紹介文

白河小峰城は日本100名城のひとつで、東北では珍しい総石垣造りの城です。盛岡城、会津若松城とともに東北三名城のひとつにも数えられています。天守相当の御三階櫓は戊辰戦争の際に焼失しましたが、1991年(平成3年)に復元されました。この御三階櫓は数少ない木造復元天守のひとつで、JR白河駅のホームからもよく見えます。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
白河小峰城は「日本100名城」「福島県三名城」「東北三名城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 福島県三名城
  • 東北三名城

城主の攻城メモ

白河小峰城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • コロナ対策で御三階櫓の2階以上は登れませんでしたが、復元構造物や大規模な石垣、小峰城歴史家のVRシアターなど色々楽しめました。(2020/09/20訪問)
  • 何時見ても惚れ惚れする石垣をゆっくり味わいたかったのですが、天気が悪化したため急いで攻城。 ここの御城印200円って珍しいですね(2020/09/10訪問)
  • コロナ対策で二層以上の見学中止。天気が良かったのに風景見られず。(2020/09/05訪問)
  • 城だけでなく城下や戊辰戦争跡もめぐると良いかと思います(2019/09/15訪問)
  • 2度目の訪問です。前回は震災被害で本丸に入れず、今回はコロナ禍の影響で御三階櫓は1階のみ見学が可能で、2階から上へ行くことができませんでした。もう1度来るようにということでしょう。(2020/08/07訪問)
  • 朝一で攻城。御三階櫓は相変わらず見栄えがよいです。スタンプは集古園で押しました。御城印は二の丸茶屋で買えるそうですが朝早すぎたため諦めました。(2020/07/25訪問)
  • 17:00には天守が閉まってしまうので注意(2019/11/12訪問)
  • 三重櫓は天井も注目、木組みがすごいです。(2020/02/23訪問)
  • 白河駅から歩いてすぐですし、駐車場も広いです。石垣の復興もかなりすすみ、りっぱな資料館が出来ていました。御城印は二ノ丸茶屋で買えます。定休日の水曜日は駅前の観光物産の事務所で買うことができます。(2020/01/08訪問)
  • ホームから見える立派な高石垣に最初からテンション上がります。白河駅の観光案内所で「街歩きマップ」を入手すれば、街中に残る鉤形や土塁・堀・石垣を巡ることが出来ます。 案内所のレンタサイクル(無料)で白河藩主・松平定信が築造の「南湖公園」、歴代城主が参籠した鹿嶋神社も観光しました。(2019/12/14訪問)
すべてを表示(285コメント)

白河小峰城について

白河小峰城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成梯郭式
縄張形態平山城
標高(比高)370 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式複合式望楼型
天守の階数3重3階
天守の種類復元(木造復元)天守
天守の高さ14 m
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ1632年(寛永9年)に丹羽長重によって築かれた3重3階の独立式層塔型天守(御三階櫓)は1868年(慶応4年)の戊辰戦争で焼失した。その後、1991年(平成3年)に木造復元された。
築城主結城親朝
築城開始・完了年着工 1340年(暦応3年)
廃城年1871年(明治4年)
主な改修者丹羽長重
主な城主結城氏、蒲生氏、丹羽氏、松平氏、阿部氏、他
遺構石垣、土塁、堀
指定文化財
復元状況三重櫓、太鼓櫓、門

更新日:2020/09/23 14:52:38

攻城団グッズ

白河小峰城には「攻城団チラシ」があります。入手場所など詳しくは城メモをご覧ください。

  • 白河小峰城 攻城団チラシ

白河小峰城の観光情報

白河小峰城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 9:30~17:00(4~10月)
  • 9:30~16:00(11月~3月)
料金(入城料・見学料)

無料

休み(休城日・休館日)

年末年始(12/29~1/3)

トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

白河小峰城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(23日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    15.50
  • 06時
    Rain / moderate rain
    15.41
  • 09時
    Rain / moderate rain
    16.45
  • 12時
    Rain / light rain
    18.23
  • 15時
    Rain / light rain
    17.09
  • 18時
    Rain / light rain
    16.05
  • 21時
    Rain / light rain
    15.75
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    15.80

明日以降の天気(正午時点)

  • 24日
    Rain / heavy intensity rain
    16.39
  • 25日
    Clouds / overcast clouds
    18.90
  • 26日
    Clouds / overcast clouds
    18.34
  • 27日
    Clouds / overcast clouds
    22.39

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

白河小峰城の地図

白河小峰城へのアクセス

白河小峰城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR東北本線・白河駅から徒歩約10分
アクセス(クルマ)
  • 東北自動車道・白河IC
駐車場

あり

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    白河小峰城周辺の宿・ホテル

      ホテルルートイン新白河駅東

      本館:バイキング朝食〔無料〕◆西館:焼きたてパン〔無料〕◆人工温泉大浴場(男女別)〔無料〕◆駐車場〔無料〕◆全客室 Wi-Fi/LAN 接続〔無料〕◆全客室 加湿機能付き空気清浄機 設置(評価:3.9、参考料金:4,525円〜)

      カーサホテル新白河

      当ホテルではお客様と従業員の安心、安全を第一にコロナ対策を講じつつ粛々と営業しております。(評価:3.9、参考料金:3,650円〜)

      東横イン新白河駅前

      平成16年5月にオープンした新しいホテル。官公庁や各企業などへのビジネスに、20以上の周辺ゴルフ場や、那須・羽鳥湖・ホテル近くのウインズなどのレジャー拠点として四季を通じてご利用いただけます。(評価:4.2、参考料金:3,125円〜)

      スマイルホテル白河(旧プレミアイン白河)

      2019年10月1日よりスマイルホテル白河に名前が変更になりました!今後とも皆々様の変わらぬご愛顧を宜しくお願い申し上げます♪(評価:3.7、参考料金:3,500円〜)

      グランドエクシブ那須白河 ザ・ロッジ【非日常の癒し空間の宿】

      会員制リゾートホテルを運営するリゾートトラストのホテルです。凛とした美しさを誇り、雑踏から離れた癒しの空間と心温まるサービスを提供いたします。ホテル自慢の天然温泉でごゆっくりお寛ぎ下さい。(評価:4.6、参考料金:7,350円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    白河小峰城の過去のイベント・ニュース

    白河小峰城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 三春城
      • 三春城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:46分(--位)
        • 攻城人数:425人(186位)
        • 城までの距離:約42km
      • 向羽黒山城
      • 向羽黒山城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:1時間(--位)
        • 攻城人数:391人(202位)
        • 城までの距離:約44km
    • より多くの
      城を見る

    陸奥の著名な城

    福島県の著名な城

    白河小峰城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    白河小峰城を本城にしている団員

    以下のみなさんが白河小峰城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    藩とは何か-「江戸の泰平」はいかに誕生したか (中公新書 (2552))

    江戸時代の幕藩体制に至るまで織田信長の時代から遡って論じています。その中で城郭と城下町、農村の関係性に注目しているところが特徴的。
    面白い論調で一気に読めて楽しいのですが、どこまで信用して良いのかが不安になりました。あと藤堂高虎に寄りすぎているところもあります。
    とはいえ、城郭と城下町のあり方が時代によって変わるという点については参考になりました。これから城下町歩きをするときの新たな視点をもらえるのが良かったところです。

    しのはさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る