紹介文

八幡山城は羽柴秀次の居城として知られています。安土城にかわる近江国の国城として、豊臣秀吉が自ら普請の指揮をとり築城したそうです。これは築城が「小牧・長久手の戦い」の翌年で、しかも徳川家康との講和以前だったこともあり、東国に対する防衛線の意味合いが強かったためと考えられます。現在は山麓から二の丸までロープウェーでのぼることができ、山頂の本丸跡からは琵琶湖や安土山を眺めることもできます。遺構としては石垣を残すのみですが、本丸跡には秀次の菩提寺である村雲御所瑞龍寺が京都から移築されており、麓にある八幡公園には豊臣秀次の銅像が建てられています。また、当時から残る「八幡堀」と呼ばれる堀を見に訪れる観光客も多く、舟に乗って堀を巡る「水郷めぐり」を楽しむことができます。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
八幡山城は「続日本100名城」「金箔瓦」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城
  • 金箔瓦

八幡山城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

八幡山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 北之庄城への往復時間を見誤り、慌ただしい攻城になってしまいました。(2020/10/23訪問)
  • 徒歩でも登り下りできますが、楽な足元ではなかったです。(2020/10/20訪問)
  • 御城印は山頂の瑞龍寺社務所で購入できます。 通常版以外にも季節の花をあしらったデザインのものもありました。種類多めです。(2020/10/11訪問)
  • 期待した以上に石垣や城郭が残っていて楽しかった。御城印の種類が多すぎ。(2020/10/04訪問)
  • ロープウェイ入り口に駐車し、八幡掘めぐりと併せての登城がお勧めです。御城印は数種類から選択可能です。(2020/09/26訪問)
  • 駐車場、お手洗いがありました。 ロープウェイで上がりましたが、ソーシャルディスタンスを保つため、一つ開けて座る感じのようです。 御城印は上のお寺さんでいただけます。(2020/09/25訪問)
  • 趣があって良い所でした。紅葉の時期は、更に良さそうな感じがしました。(2020/09/25訪問)
  • ロープウェイで登城は楽ですが味気ないので歩いて登った方がいいかもしれないです。(2020/09/14訪問)
  • ロープウェイは大人片道500円、徒歩でも十分登れます。徒歩の場合は歩きやすいシューズが必須(2020/08/14訪問)
  • 近江八幡駅から徒歩で40分ほどかかりました。上りのみロープウェーを使用しましたが、コロナ対策で定員25名のところ、10名のみとなっております。 石垣がコンパクトに残されているので、見学時間はそれほどかかりませんでした。8月31日までの期間限定の金の御城印は2種類販売されております。 帰りは徒歩で下山して豊臣秀次像を確認しましたが、秀次屋敷の石垣はあまりの暑さのため断念しました。(2020/08/09訪問)
すべてを表示(212コメント)

八幡山城について

八幡山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)284 m( 100 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主羽柴秀次
築城開始・完了年着工 1585年(天正13年)
廃城年1595年(文禄4年)
主な改修者浅井氏
主な城主羽柴秀次、京極高次
遺構曲輪、石垣
指定文化財
復元状況

更新日:2020/10/31 03:44:26

八幡山城の観光情報

八幡山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • ロープウェイの営業時間は9:00~17:00(上り最終16:30)
料金(入城料・見学料)
  • ロープウェイの料金は以下のとおり
  • 大人:片道490円、往復880円
  • 小人:片道250円、往復440円
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

八幡山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(31日)の天気

  • 03時
    Clear / clear sky
    10.60
  • 06時
    Clear / clear sky
    10.10
  • 09時
    Clear / clear sky
    12.95
  • 12時
    Clear / clear sky
    16.12
  • 15時
    Clear / clear sky
    16.69
  • 18時
    Clear / clear sky
    14.81
  • 21時
    Clear / clear sky
    13.91
  • 00時
    Clouds / broken clouds
    13.51

明日以降の天気(正午時点)

