紹介文

安土城は、織田信長が築いた城です。その規模、容姿は太田牛一や宣教師ルイス・フロイスの記述にあるように天下布武、信長の天下統一事業を象徴する城郭でした。山頂の天主に信長は居住し、その家族も本丸付近で生活していたそうです。なお安土城だけが天守のことを「天主」と表すのが通例です。安土城は総石垣に天守を構え、戦闘よりも権威を見せつけるために築かれた城で、従来の城とは性質が異なります。ちなみに安土城以降の城を「近世城郭」と呼んでいます。1582年(天正10年)に起きた、いわゆる「本能寺の変」の際に焼失しました。現在も天主があった山頂まで歩いてのぼることができます。なお、建造当時は琵琶湖に接していたので水城(湖城)でもありましたが、昭和に入って干拓が行われたため、現在は湖岸からやや離れた位置にあります。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に攻めるお城の参考にしてください。
安土城は「日本100名城」「織田信長ゆかりの城めぐり」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 織田信長ゆかりの城めぐり

城主の攻城メモ

安土城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。質問はこちらからどうぞ。

  • T.ウッズ 手前の無料駐車場に車を停めて攻城。手前にトイレあるも運営が安土城とは別らしく、入るのに200円取られるので要注意。(2017/04/23)
  • 島津義弘 石垣が残っていました。天守台からの景色はとてもきれいです。琵琶湖が見えます。(2017/04/22)
  • とくちゃん 「安土城天主・信長の館」に行きました(入場料は安土城考古博物館セットで680円) この建物の中に、安土城の最上階とその下の階が入っています(2008/09/21)
  • ancoco 今回はJR安土駅の資料館を訪ねました。こじんまりですが、楽しめました。入場料200円でコーヒーをいただいたらなら100円引いてもらえるので実質100円。アンケートに答えて素敵なプレゼントをゲットしました。安土城のビデオを大スクリーンで放映してくるので勉強になります。(2017/04/19)
  • よしぼう 防御よりも見せる事に重きを置いた大手道に圧倒されて、天主台も大きかった。(2016/11/03)
  • いまなお ここはじっくり登城しました、近くにいろいろな資料館が有り、楽しめます。(2012/09/15)
  • タプティム 思っていたよりずっと石段が多く大変でしたが、見所がたくさんあり行って良かったと思いました! 博物館もぜひ行ってみたいです!(2017/04/05)
  • ナンコロ 山なので上っていくのでかなり疲れますが、見る価値はありました。少し離れた場所に安土城考古博物館もあります。(2011/11/29)
  • coco 観音寺城と一緒に行くつもりがスタンプ帳を忘れてとりあえずお山だけ。次は信長の館にもいくぞ!と。 駐車場、トイレで揉めてるなんて信長様が知ったら…(2017/03/25)
  • 山城散歩 寒い日で主郭には雪が積もっていました。(2016/01/24)
  • 山城散歩 総見寺で信長の木像も拝見させて頂きました。(2017/03/11)
  • 山城守 信長の館と一緒に巡るほうがよくわかると思います。 天主閣周辺の石垣は信長時代の石垣ではないかな。 広いので時間はかかるかもしれないですが見る価値ありです。(2017/03/11)
  • 天下布武 徳川家康邸跡にある摠見寺仮本堂が特別拝観日でしたので見学して参りました。抹茶、御茶、羊羹も美味しく頂きました。(2017/03/04)
  • なま なかなか登るのに苦労しました。日本の山城に石垣を積む様式は、この城が初めて、と聞きましたが、往時の雄大さがうかがえる遺構でした。
  • 一休 大雪の後で歩けなかったため、資料館のみ。(2017/01/26)
  • 風子 大きすぎる石段、途中の石材として使われている石仏たち。信長という人がよくわかる城址。
  • 島津義弘 さすが信長の安土城。石垣が残っていました。
  • いちろう 雪の安土城を攻城!雪の攻城は思ったより体力使い、かなり疲れた。(2017/01/28)
