紹介文

聚楽城は関白になった豊臣秀吉によって、平安京大内裏(平安宮)跡に建てられた政庁兼邸宅です。一般には「聚楽第」と呼ばれることが多いです。秀吉は関白職を甥の秀次に譲った際に聚楽第も譲り渡していますが、実子である秀頼が生まれると、いわゆる「秀次事件」によって秀次を高野山に追放し切腹させ、聚楽第を破却しました。完成からわずか8年後のことです。聚楽第の建造物の多くは伏見城(指月伏見城)へ移築されたとされています。また、西本願寺の飛雲閣など聚楽第から移築されたと伝わる建造物も少なくありませんが、いずれも詳細は不明です。いまのところ聚楽第の遺構と認められている建造物は唯一、大徳寺の唐門だけです。現在は石碑が残るくらいですが、跡地を歩くとその規模の大きさを実感することができます。跡地には黒田官兵衛(孝高)や上杉景勝千利休などの屋敷跡を示す石碑が建てられています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
聚楽第は「豊臣秀吉ゆかりの城めぐり」「築城名人・藤堂高虎」「金箔瓦」のバッジに登録されています。

  • 豊臣秀吉ゆかりの城めぐり
  • 築城名人・藤堂高虎
  • 金箔瓦

聚楽第をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

聚楽第を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 北野天満宮へのお参りついでに城址付近を散策。 松永稲荷にある鵲橋跡城址碑を見学したあと、周辺の花の御所、山名宗全邸、晴明神社、一条戻り橋を散策。全て徒歩圏内なのが良いですね。(2020/12/06訪問)
  • クリスマスイブに行われた現地説明会で発掘された石垣を見学。石垣の石は大きくさすが関白殿下の城。聚楽第はその後破壊され、京都新城の築城に利用されたそうで、今年発掘された京都新城の石垣を見ても規模的に聚楽第の石垣と同じです。現在発掘地点には説明板があります。(2012/12/24訪問)
  • 東・西の堀跡碑を見るだけなら15分ですが、京都市考古資料館発行の「聚楽第と周辺ガイド」の地図をゲットするとより楽しめると思います。(2020/09/07訪問)
  • 新しくできた「加藤清正邸跡伝承地」の石碑と案内板は一条戻橋から東へ50m弱の場所にあります。(2020/07/15訪問)
  • レンタサイクルを使用すると各所に点在している石碑を見逃す可能性がありますので時間があれば徒歩で回られることをお勧めします。(2020/01/13訪問)
  • 京都市考古資料館近くのコインパーキングに停車。資料館に寄ってから聚楽第石碑の探索すること約10分くらいで見つかりました。(2019/12/15訪問)
  • ハローワークの向かい側、交差点の隅に石碑のみがあります。(2019/11/03訪問)
  • 地下鉄の駅から徒歩で東の石碑、西の石碑を確認。駐車は難しいので徒歩での散策を薦めます。(2019/08/12訪問)
  • 石碑のみ。300m先にもう一つの石碑がありますとの説明も掲示されていました。(2019/07/21訪問)
  • 「京都歴史散策マップ 20.聚楽第」をプリントアウトして行ったので京都市考古資料館から路地の風情を楽しつつ余裕で攻城。(2019/07/20訪問)
すべてを表示(29コメント)

聚楽第のモデルコース

聚楽第をルートに含んだモデルコースです。旅行する際の参考にしてください。

城たび(日本全国の名城ツアーガイド)

聚楽第について

聚楽第に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態平城
標高(比高)53.7 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式望楼型
天守の階数3重3階
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ豊臣秀吉によって築かれた聚楽城はいったんは豊臣秀次に譲られたものの、秀頼が生まれたことにより両者の関係が悪化し、1595年(文禄4年)に破却された。その際、建造物の多くは伏見城内へ移築されたとされるが、詳細は不明。天守については3重説だけでなく、4重説や5重説もある。
築城主豊臣秀吉
築城開始・完了年着工 1582年(天正14年) 〜 竣工 1583年(天正15年)
廃城年1595年(文禄4年)
主な改修者
主な城主
遺構
指定文化財
復元状況

