紹介文

勝山館は蠣崎信広が築いた城として知られています。信広とその子光広の時代には蠣崎氏の本拠地とされていましたが、1514年(永正11年)に光広が松前の徳山館に本拠を移転して以降は、主要な副城として使われました。その際、「脇館」の名を転じて「和喜の館」と称されていたそうです。現地の発掘調査の結果、国内外産陶磁器や金属製品、木製品など多数の出土品が見つかっており、また当時アイヌの人々が使っていた骨角器も出土していることから、この館でアイヌ人と本州人が混住していた可能性が指摘されており、近年注目されています。1977年(昭和52年)に「上之国館跡 勝山館」の名称で国の史跡に指定されています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
勝山館は「続日本100名城」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城

勝山館をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

勝山館を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • よく整備されており、館の構造が非常にわかりやすいです。 大手門付近が迫力満点です。 ヒグマが出るそうなので、人のいるガイダンス施設開館中の時間帯で訪れた方がいいかもしれません。(2020/08/23訪問)
  • 勝山館ガイダンス施設にある資料映像は、受付の方にお声がけすると放映してくれます。(2020/08/10訪問)
  • スタンプは勝山館跡ガイダンス施設にあります。堀・建物跡の礎石・再現された柵等見どころが多いです。涼しいので夏場でもおすすめです。(2019/08/25訪問)
  • 続100名城のスタンプが置いてある勝山館跡ガイダンス施設は16:00で閉まるのでご注意ください。(2015/08/01訪問)
  • 勝山館は国道228号「道の駅上の国もんじゅ」から100m程東に向かい右手前方向へと右折します(道路に案内有)。道なりに1km程坂を上がっていくと左手に「勝山館跡ガイダンス施設」があります。ここに車を駐車して下っていくと遺構があります。ここは史跡公園として整備されており礎石や井戸などがありしっかり表示もされており訪問者にとって言うこと無しです。(2019/07/21訪問)
  • ガイダンス施設の駐車場の利用しました。良く整備されており、解説板の類いも充実していて、往時の状態がイメージしやすいです。大手門跡外の二重堀はなかなか良い感じ。(2019/04/21訪問)
  • ガイダンス施設の駐車場を利用しました。施設内は、ビデオ、ジオラマ、発掘現場の再現など充実しており楽しめました。 城址は整備がされており、案内板も多く分かりやすかったです。ガイダンス施設のビデオを見てから行ったので理解が深まりました。 夷王山神社からは鳥居越しに勝山館が見えます。海も見渡せ素晴らしい眺望でした。(2019/07/28訪問)
  • 搦手門から入ることになりますがガイダンスから500mで館跡に行けます。ただし北海道ですから500mでも山道は熊鈴を持って行くことをお薦めします(2019/07/15訪問)
すべてを表示(28コメント)

勝山館について

勝山館に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)128 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主武田(蠣崎)信廣
築城開始・完了年着工 1470年(応仁4年)頃
廃城年
主な改修者
主な城主武田(蠣崎)信廣
遺構曲輪、土塁、堀、井戸
指定文化財国史跡
復元状況木橋、柵列

更新日:2021/10/24 03:57:27

勝山館の観光情報

勝山館の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 勝山館跡ガイダンス施設の開館時間:10:00~16:00
料金(入城料・見学料)
  • 以下は勝山館跡ガイダンス施設の入館料
  • 大人:200円
  • 子供:100円
  • 団体割引あり(2割引)
休み(休城日・休館日)
  • 以下は勝山館跡ガイダンス施設の休館日
  • 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
  • 祝日の翌日
  • 4月第4土曜日~11月第2日曜日以外の期間は休館
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

勝山館の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(24日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    11.90
  • 06時
    Clouds / broken clouds
    11.64
  • 09時
    Clouds / scattered clouds
    13.69
  • 12時
    Clear / clear sky
    14.50
  • 15時
    Clear / clear sky
    14.11
  • 18時
    Clear / clear sky
    12.83
  • 21時
    Clear / clear sky
    12.07
  • 00時
    Clear / clear sky
    11.81

明日以降の天気(正午時点)

  • 25日
    Clear / clear sky
    14.93
  • 26日
    Clouds / scattered clouds
    15.63
  • 27日
    Clouds / overcast clouds
    15.12
  • 28日
    Rain / light rain
    13.63

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

勝山館の地図

勝山館へのアクセス

勝山館へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR函館本線・函館駅から函館バスに乗り「原歌」バス停下車、徒歩26分
  • JR北海道新幹線・新函館北斗駅から函館バスに乗り「原歌」バス停下車、徒歩26分
  • JR北海道新幹線/道南いさりび鉄道・木古内駅から函館バスに乗り「原歌」バス停下車、徒歩26分
アクセス(クルマ)
  • 上ノ国町市街地から国道228号線で松前方面へ、道の駅手前を左折、役場から車で約10分
駐車場

あり(無料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    勝山館周辺の宿・ホテル

      ホテルニューえさし

      江差町はもちろん、桧山管内の観光の拠点に最適です。ホテルのそばには多くの飲食店があり、地物の魚料理や郷土料理をお楽しみいただけます。飲食店情報はホテルスタッフにお気軽にお尋ねください。(評価:不明、参考料金:3,270円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    勝山館の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 松前城
      • 松前城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:1時間4分(--位)
        • 攻城人数:794人(145位)
        • 城までの距離:約41km
      • 五稜郭
      • 五稜郭
        • 平均評価:★★★★☆(--位)
        • 見学時間:1時間19分(--位)
        • 攻城人数:1810人(45位)
        • 城までの距離:約54km
    • より多くの
      城を見る

    蝦夷の著名な城

    北海道の著名な城

    勝山館といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    勝山館を本城にしている団員

    以下のみなさんが勝山館を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    天地雷動 (角川文庫)

    「長篠の合戦」を武田信玄の死から書き起こし克明に描く。勝頼は信玄の遺産である宿老たちを掌握できず苛立ち、家康は武田の圧力に対抗するため信長との同盟に神経をすり減らし、秀吉は信長の戦略を実現するために知恵を振り絞り奔走する。「鉄砲の三段撃ち」は武田軍が突撃してこなければ成り立たない。なぜ勝頼はそうしたのか、そこにいたる過程を様々な視点から描いていて見事だ。宮下帯刀ら戦の最前線に立つ地侍や足軽の戦いの様子も描かれている。また、長篠城、高天神城をはじめ数多くの城が登場し築城や攻城戦の様子が描かれている。

    こめつぶさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る