紹介文

小谷城は浅井氏の居城であり、日本五大山城のひとつに数えられる堅固な山城として知られています。織田信長に攻められ、浅井氏が滅亡した最後の城で、浅井長政お市の方との悲劇の舞台として語られることが多い城です。その後、小谷城は羽柴秀吉に与えられますが、秀吉は長浜城をあらたに築いたため、小谷城は廃城となりました。その際、資材の大半は長浜城築城のために使われたといわれています。現在は国の史跡に指定されており、土塁や石垣などの遺構を見ることができます。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に攻めるお城の参考にしてください。
小谷城は「日本100名城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城

城主の攻城メモ

小谷城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。質問はこちらからどうぞ。

  • 遠里小野 駐車スペースはないこともない。山城なのでかなり歩くことになりましたが、途中に郭址なども多く説明の立札もあるので飽きませんでした。(2002/06/23)
  • あぶさん バス停で降りて歩いて登城しましたがとても疲れました。 石垣が良かったです。(1987/09/23)
  • ancoco 久しぶりに小谷城跡を訪問。秋口なのでスズメ蜂を注意しながら愛犬を散歩させながらお山の坂をちょっと登りました。近くの道の駅でお土産を購入。(2017/09/03)
  • ぷちぱんだ 鎌刃城の後に行ったので、行きやすい分少し物足りなかった。でも綺麗に整備されておりこれはこれでありかと。(2017/09/01)
  • ぶんしゃん 石垣、堀切が残っています。説明文も詳しいです。歴史好きにはたまりません。想像がふくらみます。(2016/12/27)
  • じゅん 小谷城は案内板も多く,良く整備されています。しかし,虎御前山や横山城は登山口がわからず断念しました。この付近一帯の整備を望みます。(2017/08/30)
  • ancoco 国道365から大きく小谷城跡と看板が山ベタに目立っています。何十回も365を通っているのに訪問した事がありませんでした。お山は低く車で頂上近くまで行けます。駐車場も完備。帰りにふもとの資料館を訪問。ビデオで小谷城を紹介。また、行きたいです。(2016/05/04)
  • 真田昌幸 奥琵琶湖観光ボランティアガイド協会企画で、搦手より月所丸、大嶽城、福寿丸、山崎丸と廻った 竪堀、堀切もきれいに残っていた  またガイドの話も深く楽しく興味をもたせた 
  • ぷるーと 山頂までは結構ありました
  • たも 本丸にてウサギと遭遇。 熊じゃ無く一安心。(2017/07/24)
  • 孔明 カモシカが出てきてびっくりしました。
  • なおき 時間がなく上ることができなかったのが残念。(2016/05/02)
  • moam_izuno あろうことか、この山城を草履で攻城してしまった、おちゃめなオレ。笑
  • しろやま 戦国歴史資料館の方は非常に親切。本日はシャトルバスの運行がない日であり、マイカーで番所跡駐車場へ。対向車が無く一安心。本丸跡までの道の案内表示はとても丁寧。イベントや設備も含めて、小谷城を盛り上げようとの意欲を感じる。浅井の殿も喜んでいることだろう。(2016/08/28)
  • ひよどり下総守 6月も下旬。虫の多さに苦戦しました。クマ鈴鳴らしながら、藪深い脇曲輪まで丁寧に探検してきました。(2017/06/24)
  • ぺろ 今回は麓の資料館から、尾根伝いに登り清水谷(居館跡)までぐるっと歩きました。トレッキングシューズでないと、滑る所もあります。
  • ぺろ 番所の傍までバスで。足元は、運動靴か、トレッキングシューズで。私の好きな城の一つ。(2015/04/27)
  • 半兵衛 戦国の城。質実剛健さを感じた。
  • もすもす 大河ドラマの舞台になった為か随分と綺麗に整備されていました。
  • たかし 登山に近いので、サンダルとかでは行かないことです。(2017/05/02)
  • ひさはる ガイドセンターからバスで番所まで(2017/05/04)
  • うめさぶろう 完遂しました。曲輪の説明も丁寧で読んだだけで分かった感じになってました。逐一曲輪に登って体感しないといけないと途中で気がつきました。また来年か。(2017/05/02)
  • 260 登山靴必須。ニホンカモシカとキツネに出会うこともできました。(2016/05/14)
  • Arthur ここは登山靴が必要!(2012/06/10)
  • とくちゃん 雨がかなり降っていたので山には登らず 「小谷城址歴史資料館」で(→ガイドブックでは湖北町児童館になっていました) 記念スタンプを押して館内を見学しました(入館料は200円です)(2008/09/21)