  • ましゃる 観音寺城からようやくたどり着いたら入場時間が過ぎていて入場できず。100名城スタンプは押してもらいましたがまた出直します。順番を安土城→観音寺城にしておけばよかった。(2016/10/11)
  • いちろう 初めて摠見寺三重塔へ行きました。 昔は自由に登城できたのに、ここ十数年で500円徴収するようになり、最近700円に値上がりしました。摠見寺の境内だからという事らしいです。(2017/01/13)
  • 狆猛 夕方に突貫で登城(2016/10/17)
  • しろねこすき 大手道の広さに感動。 季節の良い時にまた行ってみたい。(2016/12/26)
  • BESAN さすが信長の城。見ごたえありました。ただ、見学範囲が限られているのと見学料が値上がりしてて700円になってたのが・・・(2016/12/24)
  • まるにおもだか 娘が信長をよく知らない小さい頃に娘と登った思い出の山。まさかあんな登山になるとは思っていなかったらしく、あれ以来お城めぐりにくっついて来ない。
  • 朝倉ゆめまる 考古学資料館だけ(2015/12/01)
  • もとやま 料金所で挨拶をした方と意気投合し、共に攻城しました。城談義で盛り上がり、明日行く予定の小谷城の情報等もいただき楽しかった。(2016/11/22)
  • たい 山城大好き。
  • ノブ 信長の館のみ(2014/11/01)
  • 且元くん ロマンを感じる城跡(2014/02/18)
  • natsuikakit 天守閣跡までの石段が思ったよりキツかったので楽しめました❗(2016/10/30)
  • とよじ 念願の安土城跡に登城さした、石垣が多く残って良かったです。(2016/11/11)
  • 秀吉 念願の安土城跡に登城しました。立派な石垣が沢山残っていて見応えが有りました。(2016/11/11)
  • ひでゆき 必ず見るべき。石垣は必見。(2015/06/07)
  • hiro.E 大手道の長さと一段の高さがすごく印象的。天主礎石の大きさが圧巻でした。ただ700円の拝観料は高いですね。あと本丸の丸イスが景観を台無しにしている感じがしました。月曜日は、安土城郭資料館と信長の館が閉館。残念。またいずれ再登城します。(2016/11/07)
  • 阪田芙優 レンタサイクルで訪問しました!慣れない自転車を漕いでいると、地元の方が声をかけてくださって、道案内してくれました! 建物は無く、跡だけなのですが、秀吉の邸があった場所、など細かく記されているので、テンションが上がります。夏場は蚊がたくさん出るので、要注意です!(2014/06/11)
  • おしろまん 小牧山や岐阜のほうが先だったということとは別に、やはりここは“嚆矢”なんだな、って。
  • 橘若狭守 来年からチケット売場近くのトイレが有利するらしい。
  • すっちもん 夏に登りましたが、階段は長くて大変でした。でも天守閣跡から見る景色は絶景でした。(2016/07/10)
  • あさやん これまでに3度登城、登りごたえある石段。天守がないのは残念ですが、天守台あとから遠くに見る琵琶湖は眺めがいです。(2010/05/15)
  • 毛利元就 安土駅からレンタサイクルで15分ほど。ひたすら石垣に見惚れる2時間半。(2016/08/12)
  • 天下布武 歩いて登って行かないといけないので、足腰にきます。天守は近くの「信長の館」にて。(2015/06/24)
  • ムラチョ 入場料払う掘っ建て小屋。まともな建物にして欲しい。
  • pinoler 8年ほど前の訪問時より調査が進んでいました。本丸の御殿や家臣の屋敷跡など、案内板の礎石を見ると、だいぶ密集して立っていたんだなあと思いました。(2016/09/15)
  • むらーの 足腰が強くないときつい。 前歩く女の人は忍者みたいな人やったな(2016/08/23)
  • お蘭の母 3日間で安土、小谷、長浜、佐和山(麓の龍潭寺まで)、彦根をまわった。(2016/08/24)
  • いちろう 残る石垣から城の規模の大きさが安易に想像できる。「信長の館」では、セビリア万博に出展された上層2階部分の復元天主が保存されてます。(2016/04/13)
  • 青春の巨匠 かなり破壊されているが、流石に信長の城だけあり、かなり発掘・整備も進む。山城のスケールとして山全体が要塞であることを感じられ素晴らしい。(2016/04/30)
