紹介文

聚楽城は関白になった豊臣秀吉によって、平安京大内裏(平安宮)跡に建てられた政庁兼邸宅です。一般には「聚楽第」と呼ばれることが多いです。秀吉は関白職を甥の秀次に譲った際に聚楽第も譲り渡していますが、実子である秀頼が生まれると、いわゆる「秀次事件」によって秀次を高野山に追放し切腹させ、聚楽第を破却しました。完成からわずか8年後のことです。聚楽第の建造物の多くは伏見城(指月伏見城)へ移築されたとされています。また、西本願寺の飛雲閣など聚楽第から移築されたと伝わる建造物も少なくありませんが、いずれも詳細は不明です。いまのところ聚楽第の遺構と認められている建造物は唯一、大徳寺の唐門だけです。現在は石碑が残るくらいですが、跡地を歩くとその規模の大きさを実感することができます。跡地には黒田官兵衛(孝高)や上杉景勝千利休などの屋敷跡を示す石碑が建てられています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
聚楽第は「豊臣秀吉ゆかりの城めぐり」「築城名人・藤堂高虎」「金箔瓦」のバッジに登録されています。

  • 豊臣秀吉ゆかりの城めぐり
  • 築城名人・藤堂高虎
  • 金箔瓦

聚楽第をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

聚楽第を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 近くのコンビニに車を止めて、本丸東堀跡に建つ石碑と本丸西堀跡に建つ案内板と石碑を確認。 聚楽第は秀吉により徹底的に破却されており、しかも現在は完全に市街地となっている。 全面的な発掘調査もおそらく不可能と思われるため、正確な情報は永遠にわからないかもしれない。(2019/08/26)
  • 京一條戻り橋晴明神社とセットですね(2019/08/17)
  • 地下鉄の駅から徒歩で東の石碑、西の石碑を確認。駐車は難しいので徒歩での散策を薦めます。(2019/08/12)
  • 石碑のみ。300m先にもう一つの石碑がありますとの説明も掲示されていました。(2019/07/21)
  • 「京都歴史散策マップ 20.聚楽第」をプリントアウトして行ったので京都市考古資料館から路地の風情を楽しつつ余裕で攻城。(2019/07/20)
  • 京都市考古資料館にて、「聚楽第と金箔瓦」、「御土居 洛中洛外のはざま」を見学。同時に見学していた人は数人。穴場スポットでした。金箔瓦や御土居付近から出土した品は撮影OKでした。(2019/07/15)
  • よくよく考えたら何度も行ってる場所でした。そういう方、案外多いのでは?
  • 京都市考古資料館のHPから「京都歴史散策マップ 20.聚楽第」をダウンロードしておくと、石碑の位置や周辺の史跡案内が充実しているので便利です。 なお、資料館での配布は終了しているようです。(2019/06/05)
  • 聚楽第石碑を見てから、晴明神社に参拝し千利休屋敷跡を見て攻城としました。(2019/04/30)
  • 地図首っぴきで石碑探し 結構楽しかったです。(2018/12/30)
すべてを表示(73コメント)

聚楽第のモデルコース

聚楽第をルートに含んだモデルコースです。旅行する際の参考にしてください。

城たび(日本全国の名城ツアーガイド)

聚楽第について

聚楽第に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態平城
標高(比高)53.7 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式望楼型
天守の階数3重3階
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ豊臣秀吉によって築かれた聚楽城はいったんは豊臣秀次に譲られたものの、秀頼が生まれたことにより両者の関係が悪化し、1595年(文禄4年)に破却された。その際、建造物の多くは伏見城内へ移築されたとされるが、詳細は不明。天守については3重説だけでなく、4重説や5重説もある。
築城主豊臣秀吉
築城開始・完了年着工 1582年(天正14年) 〜 竣工 1583年(天正15年)
廃城年1595年(文禄4年)
主な改修者
主な城主
遺構
指定文化財
復元状況

