図説よみがえる名城漆黒の要塞豊臣の城―決定版 (歴史群像シリーズ) ムック


hiro.Eさん

現存しない織田信長の安土城、豊臣秀吉の伏見城、大阪城、聚楽第、名護屋城など、天下人の城郭が堪能できます。ここの主役は加藤清正、黒田官兵衛、蒲生氏郷の築城3名人。蒲生氏郷の会津若松七重天守見たかったなあ。倭城もしっかり網羅されており,機会があればそちらも見たいと思いました。漆黒の城郭が満載の一冊です。

Amazonの詳細ページを表示する

書籍の情報

タイトル 図説よみがえる名城漆黒の要塞豊臣の城―決定版 (歴史群像シリーズ)
著者 加藤理文,橋場日月
出版社 学研プラス
発売日 2008-06-01
ISBN
  • ISBN-10 4056051461
  • ISBN-13 9784056051469
価格 1500円
ページ数 143ページ
Amazonの詳細ページを表示する
攻城団はアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから書籍を購入していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております

紹介されているお城

この書籍で紹介されているお城です。

ほかの本にレビューを投稿するには
以下の検索フォームで書籍を検索してください。検索結果にある「レビューを書く」という緑のボタンを押せば入力欄が表示されます。

Amazon検索ツール

ほかの書籍を検索することができます。

最近レビューされた書籍

  • 日本坊主列伝 (徳間文庫)
  • 日本の城 君も「城」博士になれる!
  • さかほぎヒストリア
  • 前田利家・利長: 創られた「加賀百万石」伝説 (中世から近世へ)