紹介文

小谷城は浅井氏の居城であり、日本五大山城のひとつに数えられる堅固な山城として知られています。織田信長に攻められ、浅井氏が滅亡した最後の城で、浅井長政お市の方との悲劇の舞台として語られることが多い城です。その後、小谷城は羽柴秀吉に与えられますが、秀吉は長浜城をあらたに築いたため、小谷城は廃城となりました。その際、資材の大半は長浜城築城のために使われたといわれています。現在は国の史跡に指定されており、土塁や石垣などの遺構を見ることができます。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
小谷城は「日本100名城」「滋賀県三名城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 滋賀県三名城

小谷城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

小谷城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 本格的山城。中腹の番所付近まで車で行けますが駐車可能台数は少なく最大10台程度と思います。(2019/07/07)
  • 午前9時頃に戦国歴史資料館から攻城。番所跡から山王丸跡までは見所が連続しますね。赤尾屋敷跡にある浅井長政自刃の地の石碑を見て、本丸が落ちて奥手にあるこの地に追い込まれた心情に触れられた気がしました。月所丸跡、大嶽城跡から福寿丸跡、山崎丸跡から清水神社へと下城した時刻は午後1時。往復4時間かかりました……(2019/10/13)
  • 朝早く中腹駐車場まで上がり山王丸まで攻城後に戦国歴史資料館へ立ち寄りました。資料館の方から「上まで車で行けるので是非行ってみてください」と勧められて「先程、山王丸まで行きましたがその先は諦めました」と答えたら「それで充分だと思います。その先は登山になりますから」と会話をしました。小谷城の縄張り全制覇……(2019/09/28)
  • 御城印を購入したら、ポストカード1枚とご丁寧にクリアファイルにまで入れていただけました。(2019/09/25)
  • レンタカーを使って攻城。まず、戦国資料館で予備知識を得て、中腹駐車場まで移動(10分)、そこから本丸跡まで400m、10分で行けました。(2019/09/04)
  • 河毛駅からレンタサイクルで麓の歴史資料館まで行き、登山道を尾根伝いに山王丸まで往復。番所跡からは見所満載で終始飽きさせない攻城です。歴史資料館のガイドさん曰く、亮政の代に六角が攻めてきた時に朝倉は浅井の援軍ではなく六角の援軍で来たことが最近の研究でわかった、とショッキングなことを聞かされます。 攻城……(2019/08/19)
  • 100名城スタンプは小谷城戦国歴史資料館入口付近に置いてありました。小谷城跡に登られるかたは足元が不安定なのでしっかりとした靴を履いて行かれることをお勧めします。(2019/08/17)
  • 本格的な山城なので、車やシャトルバスで行かないならちゃんとした服装(装備)で行くべき。 資料館は小さいながらも見応え充分。(2017/04/30)
  • 本丸跡には石垣や堀切は残っています。車で上まで登れます。(2019/07/07)
  • 山桜が映え、大石垣も苔むして良い感じ。剪定され、かなり歩きやすかった。(2017/04/14)
すべてを表示(194コメント)

小谷城について

小谷城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成梯郭式
縄張形態山城
標高(比高)495 m( 230 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式
天守の階数
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ2重の天守があったと推定される。
築城主浅井亮政
築城開始・完了年着工 1516年(永正13年) 〜 竣工 1524年(大永4年)
廃城年1575年(天正3年)
主な改修者浅井氏
主な城主浅井氏、羽柴秀吉
遺構曲輪、空堀、土塁
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2019/10/21 03:52:26

小谷城の観光情報

小谷城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間

見学自由

料金(入城料・見学料)

無料

休み(休城日・休館日)

年中無休

トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

小谷城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(21日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    13.26
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    13.52
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    17.85
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    20.92
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    20.62
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    17.50
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    17.30
  • 00時
    Rain / light rain
    15.82

明日以降の天気(正午時点)

  • 22日
    Rain / moderate rain
    14.92
  • 23日
    Rain / light rain
    16.85
  • 24日
    Rain / light rain
    16.54