  • 一休 時間がなく資料館のみ。河毛駅でレンタサイクル500円利用。本丸まで自転車で行かれないようで最低でも半日は必要とのこと。(2017/04/13)
  • いまなお 丁度大河ドラマの時だったので、活気がありました。(2012/09/02)
  • TAKE。 周りには何にもないので、飲み物等は準備していくのがオススメ(2017/04/02)
  • みかんのみ 小谷城戦国歴史資料館に寄ってから行きました。 時間の関係で大嶽城址まで行けなくて残念でした。 前回は雨で本丸跡で折り返しましたが、今回は山王丸跡まで。 時間の関係で大嶽城まで行くことができず残念でした。(2017/03/23)
  • たか&よう 戦国歴史資料館横の追手道入口から攻城し、本丸・京極丸・山王丸・大嶽城跡まで行き、1時間45分。少し雪が残っていました。思いきって福寿丸・山里丸を行き、1時間で戻ってきました。雪の影響なのか木が何本か倒れていて道を塞いでおり、苦労しましたが無事に攻城出来ました。落ち葉がたくさん道に落ちているので特に天候が悪い時はかなり足元が滑りやすいので注意が必要です。とても疲れましたがいろんな遺構が見れて良かったです。(2017/03/25)
  • hinak 本丸、京極丸、山王丸の位置関係や距離がよくわかり落城のときの様子が想像しやすくなりました(2017/03/19)
  • あおぞら 雪の為、上れませんでした(2015/01/14)
  • なま 遺構の整備はあまりされていません。これは、意志をもってしていないみたいです。案内板とかは設置してありましたが。駅前でレンタサイクルを借りて向かいましたが、その際に丁寧な説明をいただきました。(2016/12/22)
  • 朝倉ゆめまる 雪ので、本丸までできません(2017/02/18)
  • 島津義弘 石垣が残っていました。
  • ましゃる 建造物は全くありませんが満足しました。各所にしっかりと案内板があり麓の資料館の模型を見れば当時を想像する事が出来ます。ただ「熊出没」の看板を見てビビって本丸跡から上に行く事は出来ませんでした。(2016/10/17)
  • スズシュウー 河毛駅からレンタルチャリ→途中で水車の写真等を撮りながら15分弱で小谷城戦国歴史資料館到着→ビデオと模型が思った以上に充実していて少し長居→慌てて河毛駅まで10分で戻る。 いつか機会があればちゃんと見てみたい、と思いました。 ※レンタルチャリは乗り捨ても可(300円追加) ※熊除けの鈴は800円で小谷城戦国歴史資料館で販売(2016/12/21)
  • もとやま 小谷城バスを利用。ガイドさんの説明に聞き入り城の歴史に酔いしれた。下山後は歴史資料館で復習。(2016/11/23)
  • ノブ 資料館のみ(2014/11/02)
  • ケビン ガイド付きバスで行きました。全体の一部の散策です 全体を見るならやはり自分で歩いた方が良い(2016/11/12)
  • さかな 紅葉がきれいだった。 バスのツアーに参加したから、らくちん。(2016/11/13)
  • トーダイ 中腹駐車場から攻城、本丸跡を通過して大獄城跡を往復、全体の半分だが十分に山城を堪能した。(2016/10/10)
  • 崇源院 大河ドラマ記念モニュメントのある駐車場に親切なガイドのおじちゃんがいます。 そこから車で5分登ると金吾丸と本丸への分岐点になっていてそこからは登山です。約400mで本丸へ。 距離は短いけど時間を景色を見たりして時間をかけて登りたい山城でした。(2016/09/11)
  • 若狭守の武者 月所丸の堀切は壮大です!(2016/10/01)
  • 山城守 石垣、大石垣、大堀切、家臣屋敷の石垣など見所多し。(2016/10/01)
  • あさやん 途中まで車で登り、そこから登城。(2010/05/15)
  • むらーの 最初に歴史資料館を訪ね山城跡へ向かった。浅井家の歴史も学べて満足。(2016/08/24)
  • いちろう 浅井長政の居城。歴史のifの世界が見れるなら、信長を裏切らなかったifの世界を見てみたい。 長政の自刃の場所を知らず、帰ってから後悔……(2016/04/13)
  • お蘭の母 番所跡から京極丸まで。番所跡までの林道はギリギリすれ違えるかどうかの幅員。(2016/08/25)
  • 青春の巨匠 山上まではバスで、小学生の説明付。そこから裏の大嶽城に登ってしまい、ぐるっと朝倉氏が造った砦まで見て、山中で遭難しかける。(2016/05/04)
  • ほむほむ 朝6時に出丸跡から登り、山頂の大獄城跡(495m)を経由し、9時に清水神社に到着。 遺構がいい状態で見れたので良かったです。(2016/08/11)
  • 大月源 朝10時発のシャトルバスで途中迄行きました。地元ガイドの脇坂さんが素晴らしい解説をしてくださいました(2016/08/12)
