安土城
安土城

[滋賀県][近江] 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦


  • 平均評価:★★★★☆ 3.88(28位)
  • 見学時間:1時間34分(19位)
  • 攻城人数:1753(17位)

伝森成利邸跡、伝織田信澄邸跡

大手道をのぼり、黒金門跡のすぐ手前に森蘭丸(森成利)や織田信澄(津田信澄)の屋敷があったと伝わる場所があります。

森蘭丸は織田信長の家臣・森可成の三男で、信長の近習として仕え、「本能寺の変」の際に主君とふたりの弟(坊丸・力丸)とともに討死しました。
信長は側近や諸大名に対し「自慢できる物」として第一に奥州から献上された白斑の鷹、第二は青の鳥、そして第三は蘭丸と述べたと伝わるほど、蘭丸は寵愛されていたそうです。

織田信澄は信長の弟である織田信行(信勝)の嫡男で、のちに信行は信長によって暗殺されるが、幼少の信澄は土田御前(信長と信行の生母)の助命嘆願もあって殺されることなく、柴田勝家のもとで養育されました。
元服してからは一門衆として信長の側近となり、安土城の造営においては総普請奉行である丹羽長秀とともに普請奉行として工事に携わるなど、織田一門の中では叔父の織田信包と並んで信長から厚く信任されていました。

ふたりの屋敷が安土城の中心部への出入口である黒金門の前にあることからも、両名が信長から破格の待遇を受けていたことがよくわかります。

   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

安土城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

村上義清と信濃村上氏―坂城町信濃村上氏フォーラム記念誌

信州大学の先生が、北信濃の戦国大名 村上氏のお膝元である坂城町で行った講演を書籍化したものです。
村上氏(因島村上水軍も出てきます)に興味のある方限定ですが、郷土の歴史が楽しく学べます。また、坂城町が郷土の歴史を活用した町おこしについて奮闘している様子も書かれており、好感が持てます。

茶々さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る