紹介文

志苔館は小林氏によって築かれたとされる館で、道南十二館の中でもっとも東端にあります。1456年(康正2年)にアイヌの蜂起があり攻め落とされました。その後、再び小林氏が館に居住していましたが、1512年(永正9年)に再度蜂起したアイヌの攻撃で陥落し、館主の小林彌太郎良定が討死したといわれています。以降は小林氏が松前藩に従属したために廃館となりました。館跡は函館市により発掘調査および整備がなされており、館を囲む土塁や二重堀切などの遺構が確認できます。また発掘調査で出土した銅銭は市立函館博物館で所蔵し常設展示されています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
志苔館は「続日本100名城」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城

城主の攻城メモ

志苔館を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 朝一で攻城しましたが、前夜に軽く雪が積もってしまい、何だかよく分からない状態に。山でもないしいつか夏に来たいです。(2018/11/23)
  • わかりにくい場所で2回通り過ぎました。(2018/10/11)
  • 駐車スペースはわずかです。1台、2台。先に進むと私有地でUターン出来ません。眺めよし(2018/11/04)
  • 11/3からちょっとまとまった休暇が取得できたので、妻と共にフルムーンきっぷを利用し、北海道&東北の続100名城制覇を試みる。 前日に鉄道で函館入り、朝市で朝食を頂いたあとレンタカーで志苔館へ向かう。車を近くにある”ふれあい広場”の駐車場に停め攻城開始。 土塁等の遺構がしっかり残っていると思います。……(2018/11/04)
  • 雪の夜にショートステイ 真っ暗でしたが、続百名城のスタンプはいつでも押せるようになってました。(2018/11/23)
  • レンタカーにて訪問。想像以上に高い土塁、遺構はきれいに整備されています。眺望も素晴らしく、日が暮れるまで1時間滞在しました。(2018/10/24)
  • 函館駅から函館バス7系統で志海苔バス停まで約30分。遺構が良く残っていて、帰りのバスの時間まで楽しんでグルグル歩き回りました。高台にあるので景色が良いです。下北半島が望めました。(2018/10/28)
  • 景色がよい。よく整備されている。(2018/10/19)
  • 土塁が綺麗に残っています。 景色がイイですね~。(2018/10/19)
  • 宿泊した湯の川温泉から直接向かう。 堀の草地が水溜まりで泥濘んでいたので深入りせず(2018/10/08)
すべてを表示(43コメント)

志苔館について

志苔館に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成複郭式
縄張形態丘城平山城
標高(比高)25 m( 25 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主小林重弘
築城開始・完了年着工 南北朝時代
廃城年1512年(永正9年)頃
主な改修者
主な城主小林氏
遺構空堀、土塁、曲輪、堀切、土橋、虎口、建物跡、井戸跡
指定文化財国史跡
復元状況

志苔館の城メモ

志苔館の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

志苔館の城メモ

志苔館の見所や歴史などを紹介します。読みたいカードをクリックしてください。

まだ城メモがありません(情報募集中

志苔館の観光情報

志苔館の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

志苔館の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(24日)の天気

  • 03時
    Clear / clear sky
    0.07
  • 06時
    Snow / light snow
    0.36
  • 09時
    Snow / light snow
    0.82
  • 12時
    Clear / clear sky
    1.06
  • 15時
    Snow / light snow
    0.24
  • 18時
    Clouds / scattered clouds
    -0.46
  • 21時
    Clear / clear sky
    -1.01
  • 00時
    Clear / clear sky
    -0.35

明日以降の天気(正午時点)

  • 25日
    Rain / light rain
    6.41
  • 26日
    Rain / light rain
    5.93
  • 27日
    Clouds / broken clouds
    3.96

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

志苔館の地図

地図アプリで見る

北海道函館市志海苔町

志苔館へのアクセス

志苔館へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 函館バス「志海苔」バス停下車、徒歩5分
アクセス(クルマ)
  • 函館市内から25分
駐車場
  • なし(駐車スペースはあります)
  • 近隣の「空港緑地志海苔ふれあい広場」の駐車場(無料、52台)も利用可能

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    志苔館周辺の宿・ホテル

    • ホテルテトラ湯の川温泉

      温泉付きのビジネスホテル。ちょっと熱めの天然温泉100%。加温・加水なしの完全かけ流し。建物は古いが空港から車で5分と立地もよく無料駐車場完備。(大型バス、大型トラックは別途1080円頂戴いたします。)(評価:4.1、参考料金:2,400円〜)

      元気に営業中!ぜひ函館へ!源泉掛け流しが自慢のビジネスホテル(評価:4.1、参考料金:2,400円〜)

    • イマジン ホテル&リゾート函館

      【改修工事のご案内】2017年10月から2019年3月まで、耐震補強・リニューアル工事を行っております。工事内容は時期により変動するため、ご不明な点はお問い合わせ下さいませ。(評価:4.2、参考料金:6,500円〜)

      海辺に立地し、自家源泉かけ流しの豊富な湯量が自慢の温泉リゾート(評価:4.2、参考料金:6,500円〜)

    • 湯の川温泉 笑 函館屋

      全26室の小さなお宿『笑(えみ)函館屋』ウェルカムソフトクリームが大好評♪無料駐車場完備でお車でも安心☆夕食は旬のネタを寿司コースで。源泉100%かけ流し温泉で湯浴みステイ。~心を込めたおもてなし~(評価:4.3、参考料金:6,480円〜)

      笑がこぼれる・くつろぐ・食を愉しむ・湯浴でのんびり・小さなお宿(評価:4.3、参考料金:6,480円〜)

    • 竹葉新葉亭

      閑静な佇まいの純和風旅館。北海道味覚満載の会席料理が自慢。温泉は木の香りの竹林の湯と矛らかな雰囲気の萬葉の湯の2つ。床に敷かれた天然鉱石(日本初採用)が遠赤外線を発し血行促進効果を。(評価:4.3、参考料金:11,664円〜)

      純和風の佇まいで北海道の山海の幸をご堪能できる料理自慢の宿(評価:4.3、参考料金:11,664円〜)

    • 函館湯の川温泉ホテル河畔亭

      ◎朝食でマスイクラやホタテなどが食べ放題(2019年8月末まで)●源泉かけ流しの温泉を満喫●期間限定小学生無料プラン有●檜の香りが漂う内風呂 錦鯉泳ぐ庭園露天風呂●団体様少なめ。駐車場無料(評価:4.3、参考料金:4,500円〜)

      朝食でマスイクラやホタテ等が食べ放題☆小学生無料プランも人気(評価:4.3、参考料金:4,500円〜)

    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    志苔館の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 五稜郭
      • 34 五稜郭
        • 平均評価:★★★★☆(72位)
        • 見学時間:1時間27分(70位)
        • 攻城人数:960人(45位)
        • 城までの距離:約6km
      • 勝山館
      • 414 勝山館
        • 平均評価:★★★☆☆(212位)
        • 見学時間:56分(280位)
        • 攻城人数:128人(281位)
        • 城までの距離:約60km
    • より多くの
      城を見る

    蝦夷の著名な城

    北海道の著名な城

    志苔館といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    志苔館を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る