紹介文

小谷城は浅井氏の居城であり、日本五大山城のひとつに数えられる堅固な山城として知られています。織田信長に攻められ、浅井氏が滅亡した最後の城で、浅井長政お市の方との悲劇の舞台として語られることが多い城です。その後、小谷城は羽柴秀吉に与えられますが、秀吉は長浜城をあらたに築いたため、小谷城は廃城となりました。その際、資材の大半は長浜城築城のために使われたといわれています。現在は国の史跡に指定されており、土塁や石垣などの遺構を見ることができます。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
小谷城は「日本100名城」「滋賀県三名城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 滋賀県三名城

城主の攻城メモ

小谷城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 河毛駅コミュニティハウスで歴史資料館の券が割引で購入できました。歴史資料館で頂ける等高線付き城跡案内図マップはあると良いと思います。 清水谷→六坊→番所→大嶽城→山崎丸→出丸とまわりました。清水谷から六坊は倒木がありますが、道標有り、木段の道で、竪堀が落ちてきているのが沢山見れます。(2022/03/25訪問)
  • 秀吉が攻め上ったという水の手からの道は、ところどころに立札があるものの、道の消えているところが多いのでほぼ確実に迷います。迷っても尾根を目指せば必ず城址のどこかに出るので心配はないのですが。清水谷→京極丸→本丸→番所→本丸→月所丸→大嶽城→福寿丸→山崎丸と回って所要約7時間でした。(2021/11/06訪問)
  • 整備はされていますが足元が悪いので登山靴での登城がおすすめです。(2021/05/07訪問)
  • 小谷山の麓にある戦国ガイドステーションから番所跡までシャトルバスが出ていて便利です。(2021/05/01訪問)
  • 番所跡の5台ほどの駐車スペースに停めました(2021/04/12訪問)
  • 近頃の山城ブームの為か大勢の人が登っていました。私はR365から入ってすぐの小谷山麓の駐車場に車を停めました。更に道は狭いですが本丸手前まで車で行けます。しかし駐車場はひろくありません。 出丸や本丸、大堀切など綺麗に残っており見応えたっぷりです。 東海自然歩道として整備されていますが、登山靴履いて山登り用の杖での攻城をお勧めします。かなり石がゴロゴロしており特に下りは注意が必要と思います。(2021/04/03訪問)
  • 追手道から登り本丸、大嶽城、福寿丸、山崎丸と回り3時間程でした(2021/04/02訪問)
  • 「JRふれあいハイキング」に参加して攻城しました。尾根から、大広間、本丸、山王丸と攻め登り、大嶽まで行き、清水谷へ降りてきました。ガイド付でとてもわかりやすかったです。(2020/11/28訪問)
  • 番所跡のパーキングまで自家用でいきました。以降の道は登山用靴の方が歩きやすいと思います。かなり歩きにくい。(2020/11/05訪問)
  • 歴史資料館から登城口までは徒歩で40分ぐらいかかるとの事です。今回はシャトルバスで楽ちんしましたがガイドさん付きで面白かったです。(2020/11/08訪問)
すべてを表示(91コメント)

小谷城について

小谷城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成梯郭式
縄張形態山城
標高(比高)495 m( 230 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式
天守の階数
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ2重の天守があったと推定される。
築城主浅井亮政
築城開始・完了年着工 1516年(永正13年) 〜 竣工 1524年(大永4年)
廃城年1575年(天正3年)
主な改修者浅井氏
主な城主浅井氏、羽柴秀吉
遺構曲輪、空堀、土塁
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2022/06/28 04:21:10

小谷城についての読み物

【「籠城」から学ぶ逆境のしのぎ方】悲劇の舞台④――お市の方が最初の夫と死に別れた城・小谷城

元亀元年の姉川の戦いで敗北するも、そこから3年間、浅井氏は抵抗をつづけており、長篠の戦い同様、戦国大名同士の争いが一度の勝敗で滅亡に至らないことを示しています。ただどこまで計算だったかはわかりませんが、小谷城を攻めることで朝倉氏を要害・一乗谷から引きずり出すことに成功した信長は一気に朝倉氏、浅井氏を滅ぼしていることも事実で、勢いというのは恐ろしい。

小谷城の観光情報

小谷城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間

見学自由

料金(入城料・見学料)

無料

休み(休城日・休館日)