  • pinoler 河毛駅から歩きました。山麓まで50分ほど、登山に1時間くらいかかりました。冬に行ってしまったため、雪が深く京極丸まで行けませんでした。今度は春か秋に再チャレンジしたいです。(2008/02/29)
  • 黒岩真夜 夕方で時間がなかったので資料館だけ行きました。 機会あれば登ってみたいです。
  • Hachi 雨の中での攻城。山は登らず、資料館のみ。こちらも山を登ると楽しいかも。(2015/08/20)
  • つばき姫 なかなか歩きます。
  • いちろ 下の資料館ではボランティアの方が親切に歴史を教えて下さります。山が要塞だった頃の名残があります。(2016/06/11)
  • サスケ 毎回夏の山道はつらい、登るのに一時間かかった。(2012/08/04)
  • 本丸御殿 麓にいきなり「クマ出没」の看板が。一人で山王丸まで行く勇気がありませんでした。(2016/03/20)
  • うめさぶろう 長浜の後に着いたら5時半で風雨も強くなり、泣く泣く登頂断念しました。計画不足でした。浅井三姉妹のお店でお土産買って帰りました。(2016/05/03)
  • osakanakajikaji 下から登ると30分くらいかかりました(^_^;)その甲斐あってこちらの天主台も鳥達の楽園です。(2016/05/13)
  • K2 大嶽城まで行き、帰りは清水谷を降りてきました。見どころたくさんですが、夏場はつらいかも。山王丸から先の階段がしんどかった。(2016/03/26)
  • ルカ ガイドさんに案内していただき、山王丸まで登ってきました。苔むした大石垣がすごく好きです。 小谷城の後は、黒壁スクエアで美味しいきんつばとケーキをいただきました♪(2016/03/26)
  • しのは 駅でレンタサイクル。先に資料館に寄ると地図をもらえます。大嶽まで行って山崎丸など回って行きましたが、山崎丸が非常に面白いです。体力に余裕があれば是非よって欲しいものです。(2016/03/06)
  • きのった 最寄の河毛駅からのコミュニティバスは本数が少ないので、事前の確認と前日までの予約制度の利用を推奨いたします。徒歩でもさほど負担はありませんが、多少時間がかかります。(2011/07/17)
  • S 時間の都合上、すべての城域をまわることはできませんでしたが、満足度は高いです。浅井家の小谷落城のシーンは多くの媒体で取り上げられていますが、その地に立てたことで感慨もひとしおです。
  • 金亀 大ずく城等も巡りましたが、石垣好きな方には清水谷から六坊跡ルートもオススメです。熊は本当に出るので備えは必須です。
  • tetsupo 河毛駅からの歴史資料館口までのコミュニティバスは¥200。資料館から駅へ戻る時の乗車バス停は時間によって異なるのでご注意ください。 また、現時点(2015/11)では河毛駅のコインロッカーは使用できませんでした。こちらもご注意ください。(結局、資料館の事務所に荷物を預かっていただき、登山しました。資料館のご親切に感謝です)(2015/11/14)
  • さえもんのすけ 駅でレンタサイクルを借りて、登城。 山城だけあって坂道がキツイ。 空堀と土塁の組み合わせでの防御というところがいい。
  • あきら 思った以上に、城郭の曲輪が明確に整然と保存されている。長政とお市の方の最期が物悲しい雰囲気である。中腹駐車場から本丸までは、さほどたいした登りではない。 (2015/09/06)
  • りょうべぇ 歴史館で説明を聞いての登城。番所跡まで車で行き、本丸跡までの400mは徒歩。眺望と自然の静寂さから感慨深いものがあります。(2015/08/10)
  • 真田昌幸 下から登りました。番所跡まではハードでした。京極丸までいったので、次は一周したいです
  • 城跡探検人 私は、下の駐車場から歩いて登りました。2時間近くかかりました。でも紅葉の季節で、綺麗でした。色々な物(墓石)とか在って昔を想像するには最高です。近くに戦場跡もあります。ここで、浅井がと思うと胸が痛みます。
  • 武市瑞山 歴史館だけにしときました。(2013/06/23)
  • zenko 番所跡まで車でいけたので楽に感じた。最近熊が出たと聞き音楽を鳴らしながら遺跡、景色を見ながらの登頂。(2014/10/21)
  • Sets 猛暑の中、山を登ったかいがありました。浅井三代、三姉妹の城跡と言うことで感慨深いです。 夜は彦根で宿泊してCOてんやで近江牛たたきとすじ煮込みを食べました。 滋賀遠征の写真が消えてしまったのが残念でなりません。(2013/07/25)
  • かっきー 思った以上にガチな山登りでした(^^; 靴はしっかりしてた方が良いです。(2014/10/12)
  • のん この時期の山城にしては整備されていて遺構もわかりやすかった。そしてガイドさんが楽しかった!(2014/09/27)

