紹介文

五稜郭は江戸時代末期に13代将軍・徳川家定の命により建造された稜堡式の城郭です。日米和親条約締結による箱館開港に伴い、防衛力の強化を目的に築かれました。「五稜郭」とは当時日本で建造された星形城郭の通称で、建造中の名称は「亀田御役所土塁(かめだおんやくしょどるい)」、完成後の名称は「箱館御役所(はこだておんやくしょ)」です。日本初のフランス築城方式の要塞で、洋式軍学者の武田斐三郎が設計を担当しましたが、費用不足もあって当初の計画よりも規模が縮小されました。なお幕末の動乱期には土方歳三隊が占拠し、「箱館戦争」の舞台になったことでも知られています。現在は五稜郭公園として整備されており、箱館奉行所が復元されています。また、隣接する五稜郭タワーから五稜郭の全景を臨むことができます。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
五稜郭は「日本100名城」「さくらの名城めぐり」「星形要塞」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • さくらの名城めぐり
  • 星形要塞

五稜郭をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

五稜郭を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 手漕ぎボートが気持ちいいです。桜の時期はとても綺麗ですが、至るまでの道が大変混雑しますのでご注意を。
  • この時期当たり前ですが、17時にはタワーの上から見ても暗くてよく見えません。ライトアップは12月から。(2019/11/12)
  • 日本の城の中でも珍しい西洋式の城です。 地上から見るとよくわかりませんが、五稜郭タワーから見るととてもきれいな形をしています。 近世の城だけあって砲台もあります。(2019/08/24)
  • 土方歳三さん好きにはぜひ
  • 桜の開花時がおススメです。(1990/06/25)
  • 五稜郭タワー必須 あとは堀の周りを歩いて回って景色を楽しみました(2018/07/26)
  • 100名城スタンプはタワーの団体受付です。(2019/09/10)
  • 函館駅から五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバスで「五稜郭タワー前」下車、徒歩30秒が一番オススメ(2019/08/08)
  • 訪問した時、係の方々が草刈りをされていました。こういう方々のおかげで気持ちよく見学させていただいています。ありがとうございます。(2019/07/22)
  • 復元された箱館奉行所が展示も外観や内装も素晴らしいので、一見の価値あり。(2019/08/13)
すべてを表示(226コメント)

五稜郭について

五稜郭に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成稜堡式
縄張形態
標高(比高)13.8 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:25 ha
築城主江戸幕府
築城開始・完了年着工 1857年(安政4年) 〜 竣工 1866年(慶応2年)
廃城年1869年(明治2年)
主な改修者
主な城主
遺構石垣、水堀、胸壁、厩
指定文化財特別史跡
復元状況

更新日:2020/01/19 01:53:26

五稜郭の観光情報

五稜郭の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 開城時間:5:00
  • 閉城時間:19:00(11月~3月:18:00)
料金(入城料・見学料)
  • 公園内無料
  • 箱館奉行所は有料(一般500円、学生250円)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

五稜郭の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(19日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    -0.38
  • 06時
    Snow / light snow
    -0.74
  • 09時
    Snow / light snow
    -0.25
  • 12時
    Snow / snow
    0.49
  • 15時
    Snow / snow
    0.47
  • 18時
    Snow / light snow
    0.75
  • 21時
    Snow / light snow
    0.82
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    2.11

明日以降の天気(正午時点)

  • 20日
    Snow / light snow
    2.84
  • 21日
    Clouds / few clouds
    -0.53
  • 22日
    Clouds / overcast clouds
    1.40
  • 23日
    Rain / light rain
    4.99

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

五稜郭の地図

地図アプリで見る

北海道函館市五稜郭町44

五稜郭へのアクセス

五稜郭へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 函館市電2系統、5系統「五稜郭公園前駅」徒歩15分
  • 函館駅前より函館バス106ループ系統「中央図書館前」下車
アクセス(クルマ)
  • 北海道道571号・五稜郭公園線
  • 道央自動車道・国縫IC
駐車場

なし※周辺に有料駐車場あり

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    五稜郭周辺の宿・ホテル

      アネックスホテルテトラ

      函館の中心繁華街に立地。「五稜郭公園」は徒歩圏内オーシャンスタジアム・陸上競技場や結婚式場が近くビジネスから団体のお客様まで、便利&気軽に泊まれるホテル。静かにお休み頂けます。WiFi完備(評価:3.4、参考料金:1,800円〜)

      湯元 啄木亭

      冬のあったかバイキング開催中!■館内の庭園はインスタポイント★最上階の露天風呂は最高の開放感と絶景を■札幌⇔函館間の送迎バスは週3便運行中■函館空港・函館駅から車で15分と好アクセスの立地です(評価:3.9、参考料金:6,050円〜)

      函館天然温泉 ルートイングランティア函館駅前

      平素より当ホテルをご愛顧賜り誠にありがとうございます。ホテル内大浴場の工事を実施致します。期間におきましては、男女入れ替え制とさせて頂きます。詳細は宿からのお知らせに記載しております。(評価:4.0、参考料金:4,000円〜)

      函館リッチホテル五稜郭

      最大23時間スティ♪500ポイントを貯めてその場で5.000円キャシュバックがうれしい。五稜郭タワーまで徒歩2分。函館の繁華街本町までも徒歩5分とアクセスに人気を誇っています。(評価:3.8、参考料金:2,450円〜)

      函館天然温泉 ルートイン グランティア函館五稜郭

      最上階にある大浴場は五稜郭エリア唯一の天然温泉!高層階には寛ぎを重視したコンフォートルームもあり★空調は全室個別で快適ステイ!ロビーで薫り高いウェルカムコーヒーを♪函館空港・函館駅送迎バス有り(評価:3.9、参考料金:3,375円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    五稜郭の過去のイベント・ニュース

    五稜郭では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 志苔館
      • 志苔館
        • 平均評価:★★★☆☆(238位)
        • 見学時間:35分(265位)
        • 攻城人数:258人(234位)
        • 城までの距離:約6km
      • 勝山館
      • 勝山館
        • 平均評価:★★★☆☆(162位)
        • 見学時間:57分(173位)
        • 攻城人数:219人(255位)
        • 城までの距離:約54km
    • より多くの
      城を見る

    蝦夷の著名な城

    北海道の著名な城

    五稜郭といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    五稜郭を本城にしている団員

    以下のみなさんが五稜郭を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    悪党の裔〈上〉 (中公文庫)

    治安の悪化に伴い悪党が現れ始めた鎌倉末期。
    主人公・赤松円心の播磨を中心に畿内全体へと展開していく物語です。
    天下を決するような戦はできないが、せめて自分の存在で重要な戦の行方を左右したい。そんなことを考えながら、暴れるべき時は暴れ、耐えるべき時は耐えた。
    倒幕の流れを汲んだ足利尊氏に加担し、九州に落ちた尊氏を追討する新田の行軍を引き付けに引き付けます。
    絶対に落ちない城、白旗城の築城のシーンが描いかれており、白旗城の名前の由来がこの小説を読んでわかりました。
    『悪党の戦旗 嘉吉の乱始末 』、『残月―竹田城最後の城主、赤松広英』をあわせ、播磨赤松三部作と言えると思います。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る