  • 関東の信長 大手道から延々と続く石段の先には、豪華絢爛な安土の天主があったんだと想像しながら登っていきました。(2016/07/25)
  • ほむほむ 総石垣作りに見とれてました。 天守閣跡付近の木の根元にスズメバチの巣があるので注意してください(2016/08/11)
  • 大月源 麓からかなり巨大な石垣の群、圧倒されます。そんなときに、声をかけてくれたのはなんと秀吉と家康ペア。信長様の留守を預かる、とか。400の石段、そしててっぺんから見える琵琶湖の美しさ‼気分はまさに天下布武‼(2016/08/11)
  • pinoler 中学生の時に家族旅行で行ったことがあったのですが、整備されて山麓などはだいぶ変わったという印象がありました。あいにくの雪だったので、もう一度訪れたいと思っています。(2008/02/27)
  • Hachi 雨の中観音寺とセットで。時間の都合でじっくり見れず。(2015/08/20)
  • 大阪のボブ 階段に地蔵さんなどが使われていたのが印象的でした。
  • 千ノ坂 麓から頂上まで 石垣、石畳…圧巻!! 田舎から都会の高層ビル街に初めて訪れたような衝撃を当時の武将も受けたのだろうな…。って事を実感。(2011/05/05)
  • まんのすけ 素晴らしい石垣(2007/06/10)
  • 桝田道也 JR安土駅から 1.5km くらい余裕で歩けんべ、と思ったら安土城址と安土考古博物館が微妙に離れてたので、駅前でレンタルサイクル借りれば良かったと後悔した。(2010/03/30)
  • サスケ 前日の雪が石段を邪魔してとても苦労した。(2011/02/09)
  • 本丸御殿 20年ぶりに訪れました。有料になっててびっくり。しかも700円!え~、現存天守があるわけでもないのに・・・ 近世城郭の祖として、歴史上の価値は十分に理解していますが、松江城や彦根城より入場料が高いことに驚きました。 石垣の保存に費用がかかることは重々承知してますけどね。(2016/04/30)
  • うなぎの 防御性の無い大手道を馬鹿にしていたが、行ってみると急な石段とその両側に連なる石の陣地(重臣の屋敷群)に鉄砲が並べば十分な防御力を発揮しただろう。
  • よしあき でかい! 天守閣はなくとも、信長のスケールのでかさを感じる(2015/09/20)
  • てつ 父ともう直ぐ2歳になる倅と3人で登城。天守台下の崩れた積み石に倅を乗せて写真を撮ったのが印象に残ってます。山麓の家臣団屋敷跡、天守台からの眺望は忘れられません。
  • ルカ いつ来ても素晴らしい!安土城考古博物館に行ったあと、夕方からの攻城だったので、無料の駐車場も空いていました。(2016/05/22)
  • chapi 大手道からして、さぞ壮大な城だったのだろうと、思わせる存在感。 在りし日に是非見てみたかった!(2016/05/13)
  • うめさぶろう イヌは敷地内にも入れませんでしたので、車で待ってました。夏じゃなくてよかった。(2016/05/03)
  • ナンダー 仕事で嫌な事があり少しでも織田信長公のパワーを授かりたく攻城した場所です。(2013/06/29)
  • ゴロウ 何度も行っています。無料のときですが。
  • シーモ 会社で嫌な事があり 織田信長公のパワーを貰おうと思い攻城しました。(2013/06/29)
  • 岐山 山本 兼一著 「火天の城」を読んで安土城に憧れ、ようやく訪れることが出来ました。(2016/05/02)
  • トーダイ 無料駐車場あり、昨年はスタンプ攻城、今回はジックリ、改めて偉大さを感じた。(2016/04/27)
  • Kai 駅からレンタサイクル利用しました。頂上までは、かなりの行程。家臣達の屋敷跡など見ながらのんびり攻城しました。
  • もとなり 猛暑できつかった。。。(2015/08/10)
  • チンスイシィェン 開拓される前の地形と全く違ってた事と大火無ければ日本一のお城だったと悔やみます。信長はハンサムでした。(2016/03/15)
  • しのは 観音寺城にも行きたかったのでハイペースで回りました。(2016/03/05)
  • しのは 駅からレンタサイクルで向かいました。(2015/03/06)
  • 顶真道人侯 入山料高過ぎ!!!(2016/01/26)
  • きのった 安土駅からタクシー利用(約700円程度)(2011/07/17)