フォトギャラリー

小谷城の構造

小谷城に関するデータ (更新日:2016/12/08)
項目 データ
曲輪構成 梯郭式
縄張形態 山城
標高(比高) 495 m( 230 m )
城郭規模 内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式
天守の階数
天守の種類 非現存
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ 2重の天守があったと推定される。
築城主 浅井亮政
築城開始・完了年 着工 1516年(永正13年) 〜 竣工 1524年(大永4年)
廃城年 1575年(天正3年)
主な改修者 浅井氏
主な城主 浅井氏、羽柴秀吉
遺構 曲輪、空堀、土塁
指定文化財 国史跡
復元状況

小谷城の城メモ

小谷城の見所や歴史などを紹介します。

  • 小谷城戦国歴史資料館 周辺案内

    小谷城戦国歴史資料館は「戦国大名浅井氏と小谷城」をテーマにした資料館です。
    小谷城跡のある小谷山の山麓に小谷城戦国歴史資料館があります。 「戦国大名浅井氏と小谷城」をテーマに2007年10月にオープンした資料館で、小谷城から出土した遺物など浅井氏と小谷城の資料を展示しています(……つづきを読む)

  • 姉川古戦場跡 周辺案内

    長浜市野村町の野村橋付近一帯が、有名な「姉川の戦い」の舞台となった場所です。
    小谷城跡からクルマで約30分、長浜市野村町の南端を流れる姉川の野村橋(のむらばし)付近一帯が、有名な「 姉川の戦い 」の舞台となった場所です。 「姉川の戦い」は1570年(元亀元年)に起きた、浅井・朝(……つづきを読む)

  • 本丸跡 見所

    本丸には天守があったと推定されていますが、現在は石垣だけが残っています。
    小谷城の本丸曲輪は江戸時代中期の小谷城古絵図によれば鐘丸として機能しており、天守があったと推定されています。 本丸跡 江戸時代中期の小谷城跡絵図に「天守共 鐘丸共」と記されており、鐘丸がその機能を表し(……つづきを読む)

