弘前城
弘前城

[青森県][陸奥] 青森県弘前市下白銀町1


  • 平均評価:★★★★☆ 3.85(27位)
  • 見学時間:1時間30分(22位)
  • 攻城人数:1844(52位)

三の丸追手門

三の丸追手門は、1611年(慶長16年)の築城当初から現存する門で、現在は弘前公園のメインゲートとして利用されています。

脇戸付櫓門、銅瓦葺のこの門は重要文化財に指定されています。

史跡 津軽氏城跡 弘前城
史跡指定 昭和二十七年三月二十九日
 
 弘前城は、津軽藩主代々の居城で 慶長十六年(一六一一)に二代藩主津軽信枚(のぶひら)によって築かれた城である。
 面積約四十九万二千平方メートル(約十四万九千坪)を有し、本丸、二の丸、三の丸、四の丸、北の郭、西の郭の六郭よりなり三重の濠と土塁でめぐらされた城郭である。
 現在城跡には、天守閣をはじめ隅櫓三棟、城門五棟の建造物が残されており、いずれも重要文化財に指定されている。

重要文化財 三の丸 追手門
建築 年代 慶長十六年(一六一一)
二代藩主 津軽信枚
指定年月日 昭和十二年七月二十九日
棟高  十一.七メートル

 弘前城には、築城当初十棟の城門があったとさているが、現在二の丸南門、二の丸東門、三の丸追手門、三の丸東門、四の丸北門(亀甲門)の五棟が残されている。
 弘前城の城門は、周辺を土塁で築き、内外に枡形を設けた二層の櫓門であるが、門の前面に特別の門(高麗門)などを設けていないことや、一層目の屋根を特に高く配し 全体を簡素な素木(しらき)造りとしていることなどから、全国の城門の中でも古形式の櫓門として注目されている。
弘前市

史跡 津軽氏城跡 弘前城
史跡指定 昭和二十七年三月二十九日

 弘前城は、津軽藩主代々の居城で慶長十六年(一六一一)に二代藩主津軽信枚(のぶひら)によって築かれた城である。
 面積約四十九万二千平方メートル(約十四万九千坪)を有し、本丸、二の丸、三の丸、四の丸、北の郭、西の郭の六郭よりなり、三重の濠と土塁でめぐらされた城郭である。
 現在城跡には、天守閣をはじめ隔櫓三棟、城門五棟の建造物が残されており、いずれも重要文化財に指定されている。
重要文化財 三の丸追手門
建築年代
慶長十六年(一六一一)
二代藩主津軽信枚
指定年月日
昭和十二年七月二十九日
棟高
十一・七メートル
 弘前城には、築城当初十棟の城門があったとされているが、現在二の丸南門、二の丸東門、三の丸追手門、三の丸東門、四の丸北門(亀甲門)の五棟が残されている。
 弘前城の城門は、周辺を土塁で築き、内外に枡形を設けた二層の櫓門であるが、門の前面に特別の門(高麗門)などを設けていないことや、一層目の屋根を特に高く配し、全体を簡素な素木(しらき)造りとしていることなどから、全国の城門の中でも古形式の櫓門として注目されている。弘前市
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

弘前城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

日本から城が消える (歴史新書)

戦う事や統治のために建てられた城が、維新維新後にどのように扱われてきたのか、その役割の変遷とそのためにどのような管理や修復が行われたのかが書かれていて、今後のお城の買うようや保全について、タイトルの通り消えてしまうかも知れないという問題を投げかけた本です。
お城自体についての本ではなくその活用みたいな話なのですが、自分が普段楽しんでいるお城の背景を感じられました。

足軽くんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る