  • S 廃城感が素晴らしい。一時は栄華を極めた信長公の権勢が偲ばれます。
  • 鱈 日本100名城を同時進行してますが信長廟に置かれてるスタンプがグダグダでした。綺麗な物を押したい人は資料館へ行くべし。(2015/11/01)
  • みやこや バックホーもクレーンもない時代に、山城の石垣を人力だけで何tもなる石を運び、据付けたものだと感心する。(2015/11/22)
  • サードマン 壮大な石垣は一見の価値有(2015/07/05)
  • じゅんのす 2度目の登城。 武将の屋敷跡や、天主跡など、じっくり見ることができました。 考古資料館も合わせていくとより良いですね。 軽いハイキングでした。(2016/09/16)
  • さえもんのすけ 駅前にある資料館と信長の館とセットで訪問。 秀吉と利家の館跡もあったりと、色々と想像が広がる。 信長の館から観音寺城は歩いても近いが、登るのはきつかった。
  • 真田昌幸 真っすぐで幅ひろの階段を登り、黒金門を過ぎれば,いにしえの時代にタイムスリップです。山城の醍醐味を満喫しました(2015/09/20)
  • かんべえ あくまで安土城遺構を見に行くという気持ちでした。基本山登りです。信長様ご威光の天主閣は安土城考古博物館だけでOKかと。
  • そうりん かなりハードだが、荒城好きな人にはおすすめ。(2015/08/28)
  • りょうべぇ 夏場はしんどいですが、近くの城郭資料館、信長の館で学んでの登城は信長の発想や城のスケール大きさを感じとれます。(2015/08/09)
  • 才蔵 栄華を極めた信長の居城跡。その華やかさと今の寂れた状態のギャップが哀愁を誘います。(2015/07/29)
  • バロン 安土城を登城できて、感慨深いです。他の城と比べて、石段が高くて登りずらい。着物で行きしてたかと思うと頭が下がります。
  • 影武者 遂に安土城を制覇できて感無量だった 入口の秀吉と利家の石垣だけでも見ごたえがあった(2014/12/30)
  • あおしげ 早く復元して欲しい。(2009/07/04)
  • でぼっち 大手道の石段が立派です。(2014/05/16)
  • しずおかのまーくん 雄琴温泉
  • 城キチ野郎 中井均先生と春風亭昇太さんといっしょに登城(2015/03/29)
  • よっしー 駅からレンタサイクルを借りて行きました。時間の都合上、山には入らず、外から眺めただけでしたが、周りの博物館や資料館を含めると半日くらい安土城周辺にいました。周りはのどかな田園風景で、最寄り駅には各駅停車が1時間に2本程度しか停まりません。電車の時間チェックは必須です。(2014/07/04)
  • あきら 大手道がいいな。屋敷跡も良いね。また行きたいな。(2014/12/13)
  • 城跡探検人 3年ほど前までに、何回も登りました。今はどうなのか?前の様にそのまま自然な感じを、残してほしい。最高の城跡です。久しぶりに行ってみたいです。
  • 武市瑞山 城郭資料館、信長の館も一緒に見るととても勉強になります。(2013/06/23)
  • zenko 石段のイメージ通りきつかった。その分達成感は最高(2014/10/21)
  • しげひさ 登るのは大変だが、その分、壮大。天守などが復元されていないからこそ、想像が膨らむ。ロマンを感じられる。(2013/09/22)
  • Sets 石段を上って行くのは楽な道ではありませんが、信長さんの墓地があり格式を感じます。 登城したあとはあしがる茶屋でポテサラと餃子を食べました。 滋賀遠征の写真が消えてしまったのが残念でなりません。(2013/07/27)
  • るっか 石垣だけが残る遺跡のような場所ですが、臨場感がすごかった。眺めも素晴らしいです。かなりの石段を登るので女性は靴注意。入り口で杖を借りることをおすすめします。(2014/10/04)
  • のん 石段、石段、また石段・・・・。観音寺城をまわった後だったのでさらにしんどかったです、、、(2014/09/26)
  • こうへい 山。(2009/02/15)
  • コースケ 大手門の階段が想像するよりキツい…足が弱い人は杖を借りることをお勧め。付近に信長の館という資料館がある。安土駅からはレンタルサイクルを借ります。歩いていくのは信長の館等へ行くことも考えると厳しいです。(2013/10/05)

