紹介文

松前城は北海道唯一の城であると同時に、石田城と並び日本における最後期の旧式城郭(和式城郭)です。もともと松前氏は無城主大名でしたが、幕末にロシア艦隊などが来航すると幕府は北方警備を目的に松前崇広に築城を命じました。松前城の最大の特徴は、津軽海峡に向けて砲台を設置したことです。ただし城の防御能力はそれほど高くなかったようで、戊辰戦争の最末期に元新選組の土方歳三が率いていた旧幕府軍に攻められ、わずか数時間で落城させられました。なお、本丸御門は国の重要文化財に指定されています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
松前城は「日本100名城」「旧国宝24城」「重要文化財」「さくらの名城めぐり」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 旧国宝24城
  • 重要文化財
  • さくらの名城めぐり

松前城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

松前城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 近世の城らしく砲台跡があります。砲台を造ったのはいいものの海上から大砲を撃ち込まれることはあまり想定していなかったようで、海上近くに城を築いてしまい、海上からの砲撃でボコボコにやられてしまったそうです。(2019/08/23)
  • 函館から宗谷岬まで自転車ツーリングをしたときに寄りました。(2009/07/12)
  • 五稜郭公園入口のバス停から松前方面のバスで約3時間で到着。本丸御殿玄関、表門の歴史的建造物に加え、三重櫓や搦め手門などの復元建造物も楽しめました。かなりの種類と数の桜が植えられており、桜の時期に又来たいお城です(2019/09/20)
  • 天守内は資料館。付近には道の駅北前船があり。(2014/09/20)
  • あまり時間が取れず駆け足の攻城でしたが、石垣が良く残っています。整備状態も良いので、いずれゆっくりと見てみたいです。(2019/04/21)
  • 夏は黒い服で行くとアブに集られます(2019/08/09)
  • 時期的に人が少なく落ち着いて見学できました。 天守最上階から眺める海の景色、緑色凝灰岩(グリーンタフ)の石垣が素晴らしかったです。 すぐ近くの道の駅「北前船松前」には、「松前福山波止場跡」があります。明治期に松前城が解体された際の石垣を利用して造られたそうです。波止場には、岩礁ピット・木杭跡が残って……(2019/07/28)
  • 城跡敷地内に旧国鉄松前線のトンネル跡があります、もう線路はありませんがその痕跡を見ることもできます(2019/07/15)
  • 城址駐車場(41.4295999, 140.1105298)を利用して攻城。天神坂を登り、三の丸から本丸へ。城域はかなり広く至る所で石垣が遺っています。桜の時期に是非再訪したい。(2019/05/29)
  • 函館から海岸線をドライブして行きました。(2016/05/17)
すべてを表示(120コメント)

松前城について

松前城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態平山城
標高(比高)22 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式独立式層塔型
天守の階数3重3階
天守の種類復元(外観復元)天守
天守の高さ16.5 m
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ1854年(安政元年)に松前崇広が築いた3重3階の独立式層塔型天守は、戊辰戦争の際に旧幕府軍から砲撃され、その弾痕を残しながらも保存され、旧国宝にも指定されていたが、1949年(昭和24年)に町内で発生した火災によって類焼した。現在あるのは1960年(昭和35年)に復元されたものであるが、外観は忠実に再現されている。
築城主松前慶広
築城開始・完了年着工 1600年(慶長5年) 〜 竣工 1606年(慶長11年)
廃城年1875年(明治8年)
主な改修者松前崇広
主な城主松前氏
遺構本丸御門、御殿玄関、石垣、土塁、堀
指定文化財国の重要文化財(本丸御門)、国史跡、北海道有形文化財(御殿玄関)
復元状況天守

更新日:2019/11/22 01:49:14

松前城の城メモ

松前城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

松前城の観光情報

松前城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 開城時間:9:00
  • 閉城時間:17:00
  • 最終入城時間:16:30
料金(入城料・見学料)
  • 大人:350円
  • 小中学生:230円
  • 幼児・乳児:無料
  • 団体割引あり(15名以上)
休み(休城日・休館日)

12月11日〜4月9日

トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

松前城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(22日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    6.32
  • 06時
    Rain / light rain
    7.09
  • 09時
    Rain / light rain
    7.97
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    8.55
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    8.65
  • 18時
    Clouds / scattered clouds
    8.17
  • 21時
    Clouds / broken clouds
    8.39
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    8.24

明日以降の天気(正午時点)

  • 23日
    Clear / clear sky
    10.85
  • 24日
    Clouds / broken clouds
    13.66
  • 25日
    Snow / light snow
    1.14
  • 26日
    Clouds / scattered clouds
    2.54

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

松前城の地図

地図アプリで見る

北海道松前郡松前町松城144

松前城へのアクセス

松前城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR江差線・木古内駅から函館バス「松前行き」で約1時間30分、「松城」下車、徒歩約10分
アクセス(クルマ)
駐車場

無料

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    松前城周辺の宿・ホテル

      温泉旅館矢野

      北海道唯一の城下町、松前で創業から60年以上を数える老舗温泉旅館です。眼前に広がる津軽海峡で水揚げされた新鮮な海の幸をはじめとした料理でおもてなしいたします。(評価:3.9、参考料金:7,700円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    松前城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 勝山館
      • 勝山館
        • 平均評価:★★★☆☆(161位)
        • 見学時間:56分(174位)
        • 攻城人数:212人(250位)
        • 城までの距離:約41km
      • 五稜郭
      • 五稜郭
        • 平均評価:★★★★☆(32位)
        • 見学時間:1時間29分(38位)
        • 攻城人数:1264人(43位)
        • 城までの距離:約67km
    • より多くの
      城を見る

    蝦夷の著名な城

    北海道の著名な城

    松前城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    松前城を本城にしている団員

    以下のみなさんが松前城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    新田氏支流里見氏―榛名町里見氏の系譜と旧跡

    この本は千葉県ではなく、群馬県で手に入れたものです。里見郷累代は列伝形式で記されています。その後の里見氏として南総里見氏などに触れ、群馬県榛名町の里見氏関連跡が紹介されていて、地方出版ものの見本のような本でうれしくなりました。

    まーPさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る