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

小谷城の地図

地図アプリで見る

滋賀県長浜市小谷郡上町

小谷城へのアクセス

小谷城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR北陸本線・河毛駅からこはくちょうタクシー(要事前登録・予約)に乗り約10分、「小谷城歴史資料館」下車、本丸まで徒歩約40分
アクセス(クルマ)
  • 北陸自動車道・小谷城スマートICから5分
  • 北陸自動車道・長浜ICから40分
駐車場
  • 中腹の番所駐車場(無料)
  • 山麓登山口駐車場(無料)
  • 小谷城址ガイド館駐車場(無料)
  • 小谷城戦国歴史資料館駐車場(無料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

小谷城周辺の宿・ホテル

    ホテル&リゾーツ 長浜

    雄大な琵琶湖と長浜の自然を愉しむレイクリゾートホテルJR長浜駅から徒歩で約10分の好アクセス!和モダンなお洒落街「黒壁スクエア」までは徒歩で約20分北近江・長浜をご堪能ください♪(評価:3.6、参考料金:5,000円〜)

    須賀谷温泉

    源泉は無色透明で、空気に触れると赤茶色になるという独特の湯。食事は本場の近江牛や季節の会席、冬場はカモ・ボタン・カニ・ふぐも楽しめる。観音の里、戦国の舞台として知られる歴史の宝庫。(評価:4.3、参考料金:15,950円〜)

    北近江観音路 己高庵

    深い自然に囲まれ、非日常的な静けさに心から解放される。お部屋は各々ゆったりとした離れ客室、山野草風呂、露天風呂でゆっくり。お料理は地酒や手作り醤油等、郷土色のあふれた地元の物を使用しています。(評価:4.2、参考料金:920円〜)

    ホテルルートイン長浜インター

    無料大型駐車場完備、コンフォートルーム VODルームシアター視聴無料/エアウィーブマットレス完備◆男女別大浴場にバイキング朝食サービスと、観光・ビジネスにも大変便利♪皆様に安らぎを提供致します。(評価:4.0、参考料金:4,925円〜)

    ビジネスホテルウェルネス

    黄色の外観と緑の看板が目印のホテルです。長浜でのお仕事はもちろん、長浜観光やびわ湖・伊吹山などでのレジャー利用にもどうぞ。貸自転車4台無料(先着順)。フレンドリーなスタッフがお待ちしております。(評価:3.8、参考料金:3,850円〜)
  • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

小谷城の過去のイベント・ニュース

小谷城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

周辺にあるお城など

    • 長浜城
    • 長浜城
      • 平均評価:★★★☆☆(231位)
      • 見学時間:54分(190位)
      • 攻城人数:1300人(38位)
      • 城までの距離:約9km
    • 玄蕃尾城
    • 玄蕃尾城
      • 平均評価:★★★★☆(62位)
      • 見学時間:1時間6分(122位)
      • 攻城人数:318人(189位)
      • 城までの距離:約17km
  • より多くの
    城を見る

近江の著名な城

滋賀県の著名な城

小谷城といっしょに旅行するのにオススメの城

このページを紹介する

ブログパーツ

  • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
  • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

サンプルを表示する

SNSやメールで紹介

このページのURLとタイトルをコピーする

小谷城を本城にしている団員

以下のみなさんが小谷城を本城として登録しています。

最近表示したお城

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

斗星、北天にあり (文芸書)

たぶんこれしかないのではないでしょうか?安東愛季(ちかすえ)を主人公に据えた歴史小説は。内容はまさに愛季一代記です。合戦描写はあっさりしていますが、どのような政治を行おうとしたかがメインになっています。
余談ですが、作中で整備される港湾内で、このたび北前船の錨(か?)が発見されたとのニュースがありました。因果を感じたので追記します。
さらに余談、同時期を扱っているので「天を衝く」の一部秋田側から見た描写があったりするので思わずニヤリとしてしまいます。
愛季死後、安東家はさらに激動の時代に突入する訳ですが、そんな続編是非ともお願いしたいです。

まーPさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る