紹介文

八幡山城は羽柴秀次の居城として知られています。安土城にかわる近江国の国城として、豊臣秀吉が自ら普請の指揮をとり築城したそうです。これは築城が「小牧・長久手の戦い」の翌年で、しかも徳川家康との講和以前だったこともあり、東国に対する防衛線の意味合いが強かったためと考えられます。現在は山麓から二の丸までロープウェーでのぼることができ、山頂の本丸跡からは琵琶湖や安土山を眺めることもできます。遺構としては石垣を残すのみですが、本丸跡には秀次の菩提寺である村雲御所瑞龍寺が京都から移築されており、麓にある八幡公園には豊臣秀次の銅像が建てられています。また、当時から残る「八幡堀」と呼ばれる堀を見に訪れる観光客も多く、舟に乗って堀を巡る「水郷めぐり」を楽しむことができます。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
八幡山城は「続日本100名城」「金箔瓦」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城
  • 金箔瓦

城主の攻城メモ

八幡山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 長く閉ざされていた西ノ丸から出丸へつながる道が整備されています。出丸からの下山道を少し下ると出丸石垣が間近で見れます。(2022/06/12訪問)
  • 西麓の青根天満宮から出丸へ登城し八幡公園に下山しました。山上の高石垣と眺望がとても良く、山麓の居館跡、情緒ある八幡堀等見所が多いです。山上への行き帰りに遺構は見られなかったので、ロープウェイで時短するのも良いかもしれません。(2022/05/02訪問)
  • 上りはロープウェイで、下りは徒歩で攻城し、野面積みの石垣に感動しました。また、山麓の秀次公館跡もお勧めです。なお、西の丸から出丸へは、崩落のため通行禁止になっていました。(2021/12/11訪問)
  • 紅葉のシーズンは無料のロープウェイ駐車場は争奪戦になっています。お時間に余裕のある方は少し離れた市営の観光駐車場の方が確実です。(2021/11/20訪問)
  • 無料駐車場があるロープウェイで登りました。石垣がよく残っています。遊歩道を歩くと、西の丸、北の丸と回れます。ロープウェイは、15分間隔で動いていますが、時間と体力が許せば徒歩でどうぞ。帰りだけだと30分だそうです。(2021/07/28訪問)
  • 八幡山山頂からの琵琶湖はもちろん安土城・観音寺城のある山の眺望は素晴らしいです。(2019/11/10訪問)
  • 八幡山城の西の麓に秀次館がありそちらも必見。その秀次館のさらに西の尾根上に出城があるのですが、そこにあった中世の古墓の石塔を大量に使用した石垣があります。(2016/03/26訪問)
  • 山頂まではロープウェイもあります。足に自信の無い方、観光も兼ねてる方はぜひ!(2020/11/17訪問)
  • 本丸天守へはロープウエイでアプローチできます。(2013/05/05訪問)
  • ロープウェイで登城は楽ですが味気ないので歩いて登った方がいいかもしれないです。(2020/09/14訪問)
すべてを表示(88コメント)

八幡山城について

八幡山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)284 m( 100 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主羽柴秀次
築城開始・完了年着工 1585年(天正13年)
廃城年1595年(文禄4年)
主な改修者浅井氏
主な城主羽柴秀次、京極高次
遺構曲輪、石垣
指定文化財
復元状況

更新日:2022/10/01 03:22:30

八幡山城の観光情報

八幡山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • ロープウェイの営業時間は9:00~17:00(上り最終16:30)
料金(入城料・見学料)
  • ロープウェイの料金は以下のとおり
  • 大人:片道490円、往復880円
  • 小人:片道250円、往復440円
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

八幡山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(01日)の天気

  • 03時
    Clear / clear sky
    19.52
  • 06時
    Clear / clear sky
    18.94
  • 09時
    Clear / clear sky
    22.66
  • 12時
    Clear / clear sky
    24.82
  • 15時
    Clear / clear sky
    25.79
  • 18時
    Clear / clear sky
    22.01
  • 21時
    Clouds / few clouds
    20.24
  • 00時
    Clouds / few clouds
    19.44

明日以降の天気(正午時点)

