紹介文

根城は南北朝時代に築かれた中世の城郭で、日本100名城に選ばれています。代々、南部氏の居城として利用されました。現在は「史跡 根城の広場」として公園化されており、本丸跡には発掘調査の成果をもとに主殿や工房などが復元されています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
根城は「日本100名城」「おんな城主」「青森県三名城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • おんな城主
  • 青森県三名城

根城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

根城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 石垣や天守閣は無く土の城といった感じだが、大きな空堀や鍛冶場などが再現されており見所は十分でした(----訪問)
  • 大変きれいに整備されていました。関係の方、大変ありがとうございました。やはり博物館に寄ってからのほうが感動大です。(2019/04/29訪問)
  • 博物館と本丸を合わせて80分で廻りましたが、博物館の展示が充実しているので、少し駆け足になってしまいました。復元によって中世城郭のイメージがしっかりとできます。ゆっくりと廻れる時間を確保して計画を立てることをオススメします。(2020/10/25訪問)
  • 本八戸駅からタクシーで攻城しまして、料金は1200円程度でした。バスもありますが、降雨と時間を考えれば楽です。八戸市博物館では荷物を預かって頂けるので助かりました。受け付けの女性の対応も良くて気持ちよく見学させて頂きました。(2020/09/25訪問)
  • しっかりと管理された芝生が第一印象。 その中に復元された建物があり、城址をイメージしながら廻りました。(2020/08/28訪問)
  • 八戸駅から博物館までバスで行きました。バスの運転手さんから博物館の拝観料のクーポンがいただけます。(2020/08/08訪問)
  • 三戸からバスで博物館前で下車。博物館側から攻城すると気づきにくいが台地の先端に築かれているいることがわかる。女城主についても展示されており、攻城団に入団して城の知識が増えたことを実感した。(2019/12/01訪問)
  • ゴルフ場のような芝の綺麗な城址。堀や館跡が良く整備されている。本丸の西側の堀がかなり深くここは見ないとですね。(2019/09/01訪問)
  • とても広く気持ちの良いお城でした。土塁だけでなく、復元された建物もとても見応えがありました。(2019/04/26訪問)
  • 月曜日は城も博物館も休場日です。 スタンプだけは管理事務所に電話して押せましたが、もう一度登城しなくては。(2019/08/19訪問)
すべてを表示(40コメント)

根城について

根城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態平山城
標高(比高)24.4 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主南部師行
築城開始・完了年着工 1334年(建武元年)
廃城年1627年(寛永4年)
主な改修者
主な城主南部氏
遺構土塁、堀、井戸
指定文化財国史跡
復元状況主殿、中馬屋、工房、 鍛冶工房、板倉、納屋、東門

更新日:2021/10/24 03:49:00

攻城団グッズ

根城には「攻城団チラシ」があります。入手場所など詳しくは城メモをご覧ください。

  • 根城 攻城団チラシ

根城の観光情報

根城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 開城時間:9:00
  • 閉城時間:17:00
  • 最終入城時間:16:30
料金(入城料・見学料)
  • 大人:250円
  • 高校生・大学生:150円
  • 小中学生:50円
  • 団体割引あり
  • 博物館との共通券あり
休み(休城日・休館日)
  • 月曜日(第一月曜日・祝日の時は開館)
  • 祝日の翌日(土・日曜日の時は開館)
  • 年末年始
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

根城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(24日)の天気

  • 03時
    Clouds / scattered clouds
    7.05
  • 06時
    Clouds / scattered clouds
    7.41
  • 09時
    Clouds / few clouds
    13.61
  • 12時
    Clear / clear sky
    16.65
  • 15時
    Clouds / few clouds
    15.85
  • 18時
    Clear / clear sky
    11.76
  • 21時
    Clear / clear sky
    9.97
  • 00時
    Clear / clear sky
    8.95

明日以降の天気(正午時点)

  • 25日
    Clouds / scattered clouds
    17.46
  • 26日
    Clouds / overcast clouds
    17.56
  • 27日
    Clouds / overcast clouds
    17.68
  • 28日
    Clouds / scattered clouds
    18.41

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

根城の地図

根城へのアクセス

根城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR東北本線/東北新幹線・八戸駅から南部バス「司法センター経由」で約15分、「博物館前」下車、徒歩約5分で本丸跡
アクセス(クルマ)
  • 八戸自動車道・八戸IC
駐車場

無料

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    根城周辺の宿・ホテル

      コンフォートホテル八戸

      【感染症予防対策を実施中】安心のホテルブランドを八戸でも!コンフォートブランドは全室禁煙ルーム◆彩り豊かな朝食サービスとウェルカムドリンクサービス◆快眠にこだわったオリジナル寝具を全室で完備(評価:4.4、参考料金:2,400円〜)

      ダイワロイネットホテル八戸

      八戸市の中心部に位置しアクセス抜群。ホテル1階にコンビニ、夕食会場あり。ルームサービスもやっています。朝食会場は2020年3月リニューアルオープンし朝食ビュッフェでクチコミ高評価!(評価:4.3、参考料金:3,350円〜)

      ホテルテトラ八戸

      男女別小浴場有り。男性浴場にはサウナ・水風呂付!バス・トイレ・冷蔵庫・Wi-Fi完備。徒歩3分以内にスーパー・コンビニ有レストラン・浴室の混雑状況管理と利用時間の分散化へのお願いをしています。(評価:4.0、参考料金:2,900円〜)

      グランドサンピア八戸

      客室から市街地の夜景を一望、八戸の『食』と『温泉』でリゾート気分を満喫、クチコミ好評価の天然温泉◎ CS放送無料、八戸インター3分、駐車場あり(普通車無料、大型車有料)(評価:3.8、参考料金:3,850円〜)

      東横INN八戸駅前

      八戸市繁華街まで車で20分、電車で約10分。安心・快適・清潔なお部屋をリーズナブルな料金でご利用頂けます!朝食の手作りの郷土料理の汁物、ご好評です♪(評価:3.7、参考料金:2,100円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    根城の過去のイベント・ニュース

    根城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 九戸城
      • 九戸城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:54分(--位)
        • 攻城人数:476人(212位)
        • 城までの距離:約29km
      • 浪岡城
      • 浪岡城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:48分(--位)
        • 攻城人数:480人(211位)
        • 城までの距離:約75km
    • より多くの
      城を見る

    陸奥の著名な城

    青森県の著名な城

    根城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    根城を本城にしている団員

    以下のみなさんが根城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    天地雷動 (角川文庫)

    「長篠の合戦」を武田信玄の死から書き起こし克明に描く。勝頼は信玄の遺産である宿老たちを掌握できず苛立ち、家康は武田の圧力に対抗するため信長との同盟に神経をすり減らし、秀吉は信長の戦略を実現するために知恵を振り絞り奔走する。「鉄砲の三段撃ち」は武田軍が突撃してこなければ成り立たない。なぜ勝頼はそうしたのか、そこにいたる過程を様々な視点から描いていて見事だ。宮下帯刀ら戦の最前線に立つ地侍や足軽の戦いの様子も描かれている。また、長篠城、高天神城をはじめ数多くの城が登場し築城や攻城戦の様子が描かれている。

    こめつぶさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る