フォトギャラリー

安土城の構造

安土城に関するデータ (更新日:2016/12/08)
項目 データ
曲輪構成
縄張形態 山城
標高(比高) 199 m( 99.7 m )
城郭規模 内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式 独立式望楼型
天守の階数 5重6階、地下1階
天守の種類 非現存
天守の高さ 33 m
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ 1579年(天正7年)に完成した天主(天守)は、1582年(天正10年)に起きた本能寺の変の後、まもなくして焼失した。なお天主の高さは46m、43mの説もあり。
築城主 織田信長
築城開始・完了年 着工 1576年(天正4年) 〜 竣工 1582年(天正10年)
廃城年 1585年(天正13年)
主な改修者 羽柴秀吉
主な城主 織田氏、明智氏
遺構 天守台、曲輪、石垣、堀
指定文化財 国史跡
復元状況 一部の石垣、大手道石段、門跡

安土城の城メモ

安土城の見所や歴史などを紹介します。

  • 天主台跡(安土城の天主) 歴史・うんちく 見所

    安土城の天主台跡には現在、当時使用されたとされる礎石が並んでいます。
    安土城の天主台跡(安土城だけは天守ではなく天主と表記します)は現在、背丈ほどの高さの石垣に囲まれた、東西、南北それぞれ約28mの台地となっています。 ここには礎石が1〜2mおきに整 (……つづきを読む)

  • 安土城天主焼失の謎 歴史・うんちく

    安土城の焼失の経緯や理由についてはいまも謎のままで、いくつかの説があります。
    安土城は「本能寺の変」(6月2日)の13日後の6月15日、何らかの原因によって焼失しています。じっさいに発掘調査でも、熱で割れた礎石や焼土などが見つかっています。 ただし、この焼失 (……つづきを読む)

  • 安土城天主 信長の館 周辺案内

    「安土城天主 信長の館」には安土城の5階および6階部分が復元展示されています。
    安土城跡からクルマで15分ほどのところに「安土城天主 信長の館」があります。 館内には、安土城の最上部にあたる5階および6階部分が復元展示されています。これは1992年 (……つづきを読む)

  • 安土城周辺のレンタサイクル レンタサイクル

    安土城へのアクセスはJR安土駅前のレンタサイクルを利用すると便利です。
    安土城はJR安土駅から少し離れた位置にありますが、安土駅前にレンタサイクルがあります。 3件ほどお店がありましたが、値段は「1時間200円、1日1000円」が相場のようでし (……つづきを読む)

  • 伝前田利家邸跡 見所

    大手道下部の右手には前田利家の屋敷跡と伝えられる場所があります。
    大手道下部の右手には前田利家の屋敷跡と伝えられる場所があります。 伝前田利家邸跡  ここは、織田信長の家臣であった前田利家が住んでいたと伝える屋敷の跡です。大手道に面したこ (……つづきを読む)

