紹介文

弘前城は現存12天守としては最北の城です。津軽氏の居城でした。津軽信枚によって築城された当初は「鷹岡城」と呼ばれていましたが、南光坊天海のアドバイスにしたがって地名を「弘前」に改称し、城名も弘前城となりました。現存12天守に数えられてはいますが、築城当初の5層5階の天守は焼失しており、現在残っているのは後に建てられた御三階櫓です。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
弘前城は「日本100名城」「現存天守12城」「旧国宝24城」「現存三重櫓」「重要文化財」「さくらの名城めぐり」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 現存天守12城
  • 旧国宝24城
  • 現存三重櫓
  • 重要文化財
  • さくらの名城めぐり

城主の攻城メモ

弘前城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 石垣修復の為、 天守は移動されていた。(2019/09/26訪問)
  • 弘前市立観光館に駐車。レンタサイクルに乗り換え、城門5つ、隅櫓3つ、天守に加え茂森町桝形まで効率よく見学できた。公園内の土塁も市中の惣構の土塁も素晴らしかった。(2020/11/01訪問)
  • この時しか見れない天守の位置どりに興奮しました。いろんな歴史を見てきただろう城内の木々の成長振りにも感動!!(2019/09/20訪問)
  • 追手門前の弘前市立観光館地下駐車場より攻城。 天守の石垣は普請中でその光景を見る事ができましたが、元の位置に戻た桜の時期に再訪したいだすね。(2020/10/25訪問)
  • 10年ぶりに弘前城を訪れました、前回来た時には石垣の上に三重櫓がありましたが、今は移動され、石垣の修復作業が行われていました。(御城印は三重櫓の一階売店にあります)(2020/09/21訪問)
  • お祭り開催中につき入園無料でした。入園時に検温・手指消毒・入園表記入を求められます。(2020/09/19訪問)
  • 追手門から登城し、西の蓮池を見学しながら亀甲門から下城してみてください。亀甲門から出ると石場家、裏側には50石武家屋敷群が見学できます。(----訪問)
  • 河岸段丘を上手く利用した素晴らしい縄張り。時間を掛けてゆっくり見たい城。(2020/08/12訪問)
  • 青森空港から弘前駅までの連絡バス(14:15発)が、コロナの為に減便されてました。ネットで下調べしていたが気づかなかった。(2020/07/27訪問)
  • 時間があればぜひ禅林街(長勝寺構)まで足を伸ばしてください。交差点「禅林街入口」を曲がった先に見事な喰違虎口と土塁を見ることができます。(2020/07/09訪問)
すべてを表示(60コメント)

弘前城について

弘前城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成梯郭式
縄張形態平山城
標高(比高)44.4 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式独立式層塔型
天守の階数3重3階
天守の種類現存天守
天守の高さ14.4 m
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)250 m2
天守メモ1610年(慶長15年)に津軽信枚によって築かれた5重5階の独立式望楼型天守(当時は高岡城)は1627年(寛永4年)に落雷で焼失した。その後、200年近く天守が再建されることはなかったが、1810年(文化7年)から1811年(文化8年)にかけて津軽寧親により「御三階櫓」と幕府に届けられた層塔型天守が再建された。再建時は北側に多聞櫓を付属させた複合式天守だったが、この多聞櫓は明治29年(1896年)頃までに破却され、現在のような独立式となった。天守の高さは約14.4mあり、現存する三重天守の中で最も低い。最も北に位置する現存天守でもある。
築城主津軽為信・信枚
築城開始・完了年着工 1611年(慶長16年)
廃城年1871年(明治4年)
主な改修者津軽寧親
主な城主津軽氏(10万石)
遺構現存天守、櫓、門、石垣、土塁、堀
指定文化財国の重要文化財(天守、辰巳櫓、丑寅櫓、未申櫓、三の丸追手門、三の丸東門、 二の丸南門、二の丸東門、 北の郭亀甲門)、国史跡
復元状況二の丸東門与力番所

