紹介文

観音寺城は六角氏頼によって築かれた城で、六角氏の本拠として知られています。日本五大山城のひとつでもあります。「応仁の乱」では観音寺城をめぐり3度にわたって攻城戦が展開されました。戦国時代には六角義賢・義治父子が大幅な城の改築を行いますが、1568年(永禄11年)に織田信長が足利義昭を擁して上洛した際に敗れ、無血開城しています。そのまま廃城になったため、荒廃してはいるものの土塁や石垣など、多くの遺構を確認することができます。なお、観音寺城は総石垣で築かれた、国内屈指の大規模な山城であったと考えられており、織田信長が安土城を築城する際に参考にしたという説もあります。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
観音寺城は「日本100名城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城

観音寺城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

観音寺城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 麓の教林坊の効用とともに訪問(2019/12/03)
  • 有料道路を通り観音正寺から登城。スタンプは観音正寺にあります。駐車場から結構歩きます。(2017/11/04)
  • 観音正寺境内から城跡へ行く道は狭い山道で落ち葉などがあり足元注意です。(2019/12/07)
  • 表参道より車で上がり料金所の方に観音寺城に行く事を伝えると、駐車場まで行かずに左に登城口が有りその先に2台ほど駐車できるところが有るのでそこからの攻城する事を薦められました。登城路は傾斜がきつかったですがすぐに大石垣に着き、女郎岩すぎ屋敷跡の石垣を見て本丸へ大石段、屋敷跡の石垣など見どころも多く大興……(2019/11/18)
  • 途中の山道は、大変だけど、大石垣は、必見の価値ありです。(2019/11/16)
  • 人 桑實寺から参道を介して登城しました。参道は倒木や石段が崩れ、大変登りづらい状況でした。観光案内所の方のお話しですと、台風の影響みたいです。登りは何とか登れますが、下山は観音正時からの方が賢明かもしれません。(2019/10/21)
  • 安土駅からレンタサイクルで攻城。途中の道から、女郎岩ののぼりがよく見えます。 下から行くなら、観音正寺の表参道を登り、参拝後本丸から大石垣(途中に見所点在)追手道を下るのがいいと思います。(2019/11/04)
  • 安土駅から徒歩25分ほどで桑実寺入口。そこから石段を登ること約40分ほどで本丸跡さらに歩いて大石垣と結構歩きますが石垣の凄さに圧倒され疲れは感じませんでした。屋敷跡の石垣は格別です。(2019/10/23)
  • 観音正寺より攻城。やはり見所は石垣です。大石垣までの道は険しくわかりづらいですが、観音正寺の受付で地図が頂けます。行く価値ありです。(2019/07/14)
  • 観音正寺までの道路が有料ですが車幅1台分の箇所もあり、狭いので対向車には十分にお気をつけください。特にバイクはこの時期落ち葉もあり滑りやすいのでゆっくりにて。(2019/10/09)
すべてを表示(205コメント)

観音寺城について

観音寺城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)433 m( 350 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守メモ天守はなく、2階の館があったとされる。
築城主六角氏頼
築城開始・完了年着工 1467年〜1487年
廃城年1568年(永禄11年)
主な改修者佐々木六角氏
主な城主佐々木六角氏
遺構本丸、二の丸、曲輪、土塁、石垣、堀、門跡等多数
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2020/01/19 01:57:57

観音寺城の観光情報

観音寺城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

観音寺城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(19日)の天気

  • 03時
    Clouds / broken clouds
    5.38
  • 06時
    Clear / clear sky
    3.91
  • 09時
    Clear / clear sky
    5.01
  • 12時
    Clouds / scattered clouds
    8.23
  • 15時
    Clouds / broken clouds
    8.50
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    6.98
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    6.56
  • 00時
    Clouds / broken clouds
    5.42

明日以降の天気(正午時点)

  • 20日
    Clear / clear sky
    9.16
  • 21日
    Snow / light snow
    6.49
  • 22日
    Clouds / broken clouds
    10.16
  • 23日
    Rain / light rain
    7.18