すべて見る

安土城の城メモ

安土城の見所や歴史などを紹介します。読みたいカードをクリックしてください。

天主台跡(安土城の天主)
見所

天主台跡(安土城の天主)

安土城の天主台跡には現在、当時使用されたとされる礎石が並んでいます。
安土城天主焼失の謎
歴史・うんちく

安土城天主焼失の謎

安土城の焼失の経緯や理由についてはいまも謎のままで、いくつかの説があります。
安土城天主 信長の館
周辺案内

安土城天主 信長の館

「安土城天主 信長の館」には安土城の5階および6階部分が復元展示されています。
安土城周辺のレンタサイクル
レンタサイクル

安土城周辺のレンタサイクル

安土城へのアクセスはJR安土駅前のレンタサイクルを利用すると便利です。
伝前田利家邸跡
見所

伝前田利家邸跡

大手道下部の右手には前田利家の屋敷跡と伝えられる場所があります。
伝徳川家康邸跡(摠見寺仮本堂)
見所

伝徳川家康邸跡(摠見寺仮本堂)

かつて徳川家康の屋敷があったと伝わる場所には現在、摠見寺の仮本堂があります。
黒金門跡
見所

黒金門跡

黒金門跡周辺は安土城の中でももっとも大きな石が使われている場所です。
伝二の丸跡
見所

伝二の丸跡

天主台の西下にあたる位置に二の丸跡と伝わる場所があります。
伝森成利邸跡、伝織田信澄邸跡
見所

伝森成利邸跡、伝織田信澄邸跡

黒金門跡のすぐ手前に森蘭丸や織田信澄の屋敷があったと伝わる場所があります。
大手道
見所

大手道

安土山の麓から山頂の天主に向かってまっすぐに伸びる道が大手道です。
伝羽柴秀吉邸跡
見所

伝羽柴秀吉邸跡

大手道下部の左手には羽柴秀吉の屋敷跡と伝えられる場所があります。
織田信長公本廟
見所

織田信長公本廟

天主跡西下の二の丸跡と伝えられる場所に織田信長の本廟があります。
大手道にある石仏
見所

大手道にある石仏

安土城大手道の石階段には、多くの石仏が使われています。
伝織田信忠邸跡
見所

伝織田信忠邸跡

安土山の中腹に織田信忠の屋敷があったと伝わる場所があります。
武井夕庵邸跡
見所

武井夕庵邸跡

山麓から大手道をまっすぐ登りきったあたりに武井夕庵の屋敷跡があります。
摠見寺三重塔
重要文化財

摠見寺三重塔

安土山の中腹には重要文化財に指定されている摠見寺三重塔があります。
摠見寺仁王門(二王門)
重要文化財

摠見寺仁王門(二王門)

百々橋口をのぼって最初に見えるのが重要文化財に指定されている摠見寺仁王門です。
城址碑
石碑・案内板

城址碑

安土城址前の交差点のところに安土城の城址碑があります。
摠見寺本堂跡
石碑・案内板

摠見寺本堂跡

百々橋口道をのぼったところに築城当時、摠見寺の本堂がありました。
東虎口
石碑・案内板

東虎口

大手門に向かって右側に薬医門か唐門をかまえた東虎口がありました。
西虎口
石碑・案内板

西虎口

大手門に向かって左には枡形虎口と平入り虎口、ふたつの虎口がありました。
本丸跡(本丸御殿跡)
石碑・案内板

本丸跡(本丸御殿跡)

安土城の本丸には天皇行幸のために信長が用意した本丸御殿がありました。
特別史跡安土城跡の案内板
石碑・案内板

特別史跡安土城跡の案内板

大手門前の案内板に書かれている安土城跡についての説明です。
織田信雄の供養塔(伝長谷川秀一邸跡)
石碑・案内板

織田信雄の供養塔(伝長谷川秀一邸跡)