  • 大広間跡 見所

    別名「千畳敷」とも呼ばれる大広間跡は、小谷城内でもっとも広い曲輪跡です。
    別名「千畳敷」とも呼ばれる大広間跡は、小谷城内でもっとも広い曲輪跡です。平時においては、奥方(お市の方)や姫たちは通常、麓の清水谷の屋敷で暮らし、戦時などの非常時にかぎって、この本丸の一段下にある大広(……つづきを読む)

  • 小谷城の案内板 石碑・案内板

    山麓駐車場の近くにある小谷城の案内板ふたつの内容を紹介します。
    山麓駐車場 の近くにある小谷城の案内板ふたつの内容を紹介します。 国指定史跡 小谷城跡  戦国時代、「近江を制するものは天下を制す」といわれたほど、近江は天下を左右する重要な位置にあり、数多くの戦乱の(……つづきを読む)

  • 小谷城 中腹駐車場 駐車場

    山麓駐車場から舗装された道をのぼった先に、もうひとつの駐車場があります。
    山麓駐車場 から舗装された道(伊部林道)をのぼっていくと、中腹にもうひとつの駐車場があります。 道幅は細いので運転技術が不安な方にはオススメしません。 (対向車と鉢合わせになることはめったにないと思い(……つづきを読む)

すべて見る

小谷城の城メモ

小谷城の見所や歴史などを紹介します。読みたいカードをクリックしてください。

小谷城戦国歴史資料館
周辺案内

小谷城戦国歴史資料館

小谷城戦国歴史資料館は「戦国大名浅井氏と小谷城」をテーマにした資料館です。
姉川古戦場跡
周辺案内

姉川古戦場跡

長浜市野村町の野村橋付近一帯が、有名な「姉川の戦い」の舞台となった場所です。
本丸跡
見所

本丸跡

本丸には天守があったと推定されていますが、現在は石垣だけが残っています。
大広間跡
見所

大広間跡

別名「千畳敷」とも呼ばれる大広間跡は、小谷城内でもっとも広い曲輪跡です。
小谷城の案内板
石碑・案内板

小谷城の案内板

山麓駐車場の近くにある小谷城の案内板ふたつの内容を紹介します。
小谷城 中腹駐車場
駐車場

小谷城 中腹駐車場

山麓駐車場から舗装された道をのぼった先に、もうひとつの駐車場があります。
小谷城 山麓駐車場
駐車場

小谷城 山麓駐車場

国道365号から小谷城跡の看板を曲がってすぐの場所に山麓駐車場があります。
小谷城の100名城スタンプ
スタンプ

小谷城の100名城スタンプ

小谷城の100名城スタンプは小谷城戦国歴史資料館に置いてあります。

小谷城の観光情報

小谷城の見学情報・施設案内 (更新日:2016/12/08)
項目 データ
営業時間

見学自由

料金(入城料・見学料)

無料

休み(休城日・休館日)

年中無休

トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

小谷城の見所は城メモをご覧ください

アクセス

小谷城の地図

地図アプリで見る

滋賀県長浜市小谷郡上町

小谷城へのアクセス

小谷城へのアクセス情報
項目 データ
アクセス(電車)
  • JR北陸本線・河毛駅から湖北町コミュニティバス「小谷山線」に乗り約20分、「小谷城址口」または「歴史資料館」バス停下車、本丸まで徒歩約40分
アクセス(クルマ)
  • 北陸自動車道・長浜ICから40分
駐車場
  • 中腹の番所駐車場(無料)
  • 山麓登山口駐車場(無料)
  • 小谷城址ガイド館駐車場(無料)
  • 小谷城戦国歴史資料館駐車場(無料)
  • 小谷城 中腹駐車場 駐車場

    山麓駐車場から舗装された道をのぼった先に、もうひとつの駐車場があります。
    山麓駐車場 から舗装された道(伊部林道)をのぼっていくと、中腹にもうひとつの駐車場があります。 道幅は細いので運転技術が不安な方にはオススメしません。 (対向車と鉢合わせになることはめったにないと思い(……つづきを読む)