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

観音寺城の地図

地図アプリで見る

滋賀県近江八幡市安土町石寺

観音寺城へのアクセス

観音寺城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR琵琶湖線・安土駅から徒歩約40分で桑実寺(登山口)
  • 登山口から徒歩約30分で本丸跡
アクセス(クルマ)
  • 名神高速道路・八日市ICから40分(観音寺山林道有料道路を利用)
駐車場
  • 表山道駐車場(600円)
  • 裏山道駐車場(600円)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

観音寺城周辺の宿・ホテル

    ABホテル近江八幡

    和洋バイキング健康朝食・全国名湯めぐりの男女別大浴場!JR琵琶湖線「近江八幡」駅より徒歩約2分とアクセス良好♪ (評価:4.1、参考料金:3,200円〜)

    アズイン東近江能登川駅前

    JR能登川駅から徒歩1分の超便利な立地。和洋食材を取り揃えた無料朝食、男女大浴場、50台収容の広びろ駐車場も完備。その他、お客様に快適にお過ごし頂く為のサービスをご用意しております。(評価:4.1、参考料金:4,550円〜)

    ホテルルートイン東近江八日市駅前

    近江鉄道「八日市駅」より徒歩で約1分!朝食バイキング無料サービス[営業時間6:30~9:00、日曜祝日6:30~9:30]、大浴場完備、全室インターネット回線完備[Wi-Fi・LAN接続]、無料平面駐車場150台 完備(評価:4.3、参考料金:6,200円〜)

    ホテル ニューオウミ(ホテルニューオータニアソシエイト)

    【宿泊者特典!ワイン飲み放題実施中】☆食事クチコミ評価4点以上!!☆駐車場無料!(250台)☆駅から徒歩2分☆京都駅までJRで約30分、彦根駅まで約15分、アウトレットまで車で20分と観光の拠点に最適!(評価:4.3、参考料金:4,100円〜)

    グリーンホテル八日市

    wifi全室完備、大浴場、サウナ無料!京都、大阪、奈良、名古屋の主要な観光スポットからお車で約1時間30分まで、ホテル前にはショッピングモールがある好立地なホテルです。(評価:4.2、参考料金:3,000円〜)
  • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

周辺にあるお城など

    • 安土城
    • 安土城
      • 平均評価:★★★★☆(24位)
      • 見学時間:1時間36分(18位)
      • 攻城人数:1890人(17位)
      • 城までの距離:約2km
    • 八幡山城
    • 八幡山城
      • 平均評価:★★★☆☆(203位)
      • 見学時間:1時間2分(141位)
      • 攻城人数:740人(108位)
      • 城までの距離:約6km
  • より多くの
    城を見る

近江の著名な城

滋賀県の著名な城

観音寺城といっしょに旅行するのにオススメの城

このページを紹介する

ブログパーツ

  • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
  • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

サンプルを表示する

SNSやメールで紹介

このページのURLとタイトルをコピーする

観音寺城を本城にしている団員

以下のみなさんが観音寺城を本城として登録しています。

最近表示したお城

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

悪党の裔〈上〉 (中公文庫)

治安の悪化に伴い悪党が現れ始めた鎌倉末期。
主人公・赤松円心の播磨を中心に畿内全体へと展開していく物語です。
天下を決するような戦はできないが、せめて自分の存在で重要な戦の行方を左右したい。そんなことを考えながら、暴れるべき時は暴れ、耐えるべき時は耐えた。
倒幕の流れを汲んだ足利尊氏に加担し、九州に落ちた尊氏を追討する新田の行軍を引き付けに引き付けます。
絶対に落ちない城、白旗城の築城のシーンが描いかれており、白旗城の名前の由来がこの小説を読んでわかりました。
『悪党の戦旗 嘉吉の乱始末 』、『残月―竹田城最後の城主、赤松広英』をあわせ、播磨赤松三部作と言えると思います。

デュラけんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る