長谷川秀一邸跡には織田信雄とその子孫の供養塔があります。
仏足石
石碑・案内板

仏足石

天主台跡に向かう途中、築城時に石垣として使われたとされる仏足石があります。
安土城跡ガイダンス施設(休憩所)
ガイド

安土城跡ガイダンス施設(休憩所)

大手門跡のそばに特別史跡安土城跡ガイダンス施設が設置されています。
VR安土城プロジェクト
ガイド

VR安土城プロジェクト

VR安土城のアプリを使うと安土城が健在していた当時の風景を仮想体験できます。
安土駅前の相撲やぐら
周辺案内

安土駅前の相撲やぐら

JR安土駅の南側、安土城郭資料館の前に相撲やぐらがありました。
安土城郭資料館
周辺案内

安土城郭資料館

安土城郭資料館はJR安土駅前にある安土城の城郭を主なテーマとする資料館です。
セミナリヨ跡
周辺案内

セミナリヨ跡

セミナリヨ跡は宣教師オルガンチノによって創建された目本初の神学校跡です。
滋賀県立安土城考古博物館
周辺案内

滋賀県立安土城考古博物館

安土城址から徒歩15分ほどの場所に滋賀県立安土城考古博物館があります。
安土駅前の織田信長像
周辺案内

安土駅前の織田信長像

JR安土駅前のロータリーのところに織田信長の銅像が建てられています。
安土城跡の駐車場
駐車場

安土城跡の駐車場

安土城跡には有料と無料ふたつの駐車場がありますので注意してください。
安土城の100名城スタンプ
スタンプ

安土城の100名城スタンプ

安土城の100名城スタンプは二の丸跡の信長公本廟の前に置いてあります。
安土城を舞台にした作品
関連メディア

安土城を舞台にした作品

『火天の城』など、安土城を舞台にした作品を紹介します。

安土城の観光情報

安土城の見学情報・施設案内 (更新日:2016/12/08)
項目 データ
営業時間
  • 開城時間:9:00
  • 閉城時間:16:00
料金(入城料・見学料)
  • 大人:700円
  • 高校生:700円
  • 小中学生:200円
休み(休城日・休館日)
トイレ
  • 山麓のガイダンス施設にあり
コインロッカー
写真撮影

バリアフリー

多目的トイレ設置

安土城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(29日)の天気

  • 03時
    Clouds / broken clouds
    8.11
  • 06時
    Clouds / broken clouds
    10.37
  • 09時
    Clear / clear sky
    16.94
  • 12時
    Rain / light rain
    18.19
  • 15時
    Rain / light rain
    14.81
  • 18時
    Clear / clear sky
    13.47
  • 21時
    Clear / clear sky
    8.05
  • 00時
    Clear / clear sky
    4.95

明日以降の天気(正午時点)

  • 30日
    Clear / clear sky
    20.66
  • 01日
    Rain / light rain
    18.89
  • 02日
    Clear / clear sky
    17.40

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

安土城の地図

地図アプリで見る

滋賀県近江八幡市安土町下豊浦

安土城へのアクセス

安土城へのアクセス情報
項目 データ
アクセス(電車)
  • JR琵琶湖線・安土駅から徒歩25分
アクセス(クルマ)
  • 名神高速道路・八日市ICから30分
  • 名神高速道路・竜王ICから30分
駐車場

無料

  • 安土城周辺のレンタサイクル レンタサイクル

    安土城へのアクセスはJR安土駅前のレンタサイクルを利用すると便利です。
    安土城はJR安土駅から少し離れた位置にありますが、安土駅前にレンタサイクルがあります。 3件ほどお店がありましたが、値段は「1時間200円、1日1000円」が相場のようでし (……つづきを読む)

  • 安土城跡の駐車場 駐車場

    安土城跡には有料と無料ふたつの駐車場がありますので注意してください。
    安土山の麓には無料の「入山者専用駐車場」と有料の「特別史跡安土城跡前駐車場」のふたつの駐車場があります。 「安土城址前」の交差点を曲がると手前に有料駐車場、奥に無料駐車場があります (……つづきを読む)

