安土城
安土城

[滋賀県][近江] 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦


  • 平均評価:★★★★☆ 3.88(24位)
  • 見学時間:1時間26分(28位)
  • 攻城人数:3073(13位)

安土駅前の相撲やぐら

残念ながら、2014年(平成26年)12月、JR安土駅南口広場再整備のために解体されました。

JR安土駅の南側、安土城郭資料館の前に相撲やぐらがあります。

安土町は近代相撲の発祥の地といわれているのですが、その起源は1570年(元亀元年)に織田信長が条楽寺において相撲興業を催したことに由来しています。

余談ですが、相撲そのものの発祥の地は別の場所にあります。垂仁天皇7年(紀元前23年)7月7日、当麻蹶速(たぎまのけはや)と野見宿禰(のみのすくね)のふたりによる相撲が人間としての力士同士の最初の戦いで、このことから奈良県桜井市と奈良県葛城市當麻町が相撲発祥の地とされています。

   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

安土城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

村上海賊の娘(一) (新潮文庫)

瀬戸内海を席巻した村上海賊、その当主である村上武吉の娘「景(きょう)」を主人公とした小説です。織田軍との激戦である第一次木津川口の戦いが描かれます。
個性あふれる登場人物が魅力的で物語に没頭できました。合戦シーンの描写はドキドキハラハラの連続で大興奮して読めます、焙烙玉コワイ…。
能島城へ訪問する前に読んでおくと村上海賊を身近に感じることができ、攻城もよりいっそう楽しめると思います。

伝もものふ山田(ヤマー)さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る