全国の緊急事態宣言は解除されましたが、観光については当面「県内のみ」となっています。県をまたいでの観光は6月19日から段階的に緩和され、全面的な解禁は8月1日(予定)ですので、自分の住んでるところや訪問先の状況を踏まえた上で、出かけるかどうかの判断をしてください。

紹介文

二本松城は二本松氏(畠山氏)の居城でしたが、伊達政宗によって攻め落とされています。政宗は片倉景綱、次に伊達成実といった有力家臣を城代としていました。豊臣秀吉による「奥州仕置」以降は蒲生氏郷や上杉景勝が会津若松城に入城し、二本松城はその支城として城代が置かれました。江戸時代には丹羽長秀の孫にあたる光重が入城し、明治維新まで二本松藩主丹羽氏の居城となりました。現在は「霞ヶ城公園」として整備されており、山上の本丸には天守台が再建されています。また麓に復元された箕輪門近くには幕末の戊辰戦争でふるさとを守るために若い命を散らした「二本松少年隊」の群像があります。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
二本松城は「日本100名城」「福島県三名城」「さくらの名城めぐり」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 福島県三名城
  • さくらの名城めぐり

二本松城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

二本松城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 天守台から360度の眺望はまさに殿様気分、登った甲斐がありました。時間をかけてじっくり歩いて欲しいお城です?(2020/06/05訪問)
  • 箕輪門前の駐車場から本丸に上がるのがオーソドックスですが、本丸裏側の土塁や堀切のある所から上がれば土の駐車場があります。半分の時間で本丸に上がれますが箕輪門から登り降りする方が縄張り全体を掴めます。(2020/04/05訪問)
  • 1時間で回ろうと二本松駅からタクシーで行きましたが、見どころか多く、1時間では無理でした(^_^) でも、タクシーの運転手が大手門跡から城までの道を解説してくれて良かった。その道をゆっくり見るため、帰りは駅まで歩きました。(2020/03/22訪問)
  • あまり時間がなかったため、JRの駅からタクシーで天守跡のすぐ真下まで連れて行っていただきました。眺望が抜群、今度はゆっくり訪れたい。(2019/11/09訪問)
  • 本丸から見る景色が素晴らしかったです。(2019/12/15訪問)
  • 駅から徒歩で行きました。向かいの見晴らし台から石垣が良く見えますが、あまりの高さの為上まで行くのは断念しました(2019/11/21訪問)
  • 菊人形祭り中で一部駐車場の利用制限がありました。祭り用の屋台を通り抜けると本丸へ続く道があるのですが、法面崩落の為、通行止めでした。天守台直下に駐車場があります。入り口は見落とし易く、距離は短いです。未舗装路で離合退避所はありますが車1台分の幅員です。(2019/10/25訪問)
  • 菊人形祭りの準備で一部通れませんでしたが無事本丸まで。駅から徒歩でしたが結構坂なので気を付けて。(2019/09/22訪問)
  • 二本松駅からタクシーで箕輪門へ。そこから20分の山登りで本丸に到着ですが、なかなか疲れました。自信がない方は本丸近くまでタクシーという手もあります。 見事な石垣でした。(2019/09/24訪問)
  • 雨模様の平日で、山全体がほぼ貸し切り状態でしたが、まさに霞の城でした。(2019/08/28訪問)
すべてを表示(226コメント)

二本松城について

二本松城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成梯郭式
縄張形態平山城
標高(比高)345 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主畠山満泰
築城開始・完了年着工 室町時代中期
廃城年1872年(明治5年)
主な改修者丹羽光重
主な城主畠山氏、伊達氏、蒲生氏、上杉氏、加藤氏、丹羽氏
遺構天守台、石垣、堀
指定文化財国史跡
復元状況箕輪門、附櫓

更新日:2020/07/14 23:07:09

二本松城の城メモ

二本松城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

二本松城の観光情報

二本松城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間

見学自由

料金(入城料・見学料)

無料

休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

二本松城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(15日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    17.41
  • 06時
    Rain / light rain
    16.56
  • 09時
    Rain / light rain
    17.07
  • 12時
    Rain / light rain
    16.99
  • 15時
    Rain / light rain
    16.94
  • 18時
    Rain / light rain
    16.10
  • 21時
    Rain / light rain
    15.65
  • 00時
    Rain / light rain
    15.64

明日以降の天気(正午時点)

  • 16日
    Rain / light rain
    21.98
  • 17日
    Clouds / overcast clouds
    24.24
  • 18日
    Clouds / overcast clouds
    25.15
  • 19日
    Rain / light rain
    25.65

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

二本松城の地図

二本松城へのアクセス

二本松城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR東北本線・二本松駅から徒歩約20分、入口から本丸まで徒歩約15分
アクセス(クルマ)
  • 東北自動車道・二本松IC
駐車場

無料

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    二本松城周辺の宿・ホテル

      鏡が池 碧山亭【伊東園ホテルズ】

      大浴場と露天風呂は自然湧出源泉のpH2.5酸性泉を掛流しで提供。遠景は百名山あだたら山、眼下は鏡ヶ池公園を一望する宿(池側和室)。(評価:4.3、参考料金:6,545円〜)

      空の庭プチホテル

      四季折々美しい景色に包まれる露天風呂付客室。英国ランプやアンティーク家具に囲まれた雰囲気のあるレストランにてご夕食を。宿泊者は徒歩5~6分の姉妹館『空の庭リゾート』源泉掛け流し温泉入浴などが無料(評価:4.6、参考料金:5,280円〜)

      陽日の郷あづま館

      檜と岩の2つの露天風呂、サウナ付大浴場はいずれも源泉掛け流しの酸性泉。胃腸病、皮膚病、神経痛に効能がある。地元食材を中心に旬の素材を使った夕食はビュッフェと和食膳。 (評価:4.5、参考料金:5,500円〜)

      あだたらの宿 扇や

      正統派の純和風旅館である扇やが昨秋リニューアル。地元の旬の食材を使った和会席料理と、様々な効能と美肌効果のある温泉が自慢です。モダンさが加味された新たな扇やを、ぜひ一度ご体験下さい。 (評価:4.8、参考料金:5,500円〜)

      空の庭リゾート

      落葉樹の森につつまれて、白濁の天然掛け流し温泉に浸かり、「自ら美しくなる・健康になる・心と体が癒される」ことに特化した美容・健康リゾートホテルを目指します。陶盤浴やエステも人気です。(評価:4.3、参考料金:6,880円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    二本松城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 三春城
      • 三春城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:45分(--位)
        • 攻城人数:391人(187位)
        • 城までの距離:約18km
      • 米沢城
      • 米沢城
        • 平均評価:★★★☆☆(133位)
        • 見学時間:52分(109位)
        • 攻城人数:856人(101位)
        • 城までの距離:約44km
    • より多くの
      城を見る

    陸奥の著名な城

    福島県の著名な城

    二本松城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    二本松城を本城にしている団員

    以下のみなさんが二本松城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    宇喜多の捨て嫁 (文春文庫)

    宇喜多直家は何故梟雄と怖れられたのか。
    過酷な運命の連続は、稀代の大悪人のイメージを払拭する。
    直家を取り巻く人物・歴史的背景が描かれており、備前から播磨に至る戦国史の把握にもお勧めです。

    遠里小野さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る