全国的にコロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者が増えています。不要不急の外出自粛が要請される中、お城へ出かけることも控えませんか。各地の医療体制が逼迫しているため、密を避ける山城であっても事故が起きた際のリスクが高まっています。当面の間はできるだけ自宅でお城の調査や歴史の勉強をしましょう。

紹介文

大洲城を近世城郭として整備したのは藤堂高虎です。藤堂高虎は宇和島城とほぼ同時進行で大洲城を普請しました。その後、1609年(慶長14年)には淡路の洲本から脇坂安治が入城し、このふたりの時代に天守をはじめとする建造物が造営されています。また脇坂安治の時代に従来の「大津」から現在の「大洲」に城名が変更されたといわれています(異説あり)。2004年(平成16年)に主に市民による寄付によって完成した木造復元天守は、戦後初の当時の工法を用いて復元されたものです。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
大洲城は「日本100名城」「重要文化財」「愛媛県三名城」「築城名人・藤堂高虎」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 重要文化財
  • 愛媛県三名城
  • 築城名人・藤堂高虎

城主の攻城メモ

大洲城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 100名城スタンプは入場券売り場で、横の売店大小2種類の御城印売っています。手書きで日付を入れてもらえました。(2020/11/02訪問)
  • 市民の寄付で復元された木造天守です。市民の熱意感じお城を攻城。(2020/10/30訪問)
  • 撮影は肱川緑地・緑地公園からがオススメです。(2020/07/24訪問)
  • 100名城スタンプは天守受付横で捺印出来ます。(2020/07/24訪問)
  • 肱川の対岸から見る大洲城は、四国一美しい城だと個人的には思います。やはり天守が四層四階というのが絶妙のバランスなのではないでしょうか。おそらく三層では低過ぎ、五層では高過ぎて、景色にしっくり溶け込まなかったような気がします。(2020/07/23訪問)
  • 天守復元の資料となった雛型は市立博物館に展示されていました。(2020/03/20訪問)
  • 木造復元天守です。 少し離れた所にも櫓があります。(2020/02/11訪問)
  • 大洲市立博物館で大洲城の展示があり、先にそちらで地理を予習してからの攻城をお勧めします。 肱川からの景観が有名ですが、天守から眺める肱川も素晴らしいです。大洲城と肱川は、防御面でもビジュアル面でも、切っても切れない名コンビと言えるでしょう。(2020/02/01訪問)
  • 皆さん 記載の通り、駅横の観光案内所(9:00~18:30)でレンタサイクルを借りると良いです。(2020/01/12訪問)
  • 大洲駅から歩いて行くと途中で右折すれば肱川の河原方面からお城へ行けるのでおすすめです。(2020/01/03訪問)
すべてを表示(43コメント)

大洲城について

大洲城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成梯郭式
縄張形態平山城
標高(比高)25 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式複合連結式層塔型
天守の階数4重4階
天守の種類復元(木造復元)天守
天守の高さ19.15 m
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ1609年(慶長14年)に脇坂安治が築いた天守は、1888年(明治21年)に老朽化により取り壊された。現在の復元天守は、大洲市市制施行50周年記念事業として2004年(平成16年)9月に竣工したもので、戦後初の当時の工法・木造で復元されたものである。本来なら建築基準法で木造では認められない規模であったが、大洲市による2年近い折衝を経て、保存建築物として建築基準法の適用除外が認められた。工事概算費用は13億円。
築城主宇都宮豊房
築城開始・完了年着工 1331年(元徳3年)
廃城年1871年(明治4年)
主な改修者藤堂高虎、脇坂安治、加藤貞泰
主な城主宇都宮氏、戸田氏(16万石)、藤堂氏(7万石)、脇坂氏(5万3500石)、加藤氏(6万石)
遺構櫓、石垣、堀
指定文化財国の重要文化財(台所櫓、南隅櫓、 高欄櫓、苧綿櫓)、県史跡
復元状況天守、多聞