年中無休

トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

小谷城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(28日)の天気

  • 03時
    Clouds / broken clouds
    22.54
  • 06時
    Clear / clear sky
    23.43
  • 09時
    Clear / clear sky
    27.20
  • 12時
    Clear / clear sky
    30.15
  • 15時
    Clouds / scattered clouds
    31.24
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    27.96
  • 21時
    Clouds / broken clouds
    24.73
  • 00時
    Clouds / broken clouds
    23.50

明日以降の天気(正午時点)

  • 29日
    Clouds / overcast clouds
    30.45
  • 30日
    Clear / clear sky
    31.55
  • 01日
    Clear / clear sky
    32.24
  • 02日
    Clouds / broken clouds
    31.15

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

小谷城の地図

小谷城へのアクセス

小谷城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR北陸本線・河毛駅からこはくちょうタクシー(要事前登録・予約)に乗り約10分、「小谷城歴史資料館」下車、本丸まで徒歩約40分
アクセス(クルマ)
  • 北陸自動車道・小谷城スマートICから5分
  • 北陸自動車道・長浜ICから40分
駐車場
  • 中腹の番所駐車場(無料)
  • 山麓登山口駐車場(無料)
  • 小谷城址ガイド館駐車場(無料)
  • 小谷城戦国歴史資料館駐車場(無料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

小谷城周辺の宿・ホテル

    ホテル&リゾーツ 長浜 -DAIWA ROYAL HOTEL-

    雄大な琵琶湖と長浜の自然を愉しむリゾートホテルJR長浜駅から徒歩約10分(送迎あり)!「竹生島クルーズ」乗り場まで徒歩約5分♪自家源泉の長浜太閤温泉、屋外プール、近江牛など美味な夕食も♪(評価:4.1、参考料金:4,000円〜)

    須賀谷温泉~戦国武将が通った歴史の秘湯~

    源泉は無色透明で、空気に触れると赤茶色になるという独特の湯。食事は本場の近江牛や季節の会席、冬場はカモ・ボタン・カニ・ふぐも楽しめる。観音の里、戦国の舞台として知られる歴史の宝庫。(評価:4.6、参考料金:15,840円〜)

    北近江観音路 己高庵

    深い自然に囲まれ、非日常的な静けさに心から解放される。お部屋は各々ゆったりとした離れ客室、山野草風呂、露天風呂でゆっくり。お料理は地酒や手作り醤油等、郷土色のあふれた地元の物を使用しています。(評価:4.6、参考料金:5,500円〜)

    ホテルルートイン長浜インター

    ★北陸自動車道長浜長浜ICから車で1分★無料駐車場完備★焼き立てパン大好評!無料朝食バイキング★大浴場完備★観光・ビジネスにも大変便利♪皆様に安らぎを提供致します★(評価:4.0、参考料金:4,700円〜)

    アートホテル長浜

    ワイドベッド、人工ラジウム温泉(露天風呂・ミストサウナ付)と多機能にくつろげる空間を皆様にご提供いたします。(評価:4.0、参考料金:4,650円〜)
  • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

小谷城の過去のイベント・ニュース

まだトピックがありません(情報募集中

周辺にあるお城など

    • 長浜城
    • 長浜城
      • 平均評価:★★★☆☆(119位)
      • 見学時間:50分(113位)
      • 攻城人数:2074人(39位)
      • 城までの距離:約9km
    • 玄蕃尾城
    • 玄蕃尾城
      • 平均評価:★★★★☆(--位)
      • 見学時間:1時間16分(--位)
      • 攻城人数:692人(173位)
      • 城までの距離:約17km
  • より多くの
    城を見る

近江の著名な城

滋賀県の著名な城

小谷城といっしょに旅行するのにオススメの城

このページを紹介する

ブログパーツ

  • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
  • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

サンプルを表示する

SNSやメールで紹介

このページのURLとタイトルをコピーする

小谷城を本城にしている団員

以下のみなさんが小谷城を本城として登録しています。

最近表示したお城

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

光秀の定理 (単行本)

主人公は光秀ではない、架空の侍と僧。信長の近江攻略のあたりまでの物語。後日談的に本能寺の変についても語られている。
モンティ・ホール問題と長光寺城攻略を組み合わせたやや斬新な内容。
合戦の描写などの派手さはありませんが、史実と創作がうまく融合した良作だと思います。

たいさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る