は此隅山城を居城としていましたが、1569年(永禄12年)に織田信長配下の羽柴秀吉の攻撃を受け落城したため、あらたに有子山に城を築きました。山麓に平時のための居館や郭(但馬守護所)がもうけられ、山頂付近は天守(詰の城)とされていました。しかし1580年(天正8年)、山名堯熙のときにふたたび秀吉の攻撃を受けて城は落城し、その後は秀吉の家臣である前野長康が城主を務めています。「関ケ原の戦い」後に当時の城主だった小出吉英が山麓の館および郭を改修して出石城を築いたことにともない、廃城となりました。現在は遺構として石垣や堀切などを確認できます。

有子山城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

有子山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 前回、出石城まで来たものの雨で断念したため再挑戦。主郭まで約1km、前半の500mは急坂でかなりキツいですが後半は歩きやすいのでとにかく前半、諦めずに頑張って下さい。苦労も吹き飛ぶ位、素晴らしい景色が待っています。(2020/12/27訪問)
  • 出石城の最上段から登城していきます。はっきり言ってキツいですが、山上の有子山城の石垣群や大堀切、広大な曲輪は苦労して登っただけの価値はあります。(2015/12/31訪問)
  • 出石城登城口前駐車場横の観光案内所で有子山城と出石城の縄張りと見所が掲載されているパンフレットを入手出来る。(2020/09/22訪問)
  • 登山道は整備されているが途中までは急坂。登山口の「お助け杖」は下りの時に有り難みが増した。軍手も活躍した。(2020/03/15訪問)
  • 稲荷曲輪から尾根上をひたすら直登します。「これでもか!」と出てくる小曲輪を正面突破して遊歩道?が付けられているので、登りにくいのは仕方ないです。(下りに上から見るとよく分かります) 一丁ごとにお地蔵さんが奉られていて、四丁で土橋があり、六丁で井戸曲輪に到達します。主郭の八丁石仏でゴール。 鉄道攻城の方へ、豊岡→出石のバスは一時間に一本未満なので、時間は調べて下さいね。(2020/01/11訪問)
  • バス停にコインロッカーあり。皆の言う通り途中までの山道の勾配はかなりきつく、杖を2本借用しました。攻城は夏でしたが稜線のため風があり涼しかったのが救い。山頂の石垣、堀切と何よりも眺望が圧巻です。(2019/08/13訪問)
  • 豊岡駅からタクシーで攻城(かなり高額!お勧め出来ません!)。前回確認しなかった西エリアを重点的に散策。石垣がメインになっていますが、大きな堀切や鋭い竪堀も沢山あり、土と石垣のハイブリッドなお城と言える。時期的なものか、有名になったのか、山城とは思えない人手でした。(2019/11/23訪問)
  • 岩場の尾根道は滑りやすく危ないです。ロープが張ってあるので軍手持参がおすすめです。(2019/10/20訪問)
  • 夏の日に出石城と共に訪問。夏の登山は虫が多く、気温が高くなかなか厳しい。(2019/08/21訪問)
  • 先人の、「キツイが途中から楽になる。本丸まで登れば感動が得られる」とのメモを信じて正解でした。(2019/07/31訪問)
すべてを表示(24コメント)

有子山城について

有子山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態山城
標高(比高)321 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主山名祐豊
築城開始・完了年着工 1574年(天正2年)
廃城年1604年(慶長9年)
主な改修者
主な城主山名氏、前野氏、小出氏
遺構石垣、曲輪、堀切、竪堀、土橋
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2021/02/25 03:56:02

有子山城の観光情報

有子山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

有子山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(25日)の天気

  • 03時
    Clouds / broken clouds
    -1.14
  • 06時
    Clouds / scattered clouds
    -1.76
  • 09時
    Clouds / few clouds
    4.09
  • 12時
    Clouds / few clouds
    10.19
  • 15時
    Clouds / broken clouds
    9.92
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    5.10
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    4.28
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    4.39

明日以降の天気(正午時点)

  • 26日
    Rain / light rain
    4.70
  • 27日
    Clouds / broken clouds
    4.12
  • 28日
    Clouds / overcast clouds
    11.24
  • 01日
    Clouds / overcast clouds
    14.59

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

有子山城の地図

有子山城へのアクセス

有子山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR山陰本線/北近畿タンゴ鉄道・豊岡駅から全但バス「出石行き」で20分、終点下車、徒歩5分
アクセス(クルマ)
  • 舞鶴若狭自動車道・福知山IC → 国道9号線 → 国道426号線
駐車場
  • 大手前駐車場
  • 山頂まで約1時間

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    有子山城周辺の宿・ホテル

      Oホテル豊岡

      駅から徒歩1分!無料朝食サービス6時~9時!スーパー、コンビニすぐ側の好立地!全室高速ネット、無線ルーター貸し出し(数に限りがございます)城崎温泉へは車で20分 (評価:4.0、参考料金:3,650円〜)

      ホテルシルク温泉やまびこ

      全室ダイキン製加湿機能付空気清浄機導入★朝食はあの「但熊玉子」の玉子かけごはんや朝カレーが食べ放題!★全室Wi-Fi完備★異次元のすっきり感!ファイテン足つぼマッサージ「ソラーチ」も★宿泊全室禁煙♪(評価:4.5、参考料金:5,060円〜)

      豊岡グリーンホテルモーリス

      豊岡駅から徒歩5分。男女大浴場&サウナ完備。豊富な品数の朝食バイキング。有線無線インターネット無料接続。全室ダブルベッドと広々ワイドデスク。(評価:4.6、参考料金:4,290円〜)

      温楽ノ森

      兵庫県出石の日帰り温泉「乙女の湯」観光客や住民の憩いの場でしたが、来場者の減少により昨年廃業…地域とベンチャー企業がタッグを組み【グランピング施設】として復活(評価:不明、参考料金:11,100円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    有子山城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 出石城
      • 出石城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:46分(--位)
        • 攻城人数:901人(118位)
        • 城までの距離:約1km
      • 竹田城
      • 竹田城
        • 平均評価:★★★★☆(12位)
        • 見学時間:1時間47分(5位)
        • 攻城人数:1659人(46位)
        • 城までの距離:約17km
    • より多くの
      城を見る

    但馬の著名な城

    兵庫県の著名な城

    有子山城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    有子山城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    明智光秀と近江・ 丹波 分国支配から「本能寺の変」へ (淡海文庫)

    従来、織田信長との関係性で語られることの多かった明智光秀。
    本書では近江志賀郡支配、丹波攻略における国人衆とのかかわりの中から、光秀個人の活動、歴史的位置、光秀がどういう人物であったかに着目する。
    取り上げられている書状・資料からは、「文化人」「政治家」としての光秀よりも、「武人」光秀の姿が浮かび上がってくる。

    いけだ商会さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る