安土城
安土城

[滋賀県][近江] 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦


  • 平均評価:★★★★☆ 3.88(26位)
  • 見学時間:1時間34分(24位)
  • 攻城人数:1804(17位)

織田信雄の供養塔(伝長谷川秀一邸跡)

長谷川秀一邸跡には織田信雄とその子孫の供養塔があります。

信雄の五男・高長は1632年(寛永9年)に信雄の菩提寺として徳源寺(宇陀市)を建立し、信雄から信武まで4代の遺骸が埋葬されていましたが、5代・信休の柏原転封にともなって、総見寺の寺域であった現在の場所に改葬されています。
(余談ですが、信休以降の廟所は丹波市にあります)

織田信雄公四代供養塔

初代信雄公徳源院殿實巌眞公大居士
  寛永七年四月三十日 七十三才

四代信武公圓明院殿定岩宗恵大居士
  元禄七年十月三日 四十才

三代長頼公徳雲院殿回岩宗頂大居士
  元禄二年四月三日 七十才

二代高長公瑞泉院殿一岩宗徹大居士
  延宝二年八月十八日 八十五才

なお、数多くいた信長の子息の中で、江戸時代に大名として存続したのは信雄の系統だけです。
安土城に火をかけたとも伝えられる信雄の供養塔がこの地にあるというのも不思議な縁ですね。

また、長谷川秀一は織田信長に小姓として仕えた武将で、信長の男色相手として深く寵愛されたそうです。
信長の死後は秀吉に仕え、文禄の役では、兵5,000人を率いて朝鮮へと渡り、文禄3年(1594年)2月に病のため同地で亡くなりました。

   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

安土城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

天地雷動 (角川文庫)

「長篠の合戦」を武田信玄の死から書き起こし克明に描く。勝頼は信玄の遺産である宿老たちを掌握できず苛立ち、家康は武田の圧力に対抗するため信長との同盟に神経をすり減らし、秀吉は信長の戦略を実現するために知恵を振り絞り奔走する。「鉄砲の三段撃ち」は武田軍が突撃してこなければ成り立たない。なぜ勝頼はそうしたのか、そこにいたる過程を様々な視点から描いていて見事だ。宮下帯刀ら戦の最前線に立つ地侍や足軽の戦いの様子も描かれている。また、長篠城、高天神城をはじめ数多くの城が登場し築城や攻城戦の様子が描かれている。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る