更新日:2021/02/26 04:03:10

攻城団グッズ

大洲城には「攻城団チラシ」があります。入手場所など詳しくは城メモをご覧ください。

  • 大洲城 攻城団チラシ

大洲城の観光情報

大洲城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 開城時間:9:00
  • 閉城時間:17:00
  • 最終入城時間:16:30
料金(入城料・見学料)
  • 大人:500円
  • 高校生:500円
  • 小中学生:200円
  • 団体割引あり(20人以上)
休み(休城日・休館日)
  • 年中無休
トイレ
コインロッカー
写真撮影

バリアフリー

大洲城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(26日)の天気

  • 03時
    Rain / moderate rain
    7.75
  • 06時
    Rain / moderate rain
    7.92
  • 09時
    Rain / light rain
    7.48
  • 12時
    Rain / light rain
    7.15
  • 15時
    Rain / moderate rain
    7.14
  • 18時
    Rain / moderate rain
    7.32
  • 21時
    Rain / light rain
    6.64
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    6.26

明日以降の天気(正午時点)

  • 27日
    Clear / clear sky
    11.77
  • 28日
    Clouds / overcast clouds
    13.07
  • 01日
    Clouds / broken clouds
    17.10
  • 02日
    Rain / moderate rain
    12.98

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

大洲城の地図

大洲城へのアクセス

大洲城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR予讃線・伊予大洲駅から徒歩約20分
    • 伊予大洲駅観光案内所にレンタサイクルあり
  • JR予讃線・伊予大洲駅から市内循環バス(ぐるりんおおず)「市立大津病院行き」に乗り「大洲城前」バス停下車、本丸まで徒歩5分
  • JR予讃線・伊予大洲駅から伊予鉄南予バス「八幡浜港行き」または「大洲病院前行き」に乗り「桝形」バス停下車、本丸まで徒歩7分
  • JR予讃線・伊予大洲駅から宇和島自動車バス「新大洲病院前行き」に乗り「桝形」バス停下車、本丸まで徒歩7分
アクセス(クルマ)
  • 松山自動車道・大洲ICから約10分
駐車場
  • 観光駐車場(無料)
  • 市民会館駐車場(有料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    大洲城周辺の宿・ホテル

      ホテルオータ

      【お知らせ】10/1~来春までの本館改修工事に伴い、まれに騒音・振動などの発生する場合がございます。お客様には御不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解の程何卒よろしくお願い申し上げます。(評価:4.2、参考料金:4,000円〜)

      オオズプラザホテル

      ■アパ パートナーホテルズ加盟店■Aカードホテル加盟店■朝食は無料サービス■チェックアウトは11時■大洲インターより2分 ビジネス・観光に便利なホテル。(評価:4.0、参考料金:4,000円〜)

      スーパーホテル愛媛・大洲インター 天然温泉 朝霧の湯

      大洲インターから車で約2分の場所に立地!ビジネス・レジャーにもアクセス抜群!松山や宇和島へ行く拠点に!!天然温泉と健康朝食でお待ちしております!(評価:4.4、参考料金:3,670円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    大洲城の過去のイベント・ニュース

    大洲城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    • 年末年始の営業について(休みなしで営業)

    周辺にあるお城など

      • 宇和島城
      • 宇和島城
        • 平均評価:★★★★☆(23位)
        • 見学時間:1時間12分(45位)
        • 攻城人数:1589人(50位)
        • 城までの距離:約32km
      • 河後森城
      • 河後森城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:1時間1分(--位)
        • 攻城人数:347人(237位)
        • 城までの距離:約35km
    • より多くの
      城を見る

    伊予の著名な城

    愛媛県の著名な城

    大洲城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    大洲城を本城にしている団員

    以下のみなさんが大洲城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    明智光秀と近江・ 丹波 分国支配から「本能寺の変」へ (淡海文庫)

    従来、織田信長との関係性で語られることの多かった明智光秀。
    本書では近江志賀郡支配、丹波攻略における国人衆とのかかわりの中から、光秀個人の活動、歴史的位置、光秀がどういう人物であったかに着目する。
    取り上げられている書状・資料からは、「文化人」「政治家」としての光秀よりも、「武人」光秀の姿が浮かび上がってくる。

    いけだ商会さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る