更新日:2021/03/07 12:22:15

聚楽第の観光情報

聚楽第の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

聚楽第の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(07日)の天気

  • 03時
    Clouds / broken clouds
    4.31
  • 06時
    Clouds / broken clouds
    3.62
  • 09時
    Clouds / broken clouds
    6.40
  • 12時
    Clouds / scattered clouds
    11.71
  • 15時
    Clouds / broken clouds
    12.10
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    9.80
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    9.23
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    8.96

明日以降の天気(正午時点)

  • 08日
    Clouds / overcast clouds
    13.17
  • 09日
    Clouds / broken clouds
    14.45
  • 10日
    Clouds / broken clouds
    11.57
  • 11日
    Clouds / scattered clouds
    14.19

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

聚楽第の地図

聚楽第へのアクセス

聚楽第へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR東海道本線・京都駅からバスに乗り「堀川中立売(ほりかわなかだちうり)」バス停下車
アクセス(クルマ)
  • 名神高速道路・京都東ICから約30分
  • 名神高速道路・京都南ICから約30分
駐車場
  • 二条城駐車場(有料)
  • 周辺各所にコインパーキングあり

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    聚楽第周辺の宿・ホテル

      ホテルルビノ京都堀川

      【朝食ブッフェについてのご案内】誠に申し訳ございませんが「朝食ブッフェ」は、中止させて頂きます。当面の間「和朝食定食」と「洋朝食アメリカンブレックファースト定食」に、ご変更いたします。(評価:4.2、参考料金:3,740円〜)

      一条かりん

      一日一組限定、ペット(わんちゃん)と一緒に泊まれる、一棟貸しの京町家です。わんちゃん用のアメニティも各種ご用意。駐車場1台を無料でご利用いただけます。(評価:4.8、参考料金:13,860円〜)

      Ben’s Guesthouse KYOTO

      北野天満宮まで徒歩5分!2018年9月にオープンしたマンションタイプの施設です。(評価:4.4、参考料金:1,025円〜)

      プチホテル京都

      電動レンタサイクルも備え快適観光!皆さまの素敵な想い出残る旅をお約束します■地下鉄今出川駅:6番出口より徒歩10分京都西陣の位置しており、観光寺院や、各大学へのアクセス抜群!!(評価:4.2、参考料金:1,500円〜)

      京都シティホテル

      徒歩圏内に京都御所など、旧所名跡が多く点在する堀川通り沿いにあります。大浴場有・客室無料Wi-Fi完備、全室個別空調で快適にお過ごしいただけます(評価:4.2、参考料金:1,980円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    聚楽第の過去のイベント・ニュース

    聚楽第では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 二条城
      • 二条城
        • 平均評価:★★★★☆(15位)
        • 見学時間:1時間28分(21位)
        • 攻城人数:3352人(7位)
        • 城までの距離:約1km
      • 伏見城
      • 伏見城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:35分(--位)
        • 攻城人数:991人(105位)
        • 城までの距離:約9km
    • より多くの
      城を見る

    山城の著名な城

    京都府の著名な城

    聚楽第といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    聚楽第を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    戦国の終わりを告げた城―八王子城を探る (ロッコウブックス)

    おそらく、八王子城の解説本の中で最も重要な一冊でしょう。
    八王子城跡が現在のように整備されたのは、落城400年にあたる1990年以降のことです。本書の出版も同時期で、出版後に発見された遺構もあれば、今は目にすることのできない遺構も多数あります。言い換えると、1990年当時の八王子城跡の姿を記録した書であるとも言えます。八王子城に興味を持ってくださった方にはお薦めの一冊です。すでに廃刊となっていますので、古書店か図書館で探してください。
    トンネル工事や台風・地震などにより、現在は失われてしまった石垣などの貴重な写真も多数掲載されていますが、白黒で小さいため分かり辛いのが残念。

    赤ヱ門さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る