  • 01日
    Clouds / overcast clouds
    16.90
  • 02日
    Rain / light rain
    16.69
  • 03日
    Clouds / scattered clouds
    14.13
  • 04日
    Clouds / scattered clouds
    13.00

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

八幡山城の地図

八幡山城へのアクセス

八幡山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR琵琶湖線・近江八幡から近江バス「長命寺線」に乗り「大杉町」バス停下車、徒歩5分
アクセス(クルマ)
  • 名神高速道路・蒲生スマートICから25分
  • 名神高速道路・竜王ICから25分
  • 名神高速道路・八日市ICから35分
駐車場
  • 日牟禮八幡宮駐車場(無料)
  • 近江八幡図書館駐車場(無料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

八幡山城周辺の宿・ホテル

    ABホテル近江八幡

    和洋バイキング健康朝食・全国名湯めぐりの男女別大浴場!JR琵琶湖線「近江八幡」駅より徒歩約2分とアクセス良好♪ (評価:4.1、参考料金:3,400円〜)

    MACHIYA INN 近江八幡

    歴史的町並みの只中に位置する全5室の小さな宿。江戸期の町屋を改装した静かな佇まいの中で、心安らぐひとときをお過ごし下さい。八幡堀、ヴォーリズ建築、ラコリーナへの観光拠点にぜひ。(評価:4.5、参考料金:6,104円〜)

    【グリーンホテルYes近江八幡】露天風呂 大浴場&名物朝カレー

    ◆無料駐車場【50台】<予約不要>どんな車種でもOK◆「手作り」グリーンカレー&お部屋で食べれる朝食弁当◆エリア「最大級」の大浴場は深夜12時まで♪&男女「露天風呂」付◆駅から無料送迎あり(評価:3.9、参考料金:4,980円〜)

    ホテルはちまん

    新型コロナ対策として、朝食はバイキングを当面の間休止し、和のお惣菜を中心とした日替わりのお膳をご用意。10タイプから選べる客室は、全室バス&シャワートイレがセパレートタイプの広々とした快適空間♪(評価:4.4、参考料金:3,300円〜)

    ホテル ニューオウミ(ホテルニューオータニアソシエイト)

    【宿泊者特典!ワイン飲み放題実施中】☆食事クチコミ評価4点以上!!☆駐車場無料!(250台)☆駅から徒歩2分☆京都駅までJRで約30分、彦根駅まで約15分、アウトレットまで車で20分と観光の拠点に最適!(評価:4.3、参考料金:4,100円〜)
  • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

八幡山城の過去のイベント・ニュース

まだトピックがありません(情報募集中

周辺にあるお城など

    • 安土城
    • 安土城
      • 平均評価:★★★★☆(17位)
      • 見学時間:1時間32分(16位)
      • 攻城人数:2295人(17位)
      • 城までの距離:約5km
    • 観音寺城
    • 観音寺城
      • 平均評価:★★★☆☆(91位)
      • 見学時間:1時間29分(21位)
      • 攻城人数:1240人(68位)
      • 城までの距離:約6km
  • より多くの
    城を見る

近江の著名な城

滋賀県の著名な城

八幡山城といっしょに旅行するのにオススメの城

このページを紹介する

ブログパーツ

  • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
  • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

サンプルを表示する

SNSやメールで紹介

このページのURLとタイトルをコピーする

八幡山城を本城にしている団員

以下のみなさんが八幡山城を本城として登録しています。

最近表示したお城

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

【新装版】 戦国武将100 家紋・旗・馬印FILE

戦国武将100人の家紋・旗・馬印がオールカラーで掲載されています。
家紋は定紋の他に裏紋も掲載され、由来なども書かれているので勉強になりました。
陣旗・馬印はサイズ感が分かるように人物とともに描かれています。武将により個性あるデザインが面白く、これらの旗がひるがえっていた合戦場を想像するのは楽しいです。合戦絵図を見る際の資料としても参考になります。

伝もものふ山田(ヤマー)さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る