  • 小谷城 山麓駐車場 駐車場

    国道365号から小谷城跡の看板を曲がってすぐの場所に山麓駐車場があります。
    国道365号から小谷城跡のある小谷山に向かってクルマで入っていくと、200mほどの場所に小谷城戦国ガイドステーションと 山麓駐車場 があります。 休憩所やトイレ、自販機もありますので、山をのぼる前にこ(……つづきを読む)

小谷城周辺の宿・ホテル

  • 広告 北近江観音路 己高庵

    深い自然に囲まれ、非日常的な静けさに心から解放される。お部屋は各々ゆったりとした離れ客室、山野草風呂、露天風呂でゆっくり。お料理は地酒や手作り醤油等、郷土色のあふれた地元の物を使用しています。(評価:4.2、参考料金:2,800円〜)

    琵琶湖の北「湖北」に佇む、料理自慢の隠れ宿(評価:4.2、参考料金:2,800円〜)

  • 広告 ホテルルートイン長浜インター

    全室無料のインターネット回線(LAN接続)完備、無料大型駐車場完備、男女別大浴場にバイキング朝食サービスと、観光・ビジネスにも大変便利♪皆様に安らぎを提供致します。(評価:4.0、参考料金:4,925円〜)

    北陸道長浜ICから直ぐ!好立地にルートイン長浜インター♪(評価:4.0、参考料金:4,925円〜)

  • 広告 アートホテル長浜

    ワイドベッド、人工ラジウム温泉(露天風呂・ミストサウナ付)と多機能にくつろげる空間を皆様にご提供いたします。(評価:4.4、参考料金:4,150円〜)

    ビジネスと観光に 近江・長浜に一番新しいホテル!!(評価:4.4、参考料金:4,150円〜)

  • 地図で周辺の宿・ホテルを表示する

小谷城のモデルコース

小谷城をルートに含んだモデルコースです。旅行する際の参考にしてください。

まだモデルコースがありません(情報募集中

城たび(日本全国の名城ツアーガイド)

小谷城についてのコメント

小谷城について、みんなで情報交換しましょう

小谷城を訪問したことのある方は、付近にあるオススメのお店や宿、見どころや撮影スポットなど観光の際のポイントなどを教えてください。また、小谷城の訪問を計画している方からの質問もお待ちしてますので、お気軽に書き込んでください(わかる範囲で答えてもらえるでしょう)。

なお、ここに投稿された情報や写真は城メモやブログなどで利用させていただくことがあります。攻城団のデータの充実にぜひご協力ください!

攻城団のアカウントでログインすることができます ログイン

小谷城の過去のイベント・ニュース

小谷城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

周辺にあるお城など

    • 長浜城
    • 130 長浜城
      • 平均評価:★★★☆☆(276位)
      • 見学時間:59分(226位)
      • 攻城人数:601人(28位)
      • 城までの距離:約9km
    • 玄蕃尾城
    • 259 玄蕃尾城
      • 平均評価:★★★★☆(13位)
      • 見学時間:1時間38分(37位)
      • 攻城人数:48人(284位)
      • 城までの距離:約17km
  • より多くの
    城を見る
    • 虎御前山城
    • 1486 虎御前山城
      • 平均評価:★★★☆☆(--位)
      • 見学時間:1時間10分(--位)
      • 攻城人数:18人(--位)
      • 城までの距離:約2km
    • 三田村城
    • 1761 三田村城
      • 平均評価:★★☆☆☆(--位)
      • 見学時間:23分(--位)
      • 攻城人数:8人(--位)
      • 城までの距離:約5km
  • より多くの
    城を見る

近江の著名な城

滋賀県の著名な城

小谷城といっしょに旅行するのにオススメの城

このページを紹介する

ブログパーツ

  • 横幅(width)は自由に調整できます(480〜600くらいがオススメ)
  • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

サンプルを表示する

SNSやメールで紹介

このページのURLとタイトルをコピーする

小谷城を本城にしている団員

以下のみなさんが小谷城を本城として登録していますので、コメント欄で質問すれば助けてくれるかもしれません。

最近表示したお城

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る