  • 02日
    Clouds / scattered clouds
    24.10
  • 03日
    Clouds / broken clouds
    25.43
  • 04日
    Clouds / broken clouds
    25.37
  • 05日
    Clouds / overcast clouds
    16.93

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

八幡山城の地図

八幡山城へのアクセス

八幡山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR琵琶湖線・近江八幡から近江バス「長命寺線」に乗り「大杉町」バス停下車、徒歩5分
アクセス(クルマ)
  • 名神高速道路・蒲生スマートICから25分
  • 名神高速道路・竜王ICから25分
  • 名神高速道路・八日市ICから35分
駐車場
  • 日牟禮八幡宮駐車場(無料)
  • 近江八幡図書館駐車場(無料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

八幡山城周辺の宿・ホテル

    ABホテル近江八幡

    ◆今こそ滋賀を旅しよう!実施中◆和洋バイキング健康朝食・全国名湯めぐりの男女別大浴場!JR琵琶湖線「近江八幡」駅より徒歩約2分とアクセス良好♪ (評価:4.0、参考料金:3,000円〜)

    【グリーンホテルYes近江八幡】露天風呂 大浴場&名物朝カレー

    ◆無料駐車場【50台】<予約不要>◆クチコミ高評価★手作りグリーンカレー★◆エリア最大級の大浴場は深夜12時まで&男女「露天風呂」付◆駅から無料送迎あり(評価:4.2、参考料金:5,480円〜)

    ホテルはちまん

    10タイプから選べる客室は、全室バス&シャワートイレがセパレートタイプの広々とした快適空間♪朝食は、和のお惣菜を中心としたバイキング。新型コロナウイルス対策を万全にしてバイキングを再開しました♪(評価:3.9、参考料金:3,450円〜)

    ホテル ニューオウミ(ホテルニューオータニアソシエイト)

    【宿泊者特典!ワイン飲み放題実施中】☆食事クチコミ評価4点以上!!☆駐車場無料!(250台)☆駅から徒歩2分☆京都駅までJRで約30分、彦根駅まで約15分、アウトレットまで車で20分と観光の拠点に最適!(評価:4.4、参考料金:3,705円〜)

    コンフォートイン近江八幡

    【今こそ滋賀を旅しよう加盟施設】滋賀県のコロナ対策対応済み◆JR・近江鉄道「近江八幡」駅北口から徒歩約2分の好立地◆徒歩圏内スーパー・近江牛が食べれるお店あり(評価:4.0、参考料金:2,900円〜)
  • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

八幡山城の過去のイベント・ニュース

八幡山城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

  • 八幡山ロープウェーは休みなしで営業(元旦は6時から運行)

周辺にあるお城など

    • 安土城
    • 安土城
      • 平均評価:★★★★☆(26位)
      • 見学時間:1時間26分(26位)
      • 攻城人数:2998人(13位)
      • 城までの距離:約5km
    • 観音寺城
    • 観音寺城
      • 平均評価:★★★☆☆(66位)
      • 見学時間:1時間34分(17位)
      • 攻城人数:1624人(68位)
      • 城までの距離:約6km
  • より多くの
    城を見る

近江の著名な城

滋賀県の著名な城

八幡山城といっしょに旅行するのにオススメの城

このページを紹介する

ブログパーツ

  • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
  • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

サンプルを表示する

SNSやメールで紹介

このページのURLとタイトルをコピーする

八幡山城を本城にしている団員

以下のみなさんが八幡山城を本城として登録しています。

最近表示したお城

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

よみがえる江戸城―徹底復元◆天下の巨城の全貌 (歴史群像シリーズ・デラックス (1))

CGによって再現した江戸城の御殿や天守を紹介する。御殿も天守も現在は失われているが、詳細な図面と襖絵の下絵が残されていて再現が可能になったという。本丸への入り口となる書院門から儀式や対面の場である「表」、将軍の私的な空間である「中奥」を経て、将軍の正室をはじめ家族が居住する「大奥」までの様々な部屋を順に見学する構成となっている。CGの他、関連する屏風絵や図面も豊富でイメージしやすい。城中の儀式や武家の装束、大奥の職制など解説も充実している(2005年刊)

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る