更新日:2020/11/29 03:50:49

攻城団グッズ

弘前城には「攻城団チラシ」があります。入手場所など詳しくは城メモをご覧ください。

  • 弘前城 攻城団チラシ

弘前城の観光情報

弘前城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 9:00〜17:00
  • (4月23日〜5月5日)7:00〜21:00
料金(入城料・見学料)
  • 大人(高校生以上):320円
  • 小中学生:100円
  • 団体割引あり(10名以上)
  • 無料開放日:5月の最終日曜日
休み(休城日・休館日)
  • 11月24日〜3月31日(4月1日〜11月23日 期間中無休)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

弘前城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(29日)の天気

  • 03時
    Snow / light snow
    0.38
  • 06時
    Snow / light snow
    0.66
  • 09時
    Snow / light snow
    2.60
  • 12時
    Snow / light snow
    3.89
  • 15時
    Rain / light rain
    3.84
  • 18時
    Rain / light rain
    2.95
  • 21時
    Rain / light rain
    2.13
  • 00時
    Snow / light snow
    1.95

明日以降の天気(正午時点)

  • 30日
    Clouds / overcast clouds
    5.20
  • 01日
    Snow / light snow
    3.03
  • 02日
    Clouds / overcast clouds
    4.81
  • 03日
    Clouds / overcast clouds
    5.71

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

弘前城の地図

弘前城へのアクセス

弘前城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR奥羽本線・弘前駅から土手町循環100円バスに乗り「市役所前」下車、徒歩3分
  • 弘南鉄道大鰐線・中央弘前駅から徒歩10分
アクセス(クルマ)
  • 東北自動車道・大鰐弘前ICから30分
駐車場

有料

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    弘前城周辺の宿・ホテル

      アートホテル弘前シティ

      JR弘前駅より徒歩1分の好立地にあるシティホテル☆館内にコンビニあり!ファミリーでのご宿泊大歓迎!トリプルルームは団体様にもおすすめ!広々と寛げるキングダブルベッド導入!自慢の朝食もおすすめ!(評価:4.2、参考料金:4,514円〜)

      天然温泉 岩木桜の湯 ドーミーイン弘前

      開業年:2008年4月 大浴場:(10F)男女別天然温泉大浴場完備。サウナ・露天風呂付特徴:シングル・ダブル・クイーン・ツイン・和室と多彩な客室をご用意。羽毛布団・枕設置。(評価:4.5、参考料金:3,300円〜)

      スマイルホテル弘前

      ◆県産品・郷土料理・魚卵が人気の『朝食バイキング』◆全室テンピュール枕&マットレス☆レディースフロアも人気◆全館Wi-Fi完備(評価:4.1、参考料金:3,200円〜)

      弘前プラザホテル

      新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、朝食をセットメニューでご用意させていただいております。(評価:4.1、参考料金:3,100円〜)

      スーパーホテル弘前 天然温泉 ねぷたの湯

      天然温泉完備・有料駐車場もありさらに朝食無料!この度、お客様に支持して頂き、顧客満足6年連続1位受賞♪(評価:4.2、参考料金:2,450円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    弘前城の過去のイベント・ニュース

    弘前城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 浪岡城
      • 浪岡城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:47分(--位)
        • 攻城人数:401人(211位)
        • 城までの距離:約16km
      • 九戸城
      • 九戸城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:52分(--位)
        • 攻城人数:398人(213位)
        • 城までの距離:約80km
    • より多くの
      城を見る

    陸奥の著名な城

    青森県の著名な城

    弘前城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    弘前城を本城にしている団員

    以下のみなさんが弘前城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    大坂城全史 (ちくま新書)

    大阪城建築される前の時代から現代までの通史を縦糸として、その地理的状況、歴史群像、文化を横糸として編み込んだ、まさに大阪城史のバイブルと言えます。
     著者は大阪城天守閣学芸員、副館長を歴任された中村博司だけあって、その内容の精緻なこと、新書版でありながら359ページもあります。参考資料や年表も豊富に掲載されています。

    しろやまさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る