更新日:2019/09/16 13:13:18

聚楽第の観光情報

聚楽第の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

聚楽第の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(16日)の天気

  • 03時
    Clouds / few clouds
    20.12
  • 06時
    Clouds / scattered clouds
    20.55
  • 09時
    Clouds / scattered clouds
    25.19
  • 12時
    Clear / clear sky
    27.53
  • 15時
    Clear / clear sky
    26.43
  • 18時
    Clear / clear sky
    22.29
  • 21時
    Clouds / few clouds
    22.05
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    22.15

明日以降の天気(正午時点)

  • 17日
    Clouds / broken clouds
    25.81
  • 18日
    Clouds / scattered clouds
    26.72
  • 19日
    Clouds / broken clouds
    23.76

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

聚楽第の地図

地図アプリで見る

京都府京都市上京区

聚楽第へのアクセス

聚楽第へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR東海道本線・京都駅からバスに乗り「堀川中立売(ほりかわなかだちうり)」バス停下車
アクセス(クルマ)
  • 名神高速道路・京都東ICから約30分
  • 名神高速道路・京都南ICから約30分
駐車場
  • 二条城駐車場(有料)
  • 周辺各所にコインパーキングあり

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    聚楽第周辺の宿・ホテル

      ホテルルビノ京都堀川

      京都市内を南北に貫く「堀川通り」に面しており、バス停はホテル前にすぐございますので観光スポットどこへ行くにも大変便利な立地条件♪★駐車場完備!!平面62台駐車可能(先着順)(評価:3.9、参考料金:4,290円〜)

      アーバンホテル京都二条プレミアム

      二条城・嵐山・祇園・河原町・烏丸へのアクセス抜群◎バス停目の前・コンビニ&スーパーすぐ!ホテル裏口に【約100台】コインパーキングがあるのでお車での観光にも最適♪京都らしい飲食店も周辺多数あり!(評価:4.5、参考料金:3,240円〜)

      カプセルリゾート京都スクエア

      京都駅から3駅・「二条城」から徒歩3分の好立地♪朝パン&ドリンクバー無料!大浴場・大型ロッカー・ICチップセキュリティー完備!豊富なアメニティで女性も安心、清潔で心安らぐ「カプセルリゾート」(評価:4.3、参考料金:2,340円〜)

      三井ガーデンホテル京都三条

      地下鉄「烏丸御池」駅下車で徒歩約1分とアクセス抜群!和のイメージにこだわり機能面も充実したお部屋で上質な安らぎを提供いたします。(評価:4.2、参考料金:3,720円〜)

      京都アートステイ西陣捨松

      「工芸・芸術・美」を感じさせる和モダンな美術館を想像させる館内装飾を施しております。(評価:4.8、参考料金:7,000円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    聚楽第の過去のイベント・ニュース

    聚楽第では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 二条城
      • 二条城
        • 平均評価:★★★★☆(29位)
        • 見学時間:1時間29分(37位)
        • 攻城人数:2346人(7位)
        • 城までの距離:約1km
      • 伏見城
      • 伏見城
        • 平均評価:★★★☆☆(261位)
        • 見学時間:38分(256位)
        • 攻城人数:679人(103位)
        • 城までの距離:約9km
    • より多くの
      城を見る

    山城の著名な城

    京都府の著名な城

    聚楽第といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    聚楽第を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    業政駈ける (角川文庫)

    長野業政と家臣たちが箕輪城を舞台に甲斐武田軍と戦う姿を描いた戦国時代小説。
    信玄や真田昌幸側を描いたものはたくさんあり、それらを読んで武田軍団は好きな方でしたがこの本を読んでいると最強武田軍団を翻弄する箕輪の小領主を応援せずにはいられません。
    そして箕輪城行きたくて…ただ上野国はなかなか遠いです。どこまで史実に近いかは分かりませんが物語を知って現地を訪れるとまた感動が違いますよね。
    いつか業政に想いを馳せながら箕輪城攻城するぞ!

    solitarioさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る