紹介文

湯築城は河野氏によって築城された城です。豊臣秀吉による四国征伐の後は小早川隆景福島正則が城主となりますが、正則が国分山城に居城を移した際に廃城となりました。現在は城址全体が県立道後公園となっており、湯築城資料館が建てられているほか、堀や土塁を確認することができます。夏目漱石が通ったことでも知られる道後温泉が徒歩圏内にあり、松山城からも近い距離にあります。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
湯築城は「日本100名城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城

城主の攻城メモ

湯築城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 大手口と搦手口で大きく印象の変わる城です。搦手口側は発掘調査が行われており、武家屋敷等が忠実に再現されています。一方、大手門側は遊具などが多数設置されており、完全に子供の遊び場となっています。本丸まではあまり高さがないので、一息で登ることができます。(2019/03/19)
  • 前回に続いて行きました。但し、この日は資料館はお休み、、、(2019/03/18)
  • 路面電車も似合う城です。(2007/10/07)
  • 資料館でかわらけを見ました。(2003/09/21)
  • 時間なく展望台まで攻城できず。更に月曜のため資料館休館日。残念無念。ただし城址感満載の公園。とても落ち着ける場所。(2019/02/25)
  • 夕日の松山城を撮影しようと思い、湯築城展望台に登りました。ここは、松山城周辺を見渡すことができて、撮影スポットの一つだと思いました。また、よく手入れの行き届いたお城だと思います。(2019/01/24)
  • 湯築城資料館の方が、熱心に説明をしてくれました。「猫の足跡のある皿」があった。土塁展示室は、見応えがあります。(2017/05/24)
  • 遺構も多く戦国期の城が見れる貴重な城
  • 資料館の江守徹ナレーションのビデオが良かった。展望台から松山城を眺めたあと道後温泉へ。(2019/01/04)
  • 道後でランチをした帰りに立ち寄りました。まだ、紅葉が残っており、綺麗でした。正面入り口には門松が飾られ、正月準備が進んでいました。(2018/12/24)
すべてを表示(137コメント)

湯築城について

湯築城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成梯郭式
縄張形態平山城
標高(比高)40.4 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主河野氏、小早川氏、福島氏
築城開始・完了年着工 14世紀前半
廃城年1587年(天正15年)
主な改修者
主な城主河野氏
遺構土塁、堀
指定文化財国史跡
復元状況

湯築城の城メモ

湯築城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

湯築城の城メモ

湯築城の見所や歴史などを紹介します。読みたいカードをクリックしてください。

まだ城メモがありません(情報募集中

湯築城の観光情報

湯築城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)

無料

休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

湯築城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(24日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    5.99
  • 06時
    Clear / clear sky
    5.52
  • 09時
    Clouds / few clouds
    8.11
  • 12時
    Clear / clear sky
    10.04
  • 15時
    Clear / clear sky
    10.12
  • 18時
    Clear / clear sky
    8.17
  • 21時
    Clear / clear sky
    4.92
  • 00時
    Clear / clear sky
    2.49

明日以降の天気(正午時点)

  • 25日
    Clouds / overcast clouds
    10.36
  • 26日
    Clear / clear sky
    10.70
  • 27日
    Clouds / scattered clouds
    15.04
  • 28日
    Clouds / scattered clouds
    13.35

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

湯築城の地図

地図アプリで見る

愛媛県松山市道後町

湯築城へのアクセス

湯築城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR予讃線・松山駅から路面電車に乗り約20分、道後公園駅を下車してすぐ
    • 松山空港よりバスで約35分
    • 松山観光港よりタクシーで約40分
    • 三津浜港よりタクシーで約30分
アクセス(クルマ)
  • 松山自動車道・松山ICから約20分
駐車場

道後公園駐車場(北口、西口)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    湯築城周辺の宿・ホテル

    • CANDEO HOTELS(カンデオホテルズ)松山大街道

      「大街道駅」下車目の前、松山空港からリムジンバスで約30分ホテル最上階に展望露天風呂とスカイレストラン、ラウンジバーを完備。元ラフォーレ原宿松山跡地に誕生した商業施設「アエル松山」5F~13F(評価:4.3、参考料金:4,860円〜)

      歴史と文化の街・松山に誕生した新たな街のシンボル/全室禁煙(評価:4.3、参考料金:4,860円〜)

    • 松山ニューグランドホテル

      大浴場休業のお知らせ2019年5月7日~8月中旬まで大浴場は休業(改装のため)致します。客室はご利用頂けますが、工事期間中大浴場はご利用ができません。ご了承くださいませ。(評価:4.0、参考料金:2,700円〜)

      源泉かけ流しの天然温泉で癒されて♪官公庁、繁華街へ徒歩3分♪(評価:4.0、参考料金:2,700円〜)

    • ターミナルホテル松山

      JR松山駅より一番近いホテル!(評価:4.0、参考料金:2,540円〜)

      JR松山駅から徒歩1分♪(評価:4.0、参考料金:2,540円〜)

    • あたたかい宿 谷屋

      和みの古民家風小宿。家庭的なおもてなし、瀬戸内海の活魚と自家製野菜、三つの趣のことなる家族風呂、六つのくつろぎの客室、こだわりのブックライブラリー、魚武さんデザインの浴衣・・・。(評価:4.3、参考料金:12,570円〜)

      ~1日6室限定~3つの貸切風呂で道後の湯を満喫♪(評価:4.3、参考料金:12,570円〜)

    • 道後温泉 うめ乃や

      湯築の杜を望む湯宿で過ごす、“なにもしない”贅沢な時間。四季折々で変わる、旬の味覚を楽しめる和会席に舌鼓。趣の異なる二つの湯で楽しむ道後温泉。こだわりが詰まったギャラリーでのひと時を。(評価:4.0、参考料金:20,196円〜)

      日本三古湯・道後温泉を愉しむ…緑に囲まれた湯宿で上質な休日を。(評価:4.0、参考料金:20,196円〜)

    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    湯築城の過去のイベント・ニュース

    湯築城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    • 「戦国伊予3城連携シンポジウム」開催(愛媛県歴史文化博物館、300名、無料、事前申込不要)

    周辺にあるお城など

      • 松山城
      • 8 松山城
        • 平均評価:★★★★☆(7位)
        • 見学時間:1時間49分(17位)
        • 攻城人数:1479人(12位)
        • 城までの距離:約1km
      • 今治城
      • 89 今治城
        • 平均評価:★★★★☆(77位)
        • 見学時間:1時間16分(108位)
        • 攻城人数:982人(42位)
        • 城までの距離:約31km
    • より多くの
      城を見る

    伊予の著名な城

    愛媛県の著名な城

    湯築城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    湯築城を本城にしている団員

    以下のみなさんが湯築城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る