安土城周辺の宿・ホテル

  • 広告 アズイン東近江能登川駅前

    JR能登川駅から徒歩1分の超便利な立地。和洋食材を取り揃えた無料朝食、男女大浴場、50台収容の広びろ駐車場も完備。その他、お客様に快適にお過ごし頂く為のサービスをご用意しております。(評価:4.0、参考料金:4,450円〜)

    JR能登川駅前から徒歩1分。朝食・駐車場無料。男女大浴場も完備!(評価:4.0、参考料金:4,450円〜)

  • 広告 ホテル ニューオウミ(ホテルニューオータニアソシエイト)

    ☆Wi-fiは1GBの光回線を使用!さくさくつながります☆近江八幡のご観光はもちろんのこと、アクセス便利な近江八幡からは京都までJRで約30分、彦根まで約15分、アウトレットまでは車で20分と観光の拠点に最適(評価:3.9、参考料金:4,200円〜)

    ロビー&フロント今年2月リニューアル♪全室空気清浄器&Wi-fi完備(評価:3.9、参考料金:4,200円〜)

  • 広告 近江八幡ステーションホテル

    豪商の屋敷や白壁の土蔵がならぶ町並み散策、琵琶湖八景のひとつ水郷めぐりなど、四季の情緒あふれる近江八幡。エレガントなロビー、そして広めの客室。ゆったりとした旅にふさわしい快適ステイが実現できる(評価:3.9、参考料金:6,300円〜)

    近江商人の故郷、近江八幡。史跡探訪や水郷めぐりも。JR駅歩2分(評価:3.9、参考料金:6,300円〜)

  • 地図で周辺の宿・ホテルを表示する

安土城のモデルコース

安土城をルートに含んだモデルコースです。旅行する際の参考にしてください。

まだモデルコースがありません(情報募集中

城たび(日本全国の名城ツアーガイド)

安土城についてのコメント

安土城について、みんなで情報交換しましょう

安土城を訪問したことのある方は、付近にあるオススメのお店や宿、見どころや撮影スポットなど観光の際のポイントなどを教えてください。また、安土城の訪問を計画している方からの質問もお待ちしてますので、お気軽に書き込んでください(わかる範囲で答えてもらえるでしょう)。

なお、ここに投稿された情報や写真は城メモやブログなどで利用させていただくことがあります。攻城団のデータの充実にぜひご協力ください!

攻城団のアカウントでログインすることができます ログイン

周辺にあるお城

    • 観音寺城
    • 70 観音寺城
      • 平均評価:★★★☆☆(115位)
      • 見学時間:1時間47分(16位)
      • 攻城人数:231人(75位)
      • 城までの距離:約2km
    • 八幡山城
    • 127 八幡山城
      • 平均評価:★★★☆☆(175位)
      • 見学時間:1時間20分(75位)
      • 攻城人数:129人(123位)
      • 城までの距離:約5km
  • より多くの
    城を見る
    • 観音寺城
    • 70 観音寺城
      • 平均評価:★★★☆☆(115位)
      • 見学時間:1時間47分(16位)
      • 攻城人数:231人(75位)
      • 城までの距離:約2km
    • 箕作山城
    • 260 箕作山城
      • 平均評価:★★★☆☆(--位)
      • 見学時間:1時間6分(--位)
      • 攻城人数:6人(--位)
      • 城までの距離:約4km
  • より多くの
    城を見る

近江の著名な城

滋賀県の著名な城

このページを紹介する

ブログパーツ

  • 横幅(width)は自由に調整できます(480〜600くらいがオススメ)
  • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

サンプルを表示する

SNSやメールで紹介

このページのURLとタイトルをコピーする

安土城を本城にしている団員

以下のみなさんが安土城を本城として登録していますので、コメント欄で質問すれば助けてくれるかもしれません。

最近表示したお城

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック
トップへ
戻る